アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

第1次宗創紛争・第2次宗創戦争に関する苦情

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗と創価学会の第1次・第2次宗創紛争・宗創戦争に関する苦情の数々NO3

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的な日蓮正宗・創価学会紛争の実態NO3

 

「思うんですが、なぜ日蓮正宗と池田教団、顕正会はいつもいがみあっているんでしょうか?日蓮宗のお寺さんの和尚さんが、わたしの知り合いにいますが、日蓮宗の分派どうしでいがみ合いしている話は寡聞にして聞かないので。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「日蓮宗に対して嫌悪感は正直余り無いのですが、しかしながら日蓮正宗は、破門やら強引勧誘やら何かとお家騒動が絶えないのが、不思議です。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「創価学会・顕正会などは『日蓮正宗』系ですね。厳密に言えば日蓮正宗系は日蓮正宗総本山にある『戒壇の大御本尊』が唯一絶対の本尊で、分派した創価学会や顕正会は『ウチこそが総本山の戒壇の大御本尊からの血脈を引いてる』と言い争ってるのです。この大御本尊も日蓮上人の真筆がどうかは疑わしい説がある。これらいずれの日蓮正宗系宗教団体は 戒壇の大御本尊と現世利益を餌に(学会は更に池田氏を生き仏としてますけど) 金集め組織となっているのが現状ですね」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「日蓮正宗の連中って、それまで積極的に折伏なんてしてこなかったくせに、創価学会が『折伏大行進』で信者を増やしたものだから、味をしめて今更でしゃばってきたんだよね。元顕正会やら元創価学会のドロップアウトを受け入れて、まず池田大作亡き後の創価学会の信者を蚕食し、日蓮正宗信徒にして、更に一般人に布教しようという魂胆がミエミエ。創価学会が復興させた無駄にデカイ富士大石寺を見せて、一般人を圧倒しようとでも思ってんのかね?コンクリートの塊の、美意識や様式美の欠片も無いだだっ広い建築物を見せてさ。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「『仏法は体のごとし、世間は影のごとし、体曲がれば影ななめなり。』(大石寺版平成新編御書p1469)で、偽本尊を勝手に造乱し、日本中に大聖人の伝統の正義をねじ曲げた邪法邪義をばらまき散らし…と、ある法華講員は日蓮の言葉を引用し(真筆の書の引用かは知らないが)こんな事を言っているが、これは日蓮正宗にも当てはまると思う。日蓮正宗の言う仏法が正しいなら、もっと世間の人が日蓮正宗の教えに従うと思う。ところが、「仏法が斜め」だから日蓮正宗は「創価学会」や「顕正会」を生み出し、世間にアンチや批判者を生み出している事に気が付いてないようだ。まさに都合のいい解釈しかしない法華講を見事に表している現証ってやつですね。あ、文証もあるか(笑)」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「どちらが分派でも、どちらが異端でも、私としては構いませんがね。そりゃ『自分たちが正しい』と信じて疑わない人からしたら、何をもってしても『異端』だし、『自分達が正統』だと信じて疑わない人からしたら、何をもってしても『分派』でしょう。ただ、世間一般は『二箇相承』などというものは『偽書』だとしてるのですから、あとは言わずもがなですよね。確かに、天台宗から見れば日蓮宗各派ともに『異端』なんでしょうし『分派』なのは正解でしょう。ただ、日蓮宗が身延山久遠寺を『占拠している』などと、あたかも不法に占拠しているような日蓮正宗の物言いは如何なものでしょうか?日蓮正宗の信徒さんが『日蓮正宗が正統』『日蓮宗が異端』などと言っても、そんな話しは大石寺の本尊を信じている方々の中でしか通用しない話しですね。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

 

続きを読む

日蓮正宗と創価学会の第1次・第2次宗創紛争・宗創戦争に関する苦情の数々NO2

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的な日蓮正宗・創価学会紛争の実態NO2

 

「日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会など日蓮正宗系分派全てから折伏を受けたなど、町内でも私一人か。過激派みたいに日蓮正宗系の内ゲバ花盛りな割には、皆同じ教義に目くそ鼻くそと感じます」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「ネット上で熱心に盲信アピールしている日蓮正宗信徒の多くは、創価学会→顕正会→日蓮正宗、若しくは日蓮正宗→創価学会→顕正会→日蓮正宗等、所謂「カルトサーフィン」してきた方が多い。古くからの日蓮正宗の信徒さん達から「法華講のイメージ、日蓮正宗のイメージががた落ちするし、日蓮正宗っていうだけで白い目で見られる。困っている」との相談が寄せられている。日蓮正宗は、創価学会との蜜月関係時代においしい味をしめた「大儲け」を再びやりたいのか、やたら信者獲得に走ってるようですが、そろそろ思考変換しないと、世間に『伝統カルト教団』等と叩かれる時代が来るかも知れませんね。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「この日蓮正宗という宗派は、昔から妙信講紛争だの、宗創紛争だの宗創戦争だのと、内紛ばかり起こして家族を引き裂くのが昔から好きなんでしょうね。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「創価学会と宗門は仲たがいをしています。しかし、落語『宗論』に「宗論はどちら負けても釈迦の恥」ということばがあるように、醜いザマを天下にさらしているように思えるのは、わたしだけでしょうか?」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「先日のことです。自分はスーパー店員なんですが、音楽の話しとかをよく話すお客さんがいたんです。その人がなんと日蓮正宗の人間で、『日蓮なら悩みもなにもかも救われる。福徳が積まれる』などと30分あまり話しを聞かされました。ああいった人間はどう対処したらいいでしょうか。仮にもお客さんでクレームに発展するのが厄介で強く言えません」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「創価学会も顕正会も かつては日蓮正宗の信徒団体でした…。しかし、いずれも破門されて『我々こそが日蓮上人直結だ』と言い張ってます。そして日蓮正宗vs創価学会vs顕正会vs正信会の争いがあります。本当の仏教に争いは必要ないと私は個人的に思います」(アンチ日蓮正宗コミュ)

「日蓮正宗vs創価学会vs顕正会vs正信会の争いで、どちから一方が正解とか間違い…と言う事には ならないと思いますが…。こちらのコミュはアンチ日蓮正宗ですよね。『源清ければ流れ清し』。その源である日蓮正宗が悪い水を流しているから、流れを汲む創価学会も顕正会もおかしな団体な訳で…。日蓮正宗がおかしいから創価学会も顕正会も おかしな団体なのだと思いますよ。現に創価学会も顕正会も破門されたとは言え、教義内容や本尊は日蓮正宗と同じですし…。源である日蓮正宗がある限り 日蓮正宗vs創価学会vs顕正会の宗教戦争は終わらないのではと思います。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

 

続きを読む

日蓮正宗と創価学会の第1次・第2次宗創紛争・宗創戦争に関する苦情の数々NO1

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的な日蓮正宗・創価学会紛争の実態NO1

 

「昭和57(1982)の頃、幾度かの宗創紛争で宗門(日蓮正宗)に理があるとおもい、創価学会を脱会し日蓮正宗寺院に付き、わずかな信徒で法華講支部を立ち上げ、副講頭という立場で人に創価学会の非を説き、宗門(日蓮正宗)の正しいことを訴えて来ましたが、現実とのギャップに悩み戸惑い、いつしか組織信仰を否定するようになりました。創価学会がもつ非は学会のみがもっているのではなく、日蓮正宗の在り方そのものが生み出していることに気づいたのです。日蓮正宗の教義には全く納得できるところはありません。このほど命に及ぶような大病をして、前回入院した時のようにお題目も御本尊も自分の意識には登場しませんでした。このコミュの管理人さんがおっしゃるように諸々のカルトの元締めとなっているのがこの日蓮正宗かも知れませんね。私はキリスト教であれ仏教であれ、どのような宗派を選ぼうとも「信心決定」してしまえばカルトの奴隷だと思います。みなこの宗派以外は地獄に堕ちるのだというに決まっています。そして信じない者には冷酷極まりない言葉を浴びせ、まるで論理性のない捨てゼリフで自分の溜飲を下げるだけの極めて貧しい人生を送り、自分たちだけが「慈悲深い」と錯覚していきます。このコミュではなく、一般仏教のコミュに登場する日蓮正宗信徒の書き込みはそのことを再自覚させてくれるものでした。」

(アンチ日蓮正宗コミュ)

「日蓮正宗への御批判ごもっともに、ございます。要は、日蓮正宗と創価学会の紛争とは、日蓮正宗が凶暴になった犬(創価学会)を、山に捨てた感じでしょうか」

(アンチ日蓮正宗コミュ)

「十数年前に創価学会の友人に勧誘された事により、家族も巻き込み、多大な迷惑を被った経験があり、宗教について考え、学ぶキッカケとなっています。創価学会、顕正会などの親元は日蓮正宗大石寺(石山教学)ですし、「唯一無二の正しい宗教!」「広宣流布・世界平和」と豪語、喧伝しておきながら、同じ教学を信仰してきたいわば兄弟同士で醜い罵詈雑言。その様な傲慢で独善排他、原理主義のカルト思考の教えを説き、信徒を操り、人生を狂わせるカルト団体の所業に嫌悪感を抱いています。」

(アンチ日蓮正宗コミュ)

「裏である政党を支持して、非公式に選挙活動をしている創価学会。ご本尊を拝み、勤行をすることで、幸福になれるという嘘っぱち。強引な勧誘など、創価学会そのものの体質・存在が気に入りません。顕正会も、創価学会の対抗組織を謳っていながら、「日蓮大聖人に逆らえば、日本は滅びる、地獄に落ちる」と言った脅し文句から、ますます強い疑念を持ちます。まさに詐欺まがいかつ暴力的な振る舞いにしか思いません。日蓮正宗のいかさま加減をこれからも見極めたいと思います」

(アンチ日蓮正宗コミュ)

 

続きを読む

家族分裂・家庭分裂の悲劇を産みつづけていた日蓮正宗・創価学会・正信会紛争

19891993年の宗創戦争勃発前後ぐらいのころ、宝浄寺に寺跡調査のために行っていた時、私のことをてっきり信者と勘違いした宝浄寺信者から声をかけられたことがあった。

その人の名は大下順也氏(仮名)。年齢は30代前半くらい。その当時は私も年齢が20代後半から30代前半のころだったので、同じ年代の信者かもしれないと勘違いしたようであった。ところがその人は、私にいろいろ興味深い話しをいろいろしてくれたのである。

 

大下順也氏(仮名)は、宝浄寺信者の法華講員であったが、所属は「法華講妙真寺支部」。

あの当時、宝浄寺には「法華講宝浄寺支部」と「法華講妙真寺支部」の二つの法華講があった。「法華講宝浄寺支部」というのは、1970年代後半に起こった創価学会の「昭和五十二年路線問題」によって創価学会から脱会して宝浄寺信者になった人たちが中心になって結成された法華講。こういう法華講は、どこの日蓮正宗寺院でもよくあるパターンの講中である。

もうひとつの「法華講妙真寺支部」は、創価学会の「昭和五十二年路線問題」につづく、正信覚醒運動の活動家僧侶(のちの正信会)であった妙真寺住職・山口法興氏が日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主から住職罷免・破門になっても妙真寺から退去せず、妙真寺に居すわりつづけたため、妙真寺への参詣を大石寺・宗務院から禁止されたため、旧来から妙真寺にあった法華講である「法華講妙真寺支部」に所属する信者が、宝浄寺への移籍を命じられて、宝浄寺に講中丸ごと、移籍してきた法華講支部である。

1980山口法興住職罷免1

 

ところがその大下順也氏(仮名)の話しによると、正信会・山口法興氏破門事件の時、「法華講妙真寺支部」の信者は全員、スムーズに宝浄寺に移籍したわけではなく、講中そのものが三分裂してしまったのだという。

ひとつは、阿部日顕法主・宗務院の命令のままに宝浄寺へ移籍したグループ。

ひとつは、山口法興氏を支持して妙真寺に残ったグループ。いわゆる今の正信会信者。

ひとつは、一連の事件や混乱に嫌気がさして、日蓮正宗の信仰そのものをやめてしまったグループの、三つということであった。

 

山口法興氏ら正信会(正信覚醒運動)の指導的立場にあった住職5人が、1980(昭和55)年に、阿部日顕法主から住職罷免・破門に処せられた時、テレビの報道番組でも放映され、大きな話題になった。それについて、日蓮正宗の内部でかなり大きな混乱があったことは私も知っていたが、妙真寺の講中が三分裂してしまうほどの大混乱があったことは、この時、はじめて知った。

阿部日顕法主の命令で宝浄寺へ移籍した「法華講妙真寺支部」は、「法華講宝浄寺支部」と同じく宝浄寺住職・大村寿顕(日統)氏の指導下にいた。

 

もちろん、一家ともども宝浄寺へ移籍した人もたくさんいたらしいのですが、中には一家で山口法興支持派と宝浄寺移籍派に分裂してしまったケースもあったという。

こういった一家分裂劇というのは、創価学会の「昭和五十二年路線問題」をめぐる混乱で、一家が創価学会派と正信会派に分裂してしまったケースが多数あったと聞く。これも日蓮正宗の分裂劇が産んだ悲劇の一つだと思いました。

こういう家族分裂・家庭分裂は、日蓮正宗・創価学会・正信会の紛争だけにとどまらず、1991年以来の宗創戦争においても、家族が日蓮正宗法華講と創価学会に分裂してしまうということが全国各地で起こっている。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ