アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗系の「だまし討ち折伏」「詐欺的折伏」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(9)~次々とだまし討ち勧誘をつづけてきた創価学会員たち

次々とだまし討ち勧誘をつづけてきた創価学会員たち

 

「だまし討ち」勧誘の創価学会員・矢田敏夫(仮名)は、その後、私に近づいて来なくなったのだが、その代わりに矢田の「折伏孫」みたいな人物・河岸春樹(仮名)が近づいてくるようになった。

この河岸も、私や矢田敏夫(仮名)と同じT大学の学生。一見、河岸は真面目でおとなしそうな人物に見えた男で、とても、「だまし討ち」をするようには見えなかった。そういうわけで当初、私も河岸という男を全然警戒していなかった。ところが、である。

 

ある日、河岸春樹(仮名)も私に「遊びに行こう」と誘ってきた。

これが矢田敏夫(仮名)だったら、「まただまし討ちか」と警戒したところだったが、こんな真面目な河岸が、まさか「だまし討ち」などやらないだろうと思って、私は河岸の誘いに乗って一緒に「遊びに」行ったわけです。ところが河岸が行った所が、なんとまたしても創価学会員宅で、そこで創価学会の座談会が開かれていたという、創価学会員得意の、だまし討ちのからくり。

そこの座談会にいた人たちは、全く見ず知らずの中年男女の創価学会員ばかりだった。

その場に来て、ようやく河岸春樹(仮名)も、矢田敏夫(仮名)に負けず劣らずのだまし討ちをやる人物だと判明。だまされたと思った私は、怒って、河岸春樹(仮名)に激しく抗議。

即刻、その創価学会員宅から帰ろうとしたら、河岸が

「せっかく来たんじゃないか」「約束だろう」「オレの友だちだろう」

などと、わけのわからないことを言い出し、

「学会に入らなくてもいいから、最後までいてくれ」

などと言いだす始末。

そこまで言われては、と思ったので、最後までいることにしたという次第。

 

座談会では、創価学会員同士による話しのあと、特別企画として戸田城聖のレコードをかけていた。 あの当時は、たしか昭和56(1981)年くらいのことで、池田大作が創価学会会長を辞任してからまだ2年くらいたったころのことだったが、戸田城聖という人物は、以前として創価学会員に根強い人気があったようす。座談会参加者の一人が「私は戸田先生が好きなんですよ」と言っていたのが、私の耳に残っているし、戸田城聖のレコードを聞いていた創価学会員たちは喜んでいたが、私としては、面白くも何ともないものばかりでした。

そのうち、一人の古参創価学会員が、昭和三十年代、四十年代のころの話をはじめた。

創価学会が強引・執拗な勧誘で信者数を激増させていた昭和三十年代、四十年代では、創価学会では、この「縦線」と言われる組織が創価学会の主流だった。

続きを読む

隣の学会員・法華講員(4)~東京・池袋の個人会館でまたもや「だまし討ち折伏」被害事件

東京・池袋の個人会館でまたもや「だまし討ち折伏」被害事件

 

創価学会員・矢田敏夫(仮名)宅を出た私は、もう矢田が創価学会には勧誘して来ないだろうと、たかをくくっていた。 矢田とは大学のゼミが一緒で、よく顔をあわせていたが、その後、しばらく勧誘してくる素振りはなかった。

ある日、矢田が「池袋に遊びに行かないか」と誘ってきたが、私はてっきり、東京・池袋の繁華街に行くものだと思って、一緒に行ったのである。

ところが、矢田が連れて行ったところは、池袋の繁華街ではなく、池袋の創価学会の個人会館だった。最初、私は、そこが創価学会の個人会館だとは気づかなかった。

「池袋に遊びに行かないか」と言われたら、誰だって、東京・池袋の繁華街に遊びに行くと思うのではないだろうか。どこの誰が、創価学会の個人会館に遊びに行くと思うだろうか。

 

昭和50年代後半のころによくあった創価学会の個人会館とは、創価学会が管理・経営している会館ではなく、創価学会の信者個人が、自宅や会社の一角を「会館」風に建てた創価学会の会合用の会場のことで、「個人会館」という呼び名は、創価学会が経営する会館と区別するために、創価学会員がつけた名前である。

こういった個人会館の仏壇には、創価学会の計らいで、日蓮正宗大石寺法主から、創価学会の個人会館用にしつらえた大きな本尊が祀られている.

本尊の左端には「授与之 願主 創価学会」「授与之○○」とか書かれている常住本尊だ。個人会館を提供している信者は、それこそ、古くからの古参信者か、創価学会の中でも、かなり上位の幹部である。

私がこの時、連れて行かれた個人会館に祀られていた本尊は、はっきりとは憶えていないが日蓮正宗大石寺66世細井日達法主か、67世阿部日顕法主が書写した本尊で、それは、矢田敏夫宅をはじめ、信者の仏壇に祀られている本尊よりも、ひとまわりもふたまわりも大きい本尊だったと思う。

あとで、創価学会幹部に取り囲まれて、さんざん折伏されたとき、幹部の一人が

「ここの御本尊様は、一般会員宅にはない、特別な御本尊様だ」

などと、自慢していた記憶がある。

 

創価学会の個人会館には「創価学会○○会館」という看板を出している所もあるが、そういった看板を何も出していない個人会館もけっこうありました。したがって、こういう所に連れ込まれると、最初は「ここはどこ?」という感じで、狐につままれたような気分?になってしまう。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(1)~全世帯、創価学会員に占拠されていた和泉荘で強引な入信勧誘事件

■全世帯、創価学会員に占拠されていた和泉荘で創価学会学生部の強引な入信勧誘事件

 

新たに「となりの創価学会員」「となりの法華講員」という題名の連載をはじめます。



これは、私が、若いころから、創価学会員たちの強引・執拗な勧誘・折伏や非常識な振る舞いなどに、いかに苦しめられてきたか、そして、それらの創価学会員たちと、どう闘ってきたか??を記した日記です。

これはmixiページ「アンチ創価学会」でも連載しているものです。

登場人物名は、私、創価学会会長、理事長、副会長、日蓮正宗大石寺法主、僧侶以外は、すべて仮名です!

 

池田大作が執筆した(?)小説「人間革命」の書き出しは

「戦争ほど悲惨なものはない」

というものらしいが、長年、創価学会員の強引・執拗な勧誘・折伏や非常識な言動による甚大な被害を受け、悩まされてきた私からすれば、創価学会こそ「悲惨」を生み出してきた元凶に他ならない!したがって、私からすれば、

「創価学会ほど悲惨なものはない」「日蓮正宗ほど悲惨な宗教はない」

と叫びたい心境である。

 

私と創価学会の遭遇の最初は、1980(昭和55)年にまで、さかのぼる!今から、約32年前のことである。当時の私はまだ、うら若き(?)大学一年生であった。

あの当時は、もちろん1991年の日蓮正宗と創価学会の宗教戦争、いわゆる「宗創戦争」の前であり、日蓮正宗と創価学会は和合路線を歩んでいた宗創和合時代のことである。

しかし宗創和合時代ではあったが、創価学会の昭和五十二年路線の第一次宗創紛争のあとで、宗創関係は、ぎくしゃくしていた時代。

創価学会の折伏大進撃は、1970(昭和45)年の言論問題でストップがかかったとはいうものの、創価学会の強引・執拗な折伏のパワー、エネルギーは、まだまだ凄まじいものがありました。

 

さて、私のT大学の同じゼミの友人に矢田敏夫(仮名)というのがいた。

大学1年のとき、私は、東京・豊島区池袋に住んでおり、矢田は、自分が住んでいるアパートも東京・豊島区池袋にあるということで、「遊びに来ないか」と、誘ってきた。

当時の私は、矢田が創価学会員だとは全く知らず、創価学会に対する認識も、ほとんどないに等しかった。

矢田の住んでいたアパートは、東京・豊島区にある和泉荘(仮名)という名前のアパートで、一見、何の変哲もない、どこにでもある普通のアパート。 ここが創価学会員たちの拠点になっているとは、全く予想が出来ません。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ