アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗系の「数の暴力・言葉の暴力・物理的暴力折伏」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

警視庁公安部が強引な勧誘による未成年大学生誘拐の容疑で「顕正会」関係者3人を逮捕

□カルト宗教取締法を制定して富士大石寺顕正会を特定危険カルト宗教に指定し司法監視せよ

 

「日蓮正宗系」カルト教団・富士大石寺顕正会(宗教法人「顕正会」)は、1960年代のころから強引・執拗な勧誘活動を行って、一般世間でさまざまな事件・トラブルを頻発させてきているのだが、またまた顕正会のカルト信者が、強引な折伏・布教活動による未成年大学生誘拐の容疑で警視庁公安部に逮捕されるという事件を引き起こした。インターネットニュースから引用してみよう。

「教団勧誘で未成年大学生を誘拐の疑い 「顕正会」関係者3人逮捕

フジテレビ系(FNN 105()1620分配信

教団への勧誘のため、未成年の大学生を誘拐した疑いで、「顕正会」の関係者ら3人が、警視庁公安部に逮捕された。逮捕されたのは、自称アルバイト・斉藤佑介容疑者(28)と無職・小岩井 良祐容疑者(27)3人で、4日、東京の上野公園で、愛知県から遊びに来ていた大学生の19歳の少年に、「東京見物に行かないか」などと言って車に乗せ、板橋区にある顕正会東京会館の近くまで連れ出した未成年者誘拐の疑いが持たれている。大学生は、車内で顕正会に入会するよう勧誘され、不安になったため、母親に連絡し、母親の通報を受けた警視庁の捜査員が、東京会館の近くで4人を確保した。顕正会は、強引な勧誘で、たびたび問題を起こしていて、公安部は、活動の実態についても調べる方針。最終更新:105()1620分」

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151005-00000838-fnn-soci

「大学生誘拐事件受け「顕正会」本部など家宅捜索

フジテレビ系(FNN 108()1914分配信

大学生を誘拐した疑いで、警視庁公安部は宗教団体「顕正会」本部などの家宅捜索に入った。

家宅捜索を受けたのは、さいたま市の顕正会本部や、東京・板橋区の顕正会東京会館など。

この事件は、19歳の男子大学生を車で誘拐した疑いで、無職・小岩井 良祐容疑者(27)と、自称アルバイトの斉藤佑介容疑者(28)3人が逮捕されたもので、調べに対し、斉藤容疑者は「一緒に会員になって仏法をやってほしかった」などと供述している。

顕正会は「不当な捜査だ」としているが、公安部は組織的な関与があったとみて、活動実態を調べる方針。最終更新:108()1914分」

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151008-00000143-fnn-soci

「大学生誘拐、「顕正会」の本部など捜索…警視庁

読売新聞 108()1751分配信

大学生を車で連れ回したとして男3人が逮捕された事件で、警視庁公安部は8日、宗教法人「顕正会」の本部(さいたま市)や東京都内の施設など数か所を未成年者誘拐容疑で捜索した。

公安部は今月5日、東京都台東区の上野公園にいた愛知県内の男子大学生(19)を車で連れ回したとして、男3人を未成年者誘拐容疑で逮捕。うち1人が、顕正会への勧誘目的だったと供述していた。顕正会本部は取材に対し、「一切ノーコメント」としている。

最終更新:108()1752分 読売新聞」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00050084-yom-soci

 

続きを読む

2005(平成17)年7月28日 監禁容疑で顕正会信徒2名逮捕!顕正会横浜会館に家宅捜索(TBS ニュースより)

□顕正会員個人の勧誘・暴行事件の最大の責任者は顕正会会長・浅井昭衛である5

 

宗教法人「顕正会」の会員2人が、東京都内の大学生を勧誘するため民家に監禁していた疑いが強まり、神奈川県警は2人を逮捕するとともに関係先を一斉捜索しました。

監禁の疑いで逮捕されたのは、宗教法人「顕正会」の会員で横浜市に住む大学生・石○×容疑者(20)、そして同じく会員で派遣社員の・行○×一容疑者(28)の2人です。2人は20055月、東京・多摩市に住む20歳の大学生を「顕正会」に入会させるため、横浜市内の民家に連れ込み、監禁した疑いが持たれています。

石×容疑者らが所属する「顕正会」は、さいたま市内に本部がある仏教系の宗教法人です。そのホームページでは「日蓮大聖人に背く日本は必ず滅びる」などと終末思想を唱えていますが、各地で勧誘をめぐるトラブルが起きていました。大学生が監禁されていたと言う民家で、石川容疑者らは大学生の携帯電話を取りあげ、執拗に「顕正会」の入会をせまったと言います。

「人生ここで終わっちゃうんじゃないかと・・・。(Q.命の危険を感じた?)一生束縛されるんだろうなと・・・」(被害者の大学生)

民家での様子を語る大学生。大学生は、当初、都内のゲームセンターで「ゲームの攻略法を教えて欲しい」と石×容疑者から声をかけられました。そして、後日、民家に連れて来られたのです。

「30分ぐらい話して、途中からいきなり、日蓮がどうのって話になって『あ、これは宗教だな』と思って。しばらく聞いて『宗教には興味ないんで帰ります』って言ったんですけど、『まだ話が終わっていないから』ってずっと」(被害者の大学生)

怖くなった大学生は、携帯電話で家族に連絡しようとしました。しかし・・・

「家族に電話して、『今変な人に捕まっているんだけど』って言って、そしたら携帯も取り上げられて『これはホントにやばい』と思って、脱出しようと窓から逃げようとしたんですけど、後ろから掴まれて。玄関から逃げようとしたら、前におっきな男が立ってて。これは捕まったなと思ったんですけど」(被害者の大学生)

午前7時を回り、「顕正会」の横浜会館に警察の家宅捜索が入りました。神奈川県警は、逮捕にあわせ、横浜市内にある「顕正会」の横浜会館などを一斉捜索。パソコンや資料などを押収しました。今後、「顕正会」の勧誘活動の実態を詳しく調べる方針です。今回の逮捕について「顕正会」は、「完全なる虚偽の告訴による不当な逮捕。一切監禁などはしていない」などとコメントしています。(200572816:18

        ------------------------------------

これはTBS ニュースの報道からの引用。顕正会の暴力折伏事件など、「氷山の一角」。そして大学生を暴力折伏に駆り立てていることも大問題。警察も顕正会会館には家宅捜査をするが、顕正会首脳部、会長・浅井昭衛の責任については不問に付したまま。これもまた大問題である。

(mixiアンチ日蓮正宗」コミュからの引用)

顕正会・浅井昭衛1
 

(浅井昭衛)

 

 

 

 

2005(平成17)年7月28日、顕正会信者2人を監禁で逮捕、顕正会会館など捜索

□顕正会員個人の勧誘・暴行事件の最大の責任者は顕正会会長・浅井昭衛である4

 

顕正会の2人を監禁で逮捕 神奈川県警、会館など捜索

大学生を民家に閉じ込め顕正会入会を迫ったとして、神奈川県警警備部は2005728日、監禁の疑いで、宗教法人「冨士大石寺顕正会」会員の私立大学生・石○×樹(20)=横浜市泉区和泉町、派遣社員・行○×一(28)=同市鶴見区鶴見中央=の両容疑者を逮捕し、横浜市港北区の顕正会横浜会館などを家宅捜索した。 2人は「覚えがある」と容疑を認めているという。

調べでは、2人は200555日夜、東京都多摩市の男子大学生(20)を横浜市瀬谷区五貫目町の自分たちの知人宅に誘い出して顕正会入会を迫ったが、応じず立ち去ろうとしたため、室内に引きずり戻し監禁した疑い。大学生は住所などを聞かれ同日深夜、解放された。

都内のゲームセンターで3月、2人に声を掛けられて知り合い、メールのやりとりをしていたという。大学生が県警に被害を相談していた。

大学生はこの住宅で携帯電話を取り上げられ、「駄目だ。まだ終わっていない」などと言われ、監禁されたということです。

「顕正会」を巡っては2005年3月、別の件会員の男が勧誘活動でつきまといをしたとして書類送検されている。神奈川県警は、「顕正会」の勧誘活動の実態を詳しく調べる方針です。

(共同通信) - 7281116分更新

 

これは明らかな「物理的暴力による折伏」である。顕正会会長・浅井昭衛が煽り立てる強引な折伏号令によって、こういう事件が引き起こされているのに、浅井昭衛の責任は全く不問に付されたまま。ここが大問題である。現在の法律で浅井昭衛の責任が問えないのならば、新しいカルト取締立法により、最高指導者の責任追及を可能にすべきである。

(mixiアンチ日蓮正宗」コミュからの引用)

顕正会・浅井昭衛1
 

(浅井昭衛)

 

2001(平成13)年7月3日、顕正会会員による顕正会入信拒否男性への暴行事件(千葉市)

□顕正会員個人の勧誘・暴行事件の最大の責任者は顕正会会長・浅井昭衛である2

 

千葉中央署は2001(平成13)72日、宗教法人「顕正会」(本部・さいたま市)会員の千葉県佐倉市六崎、アルバイト、桜○×也(21)千葉市緑区大木戸町、無職、太○△司(20)佐倉市の無職少年(18)の3容疑者を暴行容疑で緊急逮捕した。調べでは、3容疑者は71日午後8時ごろ、JR本千葉駅前で、顕正会入信を断った同県習志野市の無職男性(19)に殴るけるの暴行を加えた疑い。桜○×也容疑者は「もみ合いになっただけ」と容疑を否認。顕正会千葉会館は「当該の勧誘行為があったかどうかも知らない」と話している。

(2001.7.2朝日新聞)

顕正会入信を拒否する人への暴力行為は、明らかな信教の自由の侵害だ。浅井昭衛会長の責任を追及すべきである。

(mixiアンチ日蓮正宗」コミュからの引用)

顕正会・浅井昭衛1
 

(浅井昭衛)

 

 

2001(平成13)年7月24日、顕正会女性会員による顕正会勧誘・暴行事件(秋田市)

□顕正会員個人の勧誘・暴行事件の最大の責任者は顕正会会長・浅井昭衛である

 

秋田警察署は2001(平成13)724日、秋田市中通の自称会社員・田○×××容疑者(25)を邸宅侵入と暴行の疑いで逮捕した。

調べによると、田○×××容疑者は宗教法人・冨士大石寺顕正会(本部・さいたま市)の会員で、721日午後3時ごろ、以前に秋田市内の顕正会事務所に出入りしていた秋田市の女性会社員(26)の自宅敷地内に侵入し、玄関先で女性の腕やわき腹を手で引っ張るなどの暴行を加えた疑い。田○×××容疑者は容疑を否認しているという。秋田署の調べでは、女性は昨年、田○×××容疑者から顕正会に勧誘され、数回、顕正会事務所に出入りしていたが、今年に入り、行かなくなっていたという。秋田署は24日早朝、田○×××容疑者の自宅や顕正会事務所などを捜索した。秋田署には今年に入り、同会の勧誘活動に対する苦情が数件寄せられている。

同会広報部は「事情が全くわからないのでコメントしようがない」としている。

(2001.725日付け読売新聞[秋田版])

顕正会員による強引な折伏は、暴力事件まで起きている。会員個人の事件といえども、折伏の号令を出しているのは、顕正会会長・浅井昭衛氏なのであるから、責任は浅井昭衛会長にあることは明らかだ。「コメントしようがない」などとは、とんでもない話しである。

(mixiアンチ日蓮正宗」コミュからの引用)

顕正会・浅井昭衛1
 

(浅井昭衛)

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ