アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

『戒壇大本尊』偽作の歴史的背景・政治宗教情勢

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(46)~身延山久遠寺、京都妙顕寺、京都本能寺、京都仏光寺の繁栄に対抗した大石寺9世日有

■検証46湯之奥金山の「金」(きん)を手に入れていた大石寺9世日有12

 

□身延山久遠寺、京都妙顕寺、京都本能寺、京都仏光寺の繁栄に対抗した大石寺9世日有

 

大石寺9世日有が、湯之奥金山の金を入手して、京都天奏の旅に出かけたほか、「戒壇の大本尊」なる板本尊の偽作、その他の板本尊の造立、客殿の建立、宝蔵の建立など、堂宇・伽藍の整備を行い、さらに東国・奥州・越後巡教の旅に出た背景には、何があるのか。

大石寺9世日有在世の室町時代・戦国時代は、鎌倉仏教である浄土宗、浄土真宗、日蓮宗が全国に急激に弘まった時代であること。この時代に、浄土真宗で弘まったのは、京都仏光寺、高田専修寺。そして一足遅れて本願寺教団であった。本願寺教団の門徒が引き起こした一向一揆が盛んになったのは、16世紀の戦国時代だが、すでに15世紀後半から本願寺門徒が増加していた近江、越中、加賀で一向一揆は起こっていた。

日蓮宗で弘まったのは身延山久遠寺の他、龍華院日像の京都開教で弘まった京都妙顕寺の日像門流。そして教義論争で日像門流から独立した京都本能寺の日隆門流。中でも日隆門流は京都から西日本全域にかけて布教し、遠く九州種子島まで弘まっている。このことが、種子島の鉄砲伝来、織田信長の鉄砲隊編成、そして本能寺の変に結びつくことになる。

1432(永享4)年の京都天奏で、大石寺9世日有は京都仏光寺、京都妙顕寺、京都本能寺の繁栄ぶりをまざまざと見せつけられることになる。永原慶二氏の著書「日本の歴史10・下克上の時代」によると、1413(応永20)年の日蓮宗本山寺院・京都妙顕寺の再建に1900貫の建設費がかかり、そのうちの1300貫は、京都の豪商小袖屋・柳屋が寄進したものだったという。(「日本の歴史」p413より) 京都の日蓮宗大寺院は、武将や商人、豪商の帰依を受けて繁栄していた。大石寺9世日有の大石寺門流は、京都仏光寺、高田専修寺、本願寺、身延山久遠寺、京都妙顕寺、京都本能寺等の布教に比べて、大幅に遅れをとっていた。

身延山久遠寺は、日蓮の没後、門弟が諸国へ教線を拡大し、各地で独立した一門を形成していったため、次第に衰退していったが、久遠寺7世日叡の頃に中興された。1462年(寛正3年)身延山久遠寺11世法主となった行学院日朝が、大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作してから約三十年後の1474(文明6)年、日蓮在世の時代から身延山西谷にあった久遠寺の堂宇を、現在の地に移転し、新たに本堂・祖師堂・報恩閣・真骨堂といった大伽藍の他に、周辺の数々の宿坊などの堂宇を建立している。これだけ見ると、行学院日朝の新伽藍建立は、大石寺9世日有の「戒壇の大本尊」偽作の後に見えるが、身延山久遠寺は7世日叡の頃に中興し、8世日億は身延山久遠寺法主の他に池上本門寺・比企が谷妙本寺貫首を兼職して身延門流として関東に進出。9世日学の代に京都に学養寺を建立し、身延門流の京都布教の拠点をつくっている。よって11世行学院日朝の新伽藍建立は、それ以前からの身延門流の教線拡大の延長線上にあると見るのが至当ではなかろうか。

妙顕寺22三門
 

(京都妙顕寺)

本能寺31三門
 

(京都本能寺)

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(45)~甲州・湯之奥金山の金の力で京都天奏を果たした大石寺9世日有2

■検証45湯之奥金山の「金」(きん)を手に入れていた大石寺9世日有11

 

□京都「天奏」を湯之奥金山の金の力で「買った」日蓮正宗大石寺9世法主日有

 

それほど絶望的に近いほど不可能に思えた大石寺9世日有の天奏の取り次ぎが実現したのは、ズバリ、大石寺9世日有が握っていた甲州・湯之奥金山から産出されていた「金」の力によるものと考える以外、有りえない。目の前に砂金やら金塊を差し出されれば、さすがの天台座主をはじめとする京都仏教寺院住職らも、朝廷や室町幕府に日有の天奏を取り次いだだろう。それくらい、室町時代の当時、金の力はすさまじいものがあった。つまり大石寺9世日有は、甲州・湯之奥金山の金の力で天台座主ら京都仏教寺院住職たちに、朝廷や室町幕府に日有の天奏を取り次がせた。つまり大石寺9世日有は「天奏」を湯之奥金山の金の力で「買った」ということである。

一方、当時の比叡山延暦寺・天台座主が金銀の賄賂を収受していた証拠も、もちろんある。

1571(元亀2)9月、織田信長が比叡山延暦寺焼き討ちを決行する理由を

「行体行法するのが出家の作法にもかかわらず、天下の嘲弄にも恥じず、天道のおそれもかえりみず、淫乱にふけり、魚や鳥を食らい、金銀の賄賂を取り放題、しかも浅井や朝倉に加担し、われらに戦いいどむとは、大敵に値する」

と述べて、天台宗総本山・比叡山延暦寺が「金銀の賄賂を取り放題」だという腐敗堕落の様をあげ、焼き討ちをするのだと家臣たちに説明している。このことから、当時の比叡山延暦寺が「金銀の賄賂を取り放題」の腐敗乱行をしていたことがわかる。

 

□京都天奏の旅で後々まで残る大きな屈辱と代償を払った日蓮正宗大石寺9世法主日有

 

大石寺9世日有からすれば、京都に長期間滞在し、延暦寺や園城寺などの大寺院を何度も訪問した上でやっと実現した天奏ということになる。駿河国の極貧の大石寺や北山本門寺などの富士五山か、せいぜい修行僧時代に行った武州・仙波(川越)の天台宗寺院ぐらいしか知らなかった大石寺9世日有にとって、延暦寺や園城寺、建仁寺などの大寺院の威容を目の当たりにして、たいそう驚いたことだっただろう。と同時に、大石寺9世日有にとって京都天奏の旅は、後々まで残る大きな屈辱と代償を払ったものになった。

根本中堂4
 

(天台宗総本山・比叡山延暦寺)

根本中堂2
 

(比叡山延暦寺・根本中堂)

園城寺4
 

(天台寺門宗総本山・園城寺)

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(44)~甲州・湯之奥金山の金の力で京都天奏を果たした大石寺9世日有1

■検証44湯之奥金山の「金」(きん)を手に入れていた大石寺9世日有10

 

□たった13年間に日有が莫大な経済力を握れるほどの大石寺門流の信者が爆発的に増加した歴史的史実は存在しない

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有が大石寺法主の座に登座したのは1419(応永26)8月。大石寺8世日影が死去した直後ということになっている。この当時は、大石寺は日郷門流との70年戦争の後遺症で極貧の最中にあったことは、日蓮正宗が認めているところである。

その大石寺9世日有が京都天奏を果たしたのが登座からわずか13年後の1432(永享4)3月のこと。これだけの短期間に、大石寺が旅費だけで7年分の生活費に相当する費用がかかる京都天奏ができるくらいの経済力を兼ね備えるようになったというのは、普通に考えたら、あまりにも不自然である。しかもこの13年間に、大石寺9世日有が莫大な経済力を握れるほどの日蓮正宗大石寺門流の信者が爆発的に増加したなどという歴史的史実は存在していない。つまり大石寺9世日有は、大石寺法主登座から京都天奏の間の13年間に、大石寺信者の増加以外の、何か特別な経済力の源泉を入手したと見るのが妥当なのではないか。

さらに大石寺9世日有の京都天奏を検証していく上で、見逃してはならないポイントがある。

まず第一に、一口に「天奏」と言っても、京都に到着してすぐに京都御所を訪れて、天皇や将軍に面談して、申状を呈したというわけではない。大石寺9世日有の時代は、現代のように交通や通信手段が発達していたわけではないから、事前に朝廷や幕府に対して、天奏の“アポイントメント”を取り付けてから、京都上洛の旅に出たわけではない。

大石寺9世日有をはじめとする大石寺門流は、天皇・朝廷・公家や幕府・武家などに人脈があったわけではなく、全く官位も官職もない“無位無官”である。よって、天皇や将軍へ申状を呈するために取り次ぎを依頼する交渉も、すべて京都に到着してからはじめなければならなかった。

その天奏の取り次ぎ依頼のための交渉も、天皇や将軍家に発言権を持っている比叡山延暦寺、園城寺(三井寺)、建仁寺といった大寺院と行うことになる。

特に天台座主は、日本の天台宗(延暦寺派)の総本山である比叡山延暦寺の貫主(住職)で、天台宗(延暦寺派)の諸末寺を総監する役職であるにとどまらず、3世の圓仁からは太政官が官符をもって任命する公的な役職となり、明治4年(1871年)まで続いた。

中世になると、摂家門跡、宮門跡の制度が整えられ、とりわけ妙法院・青蓮院・三千院(天台三門跡)から法親王が、天台座主として就任することが多くなり、また、室町時代には足利将軍家からも天台座主が出ている。天台座主となった後に還俗し、将軍となった例としては、116世天台座主・尊雲法親王(還俗して護良親王)がいたが、何といっても大石寺9世日有が京都天奏のために上洛した年、1432(永享4)3月当時の室町幕府の征夷大将軍は、足利義教。この人は、153世天台座主・義圓だった人。天奏となれば比叡山延暦寺に伝奏してもらうのが、最も近道だった。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ