アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日有は何をモデルに『戒壇の大本尊』を偽作したのか

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(58)~東大寺・延暦寺に優越する「事の戒壇」を東大寺戒壇院をモデルにした大石寺9世日有5

■検証58京都・奈良仏教界をモデルに「戒壇の大本尊」を偽作した大石寺9世日有12

 

東大寺・延暦寺に優越する「事の戒壇」を東大寺戒壇院をモデルにした大石寺9世日有5

 

東大寺で鑑真和上が築壇した東大寺戒壇院とは、大仏殿とは別個である。現在の東大寺大仏殿も戒壇院も、江戸時代に再建された堂宇だが、東大寺大仏殿も戒壇院も別個の堂宇として再建されている、と言うと「では東大寺の大仏殿とは何なのか」という質問が出てくる。

東大寺「大仏殿」の「大仏殿」という名前は、いわば通称名であって、正式には「金堂」(こんどう)という。「金堂」というのは、金でできた堂宇という意味ではなく、「本堂」と同じ意味である。

本堂(ほんどう)とは、仏教寺院において、本尊仏、本尊を安置する堂宇・建物の名前。日本では一山の本尊を安置する、寺院の中心的な堂を指して「本堂」あるいは「金堂」ということが多い。

つまり「本堂」のことを、法相宗、華厳宗や真言宗あたりでは「金堂」というが、「金堂」という言葉そのものは飛鳥時代から平安時代前半にかけての古代創建の寺院で多く使われている。

なお、奈良時代創建の寺院でも、新薬師寺、西大寺のように現在は「本堂」という名称を使用しているところもある。また、室生寺、当麻寺のように「金堂」と「本堂」が別個に存在する寺院もある。

奈良法隆寺の場合は、伽藍が西院伽藍、東院伽藍、大宝蔵院に分かれていて西院伽藍の中心が釈迦如来像、薬師如来像、阿弥陀如来像を祀る金堂。東院伽藍の中心が有名な救世観音像を祀る夢殿である。

比叡山延暦寺など天台宗では本堂に該当する堂宇のことを「根本中堂」ないしは「中堂」といい、禅宗では「仏殿」という。

伝教大師最澄造立の薬師如来像を秘仏として祀る比叡山延暦寺の根本中堂は、東塔、西塔、横川に分かれる延暦寺伽藍の総本堂である。天台宗では比叡山延暦寺のみならず寛永寺や深大寺など本山・末寺でも本堂を「根本中堂」ないしは「中堂」と呼ぶ寺院が多い。

ただ天台宗でも、天台寺門宗総本山・園城寺(三井寺)は、「金堂」という言葉を使っている。

禅宗にあっても特に方丈形式の中心堂宇を指して「本堂」と称する場合もある。石川県能登の総持寺祖院では、客殿に該当する堂宇を「仏殿」と称している。

浄土真宗の寺院では、阿弥陀堂と御影堂の二堂が中心堂宇として建っているのが一般的で、阿弥陀堂は、本尊である阿弥陀如来像を祀る堂宇。御影堂とは、宗祖・親鸞の木像(御影像)を祀る堂宇。寺院の本尊は阿弥陀如来像なので、阿弥陀堂が本堂に該当することになる。

これは浄土真宗の各本山である東本願寺、西本願寺、高田専修寺、仏光寺、興正寺、錦織寺、豪摂寺、誠照寺、専照寺等に共通している。

浄土宗総本山知恩院では、本堂(御影堂)には法然像を祀り、阿弥陀堂には阿弥陀如来像を祀る。東京・芝の大本山増上寺は、大殿に阿弥陀如来像を祀り、この堂宇が本堂に該当すると称している。この他に安国殿があり、秘仏・黒本尊を祀っているが、黒本尊も阿弥陀如来立像である。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(57)~東大寺・延暦寺に優越する「事の戒壇」を東大寺戒壇院をモデルにした大石寺9世日有4

■検証57京都・奈良仏教界をモデルに「戒壇の大本尊」を偽作した大石寺9世日有11

 

東大寺・延暦寺に優越する「事の戒壇」を東大寺戒壇院をモデルにした大石寺9世日有4

 

では日本最初の戒壇、日本三大戒壇の一つとしての東大寺と、華厳宗総本山としての東大寺が、どうして両立するのか、あるいは、どうして日蓮系寺院の法主である大石寺9世日有が他宗派の大寺院に行ったのか、という疑問にぶち当たる。

奈良時代のいわゆる南都六宗(華厳宗、法相宗、律宗、三論宗、成実宗、倶舎宗)は、「宗派」というよりは「学派」に近いもので、日本仏教で「宗派」という概念が確立したのは中世以後のことである。鎌倉時代に「鎌倉仏教」と呼ばれる浄土宗、浄土真宗、日蓮宗、臨済宗、曹洞宗といった新興宗派が起こってきたころが、今で言う「宗派」の起こりとする説がある。完全に固定化されたのは、近世初期の1664年(寛文4年)に江戸幕府がキリスト教や不受不施派を禁制として、信徒に対し改宗を強制することを目的として制定された檀家制度、寺檀制度ということになる。

これは仏教の檀信徒であることの証明を寺院から請ける制度である。寺請制度の確立によって民衆は、いずれかの寺院を菩提寺と定め、その檀家となる事を義務付けられた。つまりどこかの宗派の寺院の信徒として固定化されたわけである。寺請け制度ができる前は、けっこうあいまいな所があり、日蓮宗一門で言えば、ある信者は、日蓮正宗大石寺にも参詣すれば、北山本門寺にも参詣し、身延山久遠寺にも参詣するといった具合である。

寺院では、寺請制度の成立によって、現在の戸籍に当たる宗門人別帳が作成され、旅行や住居の移動の際にはその証文(寺請証文)が必要とされた。各家、各家庭には仏壇が置かれ、法要の際には僧侶を招くという慣習が定まり、寺院に一定の信徒と収入を保証される形となったというわけである。

そのため、仏教界では、長い間、寺院の僧侶は、複数の宗派を兼学することが普通であった。

東大寺の場合、近代以降は所属宗派を明示する必要から華厳宗を名乗るが、奈良時代には「六宗兼学の寺」とされ、大仏殿内には各宗の経論を納めた「六宗厨子」があった。

しかし華厳宗は、六宗の中でも開山・良弁ゆかりの宗派として重要視され、近代以前においても日本における華厳宗研究の中心地として、多数の優れた学僧を輩出していた。

平安時代には空海によって寺内に真言院が開かれ、弘法大師空海が伝えた真言宗、伝教大師最澄が伝えた天台宗をも加えて「八宗兼学の寺」とされた。ここではないが、法隆寺に行ったとき、法隆寺の案内役員から

「法隆寺は、今で言うと大学のような部分があって、多くの学僧が学びに来ていた」

との説明を受けた。もっとも、東大寺が日本最初の戒壇であるとの地位を考えれば、法隆寺に限らず、「八宗兼学の寺」としての東大寺も、今でいう大学としての機能を持っていたと考えられる。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(56)~東大寺・延暦寺に優越する「事の戒壇」を東大寺戒壇院をモデルにした大石寺9世日有3

■検証56京都・奈良仏教界をモデルに「戒壇の大本尊」を偽作した大石寺9世日有10

 

東大寺・延暦寺に優越する「事の戒壇」を東大寺戒壇院をモデルにした大石寺9世日有3

 

東大寺の調査・取材のポイントは、大仏殿もそうだが、むしろ戒壇堂のほうである。

東大寺の戒壇は、出家者が正規の僧となるための戒律を授けられる儀式・受戒するための施設として、天平勝宝7歳(755年)に鑑真を招いて創建された。現在の建物は享保18年(1733年)の再建であるが、内部は創建当時のものが再現されている。

近代になる以前の日本では、今とはちがって僧の地位は国家資格であり、国家公認の僧となるための儀式を行う「戒壇」で授戒されない僧侶は、僧侶としてすら認められなかった。 当時の日本では、国家公認の僧となるための儀式を行う「戒壇」は日本には、比叡山延暦寺の他、奈良・東大寺、唐招提寺、筑紫・観世音寺、下野・薬師寺等の官寺にしか存在しなかった。

鑑真は754年、東大寺に戒壇を築き、同年4月に聖武天皇をはじめ430人に授戒を行なった。これが最初の戒壇である。その後、東大寺に戒壇院を建立し、筑紫の大宰府の観世音寺、下野国(現在の栃木県)の薬師寺に戒壇を築いた。これ以降、僧になるためには、いずれかの戒壇で授戒して戒牒を受けることが必須となり、国(国分寺)が僧を管理することになった。

大和国の東大寺、法華寺は総国分寺、総国分尼寺とされ、全国の国分寺、国分尼寺の総本山と位置づけられたが、822年、伝教大師最澄の死後、比叡山延暦寺に戒壇の勅許が下され、大乗戒壇が建立された。当時は、中国の仏教界は比叡山延暦寺の大乗戒壇を、戒壇としては認めておらず、ここで受戒した僧は、中国では僧侶として認められなかった。また、官立寺院(官寺)ではない比叡山延暦寺に戒壇設置を認められたことに東大寺をはじめとする南都(奈良)の寺院の反発を招いた。東大寺は、日有が生きていた時代でも、日本三大戒壇のひとつであり、総国分寺であった。

東大寺は、京都から南に下ること約40キロの所にある奈良、つまり旧平城京があった所から東へ約4キロぐらいの所にある。私が、日蓮正宗大石寺9世法主・日有が独自に発明した「事の戒壇」と似ていると言っているのは、東大寺大仏殿のことではなく、東大寺の戒壇堂のこと。ここは、出家者が受戒(正規の僧となるための戒律を授けられる)するための施設として、天平勝宝7歳(755年)に鑑真和上を招いて創建された。現在の建物は享保18年(1733年)の再建である。

東大寺の戒壇堂の中に入ってみると、堂内中央には、中央に法華経見宝塔品の所説に基づく多宝塔に見立てた厨子の中に、釈迦牟尼仏像と多宝仏像が祀られている。そして多宝塔の四隅を囲むように広目天、増長天、持国天、多聞天の像が祀られている。

釈迦牟尼と多宝仏が座る宝塔を広目天、増長天、持国天、多聞天が囲む形は、日蓮が図顕した大漫荼羅のオリジナルみたいなものだ。釈迦牟尼仏と多宝仏が座る宝塔を広目天、増長天、持国天、多聞天が囲むものを「大漫荼羅」と考えれば、それを祀る堂宇は、それはそのまま大石寺9世日有が発明した「事の戒壇」そのものになってしまうではないか。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(55)~東大寺・延暦寺に優越する「事の戒壇」を東大寺戒壇院をモデルにした大石寺9世日有2

■検証55京都・奈良仏教界をモデルに「戒壇の大本尊」を偽作した大石寺9世日有9

 

東大寺・延暦寺に優越する「事の戒壇」を東大寺戒壇院をモデルにした大石寺9世日有2

 

奈良でいろいろ有名なものはたくさんあるが、中でも最大級に有名なのが、やはり「奈良の大仏」で有名な東大寺であろう。東大寺は、正式には華厳宗大本山の寺。

難工事の末、大仏の鋳造が終了し、天竺(インド)出身の僧・菩提僊那を導師として大仏開眼会が挙行されたのは天平勝宝4年(752年)のこと。大仏鋳造が終わって、大仏殿の建設工事が始められ、大仏殿が竣工したのは天平宝字2年(758年)。ここから数えても1250年以上の歴史がある。

そういう長い歴史から、現・別当(法主)は、開山(初代別当)の良弁僧正から数えて220世・北河原公敬氏である。東大寺は、聖武天皇より、奈良時代の日本の60余か国に建立させた国分寺の中心をなす「総国分寺」と位置づけられている。

東大寺は、奈良公園の中にあるのだが、東大寺だけでも、ものすごい広さの敷地である。いろいろと資料を調べたのだが、東大寺の敷地面積の正確なデーターは、見つからなかった。

資料によれば、東大寺の境内は平城京の外京の東端を区切る東七坊大路(現国道169号)を西端とし、西南部は興福寺の境内と接していたという。又、かつては現存の堂宇以外にも多くの堂塔が存在しており、大仏殿の北には講堂と僧坊。東には食堂(じきどう)があった。僧坊は講堂の北・東・西の3面にコの字形に設けられたので「三面僧坊」と称していたという。

大仏殿の手前の東西には東塔・西塔(いずれも七重塔)があった。これらは、周囲を回廊で囲まれ、回廊の東西南北4か所に門を設けた「塔院」を形成しており、他寺に例をみない規模のものであったという。ということは、今の東大寺の敷地は、昔からは縮小されているものなのか。

それでも東大寺の境内は、広すぎるくらい広い。これだけ広い敷地に、大仏殿、戒壇堂、二月堂、法華堂、南大門等々といった堂宇が立ち並んでいるため、これらの堂宇をくまなく見て回ると、およそ1日かかってしまう。JTBの「るるぶ情報板」によれば、「じっくり拝観すれば、半日はかかる」と書いてあるが、半日では無理でしょう。丸1日は優にかかると思います。

私が「大石寺9世日有は東大寺戒壇院をモデルにして『事の戒壇』を発明した」と言っているのは、当然の如く、実際に東大寺の戒壇院に行って見学した上で言っている。もっとも、私が東大寺に行った第一の目的は、日本最初の「戒壇」を調査するためである。

東大寺の戒壇とは、出家者が正規の僧となるための戒律を授けられる儀式である「受戒」をするための施設として、天平勝宝7歳(755年)に鑑真和上を招いて創建された建物である。現在の「戒壇」の建物は江戸時代・享保18年(1733年)の再建。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(54)~東大寺・延暦寺に優越する「事の戒壇」を東大寺戒壇院をモデルにした大石寺9世日有

■検証54京都・奈良仏教界をモデルに「戒壇の大本尊」を偽作した大石寺9世日有8

 

東大寺・延暦寺に優越する「事の戒壇」を東大寺戒壇院をモデルにした大石寺9世日有

 

大石寺9世日有が伝教大師最澄自作の薬師如来立像を祀る比叡山延暦寺根本中堂をモデルに『事の戒壇』なるものを発明したのであるが、日有が『事の戒壇』のモデルにしたのは、比叡山延暦寺根本中堂だけではない。大石寺9世日有独自の戒壇義である「事の戒壇」によく似ているものは、他にもある。そのひとつが、何と日本三大戒壇のひとつである東大寺の戒壇院である。

東大寺というのは、奈良市にある華厳宗大本山の寺。奈良時代(8世紀)に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺である。「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏を本尊とし、世界最大級の木造建築である大仏殿が有名な、あの東大寺である。

日蓮正宗大石寺9世法主日有が、京都天奏で上洛した時代、当時の日本では僧の地位は国家資格であり、国家公認の僧となるための儀式を行う「戒壇」で授戒されない僧侶は、僧侶としてすら認められなかった。当時の日本では、国家公認の僧となるための儀式を行う「戒壇」は日本には、比叡山延暦寺の他、奈良・東大寺、唐招提寺、筑紫・観世音寺、下野・薬師寺等の官寺にしか存在しなかった。

鑑真は754年、東大寺に戒壇を築き、同年4月に聖武天皇をはじめ430人に授戒を行なった。これが最初の戒壇である。その後、東大寺に戒壇院を建立し、筑紫の大宰府の観世音寺、下野国(現在の栃木県)の薬師寺に戒壇を築いた。これ以降、僧になるためには、いずれかの戒壇で授戒して戒牒を受けることが必須となり、国(国分寺)が僧を管理することになった。

大和国の東大寺、法華寺は総国分寺、総国分尼寺とされ、全国の国分寺、国分尼寺の総本山と位置づけられたが、822年、伝教大師最澄の死後、比叡山延暦寺に戒壇の勅許が下され、大乗戒壇が建立された。

当時は、中国の仏教界は比叡山延暦寺の大乗戒壇を、戒壇としては認めておらず、ここで受戒した僧は、中国では僧侶として認められなかった。また、官立寺院(官寺)ではない比叡山延暦寺に戒壇設置を認められたことに東大寺をはじめとする南都(奈良)の寺院の反発を招いた。東大寺は、大石寺9世日有が生きていた時代でも、日本三大戒壇のひとつであり、総国分寺であった。

東大寺は、京都から南に下ること約40キロの所にある奈良、つまり旧平城京があった所から東へ約4キロぐらいの所にある。私が、大石寺9世日有独自の「事の戒壇」と似ていると言っているのは、東大寺大仏殿のことではなく、東大寺の戒壇院のことで、出家者が受戒(正規の僧となるための戒律を授けられる)するための施設として、天平勝宝7歳(755年)に鑑真和上を招いて創建された。現在の建物は享保18年(1733年)の再建である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ