アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会員の芸能人・有名人・タレント批判

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(195)~創価学会幹部からもらったチケットを片手に行った有名歌手の安普請なコンサート

□創価学会幹部からもらったチケットを片手に行った有名歌手の安普請なコンサート

 

さて「隣の学会員・法華講員」シリーズの話しを再び「鍋宴会」の話しに戻したい。

劇団Nのオーナー兼プロデューサーで、自宅で鍋宴会を主宰する小矢木隆(仮名)は、創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名) 三丁目公園地区(仮名)の地区幹事。自宅の隣接地に劇団の稽古場を構え、劇団の稽古がある日は、必ず自宅で「鍋宴会」。小矢木隆(仮名)は、鍋宴会では意気軒昂。数人集めて鍋をグツグツ煮込み、そこに酒が入ると弁舌滑らかで、一人で喋りまくっている。その小矢木隆(仮名)が得意としている話しは、バクチで膨れあがった莫大な借金を返済したという「体験談」。小矢木隆(仮名)は盛んに「功徳の体験」と言っていたが、実際は先に創価学会に入信していた夫人の親族の借金代払いであった。しかし小矢木隆(仮名)は、決して夫人の親族の代払いであるとは言わず、これは「功徳」だと盛んに鍋宴会で喋るのである。

小矢木隆(仮名)は弁舌が乗ってくると「まあキミも1回ぐらいは創価学会の座談会に来いよ」などと言う。しかし私はすでに福寿荘(仮名)、喫茶店・コンパウンド(仮名)、溝口工務店(仮名)、溝口個人会館(仮名)の関連で創価学会の座談会に出ていたし、これは何度出ても中身は同じ。私は進んで出る気はしなかったが、「太陽作戦」に転換したわけだから、無碍に断るわけにいかない。しかし小矢木隆(仮名)が誘った座談会というのが、地区部長・井畑徳三(仮名)がセクハラをしていた高畑美枝子(仮名)の自宅・個人会館で行われていた座談会。女子部部長・田室美智子(仮名)のヒステリックな堕地獄論を聞かされた座談会であった。「また、あれか」と思ったが、「太陽作戦」に転換したわけだから仕方がない。ここでも小矢木隆(仮名)は、夫人の親族の代払いの借金返済を、代払いのことは隠して、これは「功徳」だと盛んに喋りまくっていた。創価学会の座談会は、何度出席しても、得るものはほとんどなかった。「小矢木さん、こういうのは勘弁してくださいよ」と言うと、「それならこれに行ってきたら」と小矢木隆(仮名)が出してきたのが、研ナオコ・コンサートのチケットである。これには最初「えっ」と思ったが、これにも裏があった。あの当時、歌手・研ナオコは創価学会に入信しており、小矢木隆(仮名)が出してきたチケットは、創価学会の外郭団体・民音が出しているチケット。あの当時、「民音」の名前すら知らなかったくらいで、小矢木隆(仮名)が劇団のオーナーだからこんなチケットを持っているのかな、ぐらいに思っていたのだったが、後になってから、民音が創価学会の外郭団体だと知った。研ナオコが麻薬事件のあと、創価学会に入信したという話しは、福寿荘(仮名)の創価学会男子学生部の信徒から聞いてはいた。ではなぜ研ナオコが創価学会に入信したのか、という話になると、福寿荘(仮名)の創価学会男子学生部の李達明(仮名)らは、「創価学会はいい人ばかりいるから」(と研ナオコが体験を話していた)などと平気で言う。本当に研ナオコが体験発表して、そんなことを言ったかどうかは疑問だが、こんな厚かましいことを平気で言う創価学会員の体質には呆れてしまった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(161)~ジャーナリスト・内藤国夫氏が報じる「創価学会員の芸能人」の実態と内藤国夫氏による批判

■ジャーナリスト・内藤国夫氏が報じる「創価学会員の芸能人」の実態と内藤国夫氏による批判

 

昨今は、インターネット上に、創価学会員の芸能人の実名がズラリと登場する。1980年代のころは、まだインターネットは一般に普及しておらず、世間一般には「創価学会員の芸能人」についての情報は、ほとんど聞かれなかった。むしろあの当時は、創価学会の側から「タレントの○○さんは創価学会員」「俳優の△△さんは創価学会員」という情報を積極的に流していた。つまり少なくとも、1980年代のころから、有名タレントを創価学会の広告塔として利用する作戦を行っていたと考えられる。これを批判していたのがジャーナリスト・内藤国夫氏で、著書「スキャンダルウオッチング」に書いてある「創価学会員の芸能人」批判を引用してみたい。

「信仰の自由は、同時に信仰の秘匿につながる。誰が何をどのように信仰しているかは、基本的にその人だけの秘められた事柄である。ただし、組織の方が宣伝等に利用しようとし、本人もまた宣伝材料に使われるのを納得し、また嬉しがるのであれば、信仰は秘匿されず、公開される。学会にあっては、とりわけ一部の芸能人が、折伏を進める“武器”として派手に使われ、巷での大きな話題になったりする。なにしろ、宣伝大好き人間・池田大作に率いられたマンモス教団のことである。大きな組織だけに、芸能人の数も比例して多くなる。

その上、学会員芸能人ばかりを集め『芸術部』まで作った。池田の会長就任直後のことである。『芸術部』結成の目的を池田は語った。『芸術部は広宣流布の顔である』『創価学会は表は豪華客船、中は軍艦で行かなければならない』。学会幹部が着る洋服にまで『ピカピカと光り輝く豪勢なものを身につけるように』と注文をつける池田のことだ。芸術部に対しても、いろいろと注文をつけた。要するに『豪華客船』を飾り立てる尖兵になれ、ということに尽きる。尖兵たりうる間は大いに用いられるが、浮き沈みの激しい芸能界のこと、大いに用いられることもあれば、あっさり捨てられることも珍しくない…」(内藤国夫氏の著書『スキャンダルウオッチング』p5758)

「学会が用いた芸能人の最初は、厳密には芸能人ではないが、有名人としては、プロ野球選手で東急セネターズの白木義一郎だろう。白木という名前からも分かるように、義一郎は池田香峯子の伯父に当たる人物である…」

「学会員芸能人といえばこの人、というくらい有名なのが山本リンダ。山本は自他ともに有名な『池田教』の狂信者。池田に『法難』が降りかかった時、山本はいつも『魔』の批判に走り回った…」

「岸本加代子。彼女も熱心な学会員だ。岸本が落語家の春風亭小朝と恋仲に落ち、結婚にまで至りそうになった話しは有名である。が、結局、小朝は林家三平の娘の一人、泰葉と結婚。岸本との破談の理由が、彼女の強引すぎる折伏だった。桂木文を折伏したのは岸本である。岸本の所属するプロダクション・芸映は社長の鈴木力が芸術部の大幹部…」

(内藤国夫氏の著書『スキャンダルウオッチング』p5960)

スキャンダルウオッチング1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(160)~創価学会員の役者、プロデューサー等の「創価学会員の芸能人」批判をしていた舞台監督

■創価学会員の役者、プロデューサー等の「創価学会員の芸能人」批判をしていた舞台監督

 

劇団Nの舞台監督・小山高久(仮名)は、「オーナーの小矢木隆(仮名)はなぜあんな芝居の下手な役者を連れてきたのか」と、怒る。小山高久(仮名)は芸歴も長く、顔見知りの役者もたくさんいる。つまり、あんな芝居の下手な役者を使わなくても、オレは芝居のうまい役者をたくさん知っている、というわけである。しかし浦本浩司(仮名)を連れてきたのは、オーナー兼プロデューサーの小矢木隆(仮名)であるから、小矢木隆(仮名)の意向を無視して、役を代えるわけにはいかない。だから舞台監督・小山高久(仮名)の怒りの矛先は、次第にオーナー兼プロデューサーの小矢木隆(仮名)に向いていった。

しかし小矢木隆(仮名)宅で鍋宴会をやっているときは、いくら何でも舞台監督の小山高久(仮名)といえども、オーナー兼プロデューサーの小矢木隆(仮名)が鍋宴会にいるわけだから、露骨に小矢木隆(仮名)批判は口に出来ない。そこで小山高久(仮名)や主役の滝野哲男(仮名)らは、鍋宴会が終わったあと、タクシーに乗って二次会に行く。小山高久(仮名)は「安い居酒屋を知っているから」と言って、お気に入りの役者を誘って、居酒屋で二次会をやる。私も誘われて、何度か小山高久(仮名)の二次会に行ったことがあった。

さて二次会の居酒屋で、どっかり腰を下ろした小山高久(仮名)や滝野哲男(仮名)らが社へベル話題は、芝居の話しもさめことながら、オーナー兼プロデューサーの小矢木隆(仮名)批判。そして二人が「大根役者だ」と睨んでいる浦本浩司(仮名)と高野智子(仮名)の二人の批判である。小山高久(仮名)も滝野哲男(仮名)も、稽古場でさんざん浦本浩司(仮名)と高野智子(仮名)の二人をダメだしして、ボロクソに言っているのに、居酒屋に来ても、まだ二人をボロクソにこきおろす。そして小山高久(仮名)や滝野哲男(仮名)の怒りの矛先が、オーナー兼プロデューサーの小矢木隆(仮名)に向けられていく。

「何であんな役者を連れてきたんだ」「オーナーが買っているんじゃないんですか」

こんな感じで、心底、怒りがおさまらない様子なのだが、しかし小山高久(仮名)や滝野哲男(仮名)は、「大根役者だ」と睨む浦本浩司(仮名)と高野智子(仮名)の二人の批判はものすごい勢いで炎上するのだが、オーナー兼プロデューサーの小矢木隆(仮名)批判になると、どうしてもトーンダウンしてしまう。なぜトーンダウンしてしまうのかというと、やはりこれは小矢木隆(仮名)の経済力が大きかったと思われる。小矢木隆(仮名)は、元々は芸能界とは全く関係ないタクシー運転手あがりの人。タクシー運転手で稼いで溜めた資金を元手にして、新聞図書輸送会社を創立し、これを軌道に乗せて、劇団Nまで造った。そして公演をやれば、スタッフや役者にギャラを遅滞なく支払う。

ギャラの遅滞・延滞や未払いがゴロゴロたくさんあるアングラ劇団系にあって、小矢木隆(仮名)のカネ払いの良さは光っていた。しかしカネは持っていたが、どこからか「大根役者」を連れてきて、公演に出させようとするなど、感性がかなり劣る。小山高久(仮名)や滝野哲男(仮名)は、そういうところが不満。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ