アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ: 「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である

■検証43・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ6   □天皇・朝廷から見れば「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない2   したがって、伝奏が奏上・請願等を天皇や上皇・法皇に取り次いだ社寺とは、朝廷公認の南都六宗で ...

■論破12・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く12   □松本修明氏不在の姫路仏眼寺で松本修明氏に罵詈雑言を浴びせていた吉野日神(智応)   吉野日神(智応)が罵詈雑言、誹謗中傷を浴びせる第一の人物は、大津蓮華寺住職・松本 ...

■論破11・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く11   □「日蓮曼荼羅は書の芸術」を自分の曼荼羅への褒め言葉と勘違いしていた吉野日神(智応)   しかし吉野日神(智応)は、浄土真宗木辺派の寺院・仏眼寺の阿弥陀如来像に肩を並 ...

■論破10・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く10   □仏眼寺本堂に阿弥陀如来像と吉野日神(智応)の曼荼羅を並んで祀っていた吉野日神(智応)   「アンチ日蓮正宗」管理人に、仏眼寺墓地購入要求を全面拒否された吉野日神(智応 ...

■論破9・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く9   □仏眼寺住職ではない吉野日神(智応)がなぜ仏眼寺住職の権限外で墓苑造成ができたのか   吉野日神(智応)は、『桜千歳』『松』といった吉野日神(智応)自身の盟友の罵詈雑言を ...

■論破8・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く8   □仏眼寺「住職」ではないはずなのに仏眼寺の住職室を完全に占拠していた吉野日神(智応)   仏眼寺本堂入り口に「真宗木辺派 仏眼寺」の看板があるのを見て、はじめて仏眼寺 ...

■論破7・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く7   □二度の遁走は無理だと諦め「アンチ日蓮正宗」管理人の訪問を承諾した吉野日神(智応)   インターネット上で見るだけでは、吉野日神(智応)は、日蓮正宗批判・創価学会批判の ...

■論破6・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く6   □大津蓮華寺を「離山」後「辻説法」転じて「坊主のネコ説法」をはじめた吉野日神(智応)   2010年8月、吉野日神(智応)は今までの前言を翻して、あれほどうれしそうに(?)「副 ...

■論破5・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く5   □こんな不審極まりない人物をインターネット上の所行だけで評価を下すことは不可能である   ここまで自称・大津蓮華寺「副住職」吉野日神(智応)の不審言動をまとめてみたい ...

■論破4・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く4   □蓮華寺「副住職」(?)なのに西山本門寺に一度も行っていないことがバレた吉野日神(智応)   通常であれば、西山本門寺一門(法華宗興門流)の寺院の住職なり副住職は、西山本門 ...

■論破3・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く3   □寺院訪問・寺跡調査の意味を完全に勘違いしていた前代未聞の勘違い男・吉野日神(智応)   私は2005年に「mixi」でアカウントを取得し、正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価 ...

■論破2・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く2   □「最低5年様子見ルール」で2007年から2012年までは『様子見期間』だった吉野日神(智応)   吉野日神(智応)なる人物が書いた日蓮正宗批判、創価学会批判なるものは、池田大作 ...

□今初めて明らかになる富士門流執着軍団・吉野日神(智応・自称・拳骨和尚)の正体・素顔   さてこの項目は、当初は「仏教宗学研究会のブログ」で「姫路・仏眼寺訪問記」としてアップする予定であった。ところが「姫路・仏眼寺」とは言っても、これは浄土真宗十派のひと ...

□反論不能の大木道惠氏が「アンチ日蓮正宗」に送りつけてきたスパムメール9・10・11・12   大木道惠氏は、さらに性懲りもなく「アンチ日蓮正宗」にブチ切れスパムメールを送って来た。 --------------------------------------------------------- FBI(笑)Oh my Budd ...

□反論不能の大木道惠氏が「アンチ日蓮正宗」に送りつけてきたスパムメール6・7・8   さらにつづけて大木道惠氏は、性懲りもなく「アンチ日蓮正宗」にブチ切れスパムメールを送りつけて来ている。 --------------------------------------------------------- FBI(笑) ...

□反論不能の大木道惠氏が「アンチ日蓮正宗」に送りつけてきたスパムメール3・4・5   さらにつづけて大木道惠氏は、「アンチ日蓮正宗」にこんなスパムメールを送りつけて来ている。 --------------------------------------------------------- FBI(笑)Oh my Buddha! ...

■検証174・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠29   □「戒壇の大本尊」日有偽作の証拠「新池抄聞書」を否定する大木道惠氏の説は誤りである   「新池抄聞書」をことさらに無視しようとしているのは、何も日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信 ...

□反論不能の大木道惠氏が「アンチ日蓮正宗」に送りつけてきたブチ切れ・スパムメール2   つづけて大木道惠氏は、「アンチ日蓮正宗」にこんなスパムメールを送りつけて来ている。 --------------------------------------------------------- FBI(笑)Oh my Buddha! Bu ...

□「アンチ日蓮正宗」に送りつけてきたブチ切れ・スパムメールの公開を承諾している大木道惠氏   さて大木道惠氏は、「アンチ日蓮正宗」に対して、こんなメールも送ってきている。 ---------------------------------------------------- Re: お尋ねしたいことがあり ...

□反論不能の大木道惠氏が「アンチ日蓮正宗」に送りつけてきたブチ切れ・スパムメール1   さて、二度目の「アンチ日蓮正宗」からの質問状に解答不能に陥った大木道惠氏が、「アンチ日蓮正宗」にブチ切れ・スパムメールを何通も送りつけてきた。ここに掲載するのは、スパ ...

□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」単独で累計アクセス数が60万pvを突破   皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。 2015年3月30日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数が60万pvを突破しました。 ...

□米山士郎は「継命」題字のパクリ疑惑について自らの主宰するブログで明確に釈明せよ   上の写真は、元創価学会員の富士門流執着軍団のメンバーで、富士門流執着軍団主宰の「脱会者座談会」で講師も務めた「そううそ」こと米山士郎のブログ「創価学会の信仰に功徳はあ ...

□「日蓮正宗系」では「否定」=「研究」だが世間一般では「否定」と「研究」はイコールではない   日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」偽作説は、古くは北山本門寺6代貫首・日浄に見えており、さらには北山本門寺34代・玉野日志貫首、さらに日蓮宗僧侶・安永弁哲氏「板本 ...

□自ら法華講員だと認めながら表向きは無所属を自称しようとする大木道惠氏の欺瞞を糾す3   (前号よりつづく) 「大木道惠氏が今回の画面コピーにより 『私は正宗を辞めてはいませんよ。講中活動を一切辞めただけで、脱講届も出していません。また、所属寺院からも大石 ...

□自ら法華講員だと認めながら表向きは無所属を自称しようとする大木道惠氏の欺瞞を糾す2   (前号よりつづく) 「■日蓮正宗からの信徒除名について   (大木道惠氏の回答書では) >私が「脱講届」を出さなかった理由は、私を除名できるならしてみればいい、という思 ...

□自ら法華講員だと認めながら表向きは無所属を自称しようとする大木道惠氏の欺瞞を糾す1   「アンチ日蓮正宗」管理人からの「質問状」に対して、大木道惠氏は自ら「脱講届け」は出していないと、法華講員であることを認めながら、「教会で結婚式を挙げて賛美歌を歌った ...

□自ら法華講員だと認めておいて「教会で結婚式をしたから無所属」と欺瞞回答をした大木道惠氏   「アンチ日蓮正宗」管理人からの2009年9月3日付け「質問状」に対して、その2009年9月3日の深夜になって、大木道惠氏は「アンチ日蓮正宗」管理人に対して、回答書を送って ...

□表向きは無所属を自称しながら、陰に隠れて法華講員であることを独白していた大木道惠氏   「アンチ日蓮正宗」では、日蓮正宗・創価学会の二重スパイ疑惑をはじめ、さまざまな“疑惑”がある、自称・ジャーナリスト・大木道惠氏に対して2009年9月3日付けで「質問状」 ...

□「アンチ日蓮正宗」管理人からの直接の「二重スパイ釈明要求」から逃げ続ける大木道惠氏2   FBI(笑)OM(大木道惠氏) わたしは「てかまる」さんに問いかけていたわけですが、いつのまにやら「代理」が場を荒らし始めましたねぇ。「てかまる」さんの「友人」であるご ...

□「アンチ日蓮正宗」管理人からの直接の「二重スパイ釈明要求」から逃げ続ける大木道惠氏1   「アンチ日蓮正宗」では、2009年ころからブラックジャーナリスト・大木道惠氏の日蓮正宗・創価学会二重スパイ疑惑を追及してきており、「アンチ日蓮正宗」管理人は、大木道惠 ...

□大木道惠氏はニセ坊主疑惑をはじめ数々の疑惑に対して自らの責任で公式に釈明せよ   元日蓮正宗信者・元創価学会員・元顕正会員で、富士門流寺院の教義・化儀にしがみついて執着している「富士門流執着軍団」のリーダーで、「日蓮正宗のイヌになります宣言」などの日 ...

□大木道惠氏は自身に対してのさまざまな疑惑・苦情・苦言に対して誠実に釈明せよ   「アンチ日蓮正宗」では、すでに自称ジャーナリスト・大木道惠氏の日蓮正宗・創価学会の二重スパイ疑惑について糾してきているが、二重スパイ疑惑以外にも大木道惠氏について、さまざ ...

□「喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」宣言は大木道惠氏が二重スパイである証拠のひとつだ   1991年7月号「新雑誌X」で「私(梅原正紀)や大木(道惠)氏は喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」と言って、「喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」宣言をしたのも、ちょ ...

□創価学会幹部・法華講幹部として一般信徒からヨイショされていたことが忘れられない人たち   これは創価学会、法華講、顕正会等で幹部職にあった人。特に創価学会のかなり上の組織を統轄する幹部職にあった人に強く見られる悪弊である。創価学会で地区部長、支部長、 ...

□日蓮正宗系悪弊の脱出は日蓮マニア・漫荼羅マニアを極めることだと錯覚している元信者   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」の信仰に染まっていた人は、極端な日蓮信仰、曼荼羅信仰に没頭、ないしは深くのめり込む傾向性が非常に強い。そもそも日 ...

□宗教法人・日蓮宗は大石寺批判、創価学会批判活動等が主たる活動の宗教団体ではない   創価学会を脱会→日蓮正宗→日蓮正宗を離檀というコースを歩んだ人、あるいは創価学会を脱会した人の中で、かなりの人が日蓮宗寺院の門を叩いている。創価学会や顕正会を脱会ある ...

□自称「創価学会批判研究者」大木道惠氏がなぜ創価学会系「地涌」と共同歩調をとるのか   大木道惠氏は、GREEやmixi、エキサイトブログ等のプロフィールに 「創価学会の批判的研究は1974年から、日蓮正宗の批判的研究は1980年頃から行なっている」 と書いており、199 ...

「みなし公人」とは、以下の意味のことである。 「みなし公人とは/ニコニコ大百科」 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%97%E5%85%AC%E4%BA%BA 「みなし公人または準公人とは、ほとんど公人と同じような扱いを受ける人々に対する通称である。公人とい ...

□宗創戦争以前から「新雑誌X」で日柱クーデター退座事件を執筆していた大木道惠氏   大木道惠氏の二重スパイ疑惑の証拠は他にもある。それが有名な「大石寺59世日柱退座の記事」である。 「大石寺59世日柱退座の記事」とは、創価学会のアングラ文書「地涌」が、1991 ...

□日蓮正宗、創価学会、顕正会の日蓮正宗系のカルト対策を望む人が68%を占めている   第二次世界大戦後、日本の経済復興、高度経済成長の時代、日本経済が世界第二位の経済大国に成長したが、同時に、日蓮正宗・創価学会、立正佼成会、霊友会、天理教、生長の家、パー ...

■検証96・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ6   □東佑介氏の「日興跡条条事」偽作者解明の論説は全く正鵠を得ていない   東佑介氏は2010年11月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、「日興跡条条事 ...

■検証93・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ3   □「日目再誕説」は「日興跡条条事」が大石寺9世日有によって偽作された証拠である   東佑介氏は2010年11月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、日目 ...

■検証63・大石寺二祖日興・三祖日目の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった2   □「日興跡条条事」第二条論議は意味がないとする東佑介氏の見解は誤りである   東佑介氏は2010年11月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の ...

■検証62・大石寺二祖日興・三祖日目の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった   □「弘安二年の大御本尊」とは「戒壇の大本尊」のことで「万年救護の大本尊」ではない   「日興跡条条事」の第二条の文「一、日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に ...

■検証61・写真版の「日興跡条条事」と日興花押を否定する東佑介氏の説は拙速である   「日興跡条条事」という文書は、「弘安五年の御下文」「日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」「日目に之を授与する」「弘安八年より元徳二年に至る五十年の間」といった文面 ...

■検証6・日蓮・日興・日目は生涯、天奏をしていない4   □天皇・朝廷から見れば「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない2   したがって、伝奏が奏上・請願等を天皇や上皇・法皇に取り次いだ社寺とは、朝廷公認の南都六宗である三論宗、成実宗、法 ...

通称名は大木道惠(おおきどうけい)、ネットではFBI、ないしはOM@FBI、「置時計」(おきどけい)のHNも使っている。 1954年、横浜市生まれ。自称・ジャーナリスト。立正大学文学部社会学科卒業。 学生時代に日蓮正宗・創価学会に入信するが、「除名」されたと自称。その後、 ...

■検証148・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない12   □犀角独歩氏らの「戒壇の大本尊・大石寺17世日精偽作説」は誤りである   日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した人物が、日蓮正宗大石寺17世法主・日精であるならば、大石寺17世日 ...

■検証147・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない11   □「戒壇の大本尊」は大石寺17世日精の代以前から大石寺に存在していた   日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、すでに大石寺9世日有の代から、大石寺に存在していたことが文献史料に残 ...

↑このページのトップヘ