アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗系の「結婚エサ折伏」「色仕掛け折伏」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

朝のファミレスで見かけた『隣の隣の創価学会員』による奇妙な『色仕掛け折伏』の様子

□ファミレスの一席で人目をはばからず「色仕掛け折伏」をしていた創価学会婦人部中年女性

 

私は時折、ファミレスで食事をすることがあり、特に午前中、ファミレスに入ってモーニングを食べることがよくある。ある日、よく行くファミレスの一席でモーニングを食べていたら、私の隣の隣の席に、何やら風体のあがらない、横山ノック風のハゲ頭の壮年男一人と、これまた風体のあがらない超地味で、しばらく洗濯をしていないのではないかと思われるような服を着た中高年女性2人の計3人のグループが着席。最初、私は気にもとめていなかったのだが、この3人、ファミレスの女性店員に食事を注文。それから、何かと話を始めた。この3人組は、女性二人が一方的に話していて、そのうち女性Aが「私は折伏はしているけども、組織の役職は受けないことにしているのよ」という話し声が私の耳元に聞こえてきた。「組織の役職(?)。どこかで聞いた話だな」と思った私は、モーニングを食べながら、隣の隣の席の3人組の話しを、「見て見ぬふり」をしながら、注意して聞いていた。そのうち、ファミレスの店員が、3人組のテーブルに、何と生ビールを持ってきた。3人組は、まだ午前中だというのに、生ビールで乾杯しながら、話し始めたのである。話しの成り行きを見ていると、中高年女性2人が横山ノック風ハゲ頭の壮年男を説教しているようす。中高年女性のトークは、生ビールが入っていたせいか、次第にテンションが高くなって声が大きくなっていった。中高年女性Bがハゲ男に「○○さんは、人間革命したねー」と喋る声が聞こえてきた。「この中高年女性は創価学会員か」と、ここでわかった。ハゲ男に説教している中年女性ABも、化粧も何もしていない“スッピン”状態。それで中年のハゲ男を説教しているのだが、「私たちの言葉を信じて、ついて来て」などと言っている。ハゲ壮年男は、食事をしながら、ほとんど無言のまま、下をうつむいて、中高年女性ABの話しを聞いている。「これはどうやら『色仕掛け折伏』だな」と、私は直感したが、しかし折伏をする側の中年女性ABも、超地味な服を着た“スッピン”状態だから、

『色仕掛け』と呼ぶには、いささか抵抗がある。しかし私が学生だったころ、大学キャンパスで一般男子学生に対して次々と「色仕掛け折伏」をしていた創価学会女子学生部信徒も、こんな超地味な服を着た“スッピン”状態だったことを思い出した。中高年女性ABの話しは、生ビールが入って、だんだん声が大きくなってきた。隣の隣に座って、見て見ぬふりをしながら聞いていた私の耳にも、はっきり聞こえるくらいになったのである。

「私たちといっしょに活動をやっていけば、幸せになれるんだからー」「みんなといっしょに活動をやっていけば、功徳がいただけるんだからー」…中年女性ABも、ハゲ壮年男に説教している。

「信心のことは、幹部や先輩の言うことは絶対に聞いて」「先輩や幹部の言うことを聞かないと。あとあと三世にわたって、ものすごい罪業を積むのよ」……おっと、出ました。創価学会員がお得意の仏罰論、堕地獄論が登場。そして、どこぞの地獄絵図を見てきたような話しっぷりの中高年女性AB。何十年経っても創価学会の体質は、全く変わっていないな、という印象である。

 

続きを読む

実家のポストに顕正新聞を投函して行った顕正会員による顕正会「色仕掛け折伏」を斬る

□顕正会に大勢の独身女性がいるかの如く錯覚させるために配布している顕正新聞特集号

 

数ヶ月前のことだが、私の実家のポストに顕正新聞が投函されていた。顕正新聞とは、日蓮正宗から派生した「日蓮正宗系」のカルト教団・顕正会(彼らは富士大石寺顕正会の名を名乗っている)の機関紙である。その顕正新聞を広げてみると、「今こそ御仏意による順縁広布の時」との題字が踊り、一面トップに若い女性でぎっしり埋め尽くされた顕正会の行事の写真がデカデカと載っている。「何だこれは」と思って、その新聞を読んでみると、これは2013114日、埼玉県の「さいたまスーパーアリーナ」で開催された顕正会女子部大会を報道する、顕正新聞「女子部大会」特集号だった。一面トップの写真をよく見てみると、「さいたまスーパーアリーナ」の席が、顕正会の独身女性とおぼしき若い女性で埋め尽くされている。この顕正新聞は、顕正会員が私の実家の不在中に、ポストに投函していったようで、玄関にある防犯カメラの映像には、この顕正新聞を投函して行ったと思われる女性二人が、丸写しになっていた。この顕正会員による顕正新聞投函の目的は、明らかに顕正会への入信勧誘つまり折伏であることは明らか。投函した家が、まさか「アンチ日蓮正宗」管理人の実家とは知らずに、顕正会員が投函していったものだと思われる。さて下記に、この顕正新聞「女子部大会」特集号の写真を掲載したが、これを読んだ何の予備知識もない一般世間の人は、何と思うだろうか。一面の写真のみならず、この特集号には、若い20代から30代と思われる女性が大勢映る写真が何枚も掲載されている。「顕正会という団体には、大勢の若い独身女性がいる」と思い込むのではないだろうか。これは単なる笑い話ではない。

顕正会信者の若い女性から「一緒に遊びに行かないか」と誘われて、連れて行かれたのが顕正会の会館。そこで大勢の顕正会員に折伏され、顕正会に入信すれば結婚してくれるものだと錯覚。人生のハンドルを切り損ねて顕正会に入信してしまった若い男性が、入信した途端に、女性からそっぽを向かれ、ここでようやく騙されたと気づき、「顕正会に騙されて入信してしまった。顕正会から脱会するには、どうしたらいいのだろうか」という相談が、いくつも「アンチ日蓮正宗」に寄せられている。独身とおぼしき若い女性信徒を全面に押し出して、若い男性を折伏するやり口は、通称「色仕掛け折伏」と呼ばれているもので、これは顕正会のみならず、創価学会や法華講(日蓮正宗)までもが得意技としている、極めて悪質な布教方法である。

それともうひとつ。顕正新聞の紙面を読んでいくと、この女子部大会に、既婚女性(創価学会、法華講で言う婦人部員)が登壇して体験発表している。ということは、顕正会「女子部」の中には、独身女性のみならず、既婚女性も入っているということなのだろうか。しかし顕正会には、女子部とは別に婦人部が存在している。ということは、顕正会女子部とは、独身女性だけではなく、既婚女性も一部いるということか。ところが顕正新聞「女子部大会」特集号の写真を見ると、あたかも顕正会には大勢の独身女性がいるかのように、見る人に思わせようとする意図がミエミエ。つまりこの顕正新聞「女子部大会」特集号は、一般世間の人に、さも顕正会には大勢の独身女性がいるかのように錯覚させて、顕正会に入信させることを目的にして、配布していることが明らかである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(168)~自らの酒乱の機嫌直しに自分の義妹をダシに『女子部エサ折伏』をしてきた創価学会員

■自らの酒乱の機嫌直しに自分の義妹をダシに『女子部エサ折伏』をしてきた創価学会員

 

長谷山陽一(仮名)は、小矢木隆(仮名)と割と仲が良く、小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会にも何度も顔を見せており、「酒乱押さえ込み事件」のあとも、長谷山陽一(仮名)は小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会に来て、私と顔を合わせている。私は、長谷山陽一(仮名)が「酒乱」とわかってからは、なるべく長谷山陽一(仮名)を遠ざけるようにしていた。酒乱とわかったら、顔をあわせること自体が、うっとおしくなる。長谷山陽一(仮名)は、鍋宴会での雰囲気が悪くなったのを、察したのか、酒席で私の機嫌を直そうとして、こんな話しを持ち出して来た。「hideさんは独身ですか。いつまでも独身というわけには、いかないでしょう。創価学会員には、独身女子の集まりである女子部がありますから、創価学会に入れば、女子部と結婚できますよ」…。さらに長谷山陽一(仮名)は、自分の夫人の妹が、女子部地区リーダーをやっているから、創価学会に入ったら、紹介してあげてもいい、などと具体的な話しまではじめる。え……。以前に地区部長・井畑徳三(仮名)宅に無理やり連れて行かれたときも、同じように「創価学会には女子部がいる」式の「女子部エサ折伏」をしていた。まさにあれと同じ。創価学会の女子部のお嫁さん紹介をエサにした折伏である。私も福寿荘(仮名)、喫茶店・コンパウンド(仮名)、溝口工務店(仮名)で、創価学会員のお見合い結婚の実態を見ているので、こんなものは単なるエサだというのは、すぐにわかった。創価学会員のお見合い結婚の実態を見ていなければ、私も「お嫁さんエサ折伏」に、コロリと騙されてしまっていたかもしれない。創価学会の「お嫁さん紹介」というのは、創価学会幹部のみの特権。しかも創価学会幹部の全てがありつけるようなものではなく、まさに両親が古くからの創価学会員で、しかも当人が男子部の上級幹部であるとか、まさに創価学会幹部の特権中の特権であり、一般信徒がその恩恵にありつけるものではない。しかも溝口工務店(仮名)で、創価学会員の名簿を見たことがあり、女子部の実数は男子部の実数の半分以下。男子部には既婚者がいることを考慮しても、それでも独身男子と独身女子の数を単純に比較すれば、圧倒的に独身女子の数は少ない。そうであるにもかかわらず、女子部の「お嫁さんエサ折伏」をやろうとするのだから、これは詐欺行為に近い。それはそうなるでしょう。

創価学会の独身男子と独身女子の数を単純に比較すれば、圧倒的に独身女子の数は少ないということは、仮に紹介でカップルができていったとしても、半分以上の創価学会の独身男子は、あぶれてしまうことになる。そうすると、あぶれないで紹介による結婚の恩恵にありつけるのは、創価学会の幹部だけということになるのは、誰が見てもわかることである。だから、仮に「お嫁さんエサ折伏」で創価学会に入信したとしても、実際には創価学会員の紹介による女子部員との結婚の恩恵にあずかれる確率など、限りなくゼロに近い。それでもなおかつ、創価学会員は「お嫁さんエサ折伏」をやろうとするのだから、これは詐欺行為に近いという話になる。

私が「アンチ日蓮正宗」を設立した後も、創価学会員、日蓮正宗法華講員による「お嫁さんエサ折伏」「色仕掛け折伏」による被害報告が多数届いている。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(164)~酒の勢いでお嫁さん紹介をエサにして創価学会へ勧誘をしてきた創価学会地区部長

■酒の勢いでお嫁さん紹介をエサにして創価学会へ勧誘をしてきた創価学会地区部長

 

井畑徳三(仮名)と小矢木隆(仮名)は、同じ創価学会地域組織の幹部で、井畑徳三(仮名)が地区部長で、小矢木隆(仮名)が地区幹事。創価学会の末端組織「地区」の正の責任者が地区部長で、副の責任者が地区幹事。しかし世間では、小矢木隆(仮名)のほうが新聞輸送会社の社長で、しかも劇団Nのオーナー兼プロデューサー。東京都内に数軒の一軒家を持つ資産家である。しかも小矢木隆(仮名)は、夫人の縁で結婚してから創価学会員になった人だが、自分の親・兄弟を創価学会に入信させている。一方の井畑徳三(仮名)は、東京都内の木造アパートに妻子と5人暮らし。

井畑徳三(仮名)は、20才代の若い頃から創価学会員で、「折伏大進撃」の時代の実績もあるが、自分の親・兄弟は誰一人、創価学会に入信していない。

井畑徳三(仮名)は、若い頃から酒好きだということで、よく小矢木隆(仮名)の鍋宴会によばれて来ていた。しかし酒好きなのだが、いささか酒クセがよくない。井畑徳三(仮名)は、内心では小矢木隆(仮名)を良く思っていなかったのか、あるいは「オレのほうが小矢木隆(仮名)よりも上だ」とアピールしたかったのか、小矢木隆(仮名)宅での鍋宴会が終わった後、「ウチで二次会をやろう。ウチだって酒や鍋料理ぐらい、ごちそうするよ」と言って、盛んに誘ってきた。

井畑徳三(仮名)宅は、小矢木隆(仮名)宅から歩いて数分のところ。小矢木隆(仮名)宅で午後6時すぎごろから鍋宴会をやり、午後9時ころに終わる。けっこうこれで、ビールも呑み、さんざん鍋料理も食べて、満腹に近い状態になっている。それなのに井畑徳三(仮名)は「ウチで二次会をやろう」と言うわけである。私も何度も誘われて断っていたのだったが、一度だけ断り切れずに、井畑徳三(仮名)宅の「二次会」に行ったことがあった。「二次会」とは言っても、その時に井畑徳三(仮名)宅に行ったのは私だけ。私としては、やむなく行ったのだったが、これがとんでもないことになった。

私は井畑徳三(仮名)のあとについて、井畑徳三(仮名)宅の玄関に入っていったのだったが、部屋の中に居た井畑夫人の形相が、顔を真っ赤にして、鬼のような形相。井畑徳三(仮名)は、私に「おい、遠慮すんなよ。中に入れ」と言う。しかし井畑夫人は、無言だったが、まさに鬼の表情。

「こんな時刻に酔っ払って帰ってきて、しかも見ず知らずの客まで連れてきて」という言葉が、あともう少しで口から飛び出して来そうな感じ。「いやー、これはまずいことになったな」と思ったが、もう後の祭り。井畑徳三(仮名)に連れてこられて、ここで帰るわけにもいかない。

井畑徳三(仮名)は、「オレは狭いアパートで、家族五人いっしょに暮らしているが、オレだって宴会ぐらいはやれるんだぞ」と言うかんじで、私をアパートの部屋の中に入れようとする。しかし井畑夫人は、鬼の形相。井畑徳三(仮名)の子ども三人は、「こんな遅い時間に来客?」という感じ。

井畑徳三(仮名)は、2DKのアパートに五人暮らし。井畑徳三(仮名)と私の二人は、仏間で酒を交わしながら宴会(?)。子ども三人は、もうひとつの部屋に入っている。井畑夫人は、その間で、鬼の形相で、こちらを見ている。仏間の仏壇は扉が開いていて、中を見ると、大石寺66世細井日達法主の「特別形木本尊」が祀られていた。

66世日達・昭和41年1月1日形木本尊

続きを読む

隣の学会員・法華講員(48)~結婚詐欺まがいの折伏で大量入信させていた創価学会女子部員2

■結婚詐欺まがいの折伏で大量入信させていた創価学会女子部員2

 

私も、女子学生部が喫茶店「コンパウンド」(仮名)に来ていた時、はじめて吉田直子(仮名)という女子学生を見た。次々と男子学生を「逆ナン」して創価学会に入信させる女子学生とは、よほどの美女か、巨乳イケイケギャルかと思っていたが、予想に反して全くそうではなかった。

身長は160センチくらいの、どちらかと小柄。身につけている服は地味そのもの。

髪の毛はボサボサに近く、かなり荒れた髪。顔は、化粧も何もせず、完全なスッピン。皮膚の色が浅黒い感じの女性。

見た感じの体型は、やせ型で、どちらかというと、あばら骨むき出しのセンタク板に近い。こう言っては悪いが、お世辞にも美人とは言い難いタイプ。

喫茶店「コンパウンド」(仮名)で、吉田直子(仮名)の「センタク板」が話題になり、マスターから創価学会員、関係ない中年オヤジ客まで、「吉田直子(仮名)がブラをしているかどうか」が議論の的になったことがあった。私が「ブラぐらい、しているんじゃないの」と言うと、そこにいた創価学会巨乳女子部員・山下美沙子(仮名)が、わざわざ私のそばに来て「あの人(吉田直子)はブラしていませんよ」と、言いに来たことまであった。

しかしどんなにひいき目に見ても、こういうスッピン、ボサボサ髪・「センタク板」の女性に「結婚してもいいよ」と言われてその気になり、創価学会に入信する男子学生のほうにも、重大な過失があったと言えよう。

 

さてその「逆ナン」男子学生が、「おかしい」と気づくのは、創価学会に入信した後になってから。

吉田直子(仮名)は、女子学生だから、逆ナン男子学生とは、普段いっしょに活動できない。そこで吉田直子(仮名)は、逆ナン男子学生を男子学生部組織につけなくてはならないため、喫茶店「コンパウンド」(仮名)に来たり、たまに福寿荘(仮名)にも来たりして、逆ナン男子学生を、福寿荘(仮名)の男子学生部に紹介する。

つまり、今まで女子学生部の拠点ばかりに連れて行かれて、「創価学会は女性ばかり」と思っていた、逆ナン男子学生は、ここではじめて「男ばかりの世界」で活動しなければならないことに気づく。つまり、ここでやっと吉田直子(仮名)の本心に気がつくわけである。

あるとき、この逆ナン男子学生の一人が、吉田直子(仮名)の甘い言葉で折伏されて、創価学会に入信し、日蓮正宗寺院で曼荼羅本尊を下附されたものの、福寿荘に来て吉田直子(仮名)の本心がわかり、福寿荘2階にいた私の所に来て、苦情を言いに来た男がいた。

「あの人(吉田直子)、みんなにこんなことを言っているみたいなんですよ。これ、詐欺じゃないんですかね」などと言っていた。

その逆ナン男子学生は、吉田直子(仮名)の本心を知って、曼荼羅本尊を焼き捨てたという。そうなるでしょうね。

67世日顕・昭和54年10月13日形木1


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ