アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗系の強引な折伏・布教による家庭分裂

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(172)~普段は優しい女性を「阿修羅」に変身させ家庭分裂させる日蓮正宗の信仰・創価学会の活動

■普段は優しい女性を「阿修羅」に変身させ家庭分裂させる日蓮正宗の信仰・創価学会の活動

 

婦人部・宮藤里美(仮名)は、モーレツな創価学会のカルト信者だが、夫は全くの未入信。というか、同じ家に住んでいながら、宮藤里美(仮名)の創価学会活動には猛反対。息子の宮藤真一(仮名)は、創価学会の座談会には顔を見せるものの、まじめに勤行や折伏をやっているわけでもなく、教学を勉強しているわけでもない。表面上だけ、母親に合わせているだけのように見えた。

この夫婦は、話題が「創価学会」のことになると、折伏どころか、それこそ阿修羅の形相で、モーレツな夫婦ケンカをはじめる。夫のほうは、筋肉隆々のマッチョマンで、頭髪は角刈り。口のまわりには、いかにも恐そうなヒゲ。婦人部・宮藤里美(仮名)も、ものすごい体格の人で、見た感じは外人女子プロレスラーによく似ている。この二人の夫婦ケンカはものすごい迫力。まさに東映のヤクザ映画に出てくる、ヤクザVSヤクザのケンカか、怒鳴りあいを見ているよう。

そのモーレツな夫婦ケンカで、何と夫のほうがスゴスゴと引き下がって、どこかへ行ってしまった。すると私の前で派手な夫婦ケンカをやったのが、よほどバツが悪かったのか、宮藤里美(仮名)がいろいろと言い訳を言い始めた。宮藤里美(仮名)の話しによれば、結婚して約30年くらいになるが、ずーっと夫を折伏しているが、ガンとして夫は創価学会に入信しないという。それで、夫は、30年の間に、原因不明の病気になったり、血を吐いて倒れたり、あるいはかつては自分で商売していたのに、うまくいかなくなって倒産したとか、そんな話しをする。宮藤里美(仮名)

「私の事は誹謗しても罰は当たらないけど、『創価学会』っていうと、全員だから、全員を誹謗することになるから、罰も当たるよね」と言って、さも自分の夫が仏罰で、原因不明の病気になったり、血を吐いて倒れたり、倒産したと言わんばかり。日蓮正宗、創価学会、顕正会等の日蓮正宗系カルト宗教が得意とする仏罰論である。これも、なかなか入信しようとしない私や、入信しても不平不満や文句ばっかり言っている吉元清(仮名)への、あてつけで言っていたのかもしれない。

私としては「それは、罰とは違うんではないですか」と言いたかったが、なんせ筋肉隆々のマッチョマンで、頭髪は角刈り。口のまわりには、いかにも恐そうなヒゲをしている夫を、ものすごい迫力で怒鳴りつけて引き下がらせた宮藤里美(仮名)に、それを言う勇気はわかなかった。

それと、とても印象に残ったのは、普段は普通に明るく喋る宮藤里美(仮名)が、自分の夫との会話が、創価学会の活動や日蓮正宗の信仰の話になると、様相が一変して阿修羅の形相になること。なんでこうなるのだろうか。創価学会活動や日蓮正宗の信仰が、普段は優しい宮藤里美(仮名)を、阿修羅にさせているのではないだろうか、とさえ思った。そもそも宮藤里美(仮名)が、こんなにまで創価学会のカルト信者になっていなければ、この家庭は、ここまでひどい分裂状態には、なっていないはずだし、宮藤里美(仮名)も「阿修羅」にならなくて済んだはずである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(171)~未入信の夫と阿修羅の剣幕でヤクザ顔負けの夫婦喧嘩をはじめた創価学会婦人部員

■未入信の夫と阿修羅の剣幕でヤクザ顔負けの夫婦喧嘩をはじめた創価学会婦人部員

 

三丁目公園地区(仮名)の座談会で、婦人部・宮藤里美(仮名)の長男・宮藤真一(仮名)や、宮藤里美(仮名)が折伏して入信させたという吉元清(仮名)と話しをしたことがきっかけになり、宮藤真一(仮名) や吉元清(仮名)と少し親しくなった。普通だったら創価学会員と親しくなるということは、あり得ない話しだが、宮藤真一(仮名)は頭髪をオールバック、リーゼントにして三角メガネをかけた、どことなく横浜銀蝿に似ている男。しかし人柄はおっとりとした人物で、ニコニコ笑顔がよく似合う。

そういう創価学会員ながら、創価学会員らしからぬ所に、少し好感を持った。

しかし母親の宮藤里美(仮名)は、吉元清(仮名)のみならず、自宅の近所の家を一軒一軒訪ね歩いて、聖教新聞購読の勧誘、創価学会入信の勧誘、公明党の投票勧誘に歩く、地域でも有名なカルト信者。今までに30世帯以上の人を創価学会に入信させたという強者である。あの当時の私は25才くらい。宮藤里美(仮名)50才代前半ぐらいの人。今、存命であれば70才代後半のはずである。吉元清(仮名)も宮藤真一(仮名)も私も、世代的にはほぼ同じくらいであった。吉元清(仮名)は、新聞店に勤めて新聞配達をしながら、宮藤里美(仮名)親子の近所のアパートに一人暮らしをしている。この男は、宮藤里美(仮名)の強引な折伏の、完全な「カモ」にされたという感じで、口を開けば宮藤里美(仮名)への不満を並べる。

しかし宮藤里美(仮名)は、これだけあっちこっちを折伏しまくっているから、さぞや一家そろって創価学会員なのかな、と思っていたところ、そうではなく、この家も家庭分裂していた。

宮藤里美(仮名)は、バリバリの創価学会婦人部員だが、夫は全くの未入信。しかも宮藤里美(仮名)や宮藤真一(仮名)の創価学会活動には猛反対している。宮藤真一(仮名)は、創価学会活動に関しては、母親のほうを支持しているようだが、しかし宮藤真一(仮名)は、創価学会の座談会には顔を見せるものの、まじめに勤行や折伏をやっているわけでもなく、教学を勉強しているわけでもない。表面上だけ、母親に合わせているだけのように見えた。

宮藤真一(仮名)は、創価学会員ではあるが、話しをしていると、ぜんぜん創価学会員という感じではなく、どちらかというと世間一般の一に近い感じの人。話しをすると、とても気さくで、明るい男であった。母親の宮藤里美(仮名)は、私と会うと、やれ創価学会がどうだの、信心がどうだのという話ししかしないが、息子の宮藤真一(仮名)はぜんぜんそんな感じではない。そして自分の家族のことや、母親のことを、明け透けに私に語るのである。

さてその宮藤真一(仮名)の話しによれば、母親の宮藤里美(仮名)は、元々は創価学会員ではなく、実家は法華講員で、母親の父、つまり宮藤真一(仮名)の祖父にあたる人は、かなりの資産家なのだという。そして宮藤里美(仮名)は、仕事先で夫と知り合い、結婚。結婚後に法華講から創価学会に移ったのだという。つまり宗創和合時代に、法華講から創価学会に移ったわけで、パターンとしては、創価学会四代会長・北条浩や創価学会元副会長・福島源次郎氏らと同じパターンということになる。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ