アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である > 創価学会、顕正会派生の歴史を歪曲する日蓮正宗、創価学会、顕正会

■論破86・日蓮正宗は創価学会、顕正会、正信会の生みの親・育ての親・本家本元である   □日蓮正宗が創価学会、顕正会を生み出した史実を隠蔽しようとして失敗した龍神ひろし   「創価学会、顕正会の生みの親・育ての親・本家本元は日蓮正宗」「日蓮正宗、創価学会 ...

1943(昭和18)年8月25日、官憲に逮捕された創価教育学会会長・牧口常三郎氏は、巣鴨拘置所に移され、11月20日、治安維持法違反と不敬罪の容疑で、その予審請求を東京地裁に出された。創価教育学会の会長・牧口常三郎氏と理事長・戸田城聖氏は、太平洋戦争に反対したのではな ...

1943(昭和18)年4月、日蓮正宗は、身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗との合同・合併を辛うじて免れたのだったが、太平洋戦争の進展にともない、かなりヒステリックな様相を強めていた官憲側は、創価教育学会をそのままでは済まさなかった。 官憲側は創価教育学会を日蓮宗合 ...

1941(昭和16)年12月8日、日本が米英に宣戦布告して太平洋戦争が勃発。日本一国が戦争一色に染まり、既成仏教のみならず、政党、産業界、文化人、教育界…ありとあらゆる国民、ありとあらゆる人たちが、戦争に駆り立てられる役割をになっていった。 日蓮正宗も創価教育学会 ...

日蓮正宗や創価学会がでっち上げている「日蓮正宗と創価学会の関係史」、歴史の改竄、捏造、虚構の歴史は、他にも随所にある。 そのうちのひとつが、「創価学会(創価教育学会)初代会長・牧口常三郎氏は、反戦・平和を貫いた」という“欺瞞”。今日の創価学会では、 「牧 ...

現在出版されている、牧口常三郎氏が会長だったころの日蓮正宗(大石寺)と創価教育学会(創価学会)の関係について論じている大半のの文献、解説、歴史資料は、日蓮正宗側、ないしは創価学会側の人物が執筆したもので、内容的には、両者は関係が断絶していたとするものか、な ...

世間では創価学会の増長・宗教被害は、ひとえに最高指導者である池田大作氏に起因するものとする論調が多い。 確かに池田大作という巨大な権力者の増長と独裁的権力による横暴、強引で執拗な入信勧誘や選挙の投票干渉、政教一致の体質などは批判され、弾劾されて余りある ...

1991年に日蓮正宗と創価学会の宗創戦争がはじまってから、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は、諸悪の根源・悪行の責任の全てを池田大作一人に押しつけて、自分は涼しい顔で「無罪放免」であるかのように振る舞い出した。しかも法主の自分だけが暖衣飽食をして、創価学会の ...

宗創和合時代、阿部日顕は本行寺住職・平安寺住職・教学部長・総監時代から法主に登座し、池田大作とケンカ別れするまで、一貫して親池田大作、親創価学会の僧侶だった。宗創和合時代から反創価学会の急先鋒だったというのは、ウソである。 阿部日顕は法主に登座してから ...

1991年の宗創戦争で、日蓮正宗が創価学会を破門にし、阿部日顕法主は反創価学会強硬派のように、言われているが、しかし宗創和合時代は、阿部日顕という人物は、日蓮正宗の中でも指折りの親池田大作、親創価学会の僧侶だったことをご存じだろうか。   日蓮正宗は1979(昭 ...

↑このページのトップヘ