アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

反創価学会で一致団結していた会社の社長・専務ら四兄弟

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(122)~競輪・競馬・バクチ・酒・遊び好きで経済破綻、借金地獄で自己破産した創価学会員

■競輪・競馬・バクチ・酒・遊び好きで経済破綻、借金地獄で自己破産した創価学会員

 

さて同期電設(仮名)のもう一人の創価学会員・野々村茂男(仮名)だが、この人の場合は、長い間、創価学会員だとは、わからなかった。というのは、同期電設(仮名)の場合、名前は「電設」だが、ほとんどの仕事は、東京電力の下請け、孫請けで、東京電力の東京近郊にある変電所の点検・清掃・防災工事・機器の取り付けとか、そんな仕事が大半。だから現場には、社長・専務・常務が「現場代理人」の名前で監督として入り、使っているのは学生のバイトばかり。

それで一人2万円で仕事を請け負ってきて、学生のバイトには1万~12000円を支払って、あとはピンハネ。五男・克男専務だけは、独自に送電線の仕事を月70万円で請け負ってきて、弟子の職人見習いに20万円だけ支払って、あとの50万円を自分のものにしている。五男・克男専務は、こんな話しを富男社長宅の宴会の席で自慢げに語っていた。

野々村茂男(仮名)も、変電所関連の現場だったが、長らく野々村茂男(仮名)だけの現場に入っていて、学生のバイトとは長らく会わず終い。それで野々村茂男(仮名)は、会社に顔を出さずに、自宅と現場の間を直行直帰。したがって富男社長宅や会社事務所で行われていた宴会にも長らく顔を出さず。というわけで、最初の頃は、野々村茂男(仮名)の人物像すら、よくわからなかった。

ところがその後、野々村茂男(仮名)だけが入っていた現場が終了になって、学生のバイトたちといっしょに仕事をするようになる。それで、野々村茂男(仮名)も、富男社長宅や会社事務所で行われていた宴会に顔を出すようになった。池本淳(仮名)から、野々村茂男(仮名)は創価学会員だと聞いてはいたが、長らく顔を合わせることすらなかったため、この人はまじめに勤行をしている、かたぶつの人なのかな、と思っていた。ところが、これがとんでもない誤解。

野々村茂男(仮名)は、大の酒好き。遊び好き。社長宅の宴会では、ビールから日本酒からワイン、チューハイ等々、遠慮なく呑みまくっている。それで酒の勢いを借りて、私などの前で説教をはじめる。そして説教のついでに、自分の身の上話を語り始めた。

野々村茂男(仮名)は、母親と二人暮らしで、野々村茂男(仮名)が生まれる前から母親がモーレツな創価学会員。ということは、野々村茂男(仮名)も、生まれてまもない子どもの頃から創価学会員だったと考えられる。

子どもの頃から創価学会員として育った野々村茂男(仮名)は、さぞや真面目人間なのかと思いきや、全くそうではない。野々村茂男(仮名)は、若かりし頃から大の酒好き。バクチ好き。遊び好き。

特に、競輪、競馬、酒に狂って遊びほうけ、職も定着せずに転々としていた。競輪、競馬で負けたカネを補うためにサラ金から借金を繰り返して、まさに借金地獄に転落。

昭和50年代前半頃からの第1次サラ金ブームの時に、カネを借りまくって借金地獄に陥り、返済不能になって自宅や勤め先にサラ金の借金取り立てが現れ、勤め先も居づらくなって退職。

挙げ句の果ては弁護士仲介で任意の債務整理に取り組んだが、それでも返済不能になり、自己破産。こんなことを酒の勢いでペラペラ喋っている。

学会本部別館3 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(120)~普段は仲が悪いのに「反創価学会」になると全員が一致団結した社長夫婦・兄弟たち

■普段は仲が悪いのに「反創価学会」になると全員が一致団結した社長夫婦・兄弟たち

 

お互いに仲の悪い出刃亀四兄弟(仮名)が経営する同期電設(仮名)の末端社員・野々村茂男(仮名)が創価学会員だったが、この男が創価学会員だとわかったのは、ずいぶん後になってからのこと。私が入った大学、バイト先、勤め先、入った劇団等、いろんな所にことごとく創価学会員がいたが、彼らは、自分たちが勤務先等で創価学会員であることを、極力、隠そうとする。いわゆる「隠れ創価学会員」として振る舞っている創価学会員が大半。知り合ってすぐに、自分から「創価学会員だ」と名乗った者は、皆無に等しい。

創価学会員は、勤務先等で仕事をしている姿を見られるのを、みんな嫌がる。創価学会組織の中では創価学会員としての顔、仕事先では一般人としての顔を使い分けようとしているのではないだろうか。例えば、仕事先で知り合った創価学会員が、本当は役職を持っているのに、自分が創価学会員だとわかると、「オレは学会活動はやっていない」というような顔をして、創価学会員としての本当の姿を極力隠そうとする。仕事先では「オレは学会活動はやっていない」と言っていて、地元の創価学会組織の中では「オレは幹部だ」という顔をして、偉そうに指導をするわけである。

野々村茂男(仮名)もまさにこのパターンであった。野々村茂男(仮名)が創価学会員だとわかったのは、学生アルバイトで池本淳(仮名)という男が入ってきてからのこと。

学生のバイトはバイト同士でいろいろ話しをする。私と池本淳(仮名)は「どこに住んでいるの」という話しになり、私が「今は東京都内に住んでいるけども、以前はK市の福寿荘(仮名)という所にいた」と話す。すると池本淳(仮名)は「あー、そこは知っている」という。私が「どうして知っているの」と聞くと、池本淳(仮名)は「会合で行ったことがある」という。会合?。ここで池本淳(仮名)が創価学会員だとわかった。池本淳(仮名)は、某大学の学内委員長をやっているほどの学生部幹部。その池本淳(仮名)が「あの人も学会員だよ」とカミングアウトしたのが、末端社員の野々村茂男(仮名)だった、というわけ。

しかし野々村茂男(仮名)も池本淳(仮名)も、同期電設(仮名)の社内では、創価学会の話題を自分たちから話したことは、一度も聞いたことがない。

同期電設(仮名)の経営陣である出刃亀四兄弟(仮名)の富男社長から、四男・時男副社長、五男・克男専務、六男・哲男常務は、全員が酒好き。東京都内や埼玉県などの関東近県で仕事をした後、毎日のように東京都内にある事務所か、埼玉県N市にある富男社長宅で、経営陣から社員、アルバイトを集めて酒宴を行っていた。富男社長宅で酒宴を行うときは、社長の不倫問題で仲が悪い社長夫人も顔を出す。

毎日のように酒宴をやっている会社などというのは、今の時代では考えられないような話しだが、昭和50年代、60年代、平成初期の頃は、当たり前のように行われていた。それくらい、日本経済は景気がよかった。それに比例していたのか、同期電設(仮名)も業績がすこぶる好調で、富男社長も大喜び。四男・時男が引き継いだ出刃亀電設(仮名)は経営破綻して同期電設(仮名)に急襲されたが、同期電設(仮名)は大幅に黒字経営だった。

学会本部別館3 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(119)~お互いに仲が悪い四兄弟が経営する電設会社の社員として働いていた遊び好きの創価学会員

■お互いに仲が悪い四兄弟が経営する電設会社の社員として働いていた遊び好きの創価学会員

 

私は狂気の福寿荘(仮名)から出た後、東京都内に転居したのだったが、新しいバイト先も見つけなければならなくなり、同じT大学の学生の紹介で入った会社が、出刃亀(仮名)兄弟が経営する同期電設(仮名)。この同期電設(仮名)という会社は、福島県相馬市出身の出刃亀(仮名)四兄弟が経営する会社。四兄弟の四人とは、一番上の兄・出刃亀富男(仮名)が社長。次の弟・時男が副社長。さらに次の弟・克男が専務。末っ子の弟・哲男が常務。そして中途入社の野々村茂男(仮名)が社員。この5人が社員で、あとは全員、職人見習いとアルバイトを雇っていた。

この会社は、社長の出刃亀富男(仮名)が親会社の興和電機(仮名)から、東京電力の東京都内にある変電所関連の仕事をもらってきて、東京を拠点に仕事をしているが、専務の出刃亀克男(仮名)だけが、独自ルートで東京電力の送電線の仕事を取ってきて、職人を連れて、地方に長期出張をしていた。

私は、学生の紹介で入ったし、出刃亀富男(仮名)社長もかなり陽気な性格で、最初の頃は、ここで楽しく仕事ができるのかな、と思っていた。しかし、歳月が経つにつれて、この会社のいろんなことが、わかってきた。

もともとは、この会社、出刃亀(仮名)兄弟の次男・輝男が出刃亀電設(仮名)としてはじめたのがスタート。出刃亀(仮名)兄弟の長男は福島県相馬市に在住。次男・輝男、三男・富男、四男・時男、五男・克男、六男・哲男が東京に出てきて、電設会社を起こした。ところが、出刃亀(仮名)兄弟の間で、内紛が起こり、三男・富男が出刃亀電設(仮名)を飛び出して同期電設(仮名)を設立。まもなく、六男・哲男も出刃亀電設(仮名)を飛び出して、同期電設(仮名)に合流した。

このあと、同期電設(仮名)に野々村茂男(仮名)が入り、次々とアルバイトを雇って、仕事を拡張していった。

出刃亀電設(仮名)が分裂して間もなく、創業者の次男・輝男が急死。出刃亀電設(仮名)に残っていた四男・時男が社長、五男・克男が専務になったものの、時男社長は経営能力がまるでなし。

無駄遣いはやるわ、支出はどんぶり勘定だわ、取引先から入金はないわで、たちまち赤字経営になり、給料の遅配が発生。これに五男・克男が激怒して出刃亀電設(仮名)を飛び出し、独自ルートで東京電力の送電線の仕事を始めた。

ほどなくして、四男・時男が社長を引き継いだ出刃亀電設(仮名)は破綻。同期電設(仮名)に合流して時男は副社長に。まもなく五男・克男も同期電設(仮名)に合流したが、独自にはじめて送電線の仕事はつづけていた。時男も克男も同期電設(仮名)に合流したが、給料遅配問題が尾を引きずっていて、二人の仲は険悪。さらに時男は、昔、富男社長が、兄・輝男に造反して同期電設(仮名)を設立したことを、延々と根に持っていた。富男は富男で、「出刃亀電設(仮名)をつぶした時男は経営能力がない」とばかりに批判していて、富男と時男の仲も悪い。そのために、同期電設(仮名)で酒宴をやると、兄弟同士で批判合戦がはじまっていた。

学会本部別館3 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ