アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺9世日有の代に初出する大石寺末寺の板本尊

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(191)~なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」に「現当二世の為造立件の如し」と書いたのか

■検証191・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠46

 

□なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」に「現当二世の為造立件の如し」と書いたのか

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有が偽作して以来、大石寺に格蔵されている「本門戒壇の大御本尊」なる名前の板本尊の脇書きには、次のように書いてあるという。

「右現当二世の為造立件の如し、本門戒壇之願主 弥四郎国重、法華講衆等敬白、弘安二年十月十二日」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂「富士宗学要集」第8巻資料類聚1より)

この奇妙に長々としている脇書きに、「現当二世の為造立件の如し」という文が入っているが、なぜこんな文を大石寺9世日有が書き込んだのだろうか??

それは、大石寺9世日有が曹洞宗等の禅宗の板位牌、本位牌、寺位牌をモデルに「戒壇の大本尊」を偽作したこと。大石寺9世日有の「戒壇の大本尊」偽作によって大石寺門流ではじめて黒漆塗り・金箔加工の板本尊造立がはじまったことと大いに関係がある。すなわち、この文こそ、「戒壇の大本尊」なる板本尊と、大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」偽作のモデルにしようとした曹洞宗等の禅宗の板位牌、本位牌、寺位牌とを、明確に区別しようとした大石寺9世日有の意図が顕れている文なのである。大石寺9世日有の時代、つまり室町時代中期のころの仏教界・仏教各宗の寺院には、鎌倉時代に中国から禅宗とともに伝来した板位牌、本位牌、寺位牌が、流行しつつあった。大石寺9世日有はこれらの板位牌、本位牌、寺位牌をモデルにして模倣し、「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊を造立したと考えられるのだが、見た目にはこれらの板位牌、本位牌、寺位牌といったものの、非常によく似ている。板位牌、本位牌、寺位牌といったものは、現代の位牌のように小型化したものもあったが、元来は、もっと巨大なものであり、中には人間の身長に等しいほど巨大なものもあった。そういう板位牌、本位牌、寺位牌といったものを仏壇・厨子の中心に祀って崇めるのである。しかも大石寺、富士門流の中はおろか、日蓮一門全てを見回しても、黒漆に金箔加工を施した豪華絢爛な板本尊自体が、他に類例を見ないものである。

つまり大石寺9世日有は、「現当二世の為造立件の如し」の文を板本尊に入れることによって、板位牌、本位牌、寺位牌といったものと明確に区別しようとしたと考えられるのである。

つまり位牌というものが造立される目的は、故人が法主や日号を免許された能化などの上位の僧侶ならば「報恩謝徳の為」、一般の僧侶や信者ならば「追善供養証大菩提の為」であり、「乃至衆生平等利益の為」に造立されるものである。

これに対して「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊造立の目的は「現当二世の為」。この「現当二世の為」の文言によって、板位牌、本位牌、寺位牌といったものと「戒壇の大本尊」なる板本尊が明確に区別されると考えたのではないか。これにより、大石寺9世日有以降の大石寺法主が書写した本尊の脇書きには、次第に「現当二世の為」の文字が入れられていき、今では大石寺法主が書写した本尊の脇書きの常套句になっている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(190)~日蓮正宗・妙法寺の応永27年板本尊は「戒壇大本尊」偽作後に黒漆金箔加工された

■検証190・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠45

 

□日蓮正宗・妙法寺の応永27年板本尊は「戒壇大本尊」偽作後に黒漆金箔加工された

 

日蓮正宗・黒須野(福島県いわき市)妙法寺には、応永二十七年(1420)四月十五日造立の日付が入っている、日蓮真筆の「紫宸殿本尊」を模写彫刻したレプリカ板本尊が格蔵されている。1420年といえば、大石寺9世日有が法主に登座して間もないころということになるが、1420年の時点で黒漆・金箔加工の板本尊が存在していたということになると、大石寺9世日有の「戒壇の大本尊」偽作以前から黒漆・金箔加工の板本尊が存在していたということになる。

ところが、この板本尊には大石寺9世日有の署名花押がなく、大石寺59世堀日亨が編纂した『富士宗学要集』8巻によると、この板本尊は「檜」(ヒノキ)の板本尊で、脇書きには「大檀那大伴氏浄蓮」という名前が書いてあるという。同じく大石寺59世堀日亨が書いた「堀ノート」には

「当寺にては戒壇御本尊と云ひけるとのこと。 裏書不明」

とあり、この板本尊は妙法寺にては『戒壇の御本尊』と称されていたというのである。

この妙法寺の板本尊も、応永27(1420)年の造立当初から、黒漆塗りに金箔加工を施した板本尊だったとは、とても考えられず、大石寺9世日有の「戒壇の大本尊」偽作以後において、このように加工されたと考えられるのである。その根拠は、以下の通りである。

□第1に、妙法寺にいくら有力な信者がいたとしても、大石寺の末寺である妙法寺には単独で仏師・職人を調達し、板本尊に黒漆塗りや金箔加工を施すほどの経済力・技術力もなく、そのような大がかりな板本尊造立が出来るほどの指導力もなかった。

室町時代の頃は、天皇・皇族、朝廷の公家・貴族、幕府の武家、仏教界の僧侶以外のほとんどの人は文字の読み書きができなかった。妙法寺の信者が仮に経済力を持っていたとしても、文字の読み書きができない人に、板本尊造立を指揮・監督出来る指導力がないことは明らかである。

□第2に、板本尊に金箔加工を施すには「金」が絶対に必要になるが、福島県いわき市周辺には、金を産出する金山は存在せず、妙法寺がそもそも「金」を入手することが不可能であること。ここから一番近い金山は、やはり福島県郡山市の高玉金山であるが、ここは1573(天正1)年に会津藩主芦名盛興によって開かれたもので、1400年代には、まだ未発見で、金山そのものが存在していなかった。

□第3に、総本山大石寺にすら黒漆塗りに金箔加工の板本尊が存在しないのに、末寺が本山をさし置いて、こんな豪華絢爛な板本尊を造立することはあり得ないこと。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(189)~日蓮正宗・平井信行寺の応永19年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された3

■検証189・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠44

 

□日蓮正宗・平井信行寺の応永19年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された3

 

平井・信行寺に格蔵されている、応永十九年(1412)十月十三日の日付がある板本尊が、「板本尊」として造立されたのは、少なくとも大石寺9世日有の奥州巡教の後のことと考えられるのであり、まだ奥州巡教の時は、この本尊は「紙幅の掛け軸式本尊」だったと考えられるもうひとつの根拠は、この板本尊が楠木の板本尊であることである。

日蓮正宗・平井信行寺に格蔵されている応永19年の板本尊を鑑定した日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨が書いた「堀ノート」によると、この板本尊について

「本堂 楠板 宗祖御真筆 弘安三年庚申三月 宗祖在御判 応永十九年十月十三日」

と書いており、明確に楠木の板で出来ていると書いている。すでに「アンチ日蓮正宗」で何度も検証してきていることであるが、1200年代から1800年代の鎌倉・室町・戦国・安土桃山・江戸時代の日本は「小氷期」だった。この時代、静岡県伊豆地方や関西、中国、四国、九州といった温暖な気候に恵まれた地域以外で、楠木が生息していたとは到底考えにくい時代だった。

12001900年 の約700年間は「鎌倉・江戸小氷期」だった日本」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/3634122.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/3635028.html

「鎌倉時代の身延山が「小氷期」だったことを裏付ける日蓮の遺文(御書)の文」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/3635792.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/3636388.html

「「小氷期」だった身延山に自生の楠木が存在しなかったことは明白だ」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35586712.html

「鎌倉時代の身延山が「小氷期」の極寒地獄だったことを裏付ける日蓮の遺文(御書)の文」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35586802.html

12001900年 の約700年間の日本ないし北半球は「鎌倉・江戸小氷期」だった」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35586974.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35587100.html

12世紀から17世紀ころ日本、中国、モンゴル等の東アジアは小氷期だった」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35765806.html

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35765896.html

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(188)~日蓮正宗・平井信行寺の応永19年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された2

■検証188・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠43

 

□日蓮正宗・平井信行寺の応永19年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された2

 

大石寺9世日有が、薗部阿闍梨日経に褒賞として、三祖日目の本尊に加筆して授与したとすれば、当然、信行寺の板本尊は、この時点において、板本尊にはなっていなかったはずである。もし仮に応永十九年(1412)十月十三日の段階で板本尊になっていたならば、すでに「板本尊」を護持していた薗部阿闍梨日経に、大石寺9世日有が「紙幅の掛け軸式本尊」を褒賞として授与するはずがない。板本尊をすでに所持している人物に、後から紙に書いた掛け軸式本尊を授与したのでは、褒賞にならない。それともうひとつ。仮に応永十九年(1412)十月十三日の段階で板本尊になっていたならば、薗部阿闍梨日経は、大石寺にも存在していなかった板本尊を、大石寺を差し置いて造立したことになる。これでは実質的な末寺住職による大石寺法主への「越権」である。

室町時代において、「越権」をした住職に、あとから大石寺法主が「褒賞」をするなど、とても考えられない。そんなことをしたら、それこそ大石寺法主の権威など、全くの丸つぶれになる。

「戒壇の大本尊」「日蓮本仏義」「唯授一人血脈相承」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」等を偽作して、大石寺の権威・大石寺法主の権威を確立しようとした大石寺9世日有が、自ら大石寺法主の権威を丸つぶれにしてしまうようなことを、するはずがない。

1333(正慶2)3月に大石寺三祖日目が書写した本尊に、後世の大石寺法主が加筆した脇書きの文に

「上新田より日盛御本尊御影御登りの時奥州まで下向候時の志に依て薗部阿闍梨日経に之を授与す」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』8p188より)

と書いてある。「奥州」とは、陸奥国の異称で、白河・勿来(なこそ)の関から北の磐城(いわき)、岩代、陸前、陸中、陸奥の5ケ国の総称である。これは、現在の福島県、宮城県、岩手県、青森県と秋田県の一部にあたる。つまり「奥州」とは白河・勿来(なこそ)の関の北側の総称である。

1333(正慶2)3月に大石寺三祖・日目が書写した本尊に、後世の大石寺法主が加筆した脇書きの文に「奥州まで下向」と書いてあるので、「下向」とは法主の地方巡教の時に使う言葉である。

大石寺17世日精が書いた伝記「家中抄」の「日影伝」によると、大石寺8世日影は、

「平井に於いて弘通あり」(『富士宗学要集』5p255より)

とあり、平井信行寺に巡教に出たことあったようだが、しかし平井(栃木県栃木市)という所は、白河・勿来(なこそ)の関の南側であり、ここは奥州には当たらない。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(187)~日蓮正宗・平井信行寺の応永19年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された1

■検証187・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠42

 

□日蓮正宗・平井信行寺の応永19年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された1

 

日蓮正宗・平井(栃木県栃木市)信行寺には、応永十九年(1412)十月十三日造立の日付が入っている、日蓮真筆の「紫宸殿本尊」を模写彫刻した板本尊が格蔵されている。この板本尊には表の右下に「右願主薗部/日重弟子小輔/阿闍梨日経造立」と書いてあり、左下には「遺弟日影代/応永十九年太歳壬辰/十月十三日」と書かれている。「日蓮と本尊の伝承」の著者・金原明彦氏は、この応永十九年(1412)十月十三日の日付入りの板本尊の存在が、大石寺6世日時ないしは大石寺8世日影による「戒壇の大本尊」偽作の証拠であるかのように書いているが、この金原明彦氏の説は全くの誤りである。

日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨が書いた「堀ノート」によると、この本尊について

「本堂 楠板 宗祖御真筆 弘安三年庚申三月 宗祖在御判 応永十九年十月十三日」

と書いており、楠木の板で出来ているという。応永十九年(1412)に造立の日付が書かれているこの板本尊は、日蓮正宗では最古の板本尊と呼ばれており、応永十九年(1412)といえば大石寺法主は8世日影であり、この日付がもし本当ならば大石寺9世日有以前に黒漆塗りに金箔加工の板本尊が造立されていたということになる。が、しかし、この板本尊は応永十九年(1412)の大石寺8世日影の代に造立された本尊とは、とても考えにくいのである。理由は以下の点である。

■第1に、この板本尊は「楠板」で出来ているということだが、栃木県は、自生の楠木が存在しない身延山よりも北方にある。したがって、栃木県にも自生の楠木は存在しない。

地球温暖化が進行した現在でも栃木県には自生の楠木は存在せず、ましてや「小氷期」だった室町時代には、なおさら栃木県周辺には自生の楠木はなかったと考えられる。

したがって、日蓮正宗・平井(栃木県栃木市)信行寺が単独で楠木の板本尊を造立するためには、自生の楠木が存在する遠方から楠木を調達し、さらに板本尊彫刻の仏師・職人も独自で調達してこなければならない。大石寺にすら板本尊が存在しなかった時代に、平井(栃木県栃木市)信行寺が単独で楠木・仏師・職人を調達して、板本尊を造立するなど、実質的に不可能であること。

■第2に、薗部衆・金井衆など、信行寺にいくら有力な信者がいたとしても、単独で楠木・仏師・職人を調達し、板本尊に黒漆塗りや金箔加工を施すほどの経済力・技術力もなく、そのような大がかりな板本尊造立が出来るほどの指導力もなかった。

室町時代の頃は、天皇・皇族、朝廷の公家・貴族、幕府の武家、仏教界の僧侶以外のほとんどの人は文字の読み書きができなかった。薗部衆・金井衆が仮に経済力を持っていたとしても、文字の読み書きができない人に、板本尊造立を指揮・監督出来る指導力がないことは明らかである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ