アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

いかにして大石寺9世日有は「戒壇大本尊」を偽作したのか

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(193)~なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」の願主を信者名にしたのか?

■検証193・なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」の願主を信者名にしたのか?

 

□信者の信仰心をあおり立てて未来永劫に金銭を収奪していくシステムを確立させるため

 

この問題は、日蓮正宗・富士門流教学を研究する日蓮宗系・日蓮正宗系の学者・研究者の間で、けっこう話題に登ったことである。日蓮正宗の公式見解は、「戒壇の大本尊」なる板本尊を「日蓮真筆」と詐称して、これを熱原法難と結びつけるものだから、てんで話にならない。

しかし日蓮正宗大石寺9世法主日有が、なぜ「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したのか、という目的・動機を検証していけは゛、おのずと明らかになることである。

 

すなわち、その動機のひとつに「大石寺が信者から未来永劫にわたって金銭を収奪していくシステムを確立させるため」ということがある。その「金銭収奪システムの確立」のためには、「本門戒壇の願主」の名前は、僧侶の名前ではなく、信者の名前にしたほうが、都合がいいということである。それは実際に大石寺に登山して「戒壇の大本尊」なる板本尊に供養金を出すのは、僧侶ではなく、信者だからである。つまりこういうことである。

大石寺9世日有が造り上げた「事の戒壇」とは、自らが偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る場所。すなわち大石寺ということである。 つまり「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作して大石寺に祀ることによって、「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る大石寺の堂宇は、日蓮の仏法が広宣流布していようが、広宣流布していまいが、そういうことは全く関係なしに、いつの時代でも、いつでもどこでも「事の戒壇」ということになった。

つまり日蓮の仏法が広宣流布していない時に、すでに大石寺は「事の戒壇」と確定してしまっているので、実際に日蓮仏法が広宣流布した時に建立すると言われている「三大秘法抄」の戒壇の願主が「国主」だとか「天皇」だとかということを、大石寺9世日有は全く関係なくしてしまった。

「戒壇の大本尊」=「事の戒壇」なのだから、本門戒壇の願主=「戒壇の大本尊」の願主ということになる。

「戒壇の大本尊」なる板本尊は大石寺9世日有が偽作したものだが、「日蓮真筆」を詐称している本尊なので、大石寺9世日有は自分が勝手に好きな人物名を「願主」に仕立て上げることができるわけだ。

戒壇本尊1

 

では、大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した動機「大石寺が信者から未来永劫にわたって金銭を収奪していくシステムを確立させるため」を照らし合わせる時、大石寺9世日有が願主名を僧侶ではなく、信者にした目的が自ずと明らかになる。

それは、『本門戒壇の願主』の名前を信者の名前にすることによって、大石寺の信者に供養金を出すことを煽り立てて、煽動することに利用できるからである。

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(191)~なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」を金文字にしたのか2

■検証191・なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」を金文字にしたのか2

 

□仏教の権威の象徴であり現世での富や豊かさの象徴・権力の象徴であった金2

 

一方、当時の日本の首都・京都では、仏師定朝によって1053(天喜元)年に造られた京都・宇治の平等院・鳳凰堂の阿弥陀如来座像には、座像と光背、さらに光背を固定する吊り金具に金箔が施されている。

平等院とは、京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院。平安時代後期・11世紀の建築で、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。宗派は17世紀以来、天台宗と浄土宗を兼ね、現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院となっている。本尊は阿弥陀如来、開基は藤原頼通、開山は明尊。鳳凰堂は十円硬貨の表の絵柄として有名である。

平安時代の貴族が建立した寺院が建物、仏像等まで含めて残っているという点で、宇治・平等院は唯一の史跡である。しかし平等院も建武3年(1336)の楠木正成と足利氏の戦いの兵火をはじめ、度重なる災害により堂塔は廃絶し、鳳凰堂のみが奇跡的に災害をまぬがれて存続している。

また大石寺9世日有の時代、全国に守護大名・戦国大名が勃興しつつあったが、それらの権力者・大名たちも、金や銀を権力の象徴・富の象徴として建築や調度品等々に多用した。

それほどまでに金は、仏教権威の象徴であるばかりでなく、権力と富の象徴だったのである。

 

大石寺9世日有の時代にすでにあった金を張りめぐらせた代表的な建築物は、京都の鹿苑寺金閣である。

この鹿苑寺金閣の地には、鎌倉時代の1224年(元仁元年)に藤原公経(西園寺公経)が西園寺を建立し、あわせて山荘(「北山第」)を営んでおり、公経の子孫である西園寺家が代々所有していた。西園寺氏は代々朝廷と鎌倉幕府との連絡役である関東申次を務めていたが、幕府滅亡直後に当主・西園寺公宗が後醍醐天皇を西園寺に招待して暗殺しようと企てたという容疑がかけられて処刑されてしまい、西園寺家の膨大な所領と資産は没収されてしまう。このため、西園寺も次第に修理が及ばず荒れていった。

1397年(応永4年)、足利義満が河内国の領地と交換に西園寺を譲り受け、改築と新築によってこれを一新。舎利殿としての金閣もこの時に建立された。

足利義満の北山山荘は当時「北山殿」、または「北山第」と呼ばれた。邸宅とは言え、その規模は御所に匹敵し、政治中枢の全てが集約された。

1394年(応永元年)、義満は征夷大将軍を子の義持に譲っていたが、実権は手放さず、北山殿にあって政務を行っていた。1408(応永15)年の足利義満の死後、足利義持によって北山殿は舎利殿(金閣)を残して解体されるが、足利義満の遺言により禅寺とされ、足利義満の法号「鹿苑院」から鹿苑寺と名付けられた。夢窓疎石を勧請開山(名目上の開山)としている。

鹿苑寺金閣3 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(190)~なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」を金文字にしたのか?

■検証190・なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」を金文字にしたのか?

 

□仏教の権威の象徴であり現世での富や豊かさの象徴・権力の象徴であった金1

 

日蓮正宗大石寺48世法主日量が書いた「富士大石寺明細誌」には、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が「黒漆金文字」とはっきり書いてある。

つまり、この「戒壇の大本尊」なる板本尊は表面に黒漆が塗ってあって、文字のところが彫刻で掘り下げてあり、そこに金箔加工がしてある、ということである。したがって「戒壇の大本尊」なる板本尊の表面は、漆で黒光りし、文字が金ピカに輝いて見えるのである。

ということは、「戒壇の大本尊」なる板本尊は1445(文安2)年ころに、日蓮正宗大石寺9世法主日有の命令により、秘かに造立され、「戒壇の大本尊」なる板本尊の表面に漆加工と金箔加工が施された。

ではなぜ大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊の文字を、わざわざ金箔加工を施して金文字にしたのか、ということである。

それは「金」というものが、現世での富や豊かさの象徴であり、仏教の世界においては、古くから至高の存在として、仏の三十二相の「金色相」の如く、光り輝く浄土の世界として表現されてきた歴史がある。そして同時に「金」は権威・権力の象徴でもあったということである。

戒壇本尊1

 

日本ではじめて自然金が確認されたのは奈良時代中期のこと。

それ以前の弥生・古墳・飛鳥時代の金製品・金メッキ・金箔製品の金は、海外から輸入されたものである。弥生・古墳時代の金の装飾品は、まさに権力者の富の象徴だった。

日本では滋賀県野洲町の甲山古墳(6世紀前半)から日本最古の金糸が発見されている。

奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀はじめ)では、天文図の星が金箔で表現されていることが確認されている。

仏教伝来後の飛鳥時代になって、仏の三十二相の中の「金色相」の考えに基づき、仏像・仏具で金が使われはじめた。

 

ちなみに日本では、戦国時代まで、そのほとんどが東北産の金であった。戦国時代になると戦費調達や家来への報奨のために金山が開発された。甲州・湯之奥金山もまさにそれらの金山の中のひとつであったのであり、戦国時代から江戸時代初期まで、日本の金の生産はひとつのピークを迎える。

仏教は「日本書紀」によれば、552年に百済国から金銅の仏像や経典が日本に伝わり、飛鳥時代から造仏が盛んになった。

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(189)~なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」の日付を「弘安二年十月十二日」にしたのか?

■検証189・なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」の日付を「弘安二年十月十二日」にしたのか?

 

□日蓮門下最大の行事・御会式の万灯行列・練り供養の日にした大石寺9日有

 

大石寺の「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊の脇書きにまつわる「謎」のひとつに、なぜ日蓮正宗大石寺9世法主日有が日付を「弘安二年十月十二日」にしたのか、という点がある。

 

日蓮真筆の曼荼羅本尊を研究された人ならば知っていることだと思いますが、日蓮の漫荼羅本尊は、「文永」(12711274)「建治」(12751277)「弘安」(12781282)と時代が下っていくにしたがって、その相が整っていくことが確認されている。

たとえば、中央の「南無妙法蓮華経」の真下に「日蓮」と「花押」が書かれるようになるとか、釈迦牟尼から提婆達多まで経典に出てくる十界全てが漫荼羅本尊に書かれるなどのことである。

こういったことは、一見すれば、誰の目にもわかることである。

大石寺にも「文永」(12711274)「建治」(12751277)「弘安」(12781282)それぞれの時期の日蓮真筆の曼荼羅本尊が格蔵されているが、「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作するために、模写する元の本尊をどこから選ぶとすれば、当然、「弘安」(12781282)期の本尊を選ぶだろう。

そうなると、「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊を偽作した日蓮正宗大石寺9世法主日有としては、日蓮が何か大きな機縁で「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立したという架空物語を捏造するとすれば、「弘安」(12781282)期の大きな事件から捜すしかなくなることになる。

「弘安」(12781282)期の大きな事件といえば、「熱原法難」と「弘安の役」しかない。

 

しかし弘安の役で「戒壇の大本尊」を建立したという「架空物語」にした場合、日蓮が

「いまにしもみよ。大蒙古国数万艘の兵船をうかべて日本国をせめば、上一人より下万民にいたるまで、一切の仏寺・一切の神寺をばなげすてて、各々声をつるべて南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経と唱え、掌を合はせてたすけ給へ日蓮の御房、日蓮の御房とさけび候はんずるにや。」

と「撰時抄」で予言したことは見事に外れてしまっており、これでは権威付けにならない。そうすると、残るは「熱原法難」しかなくなってしまうから、自動的に年号は「弘安二年」ということになる。

 

するとなぜ「十月十二日」なのかということになるが、日蓮正宗大石寺9世法主日有は日蓮の遺文「聖人御難事」の内容とは関係なく、十月十二日にしたと考えられる。

もし大石寺9世日有が「聖人御難事」の文の内容を知っていて、この遺文と関連づける形で「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したとすれば、日付を「聖人御難事」の「十月一日」にしたか、ないしは熱原の農民が逮捕された九月にしただろう。

戒壇本尊1 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(188)~なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」に「本門戒壇之願主」と書いたのか2

■検証188・なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」に「本門戒壇之願主」と書いたのか2?

 

大石寺9日有の「事の戒壇」思想と符合する「戒壇の大本尊」授与書の「本門戒壇之願主」

 

同様に、「戒壇の大本尊」なる板本尊に「授与之日興」という脇書きが入っていたら、これも矛盾が発生してしまうことになる。

もし日興に授与するという脇書きになっていたら、日興個人に授与した本尊ということになり、「戒壇の大本尊」としての機能が、日興が死去したと同時に失われてしまうことになる。

通常、日蓮正宗では、個人授与の本尊の場合、法主直筆の名前が入った常住本尊を授与された当人が死去した場合、遺族に「感得願」を出させるか、あるいは一度返納した後に、脇書きに加筆するかして再下賜するかといった方法をとっている。

例えば日蓮正宗大石寺法主が、日蓮正宗の末寺寺院所属の信者“知らぬ顔の半兵衛”氏に常住本尊を授与した場合、本尊の左端には「授与之○○寺信徒・知らぬ顔の半兵衛」という脇書きの文字が入る。

その“知らぬ顔の半兵衛”氏が死去した場合、その常住本尊は、大石寺に返納しなくてはならなくなるのだが、しかし“知らぬ顔の半兵衛”氏の跡取り息子で、半兵衛氏から相続した長男・甚兵衛氏が、寺院に「感得願」を出すことによって、父親の“知らぬ顔の半兵衛”氏授与の常住本尊が、甚兵衛氏に「相続」されることになるわけである。

 

こういう日蓮正宗のシステムからすると、「戒壇の大本尊」なる板本尊に「授与之日興」という脇書きが入っていたら、日興が死去した後、法主が替わるたびに、次の法主に板本尊を相伝する書類を残すか、脇書きを加筆していくかしなければならなくなる。

しかし、「戒壇の大本尊」なる板本尊は、日蓮正宗大石寺9世法主日有が表面を、黒漆に金箔加工の板本尊にしてしまっているので、この板本尊に、脇書きを加筆していくことは実質的に不可能である。

又、大石寺法主が替わるたびに板本尊を相伝する書類というのも、大石寺9世日有より前の法主交代の時までさかのぼって、大石寺9世日有が法主から法主への相伝の文書を偽造しなければならなくなる。

又、「授与之 ○○堂安置」という書き方にしてしまうと、「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊よりも、本尊を祀る建物の方が主になってしまい、大石寺9世日有の「本門事の戒壇」思想における建物と板本尊の主客関係が逆転してしまう。

戒壇本尊1


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ