アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「戒壇大本尊」火災・戦災滅失後・再造説の誤謬を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(136)~犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」再造説は誤りである4

■検証136・犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」再造説は誤りである4

 

□「戒壇の大本尊」が火災・戦災で焼亡し何度も再造されてたとする犀角独歩説は誤り

 

ところでかつて510年間も「戒壇の大本尊」なる板本尊が格蔵されていた土蔵造りの大石寺宝蔵には、他にも紫宸殿本尊、死活本尊、紫宸殿本尊の模刻板本尊、諫暁八幡抄などの日蓮遺文など、数多くの大石寺重宝が格蔵されていて、これらの重宝は何ら無傷のまま保存されている。

それにも関わらず、「戒壇の大本尊」なる板本尊だけが焼亡したとする犀角独歩氏の説には、最初から無理があり、仮説としても成立していないと言うべきである。

犀角独歩13

 

「それなら戦災で焼亡しただろう」と言うのであろうが、大石寺の長い歴史の中で、「戦災」と呼べるものは、1569(永禄12)6月、大石寺13世日院の代に起こった、甲斐国・信濃国の戦国大名・武田信玄軍の侵攻による被害ぐらいであろう。

日蓮正宗大石寺側の史料・文献には、次のように記載されている。

 

「永録十二年己巳二月七日重須の堂を焼き、同六月当山堂閣を焼き僧衆を責む、剰へ永録十三年信玄出陣し当山の境内を以て陣屋となして・根方興国寺城之を責む」

「当山の堂舎を焼くのみに非ず・其時の呵責言語に絶するなり・具に記文の如し、今日因云く大石原既に陣屋となる故に信玄興国寺城を責めんと欲して・先づ永録十二年当山及び在家を焼き払い・而して陣屋を造るのみ」

(『富士宗学要集』1p197「有師物語聴聞抄佳跡上」)

 

文中に「当山堂閣を焼き」「当山の堂舎を焼く」と書いてあるので、足利義教や織田信長が行った比叡山延暦寺焼き打ちを連想してしまいがちだが、武田信玄軍が本当に大石寺の堂宇に火を放ったのかどうかについては、まことに疑わしいものがある。

というのは、日本の歴史で、対立する二つ以上の軍勢の戦争で、結果として、堂宇が焼け落ちるなどの戦災を被った寺院は、いくつもある(東大寺・本能寺等)が、将軍や大名が仏教寺院と戦争をして寺院の堂宇に火を放ったなどという事例は、皆無だからである。

日本で自ら仏教寺院に火を放って焼き討ちにした武将は、織田信長だけ。しかも織田信長の「比叡山延暦寺焼き打ち」は、従っていた大名たちは当初は猛反対をしたのである。決して喜んで「比叡山延暦寺焼き打ち」を行ったわけではない。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(135)~犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」再造説は誤りである3

■検証135・犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」再造説は誤りである3

 

□「戒壇の大本尊」が土蔵造りの宝蔵に格蔵されてきたことを見逃している犀角独歩説

 

大石寺が、中世の時代から何度も火災に遭って「戒壇の大本尊」なる板本尊が焼亡しているから、何度となく再造されてきたという犀角独歩氏の説は、あまりにも短絡的であり、誤りも甚だしいものがある。

まず第一に、「戒壇の大本尊」なる板本尊が、1445(文安2)年の日蓮正宗大石寺9世法主日有による偽作から1955(昭和30)年の奉安殿落慶までの約510年間、土蔵造りの大石寺宝蔵の暗がりの中に格蔵されてきたという事実を犀角独歩氏は見逃している。

御宝蔵4

 

土蔵造りについては、すでに検証54・検証55で詳述しているが、土蔵造りという建物自体が

「火災から貴重な穀物や家財を守る耐火建築物」「耐火構造の建物」(世田谷区教育委員会編・世田谷の土蔵)

「室町時代に入ると防火、防犯の観点から畿内の豪商が土蔵を作りはじめ…」(富山県教育委員会・富山の土蔵)

と書いてあるように、防火・防犯のための耐火建築物・耐火構造の建物だったということ。

これは中世の時代からのもので、

「鎌倉時代初期の延慶2(1309)に描かれた『春日権現験記絵巻』がある。そのうち、第14巻には火災後の京都市中の風景を描写したものがあり、白漆喰で仕上げられた土蔵が焼け残った姿で描かれている。」(世田谷区教育委員会編・世田谷の土蔵)

と書いてあるように、鎌倉時代の京都においてすでに火災の後に白漆喰で仕上げられた土蔵が焼け残った姿が絵巻に描かれている。

さらにこの土蔵造り(蔵造り)の建物は、耐火性能に実に優れていて、古くは江戸時代の大火、近代では空襲による大火でも、内部に火が回らない事例が多く、耐火性に関しては高い定評がある建物なのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(134)~犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」再造説は誤りである2

■検証134・犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」再造説は誤りである2

 

□「火災や戦災があったから焼失した」という犀角独歩氏の説はあまりにも短絡的な誤謬である

 

実は、大石寺は長い歴史の中で、何度も火災に遭遇している。記録に残っているものだけでも、これだけあるのである。

 

■火災

寛永81631)年1012日 大石寺諸堂焼失(大石寺文書)

文化41807)年512日 大石寺塔中理境坊焼失(大石寺理境坊棟札)

□安政51858)年525日 大石寺遠信坊・寿命坊・寶林坊・学寮四箇焼失(日霑上人伝)

□万延元(1860)年225日 大石寺石之坊より出火、富士見庵・寿命坊・遠信坊・学寮焼失(本尊裏書)

□元治21865)年228日 大石寺客殿・六壺・大坊焼失(日霑上人伝)

慶応元(1865)年1223日 大石寺蓮葉庵焼失(日霑上人伝)

明治421909)年68日 大石寺塔中百貫坊焼失(白蓮華416号)

□大正131924)年1031日 大石寺塔中本境坊焼失(院二二五)

昭和51930)年64日 大石寺塔中本境坊焼失(院257号)

昭和81933)年1023日 大石寺蓮葉庵焼失(宗報A37号)

□昭和201945)年617日 大石寺大坊(対面所・大奥・書院・六壺)・客殿等五百余坪焼失(大石寺文書)

 

■戦災

1569(永禄12)6月、大石寺13世日院の代に起こった、甲斐国・信濃国の戦国大名・武田信玄軍の侵攻

 

この中でも1865(元治2)228日に起こった火災は大惨事となった。

日蓮正宗大石寺52世法主・鈴木日霑の自伝本「霑上御自伝(霑師履歴)」によると、

 「二月廿八日ノ夜半大坊ノ下男部屋ヨリ出火シ構内一宇モ残ラズ焼亡スト 是ヲ聴キ大愕悲動(たいがくひどう)シ遽(にわか)ニ東行ヲ止メ直チニ帰山ヲ計ル」(富士学林教科書「研究教学書」より)

 とある。夜半に下男部屋から出火して、客殿・六壺・大坊など残らず焼失したのであった。このとき前法主の第五十二世日霑は何らかの特別な事情があって、二月初めに大石寺を出発して江戸に滞在中であったが、大火災の惨状についての報告を受けて驚き、急いで帰山したという。

52世日霑


続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(133)~犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」再造説は誤りである1

■検証133・犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」再造説は誤りである1

 

日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊偽作説について、大石寺・富士門流研究家・図形鑑別家の犀角独歩氏がさまざまな異説を唱えているのだが、その一つに「戒壇の大本尊・再造説」というものがある。

-------------------------------------------------------------

(大石寺・富士門流研究家・図形鑑別家の犀角独歩氏の「戒壇の大本尊・再造説」

私は、同本尊(戒壇の大本尊のこと)は何度となく再造されてきたのだろうと考える。既に拙書『必携/図解 大石寺彫刻本尊の鑑別』には記したが、この本尊見聞した記録と照らし合わせると、著しくその相貌が違っているからだ。「誤記である」と処理されてきたが、到底、そうは思えない。(2007211日の犀角独歩氏のブログ)

‘再造’とは「もう一度つくること。建て直すこと。再興。再建。」(goo 辞書「再造」)。…

再造という場合は、いったん無くなってしまったものを再び造るということだ。たとえば、火事で燃えた、盗難に遭った、古くなったなど、理由はともかくとして作り直すことを意味する。こうした仮説は、完則図や、日憲『当家諸門流継図之事』の記述といまの彫刻が違っていること、また、彫刻の幅尺について複数所伝があることなどから立ててきたものである。

 (2008122日の犀角独歩氏のブログ)

------------------------------------------------------------------

□犀角独歩氏が言う「戒壇の大本尊」が火事で燃えた、盗難に遭ったという史実は確認できない

 

つまり犀角独歩氏の説によれば、火事で燃えた、盗難に遭った、古くなったなどの理由によって「戒壇の大本尊」なる板本尊が、何度となく再造されてきたというのである。しかし、この犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」再造説なるものは誤りである。

犀角独歩13

 

まず第一に、犀角独歩氏は、明治・大正時代に写真撮影された「戒壇の大本尊」なる板本尊の曼荼羅の相と、江戸時代に「戒壇の大本尊」の御開扉を受けた日憲が書いた『当家諸門流継図之事』の記述、江戸時代の細草檀林の学僧・完則が書き記した「戒壇の大本尊」の曼荼羅の図の記載に食い違いがあることを挙げているが、これは証拠にならない。

完則図や日憲の『当家諸門流継図之事』の記載が全く間違いがないという前提がなくてはならないが、これはあり得ないことだ。

なぜなら、江戸時代と言えば、「戒壇の大本尊」が大石寺宝蔵に格蔵されていた時代であり、大石寺宝蔵で御開扉が行われていた。宝蔵というのは土蔵造りの建物だが、ふつうは土蔵の中は光が入らず、昼でも暗い所だ。しかも江戸時代といえば電気や電灯、蛍光灯もなく、ランプすらなかった時代で、灯明といえば、ロウソクの火しかなかった。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ