アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗系の「仏罰・堕地獄脅迫折伏」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(169)~地区座談会が終わった後も延々と1時間以上も堕地獄論の演説を続けていた創価学会員

■地区座談会が終わった後も延々と1時間以上も堕地獄論の演説を続けていた創価学会員

 

長谷山陽一(仮名)は、創価学会・東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の男子部地区リーダー。その長谷山陽一(仮名)が「創価学会には女子部員がたくさんいるから」と言って、「お嫁さんエサ折伏」を仕掛けてきたが、私は福寿荘(仮名)、喫茶店・コンパウンド(仮名)、溝口工務店(仮名)で、創価学会員のお見合い結婚の実態を見ているので、こんなものは単なるエサだというのは、すぐにわかっていた。私は「お嫁さんエサ折伏」は、単なるハッタリか詐欺行為だということは、わかっていたが、私としては、地区部長の井畑徳三(仮名)が、地区担の高畑美枝子(仮名)の胸や体を触ろうとするセクハラを、鍋宴会で聞いていたので「地区担の高畑美枝子(仮名)という人は、どういう人なんだろうか」という関心があった。それで何度か「地区座談会」に出てみたのだったが、座談会に出席していた女子部は、長谷山陽一(仮名)の義妹で、女子部地区リーダーの星野知子(仮名)一人だけ。男子部で来ていたのは、地区リーダーの長谷山陽一(仮名)の他、3人くらい。長谷山陽一(仮名)は既婚者だが、あとの3人は独身。一人は三丁目公園地区(仮名)の婦人部・宮藤里美(仮名)の長男・宮藤真一(仮名)。そして宮藤里美(仮名)が折伏して入信させたという新聞店で新聞配達をしている吉元清(仮名)。田元支部(仮名)の副支部長をしている権田朝太郎(仮名)の長男・権田士郎(仮名)。あとでわかったことだが、宮藤真一(仮名)の母親・宮藤里美(仮名)は、この地域では有名な強引・執拗な折伏・勧誘を繰り返して、数多くの人を創価学会に入信させたカルト婦人部員。ただし宮藤里美(仮名)の夫は、日蓮正宗・創価学会の信仰活動に猛反対し未入信。息子の宮藤真一(仮名)、頭髪をオールバック、リーゼントにして三角メガネをかけた男。どことなく横浜銀蝿に似ているが、人柄はおっとりとした人物。

宮藤里美(仮名)の強引・執拗な折伏・勧誘で創価学会に入信した吉元清(仮名)は、宮藤里美(仮名)の言うことは聞いて、渋々ながら座談会に来てはいたが、宮藤里美(仮名)のあまりの強引・執拗な折伏・勧誘に反発していて、座談会が終わったあとも、ブツブツ文句を言っている。吉元清(仮名)の話しによれば、宮藤里美(仮名)から「あんた、そんなんじゃ、彼女もできないわよ」と頭ごなしに言われ、創価学会に入ったら彼女ができるものだと思って入信。ところが創価学会に入っても、彼女ができるどころか、聖教新聞は無理やり購読させられ、会合は無理やり連れて行かれ、やれ樒だ、ローソクだ、線香だ、数珠だ、経本だといろいろなものを買わされ、カネが出ていく一方。完全に騙されたと言って、文句を言っている。

権田士郎(仮名)の父親は副支部長、母親は三丁目公園地区(仮名)の高畑美枝子(仮名)地区担の下で、ブロック担をしている。子どもの頃から創価学会員として育てられた男で、一時は長谷山陽一(仮名)の後継者と目されていた。ところが権田士郎(仮名)は、創価学会男子部幹部の強引で頭ごなしの指導に反発して、創価学会活動には消極的。権田士郎(仮名)は、両親が住む実家のすぐ近所に、アパートを借りて暮らしているが、曼荼羅本尊は祀ってはいないとのこと。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(24)~入信しなければ地獄行きの片道切符だと脅迫してきた創価学会員

■入信しなければ地獄行きの片道切符だと脅迫してきた創価学会員

 

福寿荘(仮名)で生活していると、連日連夜、下山伸三(仮名)、李達明(仮名)、岩本年光(仮名)といった創価学会員たちが、私の所に入信勧誘に押しかけてきた。そして、さらにさまざまな創価学会幹部を連れてきて、私に引き合わせようとし、それこそ、必死で勧誘してきた。

どうやら、彼ら創価学会員の目的は、私を創価学会に入信させるか、あくまで入信を拒否したら、私を福寿荘から追い出して、代わりに他の創価学会員を福寿荘に入居させて、福寿荘の全世帯を創価学会員で占拠することにあったことは、ミエミエであった。

彼らが、私と引き合わせようとして連れてきた創価学会幹部の一人に、田村兄弟(仮名)という人物がいた。

田村兄弟の父親は、地元の創価学会組織で、県幹部をやっている人物。田村兄のほうは、T大学ではなく、拓殖大学の出身ということだったが、すでに何人か創価学会に勧誘して入信させた実績があるとして、創価学会学生部でも、圏(ゾーン)幹部になっていた。この田村兄は、何かというとすぐに「親父が、親父が…」を連発する「親の七光り」を自認して「親の七光り」を最大限に利用すると公言していた人物。 よってこの男が、創価学会学生部圏(ゾーン)幹部になったのも、県幹部をやっていた父親の「七光り」なのかもしれない。

ところでT大学ではない、拓殖大学出身の田村兄がなぜウチに来たのか、というと、創価学会学生部の組織は、「東洋哲学研究会」などの大学別の組織と、地域別のブロック組織の二本立てになっていて、福寿荘の創価学会員たちは、その地域別組織のツテを使って、田村兄を呼んできていたのである。


というか、T大学の「東洋哲学研究会」(創価学会学生部)は、当初は私に、やれ「使命」がどうだの、「実践の教学」がどうだのと言っていたのだったが、それでは「勧誘はムリ」と考えたのか、池田大作ファン一辺倒のガチ創価学会員とは違って、日蓮正宗のことや、大石寺と創価学会の関係のことなど、なかなか研究・研鑽していて教学に詳しい田中兄を、呼んできたようであった。

 

ある時、私の自宅で、私と創価学会員の李達明(仮名)、岩本年光(仮名)、田村兄(仮名)で、論争になったことがあった。 私も、すでにこの時には、いろいろな本を読んだり、東京の日蓮正宗寺院、常在寺や法道院といった日蓮正宗寺院に行って、中の様子を偵察というか視察?し、研究していたので、田村兄との話は、次第にケンカ腰の論争になった。

ある時、話題は、当時、世間でも創価学会でも注目の的になっていた、池田大作に造反した元最高幹部の原島嵩氏と山崎正友氏のことになった。 田村兄は、この二人のことになると、それはそれはものすごい憎悪をむき出しにして、喋りだしたのである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(8)~酷い仏罰論で信者を脅迫して脱会を思い止まらせていた創価学会

酷い仏罰論で信者を脅迫して脱会を思い止まらせていた創価学会

 

上山夫婦は私塾を経営しており、そこには、上山夫婦の塾で「先生」のバイトをしていた、同じT大学の学生・河岸春樹(仮名)がいたのだが、この河岸も創価学会員であった。

河岸春樹(仮名)のことを「とても純粋な信心をしている」などと言って、あたかも創価学会員の鏡であるかのように、河岸を私に紹介してきた。

創価学会員の中では、お手本なのかどうかは知らないが、私にとっては、何の関係もない話だ。

河岸は、矢田が創価学会に入信させた高島という男が、創価学会に入信させたらしく、いわば河岸は矢田の「折伏孫」みたいな人物だった。

この河岸春樹(仮名)という男、上山夫婦に言わせると、純粋な信心で創価学会員の鏡ということだったが、表情は暗く、しゃべり方も沈んだような声。何か深刻な悩みでも抱えているかのように見えた。しかも普段は、やや前屈みになって、右手で前髪をいじりながら歩くという、一見して風変わりな男であった。

さらにそれに加えて、河岸春樹(仮名)は、両親に内緒で創価学会に入信したらしく、自室に日蓮正宗大石寺法主の本尊を祀ったところ、心配した母親が、本尊を破り捨ててしまったということだった。 そこでしばらく、本尊を祀らずに学会活動をしていたらしいが、再び、自室に本尊を祀ったという。

河岸春樹(仮名)の父親は、大手町の大企業のサラリーマンで、かなりの地位を得た人らしく、東京都東村山市に独力で一軒家を建てた人。すなわち、河岸春樹(仮名)の自宅である。

河岸春樹(仮名)の母親は、何度か私もお会いしたことがあったが、とても物静かな人で、話してもなかなか知的な感じの女性。この人が、曼荼羅本尊を破り捨てるということをするようには見えなかったが、私と話したときに、創価学会に対する相当な不信感と嫌悪感を語っていたので、私も

「やはりこれが原因で曼荼羅本尊を破り捨てたのかな」

という印象はもった。加えて、河岸は、一人っ子らしく、たった一人の息子の行く末を心配した河岸の親御さんの心情には、なんとなく同情するものがあった。

はっきり言えることは、河岸春樹(仮名)の日蓮正宗・創価学会入信によって、河岸親子は深刻な親子分裂に陥ってしまったということである。この親子分裂の原因は、河岸春樹(仮名)の日蓮正宗・創価学会入信であり、河岸は、矢田敏夫が創価学会に入信させた高島という男が、創価学会に入信させたわけだから、根源の折伏親である矢田敏夫が、創価学会壮年部幹部といっしょに河岸春樹(仮名)宅を訪問して、河岸の両親と膝を交えて話したこともあったという。

しかし、これでも親子分裂の事態は好転しなかったようである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ