アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会「折伏大進撃」の反社会的・非常識折伏

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(162)~創価学会「折伏大進撃」時代の強引・執拗な折伏実績を自慢していた創価学会員

■創価学会「折伏大進撃」時代の強引・執拗な折伏実績を自慢していた創価学会員

 

劇団Nのオーナー兼プロデューサー・小矢木隆(仮名)は、ほとんど毎晩のように自宅で鍋宴会を開いていたのだが、そこに読んできたのは、劇団Nのスタッフ、役者、小矢木隆(仮名)が経営する新聞輸送会社の役員、社員だけではない。小矢木隆(仮名)は創価学会地域組織の地区幹事でもあったため、創価学会の会合が終わった後、親しい創価学会幹部を鍋宴会に引っ張ってくる。

創価学会の中では、創価学会員だけで宴会や呑み会を幹部が主導して行うことは禁止されているとのこと。しかし小矢木隆(仮名)は、生まれてからの創価学会員ではなく、夫人の縁で創価学会に入った人。しかも大の鍋料理好き。「創価学会の内部規約で禁止されているから」というくにいでは、そう簡単に引き下がらない。

だから、小矢木隆(仮名)は、劇団Nのスタッフ、役者や自分が経営する新聞輸送会社の役員、社員が集まる鍋宴会に、創価学会幹部を呼ぶという形をとった。「これなら文句はあるまい」というのが小矢木隆(仮名)の言い分。しかも小矢木隆(仮名)は、結婚してから創価学会に入った会員としては、異例なほど折伏・勧誘の実績を挙げていた。だから小矢木隆(仮名)のやることについて、創価学会幹部としても、あまり表だって文句が言えない、という事情があった。

その小矢木隆(仮名)の鍋宴会によく顔を出していたのが、小矢木隆(仮名)と同じ地区の井畑徳三(仮名)地区部長、高畑義三(仮名)地区幹事。長谷山浩二(仮名)男子部地区リーダー。壮年部の中本太郎(仮名)ブロック長。さらに小矢木隆(仮名)が所属する支部の柿崎貞男(仮名)支部長。支部の小清水房雄(仮名)男子部部長、瀬戸口春男(仮名)副部長である。高畑義三(仮名)は小矢木隆(仮名)と同じ地区の地区幹事。高畑義三(仮名)宅は、小矢木隆(仮名)の旧宅の向にあり、これまた立派な一軒家を構えて、自宅を座談会会場に提供。高畑義三(仮名)の夫人は、婦人部地区担当員で支部副婦人部長を務める。そして夫婦そろって男子部、女子部あがり。というわけで、同じ地区幹事でも、高畑義三(仮名)夫婦は、創価学会の中では小矢木隆(仮名)よりも、一枚格が上のように見られていた。中本太郎(仮名)もブロック長だが、この人も「折伏大進撃」時代の「縦線」組織出身の人。支部長の柿崎貞男(仮名)も、「折伏大進撃」時代の「縦線」組織出身の人で、こちらも強引・執拗な折伏戦に参戦し、強引・執拗な手法で50世帯の人を創価学会に入信させた実績を持っている。あの当時の創価学会幹部には、「折伏大進撃」時代の「縦線」組織出身の人がかなりいたように思う。

だから鍋宴会に出た役者やスタッフは、これらの創価学会幹部と同席させられてしまい、創価学会の話しを聞かされることも、よくあった。

この小矢木隆(仮名)の鍋宴会に何度も来ていたのが、井畑徳三(仮名)地区部長である。井畑徳三(仮名)は、小矢木隆(仮名)と同じ地区の地区部長。小矢木隆(仮名)とは、地区部長、地区幹事の関係で、地区の正責任者が地区部長で、副責任者が地区幹事。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(10)~座談会で非常識な折伏の自慢話をしていた創価学会員

座談会で非常識な折伏の自慢話をしていた創価学会員

 

その創価学会の信者の話によると、昭和三十年代のころは、深夜の1時、2時まで他人の家の中にあがりこんで、「創価学会に入れ」などと非常識な勧誘を続け、それこそ何十人という人たちを創価学会に入信させ、その功績で縦線組織の「隊長」にまでなったのだという。

しかも、その信者が言うには、いったん、人の家の中に上がりこんだら、「入信決意書にサインするまでここを動かない」などと言って粘りまくり、創価学会に入信させていったという。

さらに、一旦、創価学会の入信決意書にサインさせたら、たとえ深夜何時だろうが早朝だろうが、そのまま日蓮正宗寺院へ直行し、寝ていた住職をたたき起こし、直ちに授戒の儀式をして、本尊を下付し、創価学会に入信させていっていたというのである。

そしてこのやり方で親・兄弟・姉妹・親戚まで、全員、創価学会に入信させたという。

この超強引な勧誘をしていた当時、入信した人もいたらしいが、怒って頭から塩をぶっかけた人や水をぶっかけた人もいたようである。

その信者の話の内容が驚きなら、こういう話をさも自慢げに語る信者の姿も驚いてしまった。

こんな話は、自慢どころか、住居不法侵入か不退去罪に問われかねない違法行為なのではないのか。

夜の夜中に、見ず知らずの創価学会員が、いきなり訪ねてきて、家の中にあがり込み、「創価学会に入信するまで、ここを動かない」なんて言われたら、怒るのは、当たり前ではないか。とんでもない話である。そりゃあ、怒って頭から塩をぶっかけた人も出るでしょう。

 

昭和三十年代、四十年代のころといえば、創価学会が五十万、百万、二百万、三百万、四百万、五百万と、会員数を急激に伸ばしていた時代。昭和45(1970)5月、創価学会は750万世帯の折伏をやったと宣言。正本堂落慶慶祝登山では1000万人総登山を行っている。

これで単純に計算すると、当時の日本の総人口の約10%に当たる人たちが、創価学会員として大石寺に登山したことになる。どうして、この時代に、こんなに数が増えたのか不思議に思っていたのでしたが、この創価学会信者の話しを聞いて、「なるほど、こういうことだったのか」と呆れてしまいました。 これが、創価学会が会員数を急激に伸ばしていた内実だったというわけです。


 

しかし、座談会で古参信者に、こういう自慢話をさせているということは、創価学会は、軍隊調の縦線は解体したかもしれないが、今でも、非常識な折伏・入信勧誘をやる路線は、棄ててはいないということではないか?私は、矢田や河岸らの「だまし討ち」勧誘、そしてこの古参信者の超強引な勧誘の自慢話を聞くことによって、次第に創価学会という宗教団体が何をしようとしているのかが、ようやくおぼろげながら、見えてきたわけです。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ