□法華講連合会役員人事に露骨な人事介入を行っている日蓮正宗管長(大石寺法主)・宗務院

 

日蓮正宗法華講連合会とは、日蓮正宗の信徒団体というのに対して、日蓮正宗末寺寺院に所属する「法華講支部」は、講中(こうちゅう)と呼ぶ。講中とは、講を作って神仏にもうでたり、祭りに参加したりする信仰者の集まりで、仏教が一般大衆に布教された鎌倉時代のころから存在している。講中と呼ばれる「法華講支部」は、トップは所属寺院住職で、「指導教師」と呼ばれる。これに対して、「法華講支部」に入っている信徒(法華講員)の最高責任者は講頭(こうとう)で、副講頭、幹事、会計の支部役員がつづく。講頭、副講頭、幹事、会計は、指導教師(末寺寺院住職)の指名により、日蓮正宗管長(大石寺法主)が認証し、日蓮正宗管長名の認証状が発せられる。

 

法主認証状2
 

(日蓮正宗管長(大石寺法主)が発令した法華講支部役員への認証状)

これに対して、法華講支部の連合体である法華講連合会地方部、法華講連合会地方部の連合体である日蓮正宗法華講連合会は、在家信徒のみで組織される「信徒団体」と呼ばれる。法華講連合会と地方部は、複数の寺院に所属する日蓮正宗信徒(法華講員)が参加していること、日蓮正宗の在家信徒だけで組織されていて、「指導教師」はいない、といった特色がある。僧侶がおらず、在家信徒だけの団体という意味で「信徒団体」と呼ばれる。

複数の寺院に所属する日蓮正宗信徒が参加していること、日蓮正宗の在家信徒だけで組織されていること、指導教師はいない、という特色を持つ日蓮正宗の「信徒団体」は、1962(昭和37)年に結成された法華講連合会がはじめてではない。歴史上はじめて結成された日蓮正宗の信徒団体は、1930(昭和5)年に結成された創価学会である。19911128日の日蓮正宗からの「破門」以前の創価学会もまた、複数の寺院に所属する日蓮正宗信徒が参加していること、日蓮正宗の在家信徒だけで組織されていること、指導教師はいない、という特色を持つ日蓮正宗の「信徒団体」であった。ただし創価学会は、1951(昭和26)年に単立の宗教法人になっていたのに対して、法華講連合会は、宗教法人ではない。法華講連合会は、法華講支部の連合体組織である地方部の連合体組織だが、創価学会は単一の統合体組織である。

日蓮正宗法華講連合会委員長、副委員長、理事、幹事、監事、法華講連合会地方部の地方部長、副地方部長、理事、幹事、監事の人事は、日蓮正宗管長(大石寺法主)の任命、承認人事になっており、具体的な人選について、日蓮正宗管長(大石寺法主)、宗務院は、露骨な人事介入を行っている。


1(星野浩一郎委員長・篠田泰夫副委員長)


1(永井藤蔵委員長・星野副委員長)
 

(日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」に発表されている日蓮正宗法華講連合会役員人事)

創価学会は、単立の宗教法人であったが故に、会長、理事長、副理事長、副会長、総務、参事、壮年部長、総合婦人部長、婦人部長、総合青年部長、青年部長、男子部長、総合女子部長、女子部長、学生部長、少年部長等の最高幹部から地域幹部に至るまで、創価学会が独自で人事を決めていた。ただし、法華講本部役員(総講頭・大講頭・幹事・会計)は、日蓮正宗管長(大石寺法主)の任命によることは、「宗創和合時代」も全く同じ。日蓮正宗管長(大石寺法主)から戸田城聖が法華講大講頭、総講頭に任命されたこと、池田大作が法華講大講頭(1962)、法華講総講頭(1964年・1984)に任命されたこと、北条浩、秋谷栄之助、和泉覚、辻武寿、小泉隆らが法華講大講頭に任命されたことを、創価学会は各種会合・総会・大会や聖教新聞等で最大限に宣揚し、大石寺法主の権威を最大限に利用していた。

 

2池田大作総講頭再任任命状
 

(198412日、日蓮正宗管長(大石寺法主)が池田大作に発令した法華講総講頭の辞令・創価学会機関紙「聖教新聞」より)

 

日蓮正宗・寺院・法華講・組織図1(宗創和合時代)
 

(A・宗創和合時代の日蓮正宗・創価学会・寺院・法華講・権力構図)

 

日蓮正宗・寺院・法華講・組織図2
 

(B199111月の創価学会破門以降の日蓮正宗・創価学会・寺院・法華講・権力構図)

 

 

 

 

□池田大作総講頭の「法華講本部」の傘下にあった宗創和合時代の法華講連合会・法華講支部

 

「アンチ日蓮正宗」管理人の元には、「日蓮正宗内部の権力構造のしくみが、いまいちよくわからない」「日蓮正宗の大石寺法主・本山・末寺・住職・信徒・法華講・信徒団体の関係が、とてもわかりずらい」「創価学会が日蓮正宗の信徒団体だった『宗創和合時代』は、日蓮正宗・大石寺・宗門(しゅうもん・日蓮正宗の僧侶社会全般)と創価学会・法華講の関係はどうなっていたのか」…といった、日蓮正宗の大石寺法主・本山・末寺・住職・信徒・法華講・信徒団体の関係に関する疑問や質問が多数寄せられている。

宗創和合時代の日蓮正宗の宗門・信徒団体の権力構図を図A1991年の創価学会破門以降の日蓮正宗の宗門・信徒団体の権力構図を図Bとして、簡単にまとめてみた。

宗創和合時代、戸田城聖が法華講大講頭、総講頭だった時代、池田大作が総講頭ないしは名誉総講頭だった時代、創価学会と法華講の両方から大講頭が任命されていたが、創価学会と法華講(法華講連合会)は、別々に組織活動を行っていた。したがって、普段の信仰活動で、創価学会員と法華講員が顔を合わせる機会はほとんどなかった。

創価学会員と法華講員がいっしょに参加した活動は、総本山大石寺の虫払い大法会、御大会、日蓮、日興、日目、大石寺歴代法主の遠忌法要、大石寺開創法要、奉安殿・大講堂・大客殿・正本堂の着工・上棟・落慶法要、丑寅勤行といった法要、末寺寺院の新年勤行、新築落慶法要といった行事である。

虫払い大法会や御大会は、創価学会と法華講で参詣信徒がそれぞれ割り当てられていたが、創価学会のほうが信徒数が圧倒的に多かったにもかかわらず、割当数は創価学会員2500人、法華講員2500(直属信徒・檀徒を含む)というふうに、半々になっていた。これは1970年代後半から1980年代にかけて、創価学会が大石寺登山信徒を減少させていったため、その「空き」が出た分が、法華講に割り振られたと思われる。そうではあったが、大石寺の法要では、常に創価学会は法華講よりも「上席」であった。池田大作は、総講頭の時も、総講頭を退任した「名誉総講頭」の時も、大石寺の法要の時は、居士衣を着し、戒壇の大本尊「御開扉」の時は、大石寺法主が着座する大導師席のすぐ後ろの「特別席」に座って御開扉を受けていた。そして池田大作の左右両隣には、創価学会会長・理事長・副会長・公明党議員などの大幹部がズラリと並んで着座し、法華講連合会幹部は、たとえ大講頭にあっても、それよりも下座に座っていた。

池田大作は大石寺法主から2度、法華講総講頭に任命され、2度、賞与本尊を授与され、居士衣を数着授与されているが、大石寺法主から複数回、法華講総講頭に任命され、賞与本尊、居士衣を授与された人物は、日蓮正宗・大石寺の歴史上、池田大作一人だけである。

宗創和合時代、創価学会員は、地域割りで所属寺院を決められていた。例えば、東京・大田区の創価学会員は宝浄寺、東京・品川区の創価学会員は妙光寺、東京・豊島区の池袋西口の創価学会員は法道院、池袋東口の創価学会員は常在寺、横浜市南区・西区の創価学会員は久遠寺、横浜市旭区・保土ケ谷区・瀬谷区・泉区の創価学会員は大歓寺、といった具合である。

ただし、このように日蓮正宗と創価学会の「協定」により決められていたが、創価学会は、日蓮正宗寺院に、所属信徒の名簿は、一度も提出していない。日蓮正宗は、寺院に受戒・本尊下附・葬儀・法事・墓地購入等で参詣に来た創価学会員の住所・氏名・連絡先を把握していただけである。

Aをみていただきたい。日蓮正宗寺院A寺の場合、法華講A寺支部が組織されていて、所属信徒は創価学会員と法華講員がいた。日蓮正宗寺院B寺の場合は、所属信徒に創価学会員の他に、法華講支部未結成の寺院直属信徒・檀徒がいた。日蓮正宗寺院C寺の場合は、法華講も檀徒も寺院直属信徒もおらず、所属信徒は創価学会員のみ。

宗創和合時代の日蓮正宗寺院は、このA寺、B寺、C寺の概ね3つのパターンであった。A寺の場合、御講、御会式は法華講の御講、御会式、創価学会の御講、御会式というふうに別々に行っていた。B寺、C寺の場合、寺院行事は1回のみだが、宗創和合時代の日蓮正宗寺院は、月例御講を2回行う寺院が多かった。1回だけでは、本堂の中に参詣の創価学会員が入りきれなかったからである。

法華講支部は、大石寺に事務所を置くと規定されている「法華講本部」の指揮下にあり、法華講本部には、総講頭、大講頭、幹事、会計と指導教師3人の法華講本部役員がいる。これは、宗創和合時代の日蓮正宗も同じであった。199012月以前の日蓮正宗と創価学会の「宗創和合時代」には、法華講総講頭は池田大作、大講頭には北条浩、秋谷栄之助、森田一哉、和泉覚、辻武寿、小泉隆、白木薫次、森田悌二、田中正一等といった創価学会幹部、平沢益吉、佐藤悦三郎、阿部唯七郎、柳沢喜惣次といった法華講連合会役員が任命されていた。したがって「宗創和合時代」では、法華講支部、法華講連合会は、池田大作総講頭以下の「法華講本部」の傘下にあった。

しかし、宗創和合時代の日蓮正宗では、創価学会と法華講(法華講連合会)は、別々に活動を行っており、池田大作が法華講の行事に列席することは皆無であったし、法華講総講頭が主宰する「講頭会」も、戸田城聖・池田大作が大講頭・総講頭だった時代には一度も行われていない。「講頭会」が行われていたのは、1951年の戸田城聖の創価学会会長就任以前と、1991年の創価学会破門以降のことである。

 

1日達・池田大作総講頭任命3
 

 

(196441日、日蓮正宗管長(大石寺法主)が池田大作に発令した法華講総講頭の辞令・創価学会機関紙「聖教新聞」より)