アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

池田大作の証人出廷・インタビュー・証人喚問・参考人招致

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(152)~内藤国夫氏が報じる「もうひとつの池田スキャンダル」大島光明夫妻・上田雅一夫妻

■内藤国夫氏が報じる「もうひとつの池田スキャンダル」大島光明夫妻・上田雅一夫妻

 

創価学会の最高指導者・最高支配者である池田大作の女性スキャンダルは、何も「月刊ペン事件」で報じられた多田時子氏、渡部通子氏だけではない。ジャーナリスト・内藤国夫氏は、大島光明副会長夫妻について、著書「スキャンダルウオッチング」の中で次のように報じているので、ここに引用してみたい。

 

「大島光明・節子  熱海の温泉つき別荘で待機する池田の特別世話係

学会の東海研修道場(熱海研修所)で管理人を務めるカップル。といっても、並みの管理人夫婦ではない。妻の節子は旧姓の高橋名の時から、池田に見初められ、両親ぐるみで管理人に起用された。一着が三十万円とか、四十万円もする高価なドレスを池田から買い与えられ、“熱海の女王”として孔雀のように華麗に振る舞った。

『ウチの娘にホトケ様の御手がついた』と両親が自慢するだけでなく、本人自ら『池田先生との特別な関係』をのろけてみせる。

風呂好き人間の池田は、温泉のある熱海研修所に入りびたりだった。二人の親しい仲の噂が広まるのを警戒した側近の中西治雄が、聖教新聞記者の大島光明と高橋節子を結婚させ、新任地の栃木県へと隔離した。

しかし、人妻となった節子のサービスが忘れられず、池田は大島夫婦をともども熱海研修所の管理人として呼び戻した。夫の光明にしてみれば、屈辱的な人身御供であろう。屈辱感を弱める狙いがあって、池田は一管理人に過ぎない光明を学会の総務、副会長に抜擢した。副会長といっても、全部で百二十五人もいるのだから、池田にとっては何の負担増にもならない人事サービス。口封じを図り、造反を防止したつもりだろう。だが皮肉なことに、なんのキャリアもない大島副会長の誕生で、かえってスキャンダル疑惑を深めた。

そういう事情を知らずに熱海研修所に泊まった横松昭副会長が、普通の管理人に頼む調子で布団敷きを気軽に命じたため、後で池田から怒鳴りつけられたとのエピソードもある。大島夫妻は、研修所の管理人といっても、その実態は、池田の愛用する“温泉付き別荘”で、池田にのみ仕える身辺世話係である。別荘で待機する“第二夫人”と表現した方が正確かもしれない」

(内藤国夫氏の著書『スキャンダルウオッチング』p6667)

 

内藤国夫氏は、かなり微妙な言い回しで、池田大作と大島夫妻の関係を書いている。はっきりとは書いていないが、「屈辱的な人身御供」「池田にのみ仕える身辺世話係」「別荘で待機する“第二夫人”」と書いているわけだから、その意味するところは明らか。

スキャンダルウオッチング1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(151)~内藤国夫氏が報じる「月刊ペン事件」池田大作のお相手・渡部通子氏の実家・松島家

■内藤国夫氏が報じる「月刊ペン事件」池田大作のお相手・渡部通子氏の実家・松島家

 

「月刊ペン事件」で渡部通子氏が池田大作のお相手とされた根拠の一つに、池田大作が会長就任以前において、渡部通子氏の実家である埼玉県大宮市(現・さいたま市)の松島家に、頻繁に通っていたことがあった。ジャーナリスト・内藤国夫氏が、暴露本「スキャンダルウオッチング」の中で、渡部通子氏の実家・松島家について書いている部分をここに引用する。

 

「松島淑・規  名門・松島一族の悲喜劇の体現者

親子や夫婦、兄弟などの関係と、池田の説く師弟の関係と、実際にどちらが強いか。師匠を絶対視する池田は、師弟関係が何にもまして強いし優先されるべし、と常々説いてやまない。

実際には師弟関係が強い場合もあれば、家族関係が強いこともある。一概に、どちらが強いと明確にはいいきれない。その難しさを身を以て示すのが、学会の名門とされる松島一族である。

松島勇・ふく夫妻の間には、郁子、通子、淑(きよし)、規(ただし)の四人の子どもが生まれた。昭和二十年代の後半から三十年代にかけて、埼玉・大宮を拠点とする松島一家は、それこそ学会員が群れ集う座談会や作戦会議の場として、活況を呈した。会長に就任する以前の参謀室長・池田大作も足繁く松島家通いを続けた。

四人の子息は、長じて今は熟年世代になりつつある。

長女の郁子は藤原行正と結婚し、三児の母となり、今や孫までいる身である。

次女の通子は渡部一郎と結婚し、一時はおしどり国会議員として騒がれた。池田とのスキャンダル相手の代表、第一人者(?)である。

長男の淑は、聖教新聞社の論説委員長を長く務める。つい最近、副会長にも起用された。学識の深さ広さでは、学会NO1との評価が高い。

そして次男・規。かつては男子部書記長として鳴らし、野崎勲とともに池田の親衛隊組織である『伸一会』を結成した。しかし皮肉なことに、昨年(スキャンダルウオッチング発刊の前年の1988)5月の伸一会総会で、野崎は規の伸一会からの除名を発表した。師匠・池田大作に背き、藤原軍団の一員とみなされたのが、除名の理由とされる。

藤原行正・郁子の次男・範昭は、松島規にとって甥・叔父の関係になる。そして、規が将来のニューリーダーとして甥の範昭を(創価学会の会長候補に)擁立しようとしたのは事実である。しかし、規が伸一会を除名された時点では、すでに『元』藤原軍団員と化した。藤原行正・範昭親子の戦略戦術に違和感を覚えたのか、グループとの接触を絶って、既に一年余が経過する。といって、もちろん、再度、池田派に寝返ったわけではない。“一人信心”に近い状態になっているようだ。」

(内藤国夫氏の著書『スキャンダルウオッチング』p131132)

スキャンダルウオッチング1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(150)~内藤国夫氏が報じる「月刊ペン事件」池田大作のお相手・多田省吾・多田時子夫妻

■内藤国夫氏が報じる「月刊ペン事件」池田大作のお相手・多田省吾・多田時子夫妻

 

ジャーナリスト・内藤国夫氏が、暴露本「スキャンダルウオッチング」と題する著書の中で「月刊ペン事件」の池田大作のお相手とされた多田省吾・多田時子夫婦についても、書いている。

1976(昭和51)年、「月刊ペン」編集長・隈部大蔵氏が4月号では『連続特集・崩壊する創価学会 極悪の大罪犯す創価学会の実相 戸田 ・大本仏に勝とも劣らない漁色家・隠し財産家〃池田大作・本仏〃』のタイトルで、過激な創価学会批判記事を執筆。

「彼は学会内では〃池田本仏〃であり、その著書(?)『人間革命』は日蓮大聖人の『御書』と同じ地位に祭りあげられているにもかかわらず、彼にはれっきとした芸者のメカケ、T子が赤坂にいる。これは外国の公的調査機関も確認しているところである。そもそも池田好みの女性のタイプというのは?やせ型?プロポーションがよく?インテリ風のタイプだとされる。なるほど、そういわれてみると、お手付き情婦として二人とも公明党議員として国会に送り込んだというT子もM子も、こういうタイプの女性である。もっとも現在は二人とも落選中で、再選の見込みは公明党内部の意見でもなさそうである。それにしても戸田のめかけの国会議員は一人で会ったので、池田のそれは大先輩を上回る豪華さではある!しかも念のいったことには、この国会議員であった情婦のうちの一人を〃会長命令〃(!?)かなんかで、現公明党国会議員のWの正妻にくだしおかれているというのであるから、この種の話は、かりに話半分のたぐいとして聞いても、恐れ入るほかあるまい」(87~88頁)

文中のT子とは多田時子総合婦人部長、M子とは渡部通子公明党参議院議員、Wとは渡部一郎公明党衆議院議員と、関係者の間では容易に推測されたわけである。

内藤国夫氏は、暴露本「スキャンダルウオッチング」の中で、渡部一郎・渡部通子夫婦について書いている部分をここに引用する。

 

「多田省吾・時子  (藤原)行正夫婦罵倒で辛うじて生きのびる

夫の省吾は参議院議員。次の選挙では定年を前にして健康不安で退陣することが決まっているのに、昨年の党大会で副委員長に再選された。かなりの重用ぶりといえる。もっとも、矢野(絢也)執行部の崩壊で、多田も副委員長ポストを外されてしまったが…。実はこの人も髪結いの亭主。というのも、夫人の時子は女子部時代、池田と特別の仲だった。池田の泊まる先々で池田の脇腹をさすったり、スプーンでメロンを食べさせたりといったことが、側近によって何十回となく目撃されている。省吾と結婚後も、池田と特別な関係を続けたのかどうか分からない。しかし結婚前は、デパートに池田夫人気取りで豪華な買い物にでかけたりしている。昭和四十年(1965)頃は、特に(創価学会)本部の女子職員の間で、池田との特別な関係が取り沙汰され、羨ましがられたものである。」(内藤国夫氏の著書『スキャンダルウオッチング』p7980)

スキャンダルウオッチング1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(149)~内藤国夫氏が報道する「月刊ペン事件」池田大作のお相手・渡部一郎・渡部通子夫妻

■内藤国夫氏が報道する「月刊ペン事件」池田大作のお相手・渡部一郎・渡部通子夫妻

 

1970年代から1990年代前半にかけて日蓮正宗・創価学会問題を追及し続けていたジャーナリスト・内藤国夫氏が、創価学会最高幹部等の素顔、本当の姿を暴露する暴露本「スキャンダルウオッチング」と題する著書を書いている。その中で「月刊ペン事件」の池田大作のお相手とされた渡部一郎・渡部通子夫婦についても、書いている。

内藤国夫氏は、暴露本「スキャンダルウオッチング」の中で、渡部一郎・渡部通子夫婦について書いている部分をここに引用する。

 

「渡部一郎・通子  書記長、委員長の実力があるのに飼い殺し状態

渡部一郎は、本来なら公明党の書記長、委員長を狙える力をもった男である。大久保直彦副委員長よりはるかに先輩だし、比較にならない力量がある。しかし渡部は、“陽の当たるポスト”につけない宿命を背負っているために、 矢野(絢也)前委員長の下で常任企画委員、中執(中央執行委員)、外交委員長、エイズ対策委員長など二流ポストに甘んじた。

理由は、妻の通子のためである。数ある(池田)大作スキャンダルの中でも、大作・通子の関係はやはり別格的意味合いをもつ。夫の一郎はそれを知りつつ、あえて通子と結婚した。そして生まれた一人息子に、名付け親の大作から、大作の次男と同じ城久の名を有り難く頂戴した。

『先生のお子さんと同じ名前を頂けて、私、夢を見ているような思い。幸せだわ』と通子は有頂天になったものである。夫の一郎の心境は複雑だった。生まれた子が自分の血を引いているのか、大作の子なのか、疑っていたからである。お産のため入院した通子の見舞いにも行かなかったし、男児が無事誕生の知らせに接しても、喜ぶどころか、知らせの使者、通子の姉の藤原郁子にモノを投げつける荒れようであった。このおどろおどろしい話しは、いずれも大作スキャンダルが表面化するずっと以前のことである。

池田はお手つき女性のお下げ渡しをする際の常套手段として、夫の一郎を衆院兵庫一区から立候補させ、既に八回の当選を重ねる代償を与えた。そして、妻の通子にも衆院東京一区の名門区から立候補のチャンスを与えた。通子は四万五千余票を集め堂々当選。ここに目出度く“オシドリ議員”が誕生した。昭和44(1969)12月のことである。その後、(昭和)47(1972)の総選挙で落選すると、今度は一郎と同じ兵庫県から参院に立候補させて当選させている。

まだ、池田スキャンダルが周知の事実となる以前のこと。通子は池田との仲を隠すどころか、誇示してみせた。」

(内藤国夫氏の著書『スキャンダルウオッチング』p7677)

スキャンダルウオッチング1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(148)~昭和57年に「月刊ペン裁判」に証人出廷した創価学会名誉会長・池田大作の証言

■昭和57年に「月刊ペン裁判」に証人出廷した創価学会名誉会長・池田大作の証言

 

「月刊ペン事件」裁判は、歴史上はじめて池田大作が証人出廷した裁判として、世間の注目を浴びた。これは1970(昭和45)年の言論出版妨害事件、1980(昭和55)年の第一次宗創紛争のときに池田大作の国会証人喚問が実現せず、1982(昭和57)1015日の「月刊ペン事件」裁判で、池田大作の証人出廷が実現したことによるもの。つまり池田大作の具体的な証言内容が超目されたのではなく、池田大作が「月刊ペン裁判」の証人出廷することによる創価学会が政治的ダメージを受けることが、特に創価学会批判を展開するジャーナリズム等によって大きく注目された。

この問題を特に熱心に報道していたのがジャーナリスト・内藤国夫氏ら。そして正信会系の全国檀徒新聞「継命」である。

又、世間一般でも池田大作が「月刊ペン裁判」の証人出廷することは、創価学会の政治的な敗北を意味し、創価学会が政治的ダメージを受けると解釈されていた。創価学会側は、池田大作の証人出廷を阻止したいがために、創価学会が被告・隈部大蔵氏側に多額の金銭を渡すという裏工作を行っていたことが明らかになった。

又、創価学会機関紙「聖教新聞」や「創価新報」は、池田大作の証言によって、あたかも池田大作の女性スキャンダルの潔白が証明されたかのように報道。そして池田大作の証人出廷が、あたかも山崎正友氏、原島嵩氏の謀略によるものであるかのようなキャンペーンを張りまくり、池田大作批判の論陣を張っていたマスコミ批判を繰り返した。

この時の池田大作の証言は、女性関係の事実審理による証言。池田大作は月刊ペンの記事の内容については、ことごとく否定する証言を行った。あくまで証人として出廷して月刊ペンの記事の内容を否定する証言を行っただけのことで、これで潔白が証明されたこととは意味が違う。

「月刊ペン事件」裁判で、池田大作が具体的にどんな証言をしたかについて、知らない人もかなり多いと思われるので、あの当時、池田大作の証人出廷を熱心に報道していたジャーナリスト・内藤国夫氏、全国檀徒新聞「継命」から、池田大作証言の一部を引用してここに紹介したい。

まず渡部通子氏との関係について。

弁護人「先程あなたは、多摩川べりに十数人で自転車で行った、という話しでしたね。」

池田「ええ、そうです」

弁護人「それで、星空をながめながら、いろんな詩を話して聞かせたということでしたね。」

池田「言いました。記憶しております」

弁護人「この星が全部、来世は君のダイヤモンドになるんだというような表現をしたことはないですか」

池田「どうだったんでしょうか。そう表現した覚えはありません」

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ