アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

GREEとmixi「アンチ日蓮正宗」コミュニティを管理人承認要の公開コミュニティに戻しました

GREEmixi「アンチ日蓮正宗」コミュニティの参加に管理人の承認を要するのは以前と同じです

 

2012812日からmixi「アンチ日蓮正宗」コミュとGREE「アンチ日蓮正宗」コミュを非公開コミュにしておりましたが、今般、両コミュニティを約211ヶ月ぶりに管理人承認要の公開コミュニティに戻しました。両コミュニティの参加に管理人の承認を要するのは以前と同じです。

そして、両コミュニティに出されていた入会申請につきましては、明らかに日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」信者とわかる者を除き、入会を承認させていただきました。今般、両コミュニティを管理人承認要の公開コミュニティに戻しましたのは、以下の理由によるものです。

1 「mixi」「GREE」のコミュニティがヤフー、グーグル、ライブドア、アットサーチ等の検索エンジンにヒットするように変更されていること。コミュニティが検索エンジンにヒットするには、公開コミュニティにする必要があること。

2  GREE」のメール機能が終了し、「GREE」コミュニティの入会前事前審査が実質的に不可能になってしまっていること。

3  GREE」の「アンチ日蓮正宗」コミュニティの事前審査を廃止して、「mixi」の「アンチ日蓮正宗」コミュニティの事前審査を続行した場合、両コミュニティの同一主旨が失われてしまうこと。

4  2012年以来進めてきたGREEmixi「アンチ日蓮正宗」コミュニティの記事を「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」や「仏教宗学研究会のブログ」へ移設させる作業がほぼ一段落し、終了していること。

5 以前はmixi「アンチ日蓮正宗」コミュとGREE「アンチ日蓮正宗」コミュで荒れ狂っていたアラシ・スパム行為が、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」と「仏教宗学研究会のブログ」の開設と、「特定カルト重要危険人物・特定カルト危険人物一覧」作成以降、大きく減少してきていること。

以上の理由によるものです。

ただし、あらかじめお断りしておきますが、入会申請につきましては、明らかに日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」信者とわかる者を除き、入会を承認するということは、「日蓮正宗系」信者の加入を認めるということではありません。「mixi」と「GREE」の「アンチ日蓮正宗」コミュニティを2009730日以来、下記に該当する人に関してのみ、このコミュニティへの参加を拒否致しております。これについては、従来通り、変更はありません。

■ 自ら「日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信仰をしている」「法華講、創価学会、顕正会、正信会に所属している」ことを、明らかにしている人。「日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会『日蓮正宗』系宗教団体に現に所属している現役信者」。

■ 自ら、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会を擁護・宣揚する書き込み、発言をしている人。

■日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会を擁護・宣揚するコミュニティ、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信者を擁護・宣揚するコミュニティの管理人、副管理人、元管理人、元副管理人、これらのコミュニティに現に参加している人、これらの団体に所属する信者が主宰する団体・掲示板に参加している人

一旦、「mixi」と「GREE」の「アンチ日蓮正宗」コミュニティ参加が承認されても、あとから「日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会『日蓮正宗』系宗教団体に現に所属している現役信者」であることが判明した場合、コミュニティから退出していただくことになりますので、ご了承ください。

アンチ日蓮正宗3


アンチ日蓮正宗5
 

 

「アンチ日蓮正宗」のメインテーマ11・カルト宗教取り締まりの新立法・新国際条約制定をめざす

□デモ行進・集会は必ずしも新立法制定を働きかける為の適切な政治的手段とは言えない

 

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」は、基本政策・メインテーマとして、日本国内のカルト宗教対策として、カルト宗教取り締まり法、政教分離基本法、国会議員司法介入禁止法などの新立法をめざします。さらには現行の宗教法人法の改正、法人税法の改正により、宗教法人優遇税制の完全廃止と外形標準課税の導入、ランク制度の優良宗教法人の負担減免措置の導入をめざします。カルト宗教対策は、日本一国だけで新立法などを講じても問題解決にならない。日蓮正宗、創価学会、顕正会の「日蓮正宗系」カルト教団は、いずれも日本一国にとどまらず、韓国、台湾、香港、モンゴルの東アジアから、アメリカ、カナダの北米、メキシコ、パナマ、ブラジル、アルゼンチンなどの中南米諸国、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインなどの西欧諸国、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシアなどの東南アジア諸国、インド、ネパールなどの南アジア諸国、オーストラリア、ニュージーランドなどのオセアニア諸国、ガーナなどのアフリカ諸国などに至るまで、世界百数十ヶ国に教線拡大している。したがって「アンチ日蓮正宗」は、日本一国のカルト宗教取り締まり新立法をめざすに止まらず、世界百数十ヶ国が参加するカルト宗教取り締まりの新国際条約制定・締結をめざします。日本一国のみならず、世界各国が参加するカルト宗教規制・取り締まりを実現しないと、カルト宗教問題の根絶には、ならないからである。

そこで「アンチ日蓮正宗」では、カルト宗教問題の完全根絶のために、まずは国会に議席を持つ政党や国会議員に対して、カルト宗教取り締まり法、政教分離基本法、国会議員司法介入禁止法等のカルト宗教規制・取り締まり新立法制定のための請願・要求・提言を行っていきます。カルト宗教規制・取り締まり新立法を制定するのは国会議員であるわけだから、国会に議席を持つ政党や国会議員に対して、新立法制定を働きかけていくことは当然である。その働きかけの手段として、デモや集会等を連想する人も多いようだが、デモや集会に偏った手段は、21世紀の日本において、必ずしも適切な手段だとは思わない。もちろん、デモや集会を完全に否定する気はないが、他の手段で行ったほうが、説得力を持つ場合だってある。我々は、デモや集会を行うことによって、逆にこれが逆効果を生んでしまったような在特会の失敗を繰り返すべきではないと考えている。

「在特会の失敗に学ぶ~デモ行進は必ずしも適切な政治的手段とは言えない」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/44176802.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/44240262.html

デモや集会によらなくても、インターネットのブログや動画配信、書籍出版、映像製作・公開、署名運動、意見交換会等々といった手段・方法だってある。国会で新立法を目指していく以上、国会に議席を持つ政党や国会議員に対して、新立法制定の働きかけを行っていくことは当然である。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」の日蓮正宗系教学批判と日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は全く構造が異なる

□日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は「日蓮真作か偽作か」の一点に焦点が当たった研究である

 

「アンチ日蓮正宗」では、メインテーマ・基本政策として「日蓮正宗系に対抗・批判する教学『対抗学』の確立」「「戒壇の大本尊・二箇相承・日興跡条条事・百六箇抄・日蓮本仏・血脈相承等の偽作教学批判」ということを掲げている。日蓮正宗・大石寺の宗教的権威が、「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」「産湯相承事」「御本尊七箇相承」「本尊三度相伝」「日蓮本仏義」「血脈相承」「御秘符」「丑寅勤行」「日蓮の遺骨」「日蓮の肉牙」等々といった、偽作本尊・偽作相伝・偽作教学によって形づくられているからであり、これらの日蓮正宗の偽作本尊・偽作相伝・偽作教学の検証・批判は、「アンチ日蓮正宗」の重要なメインテーマになるのである。

こう言うと「そんなことは日蓮宗あたりがやっているのでは?」と言う人がいる。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」をご高覧いただいた日蓮宗某高僧の方からも、こんなご意見をいただいた。

「戒壇本尊も二箇相承も百六箇抄も日蓮本仏義もみんな偽作であることが言われており、戒壇本尊も二箇相承も百六箇抄も日蓮本仏義も偽作であるという論文や著書もありますよね」

たしかに日蓮宗現代宗教研究所の教化学研究集会・教化学研究発表大会での発表論文がある他、日蓮宗僧侶・安永弁哲氏の著書「板本尊偽作論」は、創価学会「折伏大進撃」による急激な信徒拡大がはじまって以降、はじめて大石寺の「戒壇の大本尊」偽作説を書いた本として、あまりにも有名である。この他にも宮崎英修氏も「戒壇の大本尊」偽作説の論文を書いている。

現代宗教研究所の研究発表大会でも大石寺「戒壇の大本尊」や二箇相承の偽作説を取り上げた論者が数人おり、東佑介氏も「戒壇の大本尊」や大石寺・相伝書の偽作説についての発表を行っている。では「アンチ日蓮正宗」の日蓮正宗系教学批判と、日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は一体どこが違うのか。「アンチ日蓮正宗」の日蓮正宗系教学批判と日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は全く構造が異なるのである。日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は、「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」「産湯相承事」「御本尊七箇相承」「本尊三度相伝」「日蓮本仏義」が日蓮真造なのか、それとも後世の偽作なのか、「日蓮真作か偽作か」の一点に焦点が当たった研究であり、「誰が偽作したのか」「何の目的で、どういう動機、どういう謀略を企んで偽作したのか」までは踏み込んでいない。それは、現代宗教研究所や研究発表大会とは日蓮宗の機関であり、日蓮宗の活動の一環としての「学問研究」のためのものだからだと思われる。日蓮宗はあくまでも宗教団体であり、全ての活動を日蓮正宗系批判活動に費やしているわけではない。日蓮宗・現代宗教研究所の「日蓮真作か偽作か」の研究そのものは、日蓮宗の活動として当然必要な活動であろうと思われるし、今後とも研究を続行して行かれることを期待している一人である。

 

続きを読む

「日蓮正宗系」カルト団体を離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請

□「日蓮正宗系」を生き長らえさせ布教拡大させてしまう口実を与えるべきではありません

 

創価学会を脱会された方々、日蓮正宗を離檀・離宗された方々、顕正会を脱会された方々、正信会寺院を離檀・脱会された方々、富士門流執着軍団を脱会された方々、無宗教になられた方々、一般伝統仏教や新宗教等の他宗派に移られた方々に、「アンチ日蓮正宗」へのご協力のお願いです。創価学会で苦しめられてきたこと、日蓮正宗で苦しめられてきたこと、顕正会で苦しめられてきたこと、正信会で苦しめられてきたこと、富士門流執着軍団で苦しめられてきたこと、創価学会・法華講・顕正会等「日蓮正宗系」団体のひどい実態、ひどいカネ集めの体質、強引・独善的なひどい体質、法主、住職、僧侶、信徒幹部のひどい態度等々を「アンチ日蓮正宗」まで告発して下さい。個人の秘密は、必ずお守り致します。

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」に反対し、告発する声をせびとも上げていただきたいと思います。「日蓮正宗系」団体のひどい実態・体質を知っていながら、黙っていては、彼ら「日蓮正宗系」の者たちに、日蓮正宗系には何の問題もなく、日蓮正宗系には何の苦情・トラブルもないなどと、彼らに都合良く解釈されてしまいます。日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」を生き長らえさせ、布教拡大させてしまう口実を与えるべきではありません。

みなさんで、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」に反対し、告発する声をあげましょう。ご協力をよろしくお願い申し上げます。

□「アンチ日蓮正宗」管理人の連絡先

(mobile)

080-6553-2774

anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp

(PC)

anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp

アンチ日蓮正宗4

 

 

 

 

「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています

□過去の事例等を総合的に勘案して「様子見期間」を基本的に5年間とさせていただきます

 

「アンチ日蓮正宗」には、「日蓮正宗系」団体を離檀・離宗・脱会された後、天台宗、日蓮宗、法華宗等の伝統仏教、立正佼成会等の新宗教に入られた方、一切の宗教と決別されて無宗教になられた方、自身の所属宗派を明らかにしない方、あるいは富士門流執着軍団に入った方、富士門流執着軍団とも決別された方等々、さまざまな方々が接触を求めてこられます。これは今まで、公には敢えて公表してこなかったことですが、「アンチ日蓮正宗」として「日蓮正宗系」団体を離檀・離宗・脱会された方、富士門流執着軍団とも決別された方に対する対応を、下記のように統一させていただいております。

 

□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、「富士門流執着軍団」との決別・脱会確認後から起算して最低5年間は『様子見期間』とさせていただきます

 

「様子見期間」は最低5年であり、人によっては「様子見期間」が7年とか10年に延長させていただく場合もあります。「様子見期間」の起算は、あくまでも「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会、「富士門流執着軍団」との決別・脱会を「アンチ日蓮正宗」として確認できた日を以て起算します。したがって、「オレは日蓮正宗をやめた」「オレは創価学会を脱会した」「顕正会をやめた」ということを、インターネット上の掲示板等に書き込むこと、メールを送信してくること等は、あくまでも「自称」ですから、確認したことにはなりません。

それから創価学会脱会→法華講に入る、創価学会脱会→顕正会に入る、顕正会脱会→法華講に入る、正信会を離檀→顕正会に入る、法華講に入る、創価学会脱会→富士門流執着軍団に入る、日蓮正宗離宗→富士門流執着軍団に入る等々のケースは、「日蓮正宗系」団体のカルトサーフィンにすぎず、「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会ではありません。

「アンチ日蓮正宗」で言うところの「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会、「富士門流執着軍団」との決別・脱会とは、「日蓮正宗系」を離檀・離宗・脱会、「富士門流執着軍団」との決別して、無宗教になった人、天台宗、日蓮宗、法華宗等の伝統仏教、数百年、数千年来の伝統宗教、立正佼成会等の新宗教に入られた人を指します。創価学会→法華講→富士門流執着軍団、創価学会→富士門流執着軍団等のケースは、富士門流執着軍団との決別・脱会の確認が、「様子見期間」の起算になります。又、創価学会→無宗教→法華講、創価学会→富士門流執着軍団→法華講というケースも近年、見られるところですが、これらのケースも「日蓮正宗系」団体のカルトサーフィンをしているものと見なします。一旦、無宗教になった時点で、「様子見期間」の起算には入りますが、その後、法華講に入る、創価学会に入る、富士門流執着軍団に入るということが判明した時点で、「様子見期間」を取り消し、「日蓮正宗系」団体のカルトサーフィンをしているものと見なします。

又、「アンチ日蓮正宗には賛成だが、まだ『日蓮正宗系』を離檀・離宗・脱会していません。『日蓮正宗系』の信仰活動もしていません」という人の場合も、「日蓮正宗系」からの離檀・離宗・脱会が確認されていませんので、「様子見期間」の起算にも入っていません

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ