アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺法主が授与した最高級の宗教的権威を身にまとう池田大作

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(240)~池田大作の絶対的権力構造を増長させた最大の責任者は大石寺法主・細井日達・阿部日顕だ

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証25(最大の責任者は大石寺法主)

 

創価学会員はなぜ池田大作の号令、指導性、スピーチに耳を傾け、池田大作に信伏随従しようとするのか。今まで何人かのジャーナリスト、評論家が創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造について検証し、解明しようとする試みがつづけられ、さまざまな著書が出版され、論文が発表されつづけてきているが、的を得ていると思われるものは皆無である。

また2000年以降ぐらいから、インターネット網の急速な発達と普及により、インターネット上の「アンチ創価学会」系サイト等において、池田大作個人崇拝批判、池田大作の絶対的独裁権力批判が行われてきているが、それらの多くは、単にマインドコントロールた゛とか、洗脳だとか、あるいは池田大作教祖信仰だの、池田大作本仏信仰だの、一神教信仰だと言うだけで、おおよそ創価学会問題や創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造について、本質を突いた、的を得た批判とは言い難いものがある。創価学会、法華講、顕正会などの「日蓮正宗系」団体のマインドコントロールの中核は「仏罰論、堕地獄論などの脅迫的教学だ」という意見もある。「日蓮正宗系」団体の権力構造の一角を、仏罰論、堕地獄論などの脅迫的教学が占めていることは間違いないが、しかし「日蓮正宗系」団体の権力構造の全てを、仏罰論、堕地獄論などの脅迫的教学だけで割り切ることはできない。なぜなら、仏罰論、堕地獄論などの脅迫的教学は、何も創価学会に限らず、法華講、顕正会、正信会などの「日蓮正宗系」に共通しているものである。しかし池田大作に信伏随従するのは創価学会員だけであり、法華講員、顕正会員、正信会信徒は、池田大作に信伏随従していない。だから、「創価学会員はなぜ池田大作に信伏随従しようとするのか」という池田大作の独裁的権力構造について問題提起したとき、脅迫的教学だけでは説明がつかない。

では、池田大作教祖信仰だ、池田大作本仏信仰だ、一神教信仰だという指摘はどうだろうか、となるが、これも的を得ていない。なぜならば、池田大作という人物は、創価学会の最高指導者・最高支配者ではあるが、仏教教学的には、僧侶でもなければ、本仏でも教祖でも本尊でも神でもない。曼荼羅本尊を自分で書写して信徒に下付しているわけでもなく、教祖でも神でもない。池田本仏論は、1970年代ころから創価学会内部にあったが、創価学会も池田大作本人も、今も公式には「池田本仏論」を否定しているし、池田大作を教祖とも神とも仏とも位置付けていない。創価学会員が日々礼拝する本尊は、日蓮正宗から破門されて二十年以上が経った今日でも、大石寺法主(日寛)が書写した曼荼羅本尊である。1970年代の板本尊模刻、1990年代の日寛本尊も、模刻や下付をしているのは創価学会だが、曼荼羅を書写したのは池田大作ではなく、大石寺法主である。創価学会員が使用する御書全集は、大石寺59世堀日亨編纂の大石寺版・御書全集であり、日々研鑽する教学は、大石寺教学とほとんど同じ。創価学会員宅の曼荼羅本尊は、大石寺「戒壇の大本尊」の分身散体であるという教学的位置づけは、今も変わっていない。創価学会員の日々の勤行は、大石寺の勤行の簡略版である。したがって創価学会は、今も教学的に大石寺教学に依存しており、創価学会独自教学や池田大作独自教学があるわけではない。では教祖でも神でも仏でもない池田大作に、なぜ創価学会員は信伏随従するのか。この検証はまことに重大である。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(238)~在家信徒として宗門史上最高の宗教的権威を池田大作に授与した日蓮正宗

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証23(法華講総講頭・賞与本尊・居士衣3)

 

池田大作は1964(昭和39)41日、大石寺66世細井日達法主によって法華講総講頭に任命された。池田大作は第1次宗創紛争の責任を取って1979(昭和54)4月に、日蓮正宗信徒のナンバーワンの地位である法華講総講頭を辞任し、名誉総講頭に退いた。しかし1984(昭和59)12日、大石寺67世阿部日顕法主は、池田大作を再び法華講総講頭に任命した。池田大作は大石寺法主から二度、法華講総講頭に任命されているが、宗門史上、二度も法華講総講頭に任命された人物は、池田大作一人だけである。日蓮正宗の歴史の中で、法主から総講頭に任命された人物は、他に何人かいるが、池田大作が任命された「総講頭」は、由井一乗、戸田城聖、柳沢喜惣次の各氏が任命された「総講頭」よりも、格段に上位であり、それは日蓮正宗の宗門史上、在家信徒として最高の宗教的権威であった。それはなぜか。

まず第一に池田大作は、大石寺法主から二度、賞与本尊を授与されている。一度目は1974(昭和49)12日に大石寺66世細井日達法主が池田大作に授与した「賞本門事戒壇正本堂建立」の脇書のある賞与本尊。これは池田大作が建立発願主になって落慶した正本堂建立を称賛する本尊。二度目は1982(昭和57)1012日に大石寺67世阿部日顕法主が池田大作に授与した「賞大法護持広布並世界平和貢献之功」の脇書が入った賞与本尊である。日蓮正宗信徒の中で、大石寺法主から賞与本尊を授与された人物は、数多いる。賞与本尊とは、日蓮正宗に対する功労が大であった人物に授与される本尊で、通常は一生に一度だけ。それが二度以上、賞与本尊を法主から授与された人物は、池田大作一人だけである。それにしても二度目の賞与本尊の脇書にある「大法護持広布並世界平和貢献之功」とは一体何だろうか。誰がどう考えても、首をかしげせざるを得ない賞与本尊である。ちなみに今でも日蓮正宗が、「宗門外護の大功績がある」と褒めちぎっている戸田城聖は、大石寺法主から賞与本尊は授与されていない。

第二に、大石寺の大法要・慶讃大法要で「居士衣」を着ることを大石寺法主から免許された信徒も、日蓮正宗宗門史上で、後にも先にも池田大作ただ一人だけ。最初に「居士衣」を池田大作に免許したのは大石寺66世細井日達法主である。池田大作は1972(昭和47)10月の「戒壇大本尊・正本堂遷座お練り」の行列で、すでに細井日達法主の案内役として「居士衣」を着て参加している。つづく大石寺67世阿部日顕法主も池田大作に、夏服の居士衣、冬服の居士衣など、それこそ何着もの池田大作に免許して授与している。夏服、冬服でも飽きたらず、1990(平成2)1012日の「大石寺開創七百年慶讃大法要」本会のあと、大石寺67世阿部日顕法主は、さらに特別にしつらえた居士衣を池田大作に授与している。「居士衣」とは「こじえ」と言い、国語辞典によれば「隠者や僧侶などが着る衣服。居士ごろも」と載っている。これを大石寺法主から免許されたということは、本来は死後の戒名に免許されるべき「大居士号」を、生前にして免許されたということか。

池田大作は、大石寺の大法要・慶讃大法要での御影堂、大客殿での法要の席や墓参の儀等では、必ず「居士衣」を着て法要に参列していた。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(218)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証3(法華講総講頭2)

□過去の法華講総講頭を超える大石寺史上前代未聞の“超破格”の待遇を得た池田大作2

 

1972(昭和47)年に正本堂落慶。大石寺66世細井日達法主も宗門僧侶も、事ある毎に池田大作や創価学会を絶賛する。大石寺66世細井日達法主は、在職中に大客殿模型、正本堂模型、壺、硯、香炉、日本画、18金の香合、「無上道」の衝立、花器、数々の染筆など数多くの品々を池田大作に贈っているばかりではない。大石寺66世細井日達法主は、池田大作に大石寺法要で居士衣を着ることを免許し、居士衣を授与している。池田大作は大石寺の法要では、毎回、居士衣を着て参列している。大石寺の法要に居士衣を着て参列した在家信徒は、後にも先にも池田大作しかいない。さらに大石寺66世細井日達法主は、大石寺で『世界平和祈願大法要』が行われた昭和47(1972)1015日、人類救済の「委嘱状」を池田大作に授与。さらに正本堂建立発願主である池田大作に、正本堂建立供養を激賞する賞与本尊を授与している。ちなみに人類救済の「委嘱状」なる文献には、こんなことが書いてある。

「委嘱状 日蓮正宗法華講総講頭 池田大作殿

ここに正本堂も遂に完成し未来にわたる世界人類の永遠なる平和の確立は広宣流布の達成によって盤石となるものと信じます。依ってあなたは日蓮正宗法華講総講頭として益々全人類救済のために御盡力下さい 昭和四十七年十月十五日 日蓮正宗管長 総本山六十六世 細井日達」

これだけではない。池田大作・創価学会が「言論出版妨害事件」で世間・マスコミ・評論家・共産党・社会党等々から集中砲火的非難が浴びせられていた最中に行われた1970(昭和45)53日の第33回創価学会本部総会に臨席した大石寺66世細井日達法主は、こんなことを言って、池田大作を激賞した。

「昭和35年の本日、この場所で、池田大作先生が創価学会第三代会長に就任せられてからの十年間に、わが日蓮正宗に尽くされた功績は非常に大なるものであります…かくのごとく池田会長が就任されてからの十年間のご努力は、わが正宗の広宣流布達成に非常に意義深いものがあると存じています。…今日、世間の多くの人々は、日蓮正宗の教義の本質見極めず、また創価学会の信心の在り方を曲解し、種々の非難を会長・池田先生の一身に浴びせております。池田先生がこれらのいわれなき非難に、ひたすら耐えておる姿を見る時、私は仏道修行のためとは言いながら、実に気の毒でなりません。学会の皆さん、一致団結して、この会長を守り、更に来たるべき十年に向かって前進し、広宣流布の大願を成ぜんことにご精進願いたいのであります」

(創価学会教学理論誌『大白蓮華』昭和456月号)

「言論出版妨害事件」で世間・マスコミ・評論家・共産党・社会党等々が池田大作に浴びせていた集中砲火的非難を「いわれなき非難」などと言い、「学会の皆さん、一致団結して、この会長を守り」等と、創価学会員に池田大作を守れという大石寺66世細井日達法主。さらに昭和49(1974)32日の富士妙蓮寺本堂落慶入仏法要の慶讃文では、大石寺66世細井日達法主は池田大作を「昭和の大行尊霊」と言って激賞している。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(217)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証2(法華講総講頭)

□大石寺66世日達法主から法華講総講頭に任命され全信徒のナンバーワンになった池田大作

 

池田大作の場合は、法の制定権や執行権を持っていたわけでもなく、警察や軍隊を持っていたわけでもなく、秘密警察や武装警察を握っていたわけではない。池田大作は、ヒトラー、スターリン、毛沢東らのように、軍隊や秘密警察を使って独裁権力を握っていたわけではない。池田大作の創価学会内部における独裁権力と、国家権力、なかんずくヒトラー、スターリン、毛沢東らの独裁権力とは、根本的な構造が異なっている。又、個々の創価学会員は池田大作から仕事をもらっているわけではなく、給料をもらって生活しているわけでもない。又、相撲部屋のように、個々の創価学会員が創価学会本部に住み込んで、池田大作から教えを受けているわけでもない。だから創価学会の最高権力者・池田大作の権力構造は、世間一般の権力構造は全くあてはまらない。

しかし創価学会における池田大作の権力そのものは、ヒトラー、スターリン、毛沢東らの絶対的権力に勝るとも劣らないものである。一体、池田大作という人物は、いつから、どうやってこんな絶大な権力を握るに至ったのか。まずは歴史的、時系列的に検証していきたい。

もちろん池田大作が絶大な権力を握るきっかけになったのは、1960(昭和35)53日の創価学会会長就任であったことは言うまでもない。しかし池田大作は、会長就任当初からこんな絶大な独裁権力を握っていたわけではない。1960(昭和35)年の会長就任当時、池田大作は若干32才。池田大作は、創価学会草創期、牧口会長時代の1940年(昭和15年)に創価教育学会に入会した古参信者で、1909年(明治42年)生まれの原島宏治氏の推薦で会長に就任はしたものの、当時の創価学会最高幹部には、いわゆる「牧口門下生」「戸田門下生」といわれる長老、元老格の幹部がズラリと控えており、とても独裁権力どころではなかった。それが徐々に池田大作が自らの権力を固めていく。1960(昭和35)年の会長就任第一声は、戸田城聖の遺言として大客殿建立供養と300万世帯の達成。創価学会の「折伏大進撃」による急激な日蓮正宗信徒・創価学会員の増加は、戸田城聖の時代からつづいているものであり、池田大作は大客殿建立も「戸田城聖の遺言」と称した。あくまでも戸田城聖の遺言実現を標榜する姿勢を示している。そして「戸田城聖の七回忌までに」との目標を定めていた大客殿は、1964(昭和39)41日に大石寺66世細井日達法主の大導師で落慶法要が営まれ、翌2日には、同じく細井日達法主の大導師で戸田城聖七回忌法要が営まれている。その大客殿落慶法要の席上、大石寺66世細井日達法主は池田大作を日蓮正宗法華講総講頭に任命したのである。法華講総講頭とは、日蓮正宗の全檀家・全信徒の代表者であり、ナンバーワンの職。かつて大石寺法主から法華講総講頭に任命された人物は、何人かいたが、創価学会から任命されたのは戸田城聖と池田大作の二人だけ。戸田城聖が大石寺65世堀米日淳法主から法華講総講頭に任命されたのは、死去の前日である1958(昭和33)41日のこと。戸田城聖、58才のときである。ところが池田大作は、会長に就任してわずかまだ4年後、若干36才の若さで法華講総講頭に任命されたのであった。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ