アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:「日蓮正宗系」の強引・執拗な折伏批判・布教活動批判 > 日蓮正宗系の「仏罰・堕地獄脅迫折伏」

■地区座談会が終わった後も延々と1時間以上も堕地獄論の演説を続けていた創価学会員   長谷山陽一(仮名)は、創価学会・東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の男子部地区リーダー。その長谷山陽一(仮名)が「創価学会には女子部員がたくさんいる ...

■入信しなければ地獄行きの片道切符だと脅迫してきた創価学会員   福寿荘(仮名)で生活していると、連日連夜、下山伸三(仮名)、李達明(仮名)、岩本年光(仮名)といった創価学会員たちが、私の所に入信勧誘に押しかけてきた。そして、さらにさまざまな創価学会幹部 ...

■酷い仏罰論で信者を脅迫して脱会を思い止まらせていた創価学会   上山夫婦は私塾を経営しており、そこには、上山夫婦の塾で「先生」のバイトをしていた、同じT大学の学生・河岸春樹(仮名)がいたのだが、この河岸も創価学会員であった。 河岸春樹(仮名)のことを「と ...

↑このページのトップヘ