アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日神を斬る(7)~JTB旅行プランもレンタカーのカーナビも知らない「旅行に行ったことがない」吉野日神(智応)

■論破7・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く7

 

□二度の遁走は無理だと諦め「アンチ日蓮正宗」管理人の訪問を承諾した吉野日神(智応)

 

インターネット上で見るだけでは、吉野日神(智応)は、日蓮正宗批判・創価学会批判の気概も、僧侶としての道念も完全に失っていることは、どこからどう見ても明らかであり、今さら、そんな男に、わざわざ旅費をかけてまで会ってもしょうがないというのは一理ある。しかしこの不審男・吉野日神(智応)なる者は、創価学会→法華講(?)→大日蓮宗・吹田教会所主宰→西山本門寺系・大津蓮華寺自称「副住職」などという不可解極まりない経歴の男である上に、さらに輪をかけて、「浄土真宗の僧籍を取った」などと自称し、謎の寺院・仏眼寺なる寺院に入ったと宣言した吉野日神(智応)。これは一体どういうことなのか、どういう男であるのかを、自分の目と耳で確かめる必要がある。吉野日神(智応)とのインターネット上の「交流」をつづけるにしろ、やめるにしろ、ここはどうしても確かめておく必要がある。そこで吉野日神(智応)に連絡を取ると、今度は、仏眼寺訪問の日程が、以外にも、すんなり決まった。さすがに二度も、私の訪問から「遁走」できないと思ったのであろう。

この時点では、私は仏眼寺なる寺院が、浄土真宗木辺派の寺院だとは全く知らず、吉野日神(智応)が「浄土真宗の僧籍を取った」などと自称していた「浄土真宗」が、真宗十派のひとつ・木辺派のことだとは全く知らなかった。私はこの時、23日の日程を組んでいたが、何も仏眼寺だけを訪問したのではなく、世界遺産で有名な姫路城の見学、姫路から一歩足を伸ばして岡山の日蓮宗不受不施派の本山・妙覚寺、不受不施日蓮講門宗(祖)本覚寺の訪問も日程に入れていた。

□日蓮宗不受不施派()妙覚寺

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/cat_191568.html

□不受不施日蓮講門宗(祖)本覚寺

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/cat_611308.html

そういうかなり強行日程を組んでいた。さて吉野日神(智応)は、仏眼寺訪問は承諾したものの、今度は「駅まで迎えに行く」だの「仏眼寺で泊まって行ってくれ」だのと、またしても、わけのわからない、キチガイ沙汰としか思えないようなことを言い出した。いつも私が地方に行くときは、概ねJTB「出張応援価」(ビジネスパック)などの旅行プランを使う。これは、まともに往復の新幹線乗車券・指定席特急券とホテルの宿泊券を買うよりも、かなりの安上がりになる。12日の旅費・宿泊費で比較して見ると、ビジネスパックを使ったときは、おおむね1泊の宿泊代がタダになる計算になる。また1泊プラスして23日にしても、プラス1泊の宿泊代が割安価格になる。またプラス1000円ないし2000円でグリーン車に乗ることも出来る。まともにグリーン券を買うよりは、はるかに割安であり、私はビジネスパック旅行の帰路は、よくグリーン車に乗る。だからかなりお得な料金で旅が出来る。この他、JTBではポイントカードがあり、JTBを使うと、1年間有効なポイントが貯まる。そのポイントは、次回の旅行の時に割引きになる。ビジネスパックは、人気が高いため、23日前くらいになると、ビジネスパックに割り当てられたホテルの部屋やJR列車の座席が満席になっているというときがある。そういう場合は、ビジネスパック以外の旅行プランを使うが、ビジネスパックよりも割高になる。

 

続きを読む

日神を斬る(6)~大津蓮華寺を「離山」後「浄土真宗の僧籍を取った」と宣言し仏眼寺なる寺院に入った吉野日神(智応)

■論破6・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く6

 

□大津蓮華寺を「離山」後「辻説法」転じて「坊主のネコ説法」をはじめた吉野日神(智応)

 

20108月、吉野日神(智応)は今までの前言を翻して、あれほどうれしそうに(?)「副住職」を自称していた大津蓮華寺から「離山」し、大津蓮華寺の自称「副住職」を「辞職」したと宣言。そして今まで「副住職」を自称していた大津蓮華寺を「偽りの寺」だと批判をはじめた。なぜ大津蓮華寺から離山したのか。その理由を「母の体調が悪くなったので離山」を決意したと言い出した。じゃあ、大津蓮華寺を「偽りの寺」だと批判をはじめたのは、どういうわけなのか。吉野日神(智応)は大津蓮華寺の自称「副住職」だったのに、大津蓮華寺を自ら「離山」したのち、「偽りの寺」だと批判したら、じゃあどうしてそんな「偽りの寺」の「副住職」を自称していたのか、との疑問が出る。全く腑に落ちない話しである。大津蓮華寺が「偽りの寺」なら、そこの住職と「副住職」も「偽りの僧侶」ということになるのではないのか。さらに大津蓮華寺「離山」後、吉野日神(智応)は「辻説法」を復活して、あれこれと書き始めたが、日蓮正宗批判、創価学会批判は、遁走したまま、一言もなし。それどころか、吉野日神(智応)は、大津蓮華寺が「偽りの寺」だと批判しながら、なぜ大津蓮華寺が「偽りの寺」なのかについて、一言の言及もなし。なぜ自称「副住職」を「辞任」し、大津蓮華寺を「離山」したのかについても、何一つ言及しない吉野日神(智応)。こういう大事なことは何一つ「辻説法」で書かずに、吉野日神(智応)が「辻説法」で書くことは、飼いネコの話しばかり。自分の飼いネコの話しばかりしている僧侶の説法が、どこにありますか。こんな人をバカにした説法など、まさに前代未聞。自分では「拳骨和尚の辻説法」を自称しているが、飼いネコの話しばかりしている「辻説法」は、もはや実質的に「坊主のネコ説法」と化してしまっていたのである。

私が驚いたのは、これだけではない。もっと驚いたのは、大津蓮華寺を「離山」した後の吉野日神(智応)の身の振り方である。その後、吉野日神(智応)は「辻説法」では、住む所がなくなったので、吹田市の『女房の自宅』(?)に母親と吉野日神(智応)の母子二人で居候していたとのこと。吹田市の『女房の自宅』(?)とは、かつて吉野日神(智応)が「大日蓮宗」の「吹田教会所」を自称していた、あのマンションの「草庵」のことらしい。というわけで、大阪府吹田市のマンションの「草庵」に戻るのかな(?)と思っていたところ、突然、兵庫県姫路市の仏眼寺なる寺院に入ることになったと宣言。私にも兵庫県姫路市の仏眼寺なる寺院の連絡先を通知してきたのである。この時点において、私は吉野日神(智応)が「大日蓮宗」に戻ったものだとばっかり思っていた。「兵庫県姫路市の仏眼寺なる寺院って、大日蓮宗の寺院(?)」と思った私は、インターネットでいろいろ検索してみたのだが、潰れる寸前宗派「大日蓮宗」に仏眼寺なる寺院はない。それどころか、そもそも「大日蓮宗」という宗派自体が、すでに実質的に解散したことになっている。高山智正氏が「大日蓮宗」の法人格だけを継承しているのかもしれないが、潰れる寸前宗派「大日蓮宗」は、実質的にすでに潰れてしまっている。では、この仏眼寺なる寺院は、何宗の寺院なのか、ということになる。

 

続きを読む

日神を斬る(5)~2009年9月、蓮華寺訪問の件で大パニックになり断りの連絡を入れてきた吉野日神(智応)

■論破5・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く5

 

□こんな不審極まりない人物をインターネット上の所行だけで評価を下すことは不可能である

 

ここまで自称・大津蓮華寺「副住職」吉野日神(智応)の不審言動をまとめてみたい。

1 「元創価学会員」を自称しながら「辻説法」で池田大作のことを「池田大作先生」とよび、大石寺67世日顕のことを「大石寺貫首上人」「御法主上人猊下」とよんでいた

2 「辻説法」で「偽書」である「本尊七箇相承」や「御義口伝」「産湯相承事」を何と日蓮の真書と認定するお粗末な文を平気で書いていた

3曼荼羅書写三千体達成を自称しているが、大石寺の「戒壇の大本尊」偽作問題については、「辻説法」には何一つ書いておらず、何の見解も表明していない

4 「辻説法」の中でかつての日蓮正宗寺院僧侶や住職を絶賛していた

5 「辻説法」で、大日蓮宗で出家得度する以前から、曼荼羅書写をしていたことを認めている

6 「元創価学会員」を自称しながら、「辻説法」で、なぜ創価学会員をやめたのか、について、一言も言及していない

7 「大日蓮宗僧侶」を自称しているが、どこで僧侶としての修行をしてきたのか。「辻説法」の中に、一言の言及もない

8私が全国各地の仏教寺院を訪ね歩いているから、仏教寺院の信者になりたがっているなどと勘違いし、「mixi」日記でコメントのキャッチボールをつづけていることが、潰れる寸前宗派「大日蓮宗」に、私が心を寄せているかの如くに錯覚し、勘違いしている

9 「大日蓮宗」僧侶を自称し、「草庵」を自称する「大日蓮宗・吹田教会所」主宰を名乗っていたのに、西山本門寺の「末寺」(?)富士山蓮華寺の「副住職」に任命されたと宣言した

10仏教教学、富士門流、西山本門寺、北山本門寺の化儀について、きわめて初歩的な私の質問に、しどろもどろの大混乱、大パニックに陥って遁走した

11西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する富士山蓮華寺「副住職」を自称しながら、西山本門寺には一度も行ったことがない

12西山本門寺の僧侶自体がやっとどうにか食っていけるような寺院・西山本門寺僧侶・大津蓮華寺住職・松本修明氏が「副住職」を雇ってメシを食わせていける経済力を持っているのか。

13 mixi」の「辻説法」にカルト法華講員がスパム書き込みに驚き、「アンチ日蓮正宗」コミュも「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュもあっという間に退会。「辻説法」でも、日蓮正宗批判、創価学会批判を一切書かなくなって遁走してしまった

こんな不審極まりない人物を、インターネット上の所行だけで評価を下すことは到底不可能なことである。実際にこの人物に会って確かめた上で評価すべきことは当然ではないか。

 

続きを読む

日神を斬る(4)~蓮華寺「副住職」(?)なのに西山本門寺に一度も行っていないことがバレた吉野日神(智応)

■論破4・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く4

 

□蓮華寺「副住職」(?)なのに西山本門寺に一度も行っていないことがバレた吉野日神(智応)

 

通常であれば、西山本門寺一門(法華宗興門流)の寺院の住職なり副住職は、西山本門寺一門の僧侶が任命されるはず。これは西山本門寺一門に限ったことではなく、仏教宗派に共通している。日蓮宗寺院の住職、副住職は日蓮宗僧侶が任命されるし、浄土真宗大谷派寺院住職には、浄土真宗大谷派僧侶が任命される。こういったことは仏教宗派の常識である。それなのに、西山本門寺とは別宗派の「大日蓮宗」僧侶を自称する吉野日神(智応)が、西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する滋賀県大津市の富士山蓮華寺「副住職」になるというのは、どう考えても不可解であり不審である。ところが吉野日神(智応)は、滋賀県大津市の富士山蓮華寺「副住職」を自称していることに、よほど幸福感を味わっていた様子で、「hideさん、富士山蓮華寺にもぜひ『寺跡調査』にいらして下さい」「一度、hideさんとお会いしたい」とのノー天気なコメントを寄せてくるようになった。

大津蓮華寺に寺跡調査に行くのは、いつでも行くことができるが、実際に吉野日神(智応)と会う前に、晴らしておかなければならない疑問点がいくつかある。これはなぜ西山本門寺とは別宗派の「大日蓮宗」僧侶・吉野日神(智応)が、西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する滋賀県大津市の富士山蓮華寺「副住職」になったのかという疑問と関連することなのだが、「大日蓮宗」も西山本門寺一門(法華宗興門流)も、同じ日蓮を宗祖とする宗派であるかもしれないが、本尊、勤行、法服等々の化儀や所作は、違っているはずである。そこで吉野日神(智応)が滋賀県大津市の富士山蓮華寺「副住職」を自称するようになってから、一度、私は仏教教学、富士門流、西山本門寺、北山本門寺の化儀について、吉野日神(智応)に質問したことがあった。私としては、吉野日神(智応)の疑問点・不審点を解明するために行った初歩的な質問で、当初は吉野日神(智応)もわけなく簡単に回答してくるものだと予想していた。ところが、きわめて初歩的な質問だったにもかかわらず、吉野日神(智応)はしどろもどろの大混乱、大パニックに陥ってしまう。しかもこの時、吉野日神(智応)が西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する富士山蓮華寺「副住職」を自称しながら、西山本門寺には一度も行ったことがないことまでバレたのである。これには、さすがに「マズイ」と思ったのか、吉野日神(智応)は「今日は蓮華寺の草刈りをして疲れて吹田に帰ってきた。明日も草刈りに行かなくてはならない。体がもたない。」などと言って、私の質問から遁走してしまったのである。

都合が悪くなるとすぐに遁走するのは吉野日神(智応)の常套手段なのだが、それにしても西山本門寺に一度も言ったことがない別宗派の僧侶が、西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する富士山蓮華寺「副住職」を自称するとは、一体どういうことなのか。この当時においてすでに私は、西山本門寺には何度か行っていて、寺跡調査も行っていたが、西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する富士山蓮華寺「副住職」を自称する人物が、西山本門寺には一度も行ったことがないとは、どういうことなのか。こんなバカな話しがどこにあるだろうか。

 

続きを読む

日神を斬る(3)~前代未聞の勘違い男・大津蓮華寺「副住職」自称等々、不審な言動がつづいた吉野日神(智応)

■論破3・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く3

 

□寺院訪問・寺跡調査の意味を完全に勘違いしていた前代未聞の勘違い男・吉野日神(智応)

 

私は2005年に「mixi」でアカウントを取得し、正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」コミュニティを設立。それ以来、「mixi」や「GREE」の「アンチ日蓮正宗」コミュの他、「mixi」日記で日蓮正宗・創価学会・顕正会等「日蓮正宗系」カルト教団批判シリーズを執筆。「アンチ日蓮正宗」コミュニティのメンバーやマイミクの皆さん方と、日蓮正宗・創価学会・顕正会等「日蓮正宗系」カルト教団批判について、さまざまな意見交換を行ってきた。これは20122月にライブドアブログに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」オフィシャルブログと「仏教宗学研究会のブログ」を立ち上げるまで、つづけてきた。吉野日神(智応)なる人物も、その当時は「アンチ日蓮正宗」コミュニティのメンバーであり、私のマイミクであったわけだったが、「アンチ日蓮正宗」コミュニティでの発言は全くなく、ゼロ。「mixi」日記の日蓮正宗・創価学会・顕正会等「日蓮正宗系」カルト教団批判シリーズでは何度かコメントがあり、イイネ機能が付いてからは、やたらめったらイイネを付けていたころがあった。しかし吉野日神(智応)は、池田大作のことを「池田大作先生」とよび、大石寺67世日顕のことを「大石寺貫首上人」「御法主上人猊下」とよぶ他、「偽書」である「本尊七箇相承」や「御義口伝」「産湯相承事」を何と日蓮の真書と認定するお粗末僧であったが故に、「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後から起算して最低5年間は『様子見期間』とする「最低5年様子見ルール」により、「アンチ日蓮正宗」の吉野日神(智応)に対する基本的スタンスは、最低でも2007年から2012年までは『様子見期間』ということであった。

私は、2006年ころから「mixi」日記で日蓮正宗・創価学会・顕正会等「日蓮正宗系」カルト教団批判シリーズや今の「仏教宗学研究会のブログ」の原型のような寺院訪問記を執筆していて、こういった「最低5年様子見ルール」の中で、何度か吉野日神(智応)のコメントがあったので、こちらとしてはそのお返しのコメントをする。そういう形で「mixi」日記でコメントのキャッチボールがつづいていたのだったが、そういう中でこの吉野日神(智応)という人物、なかなかの「勘違い男」「勘違い僧」であることがわかってきた。何を勘違いしているのかというと、こうした「mixi」日記でコメントのキャッチボールをつづけていることが、潰れる寸前宗派「大日蓮宗」に、何か私が心を寄せているかの如くに錯覚し、勘違いしているということ。まことにもって呆れ果てた話しである。私が全国各地の仏教寺院を訪ね歩いていたのは、寺跡調査や仏教宗学の研究等のためであって、その寺院の信者になりたいからではない。そんなことは、当たり前の話しである。私が全国各地の仏教寺院を訪ね歩いているから、仏教寺院の信者になりたがっているなどと勘違いし、「mixi」日記でコメントのキャッチボールをつづけていることが、潰れる寸前宗派「大日蓮宗」に、何か私が心を寄せているかの如くに錯覚し、勘違いするなど、正常な人間の発想とは、とても思えない。自称「大日蓮宗僧侶」吉野日神(智応)は、吉野智応(ちおう)という僧名を、吉野痴呆(ちほう)と改名したほうがいいのではないかと思ったほどであった。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ