アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:「日蓮正宗系」の強引・執拗な折伏批判・布教活動批判 > 日蓮正宗系の「結婚エサ折伏」「色仕掛け折伏」

□ファミレスの一席で人目をはばからず「色仕掛け折伏」をしていた創価学会婦人部中年女性   私は時折、ファミレスで食事をすることがあり、特に午前中、ファミレスに入ってモーニングを食べることがよくある。ある日、よく行くファミレスの一席でモーニングを食べてい ...

□顕正会に大勢の独身女性がいるかの如く錯覚させるために配布している顕正新聞特集号   数ヶ月前のことだが、私の実家のポストに顕正新聞が投函されていた。顕正新聞とは、日蓮正宗から派生した「日蓮正宗系」のカルト教団・顕正会(彼らは富士大石寺顕正会の名を名乗っ ...

■自らの酒乱の機嫌直しに自分の義妹をダシに『女子部エサ折伏』をしてきた創価学会員   長谷山陽一(仮名)は、小矢木隆(仮名)と割と仲が良く、小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会にも何度も顔を見せており、「酒乱押さえ込み事件」のあとも、長谷山陽一(仮名)は小矢木隆(仮名)宅 ...

■酒の勢いでお嫁さん紹介をエサにして創価学会へ勧誘をしてきた創価学会地区部長   井畑徳三(仮名)と小矢木隆(仮名)は、同じ創価学会地域組織の幹部で、井畑徳三(仮名)が地区部長で、小矢木隆(仮名)が地区幹事。創価学会の末端組織「地区」の正の責任者が地区部長で、 ...

■結婚詐欺まがいの折伏で大量入信させていた創価学会女子部員2   私も、女子学生部が喫茶店「コンパウンド」(仮名)に来ていた時、はじめて吉田直子(仮名)という女子学生を見た。次々と男子学生を「逆ナン」して創価学会に入信させる女子学生とは、よほどの美女か、巨乳 ...

■結婚詐欺まがいの折伏で大量入信させていた創価学会女子部員   創価学会の活動は、壮年部と婦人部、男子青年部(男子部)と女子青年部(女子部)というふうに、男女別に分かれて活動している。なので、男女いっしょに活動する機会は、地区座談会(大B座談会)、支部総会、公 ...

↑このページのトップヘ