アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 池田大作の証人出廷・インタビュー・証人喚問・参考人招致

■内藤国夫氏が報じる「もうひとつの池田スキャンダル」大島光明夫妻・上田雅一夫妻   創価学会の最高指導者・最高支配者である池田大作の女性スキャンダルは、何も「月刊ペン事件」で報じられた多田時子氏、渡部通子氏だけではない。ジャーナリスト・内藤国夫氏は、大 ...

■内藤国夫氏が報じる「月刊ペン事件」池田大作のお相手・渡部通子氏の実家・松島家   「月刊ペン事件」で渡部通子氏が池田大作のお相手とされた根拠の一つに、池田大作が会長就任以前において、渡部通子氏の実家である埼玉県大宮市(現・さいたま市)の松島家に、頻繁に ...

■内藤国夫氏が報じる「月刊ペン事件」池田大作のお相手・多田省吾・多田時子夫妻   ジャーナリスト・内藤国夫氏が、暴露本「スキャンダルウオッチング」と題する著書の中で「月刊ペン事件」の池田大作のお相手とされた多田省吾・多田時子夫婦についても、書いている。 ...

■内藤国夫氏が報道する「月刊ペン事件」池田大作のお相手・渡部一郎・渡部通子夫妻   1970年代から1990年代前半にかけて日蓮正宗・創価学会問題を追及し続けていたジャーナリスト・内藤国夫氏が、創価学会最高幹部等の素顔、本当の姿を暴露する暴露本「スキャンダルウ ...

■昭和57年に「月刊ペン裁判」に証人出廷した創価学会名誉会長・池田大作の証言   「月刊ペン事件」裁判は、歴史上はじめて池田大作が証人出廷した裁判として、世間の注目を浴びた。これは1970(昭和45)年の言論出版妨害事件、1980(昭和55)年の第一次宗創紛争のときに池 ...

■池田大作が史上はじめて東京地方裁判所に証人出廷した「月刊ペン事件」裁判2   1981(昭和56)年4月16日、最高裁第1小法廷(団藤重光裁判長)で月刊ペン裁判上告審判決が出た。判決では次のような判断が下った。   「同会長(池田大作)は、同会(創価学会)において、そ ...

■池田大作が史上はじめて東京地方裁判所に証人出廷した「月刊ペン事件」裁判1   国会では、かつて創価学会の最高指導者・池田大作の証人喚問ないしは参考人招致が訴状に登ったことが三度あったが、いずれも実現せずに終わった。三度とは1970(昭和45)年の言論出版妨害事 ...

↑このページのトップヘ