アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 創価学会とは宗教団体の仮面をかぶる実質的な政治団体である

□創価学会とは伝統仏教(大石寺・宗教団体)の仮面をかぶった実質的な政治団体である5   創価学会とは、伝統仏教の仮面、大石寺の仮面、宗教団体の仮面をかぶった実質的な政治団体である。創価学会の内部構造を検証していくと、他の政治団体よりも、他のどこの政党よりも ...

□池田大作天下取り・総体革命の原思想は大石寺教学・大石寺法主が創価学会に教示した説法   「(大石寺64世水谷日昇の講演)『かくして、宗門(日蓮正宗)の檀信徒の中より、産業、財界、文学、科学、政治、教育界に人材を送り、それを国家に反映せしめ、さらに世界に押し ...

□公明党議員を創価学会丸抱え・総ぐるみで応援し当選させ政治団体化していった創価学会   創価学会が実質的な政治団体化した第二の要因は、二代会長・戸田城聖の時代から創価学会文化部員を政界に進出させ、三代会長・池田大作の時代になると、創価学会は公明党を結党 ...

□公明党の大衆福祉とは創価学会員への進学、結婚、就職、再融資等の便宜供与活動のこと   創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員は、全員が創価学会組織の中では上級幹部である。池田大作が創価学 ...

□創価学会幹部・公明党議員が出す便宜供与で「功徳がある」と錯覚している創価学会員   創価学会員は、一見すると日々、大石寺法主が書写した曼荼羅本尊礼拝し、唱題し、大石寺門流(日蓮正宗)伝統教学(※実際はほとんどが大石寺9世日有の偽作教学)を研鑽して宗教活動に ...

□本当は曼荼羅本尊ではなく創価学会・公明党の便宜供与によって救われている創価学会員   創価学会員にしても、法華講員にしても、カルト的な熱狂的信仰活動をしている人は、必ずといっていいほど「私はこの宗教に救われた」「私は御本尊様(※大石寺法主が書写した曼荼 ...

↑このページのトップヘ