アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 大石寺法主が授与した最高級の宗教的権威を身にまとう池田大作

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証25(最大の責任者は大石寺法主)   創価学会員はなぜ池田大作の号令、指導性、スピーチに耳を傾け、池田大作に信伏随従しようとするのか。今まで何人かのジャーナリスト、評論家が創価学会内における ...

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証23(法華講総講頭・賞与本尊・居士衣3)   池田大作は1964(昭和39)年4月1日、大石寺66世細井日達法主によって法華講総講頭に任命された。池田大作は第1次宗創紛争の責任を取って1979(昭和54)年4月に、 ...

□過去の法華講総講頭を超える大石寺史上前代未聞の“超破格”の待遇を得た池田大作2   1972(昭和47)年に正本堂落慶。大石寺66世細井日達法主も宗門僧侶も、事ある毎に池田大作や創価学会を絶賛する。大石寺66世細井日達法主は、在職中に大客殿模型、正本堂模型、壺、硯 ...

□大石寺66世日達法主から法華講総講頭に任命され全信徒のナンバーワンになった池田大作   池田大作の場合は、法の制定権や執行権を持っていたわけでもなく、警察や軍隊を持っていたわけでもなく、秘密警察や武装警察を握っていたわけではない。池田大作は、ヒトラー、 ...

↑このページのトップヘ