アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:大石寺「戒壇の大本尊」・大石寺9世日有による偽作の真実 > いかにして大石寺9世日有は「小氷期」に楠木を入手したのか

■検証115・いかにして大石寺9世日有は「戒壇大本尊」偽作の為の楠木を入手したのか16   □湯之奥金山の金を背景にした経済力で京都の材木座衆から楠木を買い付けた大石寺9世日有   『大石寺の「戒壇の大本尊」は後世の偽作だ』 において、日蓮が「戒壇の大本尊」を ...

■検証113・いかにして大石寺9世日有は「戒壇大本尊」偽作の為の楠木を入手したのか15   □14世紀に造立された漆・金箔加工の板曼荼羅本尊は土肥金山産出の金により造立された   それでは漆加工・金箔加工の板本尊とは、いつごろから日蓮宗、法華宗、冨士門流の寺院 ...

■検証112・いかにして大石寺9世日有は「戒壇大本尊」偽作の為の楠木を入手したのか14   □身延山久遠寺・日向造立板本尊が金箔加工の板本尊であった証拠は全く存在しない   「アンチ日蓮正宗」では、鎌倉時代の身延山中の日蓮の生活は、まさに極貧の生活で、弟子僧 ...

■検証111・いかにして大石寺9世日有は「戒壇大本尊」偽作の為の楠木を入手したのか13   □西日本・四国・九州から楠木を調達するには財力・経済力のある人物でなければ不可能である   「アンチ日蓮正宗」から日蓮正宗への論破である「日蓮は経済力がなかったが故に ...

■検証110・いかにして大石寺9世日有は「戒壇大本尊」偽作の為の楠木を入手したのか12   □枯木・細木・幹が根本から大枝に分かれている楠木から「戒壇の大本尊」造立は不可能である   日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、大石寺の「戒壇の大本尊」の素材は楠木であるか ...

■検証109・いかにして大石寺9世日有は「戒壇大本尊」偽作の為の楠木を入手したのか11   □小氷期で枯れたクスノキの大木からは「戒壇の大本尊」なる板本尊は造立できない(爆)   鎌倉時代以降・江戸時代までの日本は「小氷期」だったとする学説に衝撃を受けてしどろ ...

↑このページのトップヘ