アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺9世日有「戒壇大本尊」偽作の証拠・「事の戒壇」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(171)~なぜ大石寺9世日有は「戒壇大本尊」に「本門戒壇之願主」と書いたのか

■検証171・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠26

 

「戒壇の大本尊」授与書に「戒壇の大本尊」を祀る場所・堂宇を特定する書き方ができない

 

大石寺の「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊を偽作した日蓮正宗大石寺9世法主日有は、この板本尊を「本門事の戒壇」に祀る「本門戒壇の大本尊」と定義づけようと謀った。つまりこの「戒壇の大本尊」なる板本尊が祀られている場所が「本門事の戒壇」となることが、大石寺9世日有教学の最大のポイントになる。この「事の戒壇」は、「三大秘法抄」に説かれている「本門戒壇」とは別個のものだが、しかし「三大秘法抄」の戒壇が、あたかも大石寺9世日有独自の「事の戒壇」であるかのように詐称し、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」を「本門戒壇に祀る本尊」という意味合いを持たせる本尊としたということになる。そのためには、大石寺9世日有としては、この板本尊の脇書きの中に「本門戒壇の大本尊」であることの「証拠」を残しておかねばならない。

通常、日蓮正宗大石寺の法主が書写して寺院に下賜した本尊の脇書きは、左端の上のほうに

「授与之 ××山○○寺安置 願主△△△△」

となっている。これは「之を××山○○寺に安置し願主△△△△に授与する」と読む。

日蓮や日興、日目が書示した本尊の脇書きは「授与之○○」となっており、同様に法主が信者に下賜した本尊の脇書きも「授与之○○」となっている。ただし「戒壇の大本尊」なる板本尊の脇書きが「授与之○○」とか「授与之 ××山○○寺安置 願主△△△△」になっていたのでは、逆に矛盾が発生してしまう。大石寺9世日有の本門「事の戒壇」思想は、「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る場所がいつでもどこでも「本門事の戒壇」ということだから、「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る場所・堂宇は、時代によって変更される可能性がある。現に「戒壇の大本尊」なる板本尊は、大石寺9世日有偽作当時から大石寺宝蔵に格蔵されていたが、江戸時代のある時期は御影堂に祀られていた。又、昭和から平成の代に入ってから大石寺宝蔵→奉安殿→正本堂→奉安殿→奉安堂と祀られる場所・堂宇が変更になっている。また大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊は、弘安二年(1279)の造立を偽っており、すでに身延山久遠寺⇒大石寺というふうに「祀る場所」の変更を騙っている板本尊ということだから、「戒壇の大本尊」なる板本尊の脇書きに、祀る場所を特定する書き方があったら、矛盾が発生してしまう。又、日興の「富士一跡門徒御存事」によると、大石寺の門流は、富士戒壇建立説を唱えているので、なおさら脇書きで、「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る場所・堂宇を特定する書き方ができないということになる。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(161)~大石寺独自の「事の戒壇」のインチキぶりがバレるのを恐れ戒壇の本義を下す大石寺歴代法主

■検証161・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠16

 

□戒壇の本義を「小乗教等の戒律」「小乗や迹門の戒壇」と言って下す大石寺66世細井日達

 

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」信者は、「戒壇」と言われても、何の事やらさっぱりわからない信者が大半。それは、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」では、誤った「戒壇」義を信者に教えているからであるからなのだが、その誤った「戒壇」義の代表格が、1965(昭和40)216日、大石寺での第1回正本堂建設委員会の席上での大石寺66世細井日達法主の説法である。大石寺66世細井日達法主はこう言っている。

「一般の見解では、本門寺の中に戒壇堂を設けることであると思っているが、これは間違いであります。堂宇の中のひとつに戒壇堂を設けるとか、あるいは大きな寺院の中のひとつに、戒壇堂を設けるというのは、小乗教等の戒律です。小乗や迹門の戒壇では、そうでありましたが、末法の戒律は題目の信仰が、すなわち戒を受持することであります。よって、(戒壇の)大御本尊のおわします堂が、そのまま戒壇であります。したがって大本門寺建立の戒も、戒壇の御本尊は特別な戒壇堂ではなく、本堂にご安置申し上げるべきであります。それゆえ百六箇抄には『三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺本堂なり』と、大聖人のお言葉が、はっきりご相伝あそばされております。また同じ百六箇抄の付文に『日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり』と、こう明らかにされておるのでございます。…したがって、その(日興嫡嫡相承の) 曼荼羅を、現在では大石寺の本堂にご安置することが、もっともふさわしいと思うわけであります。戒壇の大御本尊は大聖人ご在世当時、また日興上人がいらした当時、身延山で本堂に安置されていたものであります。したがって今日では、戒壇の御本尊を正本堂に安置申し上げ、これを参拝することが正しいことになります」(1965(昭和40)220日付け聖教新聞より)

仏教教学の根幹に関わる重要な教義である戒壇の本義には、一言も触れずに、東大寺や延暦寺、唐招提寺の戒壇を「小乗教等の戒律」「小乗や迹門の戒壇」などと言って下している。大石寺の「戒壇の大本尊」も「二箇相承」も「百六箇抄」も、ことごとく大石寺9世日有の偽作であり、日蓮、日興在世の時代の身延山に、「戒壇の大本尊」は存在していなかった。「二箇相承」や「百六箇抄」の文言は、日蓮の文言ではない。そんなデタラメな説法の中で、大石寺66世細井日達法主は

(戒壇の)大御本尊のおわします堂が、そのまま戒壇であります。したがって大本門寺建立の戒も、戒壇の御本尊は特別な戒壇堂ではなく、本堂にご安置申し上げるべきであります。…その(日興嫡嫡相承の) 曼荼羅を、現在では大石寺の本堂にご安置することが、もっともふさわしい」

と言っているが、ここの部分は「戒壇の大本尊を祀る所が事の戒壇」なる大石寺9世日有独自の「事の戒壇」義、大石寺独自の「事の戒壇」である。大石寺の「戒壇の大本尊」を正本堂に祀りたいが故に、戒壇の本義を「小乗教等の戒律」「小乗や迹門の戒壇」と言って下し、「戒壇の大本尊を祀る所が事の戒壇」なる大石寺9世日有独自の「事の戒壇」義、大石寺独自の「事の戒壇」を引っ張り出してきて、最後は「戒壇の御本尊を正本堂に安置申し上げ、これを参拝することが正しい」などと、無理やりにこじつけるという、大石寺66世細井日達法主は全くもってデタラメ極まりない説法を行っている。こうした戒壇の本義を「小乗教等の戒律」「小乗や迹門の戒壇」と言って下し、「戒壇の大本尊を祀る所が事の戒壇」なる大石寺9世日有独自の「事の戒壇」義、大石寺独自の「事の戒壇」を引っ張り出して宣揚するのは、何も大石寺66世細井日達法主だけではない。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(160)~「戒壇」義の意味をほとんど知らない日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」信者2

■検証160・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠15

 

□「戒壇」義の意味をほとんど知らない日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」信者2

 

大石寺9世日有は1432(永享4)年の京都天奏で、比叡山延暦寺で修行した日蓮の遺弟を名乗ったものの、比叡山延暦寺の僧侶からすれば、比叡山延暦寺での修行経験の全くない大石寺9世日有は所詮、駿河国の私度僧にすぎず、日有の申状は宜面なく門前払いにされてしまうという屈辱を味わう。比叡山延暦寺で、私度僧同然に門前払いの屈辱を味わった大石寺9世日有は、他の戒壇である園城寺、東大寺、唐招提寺、教王護国寺、勅願寺ないしは京都五山である興福寺、法隆寺、薬師寺、高野山金剛峯寺、鹿苑寺、大徳寺等々の飛鳥、奈良、京都の大寺院を訪れて、申状取り次ぎ・伝奏を依頼するも結果は同じ。ことごとく門前払いである。まがりなりにも末寺を有する大石寺法主であった大石寺9世日有にとって、京都や奈良では僧侶としてすら認めてもらえないなどとは、耐えがたい屈辱だったことだろう。

さらに日頃から「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊・天台は過時の迹」と批判していた南都六宗(法相宗・倶舎宗・三論宗・成実宗・華厳宗・律宗)・八宗(南都六宗と天台・真言)の大寺院に頭を下げてまで申状を取り次いでもらわなくてはならなかったという屈辱もあった。

大石寺9世日有は、延暦寺・天台座主か園城寺長吏の前で湯之奥金山の黄金を積んで、大寺院には取り次いでもらったものの、その申状は、せいぜい伝奏衆に取り次がれたとしても室町幕府の将軍・足利義教止まり。朝廷公認の官寺で修行・授戒の経験のない大石寺9世日有の申状は、決して天皇には申し次がれないという過酷な現実にぶち当たる。しかも仮に申状が天皇や将軍に申し次がれたとしても、それにより信者が増えて、大石寺が裕福になるわけではないことに大石寺9世日有は気づくのである。そして大石寺9世日有が実際に京都・奈良の大寺院で見た繁栄の姿は、それぞれが有力武家や豪商といった有力信者からの布施・供養によって繁栄していたということである。京都の日蓮宗寺院では、町衆が多大な財政的寄与をしていた。1413(応永20)年の京都・妙顕寺の再建費用1900貫のうち、1300貫は京都の豪商小袖屋・柳屋が喜捨しており、1429(永享1)年の京都・本能寺の建立もまた小袖屋宗句の出資によるものであった。京都の日蓮宗は、京都の町衆の心をとらえて、大石寺門流よりも大きく教線拡大を成し遂げていた。

こういう現実を目の当たりにした大石寺9世日有は、日蓮・日興・日目の遺蹟を次いで天奏を遂げるという理想を完全に捨て去った。そしてありとあらゆる手段を講じてでも、大石寺の信者を増やし、大石寺を日蓮一門の本山にし、大石寺9世日有に耐え難い屈辱を味わわせた比叡山延暦寺や東大寺の戒壇を凌ぐような「事の戒壇」にするという「現実路線」に転換したのである。その大石寺9世日有がとった「現実路線」とは、まさに「戒壇の大本尊」偽作であり、「日蓮本仏義」「唯授一人血脈相承」の偽作。大石寺9世日有がモデルにしたのは、大石寺9世日有が京都・奈良で実際に垣間見た南都六宗(法相宗・倶舎宗・三論宗・成実宗・華厳宗・律宗)・八宗(南都六宗と天台・真言)の大寺院の伽藍・化儀・本尊・教義といったものであった。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(159)~「戒壇」義の意味をほとんど知らない日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」信者

■検証159・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠14

 

□「戒壇」義の意味をほとんど知らない日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」信者

 

大石寺の「戒壇の大本尊」の意味は、「戒壇」に祀る本尊、つまりこの場合は、大石寺9世日有が発明した「事の戒壇」、大石寺独自の「事の戒壇」に祀る本尊という意味である。だからこそ「戒壇本尊」とか「戒壇の大本尊」、あるいは日蓮正宗系では「本門戒壇の大御本尊」とか呼ぶのであるが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」信者は、「戒壇」と言われても、何の事やらさっぱりわからない信者が大半。「戒壇」とは、仏教教学の根幹に関わる重要な教義であるにもかかわらずである。なぜこうなっているのかというと、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」では、誤った「戒壇」義を信者に教えているからである。戒壇(かいだん)とは仏教用語で、戒律を授ける(授戒)ための場所のこと。戒壇は戒律を受けるための場所であるから、出家者は戒壇で授戒を受けることで正式な僧尼として認められることになる。

臨済宗南禅寺派教学部発行「戒壇歴訪」という本には、「戒壇」について次のように書いてある。

「授戒」とか「戒壇」とは何なのか。臨済宗南禅寺派教学部発行「戒壇歴訪」には次のようにある。

「仏教の伝来は、6世紀半ばころの欽明天皇の時代に百済の聖明王が朝廷に釈迦像と経典を献上したことによる…。伝来した仏教は政治的に利用されながら、権力者によって保護され、奨励されて徐々に広まった。保護奨励する意図は国家鎮護であった。この目的のために官寺が建てられ、僧綱や度牒制度が導入され、また僧尼を管理する法律(僧尼令)が定められた。これにより僧侶は官僚としての身分が与えられ、国家安泰を祈祷することが第一の役割となった。当時、得度する者の才能や徳行は官司によって選ばれたが、出家者は学業を審らかにせず、多くは僧綱に出家を頼んで僧になっている。得度は在俗の仏教信者が仏門に入るための儀式であり、得度の儀を経た者は沙弥・沙弥尼と称され、そのあと受戒の儀を経て正式に僧・尼となる。得度すると度縁が授けられ、一般の戸籍からは名を削られて課役を免除される。このような状況のもと、課役逃れのために出家する者や、戒律などを無視して堕落していく者が多くなった。また、仏教が伝来したころから自分で授戒する自誓受戒が行われる等、授戒はその重要性が認識されていなかった。

仏教が益々盛んになり、大寺院が続々と出現し、修道者も漸く増えてくると、正式の僧侶の資格である比丘となる儀式が行われず、仏法の教えそのものである戒を学ぶにも師がいないということが大きな問題となった。このため元興寺の隆尊は、戒師と戒律の専門家を招聘することを、時の知太政官事舎人親王に願い出た。天平5(733)遣唐使が派遣される時、この船に乗って大安寺の栄叡・興福寺の普照の二人が遣唐使に伴われ、43日、難波津より出航した。授戒の師を求めるためである。…栄叡・普照は長安に十年留学したが、適当な伝戒師がなく帰国を決定し、鑑真和上の弟子の道抗を請じた。のちともに揚州に赴き、この地で道抗の師である鑑真和上に閲した。和上はこの時55才で、大明寺で宗僧のために戒律の講義を開いていた。ここで二人は和上に、日本への伝戒招請のことを伝えた。…」(「戒壇歴訪」p1012)

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(158)~なぜ異なる内容の左京阿闍梨日教「天生ヶ原戒壇説」と日辰「天母山戒壇説」が起こったのか2

■検証158・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠13

 

なぜ大石寺僧・左京阿闍梨日教の文書「類聚翰集私」にはじめて「天生原」が出てくるのか

 

日蓮、日興の教説にない天母山戒壇説を、なぜ大石寺僧侶・左京阿闍梨日教(本是院日叶)や京都・要法寺13世貫首・広蔵院日辰が唱えたのか。左京阿闍梨日教の場合は、天母山ではなく、「天生原」と言っている。その「天生原」を、天母山を中心にした麓の平原、というふうに解釈すれば、そこには大石寺や北山本門寺が含まれる。左京阿闍梨日教(本是院日叶)は、「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」 (日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』2p323)と言っているわけですが、広宣流布の暁に建立される「本門戒壇」がどこに建立されるのか、ということについて、日蓮門下や富士門流では、長い間、論争があった。

左京阿闍梨日教(本是院日叶)は、元々は、京都の日尊門流の出身であり、1472(文明4)年ころ、大石寺9世日有の門下に会下した(堀日亨の言)人物。そして大石寺9世日有門下になった左京阿闍梨日教は、大石寺僧侶として、三大秘法、日蓮本仏義、二箇相承、血脈相承といった大石寺9世日有教学、というより大石寺9世日有が偽作した教学を大石寺門流のみならず、富士門流に広めることに絶大な貢献をした僧侶である。そうすると、左京阿闍梨日教(本是院日叶)としては、「大石寺に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」とか「大石ヶ原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」とか書きそうなものだが、そうは書かずに、なぜ「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」と書いたのか、ということになる。

それは、大石寺9世日有が死去する直前の1482(文明14)97日、大石寺と北山本門寺、小泉久遠寺、保田妙本寺の宗徒の間で血脈論争が起こり、大石寺の「戒壇の大本尊」や「百六箇抄」「日興跡条条事」等々による「大石寺戒壇説」に対抗して、北山本門寺が「本門寺額」を根拠にした「重須本門寺戒壇説」を出してきたからである。

左京阿闍梨日教(本是院日叶)は、三大秘法、日蓮本仏義、二箇相承、血脈相承といった大石寺9世日有偽作教学を徹底的に宣揚してきたわけだが、大石寺と北山本門寺、小泉久遠寺、保田妙本寺の血脈論争で北山本門寺から「本門寺額」が出てきたことで衝撃を受ける。「戒壇の大御本尊」や「百六箇抄」「二箇相承」「日興跡条条事」等々からすると「大石寺戒壇説」になるが、「本門寺額」からすると「北山本門寺戒壇説」ということになる。そうすると、戒壇建立の地は大石寺なのか、北山本門寺なのか、という問題に左京阿闍梨日教(本是院日叶)は直面することになる。

そこで左京阿闍梨日教(本是院日叶)は、「百六箇抄」の「四大菩薩同心して六万坊を建立せしめよ」の六万坊を建立するには、相当広大な土地が必要であることからして、敢えて大石が原とか大石寺とか書かずに、大石寺も北山本門寺も含まれる「天生原」という言葉を使って、「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」と書いたと言うことである。

つまり将来、大石寺に本門戒壇が建立されても、北山本門寺に戒壇が建立されても、天生原には大石寺も北山本門寺も含まれるわけだから、「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」と書いておけば間違いはないと言うことである。だから、大石寺と北山本門寺、小泉久遠寺、保田妙本寺の血脈論争後の1488(長享2)年、大石寺9世日有の門下であった左京阿闍梨日教の著書「類聚翰集私」にはじめて、「天生原に六万坊を立て、法華本門の戒壇を立つべきなり」の言葉が出てくるというわけである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ