アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教ペテン集団である > 日蓮正宗寺院・住職・僧侶の真実・素顔

□大歓寺を再起絶望な“お荷物”寺院・ダメ寺院化させた大歓寺二代住職・畑山法俊氏が死去   日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」平成30年3月号に、横浜市旭区の日蓮正宗寺院・大歓寺第二代住職・畑山法俊氏葬儀の記事が載っている。「大日蓮」の公式報道によれば、畑山法俊氏 ...

□河辺メモ事件の札幌転任、長男の日蓮宗教学研究発表大会の研究発表で有名な長倉日延氏   日蓮正宗の宗規第7条2の規定によれば 「法主は、能化のうちから次期の法主を選び血脈を相承する。但し、特に相当と認めるときは、大僧都のうちから選び血脈を相承することができ ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く7   □日蓮正宗僧侶として「あってはならない」醜態を信徒の面前で晒した大歓寺住職・須賀法重氏   大歓寺初代住職・須賀法重氏は、大歓寺創建当初から一貫して、創価学会との「友 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く6   □法華講員同士の抗争に火を付けた大歓寺住職・須賀法重氏の不用意・時代錯誤的差別発言   日蓮正宗vs創価学会の第1次紛争から数えて、十年以上が経った1989(平成1)年12月、よ ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く5   □創価学会から接待漬けにされ創価学会の腰巾着僧と化していた大歓寺初代住職・須賀法重氏   日蓮正宗vs創価学会の第1次紛争、いわゆる「創価学会の昭和五十二年路線」を発端 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く4   □大歓寺檀徒の面前で「オマエたちは大歓寺から出て行け」と怒鳴った大歓寺住職・須賀法重氏   「アンチ日蓮正宗」管理人は、日蓮正宗寺院の住職、教師僧侶、所化僧侶(修行僧) ...

□韓国「法華講」信徒を約10年間、大石寺登山停止にしてしまった海外部長・前川日秀(慈筆)氏   2017年1月1日、東京・練馬区の日蓮正宗寺院・華王寺の初代住職・前川日秀(慈筆)氏が、92才で死去した。大石寺68世早瀬日如法主が華王寺に下向して行われた前川日秀(慈筆)氏 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く3   □日蓮正宗首脳も在勤僧も「見て見ぬふり」をしていた?大歓寺住職・須賀法重氏の昼間の飲酒   大歓寺の毎日16時30分からの本堂での夕勤行に、大歓寺初代住職・須賀法重氏が真 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く2   □創価学会員・法華講員の「信徒教導」に全く消極的な僧侶だった大歓寺初代住職・須賀法重氏   大歓寺と言われても、「大歓寺って何?」「何それ?」と思う人が大半なのではない ...

□特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く1   2016(平成28)年1月号「大日蓮」に、「大歓寺第三代住職入院式」と題する記事が載っている。この大歓寺とは、神奈川県横浜市旭区万騎が原にある日蓮正宗寺院。「大日蓮」の記事に ...

■静岡・富士宮市本山下条妙蓮寺45代住職・吉田日勇(義誠)氏の真実3   □創価学会が公式に認めている池田大作による病身の吉田義誠(日勇)氏・数珠さすりの“祈祷”   吉田日勇氏の「隠された履歴」の第二は、池田大作数珠さすりの“祈祷”“まじない”である。これは ...

■静岡・富士宮市本山下条妙蓮寺45代住職・吉田日勇(義誠)氏の真実2   □西山本門寺50代貫首になったが裁判敗訴で西山本門寺退去・除歴された吉田義誠(日勇)氏   日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」に発表された吉田日勇氏の住職歴を見ると 「昭和30年7月23日 百貫坊 ...

■静岡・富士宮市本山下条妙蓮寺45代住職・吉田日勇(義誠)氏の真実1   □吉田日勇氏の不都合な部分をことごとくカットし歴史の真実を歪曲して報道している日蓮正宗   2014年6月16日午前10時2分、静岡県富士宮市下条の日蓮正宗本山・富士山妙蓮寺第45代貫首(住職)・吉 ...

■江戸時代・金沢法難の末裔ではなく非常識な創価学会員を紹介した日蓮正宗妙喜寺   それにしても、なせ゜日蓮正宗大石寺門流の場合は、在家信者が折伏・布教して在家信者が法難の犠牲になるのか、という疑問が湧いてくる。在家信者が折伏・布教していくという布教形態 ...

□創価学会寄進建立により「願主 法華講総講頭 池田大作」の板本尊が祀られていた大円寺   大円寺(たいえんじ)とは、神奈川県大和市にある日蓮正宗の寺院で、正式な名前は福修山(ふくしゅうさん)大円寺という。小田急江ノ島線桜ヶ丘駅から徒歩15分くらいのところにあ ...

□驚きの堀日亨発言を平然と著書に載せて寺院受付で販売していた正継寺住職・大橋慈譲氏   日蓮正宗正継寺の受付で販売されていたのは「社長会記録」だけではない。正継寺住職・大橋慈譲氏の著書「大橋慈譲講本集」や「仏教思想と富士教学」-が受付に並べられて販売して ...

□創価学会批判を厳禁していた時代の宗門寺院で「社長会記録」が販売されていた摩訶不思議   正継寺とは、神奈川県相模原市橋本ある日蓮正宗の寺院で、正式な名前は、妙縁山正継寺。 この寺院は、1953年(昭和28年)5月31日に建立された寺院であるが、これは創価学会に ...

□宗門も法華講も創価学会も顕正会も正信会も中世の封建時代さながら男尊女卑社会である   私は、あるとき、妙声寺の御講に入ってみようと、御講の日を間違えて、妙声寺に行ったことがあった。その日は、参詣の信者はだれもいない。中はガランとしていた。 寺院の受付 ...

□かなりの巨漢の大男住職・数井慈鑑氏が御講で説いていた住職の権威説法   今から約25年くらい前のことですが、私が町田市と横浜市の境界線付近に住んでいたことがあり、町田市の南端・成瀬に日蓮正宗寺院・妙声寺(みょうしょうじ)があった。正式な名前は、山号は天鼓 ...

□下条妙蓮寺客殿の須弥壇に祀られている謎の日蓮曼荼羅模写彫刻の板本尊   下条妙蓮寺客殿に入っていくと、客殿のほうもなかなか古風な造りになっていた。記録によると下条妙蓮寺は江戸時代中頃の1780(安永9)年11月28日に火災で大庫裏、客殿、書院、隠居所、蓮蔵坊、久 ...

□下条妙蓮寺門流出身の僧侶としては異例の出世をした妙蓮寺住職・漆畑行雄海外部長   下条妙蓮寺とは、静岡県富士宮市下条にある日蓮正宗本山寺院のひとつで、日興・本六僧のひとりである日華が開基した寺院。もともとは大石寺の開基檀那である南条時光の屋敷を寺院に ...

□創価学会折伏大進撃で日蓮正宗に合同した歴史の真実を隠蔽する日向定善寺   創価学会・池田大作が大いなる屈辱を被った有名な寺院・日向定善寺へは、私はJR日向駅からタクシーで向かった。定善寺は、日向市内の小高い山のてっぺんにあり、タクシーで坂道を登って行っ ...

□外見上は大石寺とそんなに似ているように見えない讃岐本門寺境内・伽藍・堂宇   讃岐本門寺に言わせると、本来、讃岐本門寺は大石寺の末寺なのだが、江戸時代に、北山本門寺によって無理矢理、不本意ながら北山本門寺の末寺にされてしまった。そういう状態が明治・大 ...

讃岐本門寺という寺院は、四国・香川県三豊市三野町下高瀬にある日蓮正宗の本山格の寺院で、正式な名前は、高栄山本門寺という。 日蓮宗や法華宗系各派では、讃岐本門寺の他に、北山本門寺、西山本門寺、池上本門寺など、「本門寺」という寺院名が複数あり、それぞれ区別 ...

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実8   □戸田城聖菩提の寺院が日蓮正宗内で反創価学会活動の牙城になった歴史の皮肉   大宣寺境内には「三学院」という名前の在勤僧侶が何人も住んでいる堂宇・伽藍がある。 大宣寺を開創した日蓮正宗大石 ...

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実7   □韓国での菅野慈雲海外部長の失態・解任を帳消しにした宗創戦争   1978(昭和53)年の創価学会・板本尊模刻事件の舞台が大宣寺になったという経緯もあってか、ここにも当時、創価学会から脱会して大宣 ...

■日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の娘婿になって寵愛を受けた菅野日龍氏   2011(平成23)年2月6日、大宣寺初代住職の菅野日龍氏が行年78才で死去。本通夜・本葬儀が大宣寺本堂で営まれ、大石寺から日蓮正宗大石寺68世早瀬日如法主の他、隠居の先代67世阿部日顕も出仕。 ...

大石寺では、毎月3回、法主の大導師のもとに御講が行われている。それは毎月7日の日興の御講、毎月13日の日蓮の御講、毎月15日の日目の御講である。 末寺の御講は住職の献膳・読経・唱題ののち、住職の説法があるが、大石寺の御講は、御影堂で法主の献膳・読経ののち、引 ...

すでにここで書いていることだが、日蓮正宗と創価学会の宗創戦争がはじまったころの1990(平成2)~1993(平成5)年ころ、寺跡調査のために、ちょくちょく東京・蒲田の日蓮正宗の寺院・宝浄寺に行ったことがある。当時の宝浄寺住職は、日蓮正宗宗務院教学部長の大村寿顕氏。 ...

私が常泉寺に行って寺跡調査をしたのは、1991年に宗創戦争が勃発する前、日蓮正宗と創価学会が和合路線を歩んでいた「宗創和合時代」のことで、常泉寺住職・藤本日潤氏は、日蓮正宗総監を務めていた。 今でこそ、日蓮正宗寺院に部外者が出入りするのは、非常にチェックが ...

常泉寺という寺院は、いろいろな意味で有名な寺院である。   江戸時代の常泉寺有縁の人に、近衛熙子(このえひろこ)という人がいた。近衛熙子というと(?)と、首を傾げる人が多いと思うが、この人は、父は近衛基熙、母は後水尾天皇の皇女・(品宮)常子内親王。そして、 ...

以前に「日蓮正宗の黒い疑惑1・日蓮正宗寺院常泉寺で行われた暴力団の発会式」を書いたところ、反響が大きかったので、この常泉寺という寺院が、どういう寺院なのか、について触れておきたいと思います。 常泉寺とは、東京都墨田区向島にある日蓮正宗の古刹寺院で、正式な ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

年の初めの元日になると、大石寺をはじめ日蓮正宗末寺寺院でも元朝勤行を行う所が多い。元朝勤行とは、1月1日の午前0時、ないしは6時半とか7時から行う勤行のことである。この勤行には、近隣の日蓮正宗の信者が多数詰めかけている。特に1991年の宗創戦争勃発以前の宗創和合 ...

私がまだ池袋近郊に住んでいた学生のころ、池袋駅へ行くついでや、バイト先との往復のついでに常在寺住職・早瀬義孔氏とはどんな人物か見ようと、常在寺本堂を覗いてみたのだが、勤行の時に早瀬義孔氏を見かけたのはたったの一度だけ。しかも早瀬義孔氏は、その時はかなり ...

いろいろ日蓮正宗や創価学会のことを研究していくと、この池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、古くから創価学会と深い関係のある寺院であるということがわかってきた。 戦前、創価学会会長・牧口常三郎と理事長・戸田城聖が、日蓮正宗中野教会(現昭倫寺)主管・堀米泰栄氏(後の ...

私がまだ池袋近郊に住んでいた学生のころ、池袋駅へ行くついでや、バイト先との往復のついでに常在寺住職・早瀬義孔氏とはどんな人物か見ようと、常在寺本堂を覗いてみたのだが、勤行の時に早瀬義孔氏を見かけたのはたったの一度だけ。しかも早瀬義孔氏は、その時はかなり ...

日蓮正宗常在寺という寺院は、池袋駅東口から徒歩5~6分くらいのところにある南池袋公園のすぐ近くにある日蓮正宗の寺院で、正式には霊鷲山常在寺という。 今から30年以上前になりますが、まだ私が学生だったころ、池袋近郊に住んでいたことがあり、なおかつ、池袋東口で ...

前回、宣徳寺のことを書いたので、つづきを書いておかなくてはなりません。 そもそも私が宣徳寺の朝の勤行会に寺跡調査に行った理由は、日蓮正宗宗務院渉外部長を勤める宣徳寺住職・秋元広学氏を実見したかったからなのだが、この人、渉外部長の職のために大石寺に行って ...

日蓮正宗の金集めに関連することで、ずいぶん前に、東京・駒沢の日蓮正宗寺院・宣徳寺で見たことを記しておかねばなりません。 宣徳寺(せんとくじ)は、東京都世田谷区駒沢にある日蓮正宗の寺院で、正式な名前は、真法山(しんぽうさん)宣徳寺という。ここは1982年(昭 ...

宝浄寺(ほうじょうじ)とは、東京都大田区新蒲田にある日蓮正宗の寺院で、蒲田駅西口から徒歩12分くらいのところにある。正式名は仏国山宝浄寺という。 ここには、1991年の宗創戦争勃発前後ぐらいのころに、寺跡調査のために何度か行っているんですが、なぜ宝浄寺に行こう ...

↑このページのトップヘ