アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の宗教団体にあるまじき反社会的謀略体質を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「アンチ日蓮正宗」オフィシャルブログはゴシップ週刊誌・下ネタ・スキャンダル週刊誌ではない

□「アンチ日蓮正宗」管理人は根拠も証拠もないデタラメ情報を真に受けるほど、バカではない

 

ずいぶん前からのことなのですが、日蓮正宗の僧侶・信徒あるいは元信者を自称する者で、「アンチ日蓮正宗」管理人の元に、日蓮正宗、創価学会、顕正会、「富士門流執着軍団」の内部スキャンダルめいた情報をさかんに流してくる人物がいる。例えば「××寺法華講員の○○と、△△寺法華講員の◎◎が不倫関係にある」とか「△×寺住職夫人と法華講員○○が不倫関係にある」とか「○×寺住職と女性信者が不倫関係にある」とか「二人が寺院本堂で寝ていた」とか…。この手のレベルの話しばかり、持ち込んでこようとするから、ちょっと始末が悪い。

しかも、こういう話しを、一方的に電話で喋るだけとか、メールで書いて送ってくるだけ。2人が本堂で寝ていたというなら、寺院本堂で男女2人が寝ている写真を送ってくるわけでもなくただ電話でそんな低次元な話しを喋るだけ。2人が不倫しているというのなら、男女2人がラブホテルに入る写真を送ってくるわけではなく、不倫話しを電話で喋ったり、メールで送ってくるだけ。こういうことばかりを言う者たちに対して、何点か指摘しておこう。

まず第一に、この者たちは、あまりにも世間知らずすぎる、人間があまりにも幼稚な子どもであるということだ。「不倫だ、不倫だ」と騒ぎ立てたいのなら、その証拠写真ぐらいなければ、第三者に対して全く説得力がない、ということが、全くわかっていないらしい。電話で喋るだけ、メールで書いてくるだけでは、証拠にならないことぐらい、わからないのか。不倫を理由にした離婚裁判や調停でも、不倫の証拠写真ぐらい必要ですよ。こんな社会の初歩的常識すら知らないから、インチキなカルト宗教に、まんまんと騙されてしまうのである。ここのところをよくよく深く認識せよ。ついでに、「アンチ日蓮正宗」管理人は根拠も証拠もないデタラメ情報を真に受けるほど、バカではないということを、一言添えておく。

第二番目に、「アンチ日蓮正宗」オフィシャルブログは、ゴシップ週刊誌・下ネタ・スキャンダル週刊誌ではないということだ。こんなことは、「アンチ日蓮正宗」管理人がわざわざ、断り書きをしなくても、「アンチ日蓮正宗」オフィシャルブログを読めば、大方の人は、おわかりになるのではないだろうか。上記のデタラメ情報を持ってくる者は、こんな簡単なことも、わからないんだろうか。それともこんな低次元な話しは、世間のゴシップ紙やスキャンダル週刊誌でも取り上げないから、「アンチ日蓮正宗」に持ってきているんだろうかねえ。「アンチ日蓮正宗」を、なめるのもいいかげんにしろと言っておく。「そんなバカな話しを言う者は、世間知らずの若い者か」と思われるかもしれない。この手のインチキ情報を持ってくる複数人の中には、確かに若い者がいるが、何とこの中に、自称・寺院住職を名乗る60才代の僧侶がいる。60才を過ぎて、こういう社会の初歩的常識すら知らないから、この男、ただのクソ坊主と言うべきでしょうね。まことにもって、お気の毒の極みである。

アンチ日蓮正宗4


アンチ日蓮正宗6
 

(アンチ日蓮正宗)

 

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(22)~ガセネタ・ウソネタを流して自己顕示欲を満たそうとする悪弊・弊害第4弾

□日蓮正宗も現役カルト信者も離檀脱会信者も染まっているガセネタ・ウソネタ体質第4

 

日蓮正宗、日蓮正宗信徒・法華講員、正信会や元信者等が垂れ流すガセネタ・ウソネタには、大石寺の「戒壇の大本尊」や「血脈相承」に関するものが多く見られるのだが、こんなガセネタを流してきた者がいた。

 

(9) 「かつて大石寺の正本堂の『御開扉』で『戒壇の大本尊』の表面にキズがあるのを見た」

数年前、こんな内容のメールをさかんに当方送ってきていた元信者がいた。そのキズは肉眼でもはっきり見えたというのである。そこで私が「それではその肉眼でも見ることが出来る『戒壇の大本尊』のキズはどこにあるのですか」と質問。するとその人物は「南無妙法蓮華経 日蓮御判のほか十界勧請が書いてある真下です」と答えた。そこで私は、「南無妙法蓮華経 日蓮御判のほか十界勧請が書いてある真下には『右現当二世の為に造立件の如し、本門戒壇の願主弥四郎国重、法華講衆等敬白、 弘安二年十月十二日』の授与書が書いてあるのです。それはキズではありませんよ」と指摘。この指摘に、ガセネタ男は、一発でガビーンとなってしまった。するとあわてふためいたガセネタ男は、『戒壇の大本尊』のキズがある箇所を二転三転させたあげく、このガセネタ男は、「『戒壇の大本尊』のキズがあるのは、視力3.010キロ先のカラスもはっきりと肉眼で識別する弟だ」と言ってみたり、「実はオレも視力が2.0だから間違いない」などと言ってみたり、完全シドロモドロ状態に。アフリカ・ケニアに住むマサイ族は、3.08.0の驚異的裸眼視力や暗視能力を持っていることで有名で、彼らはこの視力のため、サバンナでも道に迷うことはないという。あるいはアラスカに住むイヌイット(エスキモー)の裸眼視力が4.05.0。台湾の高砂族(台湾アボリジニ)の裸眼視力が2.03.0だと言われている。ケニアのマサイ族、アラスカのイヌイット、台湾の高砂族(台湾アボリジニ)だったら『戒壇の大本尊』のキズがある箇所を肉眼で識別できたのかもしれないが、残念ながら日本人で、ケニアのマサイ族やアラスカのイヌイットに肩を並べるくらいの裸眼視力を持つ人は確認されていない。それともこのガセネタ男は、普段はケニアのサバンナやアラスカの大平原で生活しているとでも言うのだろうか。あるいは「アンチ日蓮正宗」管理人は、「戒壇の大本尊」の南無妙法蓮華経 日蓮御判のほか十界勧請の相や脇書の位置まで知らないだろう、とでも思ったのだろうか。全くもって人をなめた話しである。このガセネタ男は、こんな話しを「アンチ日蓮正宗」管理人の元にたれ込んで、自分の地位を高めようとしたのかもしれないが、見事に失敗に終わった。このガセネタを流した者は日蓮正宗の元信者だが、こういう自分の自己顕示欲によるガセネタは、正常な日蓮正宗批判活動を阻害すること甚だしいものがある。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(12)~ガセネタ・ウソネタを流して自己顕示欲を満たそうとする悪弊・弊害第3弾

□日蓮正宗も現役カルト信者も離檀脱会信者も染まっているガセネタ・ウソネタ体質第3

 

日蓮正宗、日蓮正宗信徒・法華講員、正信会等が垂れ流すガセネタ・ウソネタには、大石寺の「戒壇の大本尊」や「血脈相承」に関するものが多く見られる。

 

(7)「正信会は大石寺の『戒壇の大本尊』を根本本尊ではないと否定している」

これも日蓮正宗と正信会の『紛争』が起こり、正信会寺院住職・僧侶が約180名以上も擯斥(破門)に処された1982(昭和57)年ころから、さかんに日蓮正宗寺院・住職が盛んに垂れ流したガセネタである。これも1991年の「宗創戦争」以降、日蓮正宗や日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』が垂れ流した「創価学会は大石寺の『戒壇の大本尊』を後世の偽作だと否定している」とのガセネタと全く同種・同轍のものである。

正信会は今日に至るも、大石寺の「戒壇の大本尊」を否定しておらず、現在でも日蓮の『出世の本懐』の大本尊であるとしている。これは、正信会の公式見解、正信会が発行する檀徒新聞「継命」等を見れば、明らかである。198081年にかけての日蓮正宗と正信会紛争でも、正信会は日蓮正宗大石寺66世細井日達法主から大石寺67世阿部日顕法主への血脈相承は否定しているが、「戒壇の大本尊」や「唯授一人血脈相承」そのものまでは否定していない。

正信会は日蓮正宗から破門された後も、日蓮正宗正信会と名乗り、顕正会と同様に「日蓮正宗」の名前を使い続けている。さらに破門以降、正信会は何度か大石寺に「抗議登山」を行っており、大石寺三門前や外周道路から、正本堂の「戒壇の大本尊」に向かって遙拝勤行をするなど、「戒壇の大本尊」信仰を持続しつづけている。正信会が行った最大規模の抗議登山は、1990(平成2)2月に行われた抗議登山だと思われるが、その時も渡辺広済議長を先頭に正本堂の「戒壇の大本尊」に向かって遙拝していた。正信会が本当に大石寺の『戒壇の大本尊』を根本本尊ではないと否定していたら、大石寺に抗議登山に来た時に「戒壇の大本尊」に遙拝するはずがない。

正信会寺院は、「破門」以前は日蓮正宗寺院として機能していた寺院であり、その寺院の須弥壇に祀られている本尊は、日蓮正宗大石寺法主が書写した常住板曼荼羅本尊。正信会寺院に所属する信徒の仏壇に祀られている本尊も、大石寺法主が書写した曼荼羅本尊。これらは、「戒壇の大本尊」なる板本尊の「分身」であるとの見解であるから、正信会が「本家」「本元」の「戒壇の大本尊」なる板本尊を否定などするはずがないし、できるはずがない。そんなことをすれば、正信会寺院も信徒も信仰の存立基盤そのものが崩壊してしまう。

日蓮正宗の法華講員の中には「正信会は『戒壇の大御本尊』の『御開扉』を受けられないのだから、否定しているのと同じだ」と言う者がいるが、これは間違った見解であり、謬見である。「戒壇の大本尊」の「御開扉」を受けられないことと、「戒壇の大本尊」は根本本尊ではないと否定することは、意味が全く違う。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(11)~ガセネタ・ウソネタを流して自己顕示欲を満たそうとする悪弊・弊害第2弾

□日蓮正宗も現役カルト信者も離檀脱会信者も染まっているガセネタ・ウソネタ体質第2

 

前回、日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害として、「手当たり次第にガセネタ・ウソネタでも何でも垂れ流す」悪弊・弊害を取りあげ、日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会、現役カルト信者も離檀脱会信者が垂れ流したガセネタ・ウソネタを具体的に列挙した。するとその後、「彼らが垂れ流したガセネタ・ウソネタをもっと教えて欲しい」というご要望をいただきましたので、日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会、現役カルト信者も離檀脱会信者が垂れ流したガセネタ・ウソネタを、さらに具体的に列挙しようと思います。

 

(5)「創価学会は大石寺の『戒壇の大本尊』を後世の偽作だと否定している」

これは、日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』をはじめ、カルト法華講員たちが盛んに垂れ流していたガセネタ・ウソネタの代表的なものである。創価学会は今日に至るも、大石寺の「戒壇の大本尊」(創価学会では『三大秘法の大御本尊』とか『一閻浮提総与の大御本尊』と呼称する)を否定しておらず、現在でも日蓮の『出世の本懐』の大本尊であるとしている。これは、「創価学会会則」、創価学会公式ウェブサイト「SOKAnet」、創価学会の公式出版物「新会員のために」、機関紙「聖教新聞」等の創価学会の公式見解を見れば明らかである。創価学会は「戒壇の大本尊」を否定するどころか、「大御本尊(戒壇の大本尊)建立の日」と称している1012日に、創価学会本部や全国の会館で記念勤行会まで行っている。創価学会が本当に大石寺の『戒壇の大本尊』を後世の偽作だと否定していたら、「大御本尊(戒壇の大本尊)建立の日」と称している1012日に、創価学会本部や全国の会館で記念勤行会などを行うはずがない。そもそも創価学会の会館や創価学会員宅の仏壇に祀られている本尊は、「一閻浮提総与の大御本尊」「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊の「分身」であるとの見解であるから、「本家」「本元」の本尊を否定などするはずがないし、できるはずがない。そんなことをすれば、創価学会員たちの信仰の存立基盤そのものが崩壊してしまう。

では日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』やカルト法華講員たちは、何を根拠に「創価学会は大石寺の『戒壇の大本尊』を後世の偽作だと否定している」と言っているのか。それは、法華講員との対論に出てきた創価学会員が「大石寺の『戒壇の大本尊』は後世の偽作だ」と言っていたというもの。それを「慧妙」が紙面に載せて、「創価学会は大石寺の『戒壇の大本尊』を後世の偽作だと否定した」と言っているわけだが、この「慧妙」の論の建て方そのものが間違った見解である。

まず法華講員との対論に出てきた創価学会員が「大石寺の『戒壇の大本尊』は後世の偽作だ」と言っていたかどうかだが、これは「慧妙」やカルト法華講員たちが一方的に言っているだけで、本当に法華講員との対論に出てきた創価学会員が「大石寺の『戒壇の大本尊』は後世の偽作だ」と言った証拠は何一つない。大石寺の「戒壇の大本尊・日蓮真造説」について疑問を言っただけで、法華講員たちが「戒壇の大本尊を否定した」と騒いでいるだけという可能性もある。疑問を呈することと、否定することは内容が違う。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(10)~ガセネタでもウソネタでも何でも流して自己顕示欲を満たそうとする

□親元の日蓮正宗も現役のカルト信者も離檀脱会信者も染まっているガセネタ・ウソネタ体質

 

この悪弊には、大きく分けて三通りがある。まず第一は、アンチ日蓮正宗との議論に敗北して反論不能になると、手当たり次第にガセネタ・ウソネタでも何でも引っ張り出してきて、こじつけて反論しようとする。これは日蓮正宗系のカルト信者である。まさに最悪の体質である。

「まぬけネコ」は、反論不能になると、「和泉公日法が楠木を日蓮に供養した」などと、何の根拠も証拠もない、まさにガセネタで反論しようとして失敗した。

「龍神ひろし」は、2007年に日蓮正宗に入信した、ただのカルト信者であるにもかかわらず、あたかも全仏教を調べ上げて日蓮正宗に入信したかのようなウソを言う。反論不能になると、インターネットの検索エンジンで、インチキ情報、ガセネタ類をかたっぱしから無断コピーして、ブログに貼り付け、自分の都合良くこじつけようとしたが、これも失敗に終わった。こういう浅ましい態度は、仲間うちの法華講員からも嘲笑の的になっている。

「ブルーシール」は、閉鎖コミュ「日蓮正宗法華講」で「アンチ日蓮正宗には、かなわない」と敗北宣言していながら、自分のmixi日記では、あたかも「『アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗』コミュがインチキだから参加いない」などと、話しをスリカエてウソネタを吹聴していた。これに「アンチ日蓮正宗」管理人が抗議の書き込みをすると、これを一方的に全て削除。さらに「アンチ日蓮正宗」管理人が、一方的削除に抗議すると「オレの日記なのだから、削除しようがどうしようがオレの自由だ」などと言って、開き直っている。このへんはカルト信者のレベルである。

第二に、親元・本家本元の日蓮正宗は、2002年の30万登山について、当初は「11回の登山としかカウントしない」と公言していた。ところがいざ2002年に登山会を行ってみると、当初のカウント方法では30万登山は達成できないことが判明。それで途中から1人を5回でも10回でも登山させてすべてこれをカウントして「30万登山達成」という、大ウソの発表を行った。

2009年には、30万を倍増させると当初は言っていながら、2009年になると、今度は総登山会、支部登山など全ての登山者をカウントして、無理やり「50万登山」を達成したとして、大勝利宣言するというあくどさ。30万の倍増目標なら、50万でもまだ10万足りないはずなのに、それでも無理やり達成宣言してしまうのだから、日蓮正宗のウソつきぶりは、まさに一級品である。

しかし大石寺は1年で30万だの50万だのと言って大勝利宣言をしているが、1年で約590万人が参詣した長野善光寺御開帳の足下にも及ばない。池上本門寺の御会式には1日で約30万人が参詣するが、池上本門寺は、大石寺のように、無理な目標設定をしたり、信者に無理な参詣を押しつけるなどの行為は、一切行っていない。池上本門寺の御会式は、昔から地域の祭礼・行事として完全に定着しており、日蓮宗信徒のみならず、東京近郊から関東近県に至るまで、さまざまな人が池上本門寺に参詣する。その結果が30万人の参詣である。

御会式54総門一方通行


御会式115万灯大堂前



 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ