アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会、顕正会派生の歴史を歪曲する日蓮正宗、創価学会、顕正会

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

龍神ひろしを斬る(86)~日蓮正宗が創価学会、顕正会を生み出した史実を隠蔽しようとして失敗した龍神ひろし

■論破86・日蓮正宗は創価学会、顕正会、正信会の生みの親・育ての親・本家本元である

 

□日蓮正宗が創価学会、顕正会を生み出した史実を隠蔽しようとして失敗した龍神ひろし

 

「創価学会、顕正会の生みの親・育ての親・本家本元は日蓮正宗」「日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会は『同じ穴の狢』『目くそ鼻くそ』だ」との批判を浴びせられ、返答に窮したカルト法華講員が、こんなウソ八百な妄説を書いて、心ある人たちの顰蹙を買っている。

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

『生み出すの意味すらわかっていないアンチ日蓮正宗の輩ども』

生み出す。辞書には。新しく作り出すとある。未だに、日蓮正宗の歴史を理解せず。創価学会設立すら理解できないでいると、日蓮正宗から、顕正会と創価学会が生み出したと思い込みをするらしい。莫迦もここまでくると、救いようもない。日蓮正宗から、生み出されたのでなく、自分勝手に解釈し、自分勝手に教義を曲げただけである。まったく、日本語が通じない輩を相手にしても、時間の無駄である。顕正会も創価学会も、日蓮大聖人の仏法と全くかけ離れたものである。顕正会がいうような、早く広宣流布いないと国が滅ぶとか、核戦争だとか、大地震がいつ起こるとか、こういうのは、仏法でない。また、創価学会のように、池田先生のために戦う。選挙活動。でっち上げ裁判での攻撃等は、もう仏法と言えない。自分勝手なものである。生み出すとは、全く同じものをしていて、新しく組織として作り出すならば、生み出すと言えるだろうが、顕正会の前身の妙信講時代は、寺を転々とし、転々としながら問題を起こしていらのだ。もう元から、日蓮正宗の教義を信じていない行動である。創価学会はも全く同じで、僧侶を軽蔑する行動は、牧口から、戸田のときも狸祭り事件や、僧侶軽蔑発言もあり、池田大作となると、御法主上人を軽蔑し誹謗までする。

生み出されたと全く違うものである。妙観講や蘇生講等の組織が、日蓮正宗にあるが、これらは、日蓮正宗から、新しく作り出した組織であるから、こういう組織は、生み出されたというべきである。(20120704日の龍神ひろし・楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

1991(平成3)11月に日蓮正宗は創価学会を破門。「日蓮正宗は創価学会と無関係」などと涼しい顔をしているが、しかし創価学会が日蓮正宗から派生した団体であることは歴史的事実である。さらにそれに加えて、1974(昭和49)8月に日蓮正宗から解散処分に付され、信徒除名になった妙信講(現・顕正会)も、日蓮正宗から派生した団体。1980(昭和55)年から1982(昭和57)年にかけて、大石寺67世阿部日顕法主と対立し、法主の血脈を否定して破門になった正信会も、日蓮正宗から派生した団体。「日蓮正宗は創価学会と無関係」などと涼しい顔をすればするほど、「創価学会、顕正会の生みの親・育ての親・本家本元は日蓮正宗」「日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会は『同じ穴の狢』『目くそ鼻くそ』だ」との厳しい批判が浴びせられる。

 

続きを読む

創価学会の親は日蓮正宗(16)~池田時代以降に出てきた牧口常三郎氏・戸田城聖氏らが戦争反対したというウソ

1943(昭和18)825日、官憲に逮捕された創価教育学会会長・牧口常三郎氏は、巣鴨拘置所に移され、1120日、治安維持法違反と不敬罪の容疑で、その予審請求を東京地裁に出された。創価教育学会の会長・牧口常三郎氏と理事長・戸田城聖氏は、太平洋戦争に反対したのではない。彼等は日蓮正宗の他宗排撃の教義により、伊勢神宮の神札を受けず、また燃やしたにすぎず、せいぜい太平洋戦争に勝つために、神道を奉じている日本政府の誤りを諫めるという立場を固執したにすぎになったのである。

創価学会・牧口常三郎1


このことは、以下の文献や証拠に明らかである。

 

1942(昭和17)1231日発行の『大善生活実証録』(創価教育学会第5回総会報告)を見ると、総会では軍歌が歌われ、西川理事が、

「いまや、皇国日本が北はアリューシャン群島方面より遙かに太平洋の真ん中を貫き、南はソロモン群島付近にまで及び、更に南洋諸島を経て、西は印度洋からビルマ支那大陸に将又蒙彊(もうきょう)満州に至るの広大な戦域に亘り、嚇々(かくかく)たる戦果を挙げ、真に聖戦の目的を完遂せんとして老若男女を問わず、第一線に立つ者も、銃後に在る者も、いまは恐らくが戦場精神によつて一丸となり、只管(ひたすら)に目的達成に邁進しつゝあることは、すでに皆様熟知されるところである」

等と述べている。

また戸田城聖氏が妙悟空のペンネームで執筆した著書『小説・人間革命』によれば、このころ牧口常三郎氏は戸田城聖氏らに対して、

「国家諫暁(こっかかんぎょう)だね。陛下に広宣流布の事を申し上げなければ日本は勝たないよ。これを御本山に奏請(しんせい)して、東京僧俗一体の上に国家諫暁をしなければ国はつぶれるよ。並大抵でない時に生まれ合わしたね」

等と教えていたことが書かれている。

牧口常三郎氏は、逮捕・投獄された後、一人だけ残った息子の洋三の戦死を知らされ、その嫁に獄中から返事をしたためた書簡を送っているが、その中で牧口常三郎氏は、

「…びっくりしたよ。がっかりもしたよ。洋三戦死の御文、…病死ニアラズ、君国ノタメニ戦死ダケ。(だから)名誉トアキラメテ唯ダ冥福ヲ祈ル。信仰が一ばん大切ですよ。百年前、及びその後の学者共が、望んで手を着けない『価値論』を私が著し、而も上は法華経の信仰に結びつけ、下、数千人に実証したのを見て、自分ながら驚いて居る。これ故、三障四魔が粉起するのは当然で、経文の通りです」(佐木秋夫・小口偉一『創価学会』より)

と記している。

戦場精神によって一丸、君国のための戦死、名誉とあきらめて、といった言葉のどこに反戦の思想などうかがえるだろうか。

 

続きを読む

創価学会の親は日蓮正宗(15)~神札甘受を拒否した牧口常三郎、戸田城聖を破門にした日蓮正宗

1943(昭和18)4月、日蓮正宗は、身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗との合同・合併を辛うじて免れたのだったが、太平洋戦争の進展にともない、かなりヒステリックな様相を強めていた官憲側は、創価教育学会をそのままでは済まさなかった。

官憲側は創価教育学会を日蓮宗合同問題の時からマークしており、すでに創価教育学会の機関誌『価値創造』は、官憲当局の命令で廃刊になっており、さらに創価教育学会の座談会に特高警察の刑事が現れて、しばしば集会を禁止するという情勢になっていた。

 

日蓮正宗・総本山大石寺と日蓮正宗の最大の信徒団体・創価教育学会の間には、神札甘受の問題をめぐって不協和音が発生していた。

牧口常三郎氏は1941(昭和16)年に、一度は、日蓮正宗からの神札甘受の命令を受け入れたものの、狂信的なまでに日蓮正宗の信仰に没頭していた牧口常三郎氏は、神札甘受は日蓮正宗の教義違背の謗法であるとの考えに立っており、ここへ来て創価教育学会は、再び神札甘受を拒否するという行動に出た。

創価学会・牧口常三郎1


日蓮正宗大石寺62世鈴木日恭法主は、1943(昭和18)628日、牧口常三郎氏らを大石寺に呼びつけて、再び神札甘受を命じたが牧口常三郎氏はこれを拒否。日蓮正宗は、神札甘受の命令を聞き入れない創価教育学会幹部たちを大石寺参詣・本門戒壇本尊参拝を禁止する“登山停止”の処分に付した。

 

1943(昭和18)6月、創価教育学会会員で中野支部長という要職にあった陣野忠夫氏が近所の人を折伏(強引で強圧的な入信勧誘)しようとして、その人の子どもが死んだことを仏罰と決めつけことに、その人が怒って陣野忠夫氏を警察に訴えるという事件が発生した。

官憲は、629日、この陣野忠夫氏と創価教育学会理事の有村勝次氏を逮捕してきびしい取り調べを行い、創価教育学会の罪状をつくりあげた。

 

76日、創価教育学会の会長・牧口常三郎氏が治安維持法違反と不敬罪の容疑で、折伏で訪れていた伊豆・下田で逮捕され、翌日、警視庁に護送。

同じく76日には、創価教育学会理事長・戸田城外氏(戸田城聖氏の前の名前)、理事・稲葉伊之助氏、理事・矢島周平氏らが同様の容疑で東京で逮捕された。

創価教育学会幹部の逮捕はその後もつづき、720日には創価教育学会副理事長・野島辰次氏、理事・神尾武雄氏、理事・木下鹿次氏、幹事・片山尊氏が警察に逮捕された。

さらにつづいて逮捕者が相次ぎ、1944(昭和19)3月までに、総勢で21名が警察に逮捕された。

 

続きを読む

創価学会の親は日蓮正宗(14)~日蓮正宗も創価教育学会も仏教各宗派も例外なく軍部政府に随従し戦争翼賛したのが史実である

1941(昭和16)128日、日本が米英に宣戦布告して太平洋戦争が勃発。日本一国が戦争一色に染まり、既成仏教のみならず、政党、産業界、文化人、教育界…ありとあらゆる国民、ありとあらゆる人たちが、戦争に駆り立てられる役割をになっていった。

日蓮正宗も創価教育学会も、例外なく軍部政府に随従し、戦争翼賛を行った。

創価学会・牧口常三郎2


宗教界のみならず日本一国あげて、戦争遂行のための戦争翼賛を行ったのは、軍部政府による権力の弾圧を畏れてのことだった。

当時の軍部政府が日本の各界を威圧するために使った手段は、不敬罪と治安維持法による弾圧であった。

不敬罪とは、1889(明治22)211日制定の大日本帝国憲法第3条の「天皇は神聖にして侵すべからず」を根拠にするもので、1907(明治40)年制定の改正刑法第74条に

「天皇、太皇太后、皇太后、皇后、皇太子又は皇太孫に対し、不敬の行為ありたる者は、三月以上五年以下の懲役に処す」

と不敬罪を定めている。

 

治安維持法は1925(大正14)422日に制定施行されたもので、第一条には次のように定められていた。

「国体を変革することを目的として結社を組織したる者、又は結社の役員、その他、指導者たる任務に従事したる者は、死刑又は無期、もしくは五年以上の懲役、もしくは禁固に処し、情を知りて結社に加入したる者、又は結社の目的遂行の為にする行為を為したる者は、二年以上の有期の懲役又は禁固に処す」

 

1941(昭和16)3月、この治安維持法は通算で三度目の改定がなされ、新たに「神宮もしくは皇室の尊厳を冒涜」することが、新たに刑罰の対象に加わった。

これは軍部政府による戦争遂行の為の宗教統制強化を目的とししていることは明らかで、事実、これを根拠にして、軍部政府は、宗教団体に対して、ありとあらゆる干渉、介入、取締り、思想統制を行った。

 

日蓮宗各派に対する軍部政府による思想統制、干渉事件としては、「日蓮遺文一部削除問題」と「漫荼羅国神勧請不敬問題」をあげることができる。

日蓮遺文一部削除問題とは、1932(昭和7)年、龍吟社が日蓮六百五十遠忌を記念して出版した『日蓮大聖人御遺文講義』の第十三巻に収録された日蓮遺文「四条金吾殿御返事」「崇峻天皇御書」にある天皇に関する記述が不敬にあたるとして、内務省が削除命令を出して削除させた。

さらに1934(昭和9)4月に刊行された立正大学教授・浅井要麟編纂の『昭和新修日蓮聖人遺文全集』に対して内務省が削除命令を出し、日蓮の遺文に不敬の言句ありとして、マスコミによって報道されて、社会問題化した。

日蓮宗側は、内務大臣、文部大臣に対して遺文削除命令の撤回を要望して交渉を行い、不敬の疑いのある遺文の文言を、宣伝的文書に引用しないことを条件に、削除命令は見合わされた。

 

続きを読む

創価学会の親は日蓮正宗(11)~「牧口常三郎氏は反戦を貫いて投獄された」という歴史的史実は存在しない

日蓮正宗や創価学会がでっち上げている「日蓮正宗と創価学会の関係史」、歴史の改竄、捏造、虚構の歴史は、他にも随所にある。

そのうちのひとつが、「創価学会(創価教育学会)初代会長・牧口常三郎氏は、反戦・平和を貫いた」という“欺瞞”。今日の創価学会では、

「牧口会長は、軍国主義に屈せず、徹底して戦争に反対して、神札を拒否し、そのために国家権力から弾圧を受けた」

などと宣伝しているが、全く歴史的事実と反している。

創価学会・牧口常三郎1


昭和171231日発行の『大善生活実証録』(創価教育学会第5回総会報告)を見ると、創価教育学会総会の席上で軍歌が歌われているばかりか、創価教育学会の西川理事は、

「いまや、皇国日本が北はアリューシャン群島方面より遙かに太平洋の真ん中を貫き、南はソロモン群島付近にまで及び、更に南洋諸島を経て、西は印度洋からビルマ支那大陸に将又蒙彊(もうきょう)満州に至るの広大な戦域に亘り、嚇々(かくかく)たる戦果を挙げ、真に聖戦の目的を完遂せんとして老若男女を問わず、第一線に立つ者も、銃後に在る者も、いまは恐らくが戦場精神によつて一丸となり、只管(ひたすら)に目的達成に邁進しつゝあることは、すでに皆様熟知されるところである」(『大善生活実証録』創価教育学会第5回総会報告より)

等と述べている。

 

また創価学会2代会長・戸田城聖氏が執筆した創価学会の実録歴史小説『人間革命』によれば、この1941(昭和16)1942(昭和17)年ころ、牧口常三郎氏は、

「国家諫暁(こっかかんぎょう)だね。陛下に広宣流布の事を申し上げなければ日本は勝たないよ。これを御本山(日蓮正宗総本山大石寺)に奏請(しんせい)して、東京僧俗一体の上に国家諫暁をしなければ国はつぶれるよ。並大抵でない時に生まれ合わしたね」(戸田城聖氏の著書『人間革命』より)

等と教えていたことが記述されている。

 

さらに牧口氏は、特高警察に逮捕・投獄されたあと、家族に宛てた獄中書簡の中で、

「洋三戦死ノ御文、(中略)病死ニアラズ、君国ノタメニ戦死ダケ名よトアキラメテ唯ダ冥福ヲ祈ル」

(日蓮正宗59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』より)

とも述べている。

つまり牧口氏等、創価教育学会幹部や会員たちは、当時の日本国民の大多数と同じく、「反戦・戦争反対」などという意識は持ち合わせておらず、むしろ「皇国日本」を太平洋戦争に勝利させるために国家諫暁(国家を諫め諭すこと)・広宣流布を行おうとしていたのである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ