アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ: 反日蓮正宗系活動はカルトの専横に抵抗する現代の自由民権運動だ

□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」の管轄下に   2018年5月18日付けを以て「一般社団法人 仏教宗学研究会」が、正式に法務局に法人登記が完了しました。2012年2月の「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブ ...

□大石寺で行われている折伏誓願目標未達成の住職に対する懲罰的な「吊し上げ地獄」指導   日蓮正宗では、大石寺68世早瀬日如法主(日蓮正宗管長・代表役員)の“専政君主的命令”で、2021年の日蓮生誕八百年までに「法華講員80万人達成」などという無理難題の折伏目標を設 ...

□刑事事件・宗教法人責任認定判決があるのに何のお咎めもない日蓮正宗・創価学会員・顕正会   「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「国際カルト宗教対策委員会」に「かぜカルト宗教規制立法が必要なのか」との質問が寄せられているが、まず第一に、もはやカルト宗教の ...

□宗会、参議会、監正会等が全く関与・介在していない日蓮正宗管長、総監、宗務院役員人事   2017年12月14日付けを以て、日蓮正宗宗務院役員が任期満了となり、翌12月15日付けをもって新たに日蓮正宗宗務院の宗務総監及び各部部長、副部長が大石寺68世早瀬日如法主(日蓮正 ...

□法華講連合会役員人事に露骨な人事介入を行っている日蓮正宗管長(大石寺法主)・宗務院   日蓮正宗法華講連合会とは、日蓮正宗の信徒団体というのに対して、日蓮正宗末寺寺院に所属する「法華講支部」は、講中(こうちゅう)と呼ぶ。講中とは、講を作って神仏にもうでた ...

□日蓮正宗寺院反対の方々は日蓮正宗寺院建設強行に負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”   さて2016年から、日蓮正宗が地元住民の反対を押し切って、新寺院建設を進めている千葉県松戸市秋山地区において、いよいよ日蓮正宗が、新寺院落慶を強行するという情勢になっ ...

□法華講連合会行事にて法華講員に信仰指導を行う法華講連合会委員長・副委員長らの役員   日蓮正宗には、各末寺寺院単位の信徒の集まりである「法華講支部」と呼ばれる講中の他に、「信徒団体」というものがあり、この存在が、日蓮正宗という宗教団体の権力構造を実に ...

□法華講支部講頭、副講頭、幹事、会計人事に間接介入している日蓮正宗管長(大石寺法主)   日蓮正宗末寺寺院に所属する「法華講支部」は、末寺住職、末寺所属信徒の独断で結成できない。日蓮正宗宗務院は、法華講支部結成の条件として「最低でも40世帯以上」という指針 ...

□末寺総代、法華講支部講頭・副講頭・幹事・会計を承認・認証する日蓮正宗管長(大石寺法主)   「日蓮正宗の僧侶・信徒の関係、信徒団体の構図がよくわからない」「実にわかりにくい」等々の質問がよく「アンチ日蓮正宗」に来ている。日蓮正宗は、最高指導者である日蓮 ...

■憲法20条違反・国際人権規約18条違反の日蓮正宗の急激な信者数拡大を許すなPART2   □シアトル事件敗訴、宗創和解、日顕代替で萎んだ創価学会脱会・日蓮正宗へ入る信徒の流れ   「アンチ日蓮正宗・仏教宗学研究会」でとりあげている文化庁発行「宗教年鑑」の統計と ...

□「宗創戦争」が激烈だった1990年代に年間2~3万人ペースで信者数を拡大した日蓮正宗   日蓮正宗は、1980年代以降、旧来からの信徒講の団体である法華講連合会に対して、1990年の大石寺開創七百年に三万総会、1994年に六万総会、2002年の日蓮・立宗750年に三十万総登山 ...

■日蓮正宗は憲法20条違反・国際人権B規約18条違反の折伏・布教を即時中止せよPART4   □また折伏を行じない住職や法華講員は無間地獄行きだと説法した大石寺68世早瀬日如法主   「2021(平成33)年の日蓮生誕八百年に法華講員(日蓮正宗信徒)を80万人にしろ」と、日蓮 ...

□2015~2016年の2年間で何と23人もの住職を隠居させた大石寺68世早瀬日如法主   現在、日蓮正宗管長・大石寺68世早瀬日如法主・宗務院は、2021年(平成33年)の日蓮生誕八百年の年の「法華講員80万人達成」などという「折伏誓願目標」という名の過酷な布教ノルマを寺院住 ...

□1991年以降、さまざまな行事にかこつけて350億円を超えるカネ集めを行っている日蓮正宗   毎年1月1日~3日にかけて日蓮正宗の信徒団体である日蓮正宗法華講連合会新年初登山会が行われ、日本全国から法華講員(日蓮正宗の信徒)が大石寺に登山参詣することが慣例化して ...

■日蓮正宗は「信教の自由」逸脱・憲法違反・国際条約違反の布教活動を即時中止せよPART2   □大石寺68世日如法主、八木日照総監が折伏・育成をしない者は無間地獄行きだと説法   日蓮正宗では、日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」の毎年の1月号に、大石寺法主(日蓮正宗 ...

□折伏誓願目標未達成の住職が呼びつけられネチネチと「つるし上げ」られる「折伏推進指導会」   2017年1月5日、日蓮正宗総本山大石寺の境内にある日蓮正宗宗務院庁舎の大会議室にて、大石寺68世早瀬日如法主が臨席して、「折伏推進指導会」が開催された。平成29年2月号 ...

□僧侶の選挙で選出されたのに日蓮正宗管長の絶対権力の前に形骸化している宗会、監正会   日蓮正宗には、教師僧侶の選挙で選ばれた宗会議員によって組織される「宗会」(しゅうかい)、同じく教師僧侶の選挙によって選出される監正会員、常任監正会員によって組織される ...

□宗内の行政権と司法権(僧侶・信徒の懲戒処分)を一手に握る大石寺法主・日蓮正宗管長   日蓮正宗とは最高指導者・大石寺法主(ほっす)に権力が一極集中した法主専政のカルト宗教であることを検証する上で、大きなポイントになるものが、日蓮正宗の宗制・宗規により、最 ...

□絶大な権力を握り実質的な封建絶対専政君主として日蓮正宗の頂点に君臨する大石寺法主   日蓮正宗とは、一体どんな権力構造になっているのか。これは日蓮正宗という宗教を徹底検証していく上で、重要なポイントである。世間一般では「世間の会社組織や財団・社団法人 ...

□折伏布教解禁の明治時代に江戸時代よりも過激折伏体質をエスカレートさせた大石寺門流2   1868(明治1)年の明治維新以降、過激折伏体質をエスカレートしていった大石寺門流だが、具体的にどれだけの布教実績を挙げていたのか。明治維新以降から1945(昭和20)年までの大 ...

□明治政府の「一宗派一管長」等の強権的な現実無視の宗教統制政策に反発した大石寺門流   1868(明治1)年の明治維新によって、265年つづいた徳川幕府の治世は終わり、明治天皇を元首とする新政府が成立。徳川幕府の宗教政策はことごとく覆され、明治新政府は新しい宗教 ...

□日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の嫌がらせに負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”   さて前々から懸念されていたことではあるが、千葉県松戸市秋山地区で、日蓮正宗の新寺院建設反対運動をしている活動家の方々の自宅に、日蓮正宗の腰巾着(こしぎんちゃく)とお ...

□寺社奉行に同門の要法寺を「要法寺日尊上洛後の事跡相知れず」と冷たく突き放した大石寺   京都要法寺は、徳川幕府・寺社奉行の厳しい詮議・取り調べの中で、1797(寛政9)年、自山の立場について、「大石寺開山日興上人の弟子つづき」、つまり要法寺は大石寺と同門であ ...

□大石寺に見殺しにされた金沢・尾張等で過激折伏事件で逮捕・投獄された大石寺僧侶・信徒   大石寺門流は、徳川幕府の禁制に平然と反して過激な折伏を展開するという過激体質を、あの江戸時代においてすでに持っていたのであり、大石寺門流は幕府公認宗派になり宗教論 ...

□幕府公認宗派になり宗教論争・自讃毀他が禁止されたが折伏を放棄していなかった大石寺門流   江戸時代初期の1632(寛永9)年に大石寺法主に登座した大石寺17世日精は、京都要法寺出身ではあったが、「日蓮の全ての教えの極説は大石寺の『戒壇の大本尊』」「日蓮の正しい ...

□滅亡寸前の状態にまで疲弊した大石寺門流を復興させた室町時代の大石寺第9代法主日有   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」には、今でも「日蓮正宗とはどういう宗派なのですか」「日蓮宗とは違うのですか」「日 ...

□強引・非常識な折伏をする日蓮正宗の新寺院建設は近隣住民の平和に対する重大な脅威だ   日蓮正宗が千葉県松戸市秋山地区で新寺院建設を計画。これに対して新寺院建設予定地の近隣住民の方々が日蓮正宗の新寺院建設に猛反対。日蓮正宗の新寺院建設の白紙撤回を要求し ...

□日蓮正宗の全信徒に「入信するまで折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如法主   日蓮正宗の日本国憲法の「信教の自由」「布教の自由」を大きく逸脱した体質、国際人権B規約 第18条に違反する体質は、未成年の子供、小学生、中学生、高校生への折伏命令を下した ...

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART3   □日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如2   大石寺68世早瀬日如法主が日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指 ...

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART2   □日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如   近代に入って創価学会、顕正会顔負けの強引・非常識・執拗な折伏・布教活動を年々エス ...

□日蓮正宗の創価学会批判は創価学会批判の仮面をかぶる日蓮正宗の勢力拡大の謀略だ   日蓮正宗大石寺の専政法主の野望を食い止め、創価学会、池田大作氏の野望を食い止め、顕正会・浅井昭衛の野望を食い止め、日蓮正宗や創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト宗教団 ...

□紛争・抗争を繰り返しながら教線を拡大し信者を獲得しつづけている「日蓮正宗系」カルト教団   日蓮正宗(法華講・妙観講なども含む)、創価学会、SGI、富士大石寺顕正会、日蓮正宗正信会などの日蓮正宗系の各教団は、日蓮正宗の内紛・分裂によって勢力を弱めるどころか ...

□政治権力からの独立路線は1970~2000年代の創価学会批判の反省を踏まえたもの   「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策のひとつに「政治権力からの独立」「政治家からの独立」路線というものがある。これは1970年代から2000年代における創価学会批判活動・カルト宗 ...

□「アンチ日蓮正宗」の反カルト宗教活動は政治家・議員・政治権力から独立した活動である   「政治家主導・権力迎合の『反創価学会』『反カルト宗教』活動は失敗する」は歴史の教訓であり。「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会」(略名・アンチ日蓮正宗) 「 ...

■「カルト宗教取締法」を制定し信教の自由を蹂躙・踏みにじるカルト宗教を規制せよPART5   □「日蓮正宗系」カルト教団が行う未成年者のカルト教育は「信教の自由」に対する重大な脅威だ   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」カルト教団に共通する ...

□一般世間の表面に出てこなかった「日蓮正宗系」カルト宗教による実害を受けた被害者の声   第五に、日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会・富士門流執着軍団の強引・執拗な折伏・布教活動の被害、選挙干渉、威迫、脅迫、尾行、暴力、カネ集め等々の実害を受けた人たち、 ...

□新聞・月刊誌・週刊誌・マスコミ・評論家等の中に少なかったカルト宗教問題に精通した専門家   第二の理由として、新聞、月刊誌、週刊誌、マスコミ、評論家の中に、宗教問題、カルト問題に精通した人物が非常に少なかったことが挙げられる。藤原弘達氏、内藤国夫氏、 ...

□お互いが対立しながら信徒数を増加させてきている創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」団体   日本のカルト宗教問題は、何も今にはじまったことではなく、少なくとも日本への仏教伝来以降、いろいろな時代にカルト宗教が出現。宗教vs宗教の戦争、宗教vs権力者の戦争を引 ...

□全資料の約85%を収蔵しているアンチ日蓮正宗(仏教宗学研究会)北陸支部管理人室書棚   「アンチ日蓮正宗」(仏教宗学研究会)管理人は、1980年代、90年代のころから収集してきた膨大な数量の書籍史料、写真資料、ビデオ資料を所有している。今回、アンチ日蓮正宗(仏教宗 ...

□東京本部・北陸支部のセキュリティ完備も「日蓮正宗系」論破・撲滅活動の“大功徳”か(爆)   今般、新たに落成したアンチ日蓮正宗(仏教宗学研究会)北陸支部は、防犯カメラ・セキュリティシステムが完備しています。   (アンチ日蓮正宗(仏教宗学研究会)北陸支部の防 ...

□東京本部は「アンチ日蓮正宗」管理人のファーストハウス、北陸支部はセカンドハウスである   2015年から計画を進めてきておりました「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗・別名・仏教宗学研究会)の北陸支部社屋ですが、土 ...

□日蓮宗内部の教学研究は評価されるが一般世間や脱退者のニーズには合致していない   「「アンチ日蓮正宗」の日蓮正宗系教学批判と日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は全く構造が異なる」ことを論じたところ、大きな反響があった。端的に言うと、日蓮宗の「日蓮正宗系」「創 ...

□大平内閣の発案・提唱から竹下内閣の導入・実現まで10年の歳月がかかった「消費税」   2015年5月17日、橋下徹・大阪市長が率いる大阪維新の会が5年前から提唱してきていた、大阪市を廃止して5つの特別区を設置する「大阪都構想」が、大阪市民の住民投票に付され、反対 ...

□小学生のころの私が創価学会・公明党の知識を得た書棚に並んでいたブリタニカ百科事典   私も仕事の関係、父親の介護の関係、実家の近隣の関係等々で、若い人と話す機会がある。そういう機会は、今の若い人が何を考え、何を思考しているのかを知る貴重な機会でもある ...

□デモ行進・集会は必ずしも新立法制定を働きかける為の適切な政治的手段とは言えない   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」は、基本政策・メインテーマとして、日本国内のカルト宗教対策として、カルト宗教取り ...

□「なぜデモをやらないのか」「なぜデモが起きないのか」「どういう時にデモが起きるのか」   「なぜデモをやらないのか」「なぜデモが起きないのか」ということを検証するには、「どういう時にデモが起きるのか」「どういう時に革命が起きるのか」という検証も必要な ...

□デモ、集会、アジ演説等によって政府がかわり世の中がかわり時代が変革した20世紀の時代   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」に時折、「なぜデモ行進をやらないのか」との質問を寄せてくる人がいる。近代には ...

□日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は「日蓮真作か偽作か」の一点に焦点が当たった研究である   「アンチ日蓮正宗」では、メインテーマ・基本政策として「日蓮正宗系に対抗・批判する教学『対抗学』の確立」「「戒壇の大本尊・二箇相承・日興跡条条事・百六箇抄・日蓮本仏・ ...

□ありとあらゆる手段を使って「アンチ日蓮正宗」の業務妨害を謀る「日蓮正宗系」カルト信者たち   法華講員、創価学会員、顕正会員、正信会信徒、「富士門流執着軍団」の者たちは、誰でも閲覧することができる「公の場」に出てこようとせず、一般の人が見ることが出来 ...

↑このページのトップヘ