アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:実録・となりの創価学会員・法華講員 > 実録・となりの創価学会員・法華講員・番外編

□小学生のころの私が創価学会・公明党の知識を得た書棚に並んでいたブリタニカ百科事典   私も仕事の関係、父親の介護の関係、実家の近隣の関係等々で、若い人と話す機会がある。そういう機会は、今の若い人が何を考え、何を思考しているのかを知る貴重な機会でもある ...

□ファミレスの一席で人目をはばからず「色仕掛け折伏」をしていた創価学会婦人部中年女性   私は時折、ファミレスで食事をすることがあり、特に午前中、ファミレスに入ってモーニングを食べることがよくある。ある日、よく行くファミレスの一席でモーニングを食べてい ...

□何の前触れもなく「アンチ日蓮正宗」管理人の眼前に出没した非常識な布教活動の創価学会員   私は7月8日から10日までの間、実家に帰省していた。老いた父親の面倒を見なくてはならないし、これから旧盆を迎えるので、いろいろやらなくてはならないこともあった。帰省 ...

□昔だけの事件じゃない、今でもあったロウソク・ポタポタ垂らすローソク責め事件   現在、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」で、管理人が創価学会員、顕正会員、法華講員等の「日蓮正宗系」カルト信者から受けた宗教被害について「隣の学会員・法華講員」と題し ...

↑このページのトップヘ