アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会とは宗教団体の仮面をかぶる実質的な政治団体である

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(260)~「ゆりかごから墓場まで」収奪システムが完璧に整備されている「政治団体」創価学会・公明党

□創価学会とは伝統仏教(大石寺・宗教団体)の仮面をかぶった実質的な政治団体である5

 

創価学会とは、伝統仏教の仮面、大石寺の仮面、宗教団体の仮面をかぶった実質的な政治団体である。創価学会の内部構造を検証していくと、他の政治団体よりも、他のどこの政党よりも、巧妙で、ほぼ完璧に近い政党・政治団体としてのシステムが整備され尽くしていることがわかる。

例えば、長く日本の政治の中枢で政治権力を握ってきた自民党(自由民主党)を例にとると、一般党員が納める党費、機関紙の売り上げによる機関紙収入、日本政府が交付している政党交付金の他に、企業が自民党支部に献金する企業献金がある。この企業献金が、政党交付金ができる以前は、自民党の大きな財源になっていたのだったが、この企業献金は、全ての企業が一律に自民党に献金しているわけではなく、献金している企業もあれば、献金していない企業もある。

かつて労働組合が、組合員からカンパを集めて社会党や民主党に献金する団体献金というものがあったが、全ての組合員がカンパを出しているわけではなく、カンパを出していない組合員もいた。自民党を支持する企業・団体の役員は、全員が自民党員になっているわけではなく、自民党員ではない人もいる。あるいは社会党や民主党支持の労働組合でも、組合員全員が党員だったわけではない。自民党と企業・団体、社会党・民主党と労働組合の関係は、かなりファジィーが部分があった。ところが、創価学会・公明党の場合、その経済的基盤は、他の政党、政治団体と比較して、はるかに強固であり、安定している。

創価学会に入信した新入信者は、入信の儀式として授戒・本尊下附があるが、宗創和合時代は日蓮正宗寺院に納めていた授戒料・本尊下附料の3000円は、1990年代以降は創価学会の懐の中に入っている。次に曼荼羅本尊を収納する仏壇を買い、シキミ、ローソク、線香を買わなくてはならないが、これは創価学会専門の仏壇屋で買わせる。次は、新入信者の創価学会員に、聖教新聞を買わせ、大白蓮華を買わせ、グラフSGIを買わせ、日蓮の御書全集、創価学会が出している御書講義、池田大作が書いた書籍、小説「人間革命」「新人間革命」等々を買わせる。これらを取り扱っているのは、聖教新聞取次店であり、創価学会の組織であり、聖教新聞本社。聖教新聞本社とは、法人になっておらず、創価学会の新聞・雑誌・書籍の販売部門のことで、これらは全て創価学会の収益になっている。極めつけは墓所で、創価学会は全国各地に創価学会員専門の巨大墓苑を経営しており、創価学会員はここに墓所を買わされる。これら巨大墓苑の収益も、全て創価学会の懐の中に入っていく。さらに創価学会の大規模巨大会館や講堂で行われる創価学会の本部幹部会や会合に出ると、入り口前に備えられた受付に、女子部員や婦人部員が待ち構えていて、白い袋の中に「広布基金」の名目で、献金を出させられる。この受付を素通りすることも不可能ではないが、創価学会幹部が目を光らせており、受付を素通りする創価学会員はほとんど皆無である。毎年12月になると、創価学会恒例の「財務」の募金があり、創価学会員は半ば半強制的に、財務の募金を強要される。さらに聖教新聞取次店では、公明党機関紙「公明新聞」や月刊「公明」等も取り扱っていて、これらを購読しているのもほとんどが創価学会員。こちらの購読料金は、公明党の懐に入っていく。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(250)~創価学会とは伝統仏教(宗教団体)の仮面をかぶった実質的な政治団体である4

□池田大作天下取り・総体革命の原思想は大石寺教学・大石寺法主が創価学会に教示した説法

 

(大石寺64世水谷日昇の講演)『かくして、宗門(日蓮正宗)の檀信徒の中より、産業、財界、文学、科学、政治、教育界に人材を送り、それを国家に反映せしめ、さらに世界に押し広げ、以て永遠平和の道標に光輝あらしめねばなりません。これが、本仏宗祖日蓮大聖人の願業であり、又、吾人の大願でなければなりません。今こそ宗門(日蓮正宗)史上、一大転機を画すべき好機であります。願わくば、下種三宝尊の御冥護(みょうご)の下、宗門(日蓮正宗)僧俗打って一丸となり、異体同心の祖訓(そくん)に徹して、一大計画を樹立し、正法弘通、立正安国に努力精進されんことを念願とする次第であります。創価学会員一堂の受賜(じゅし)寿命、息災延命を祈ります』----

(1989年・平成元年427日付け聖教新聞・第14回全国青年部幹部会での池田大作スピーチ)

昭和23(1948)1017日の創価学会第三回本部総会における大石寺64世水谷日昇法主の「王仏冥合」説法を載せた1989年・平成元年427日付け聖教新聞・第14回全国青年部幹部会での池田大作スピーチで、池田大作は「これについては小説『人間革命』にも紹介しているが…」の述べている。小説『人間革命』に出ているだけなら、例によって「あれは小説だから」との、得意の言い訳で切り抜けてしまうのかもしれないが、小説『人間革命』のみならず、第14回全国青年部幹部会でのスピーチで池田大作自ら紹介し、聖教新聞にも掲載されているわけだから、これは創価学会の公式見解であり、「王仏冥合」「総体革命」の原思想は、日蓮正宗大石寺の教義であり、大石寺法主の説法にあることを認めたものである。さらに1999(平成11)年のテレビ朝日「朝まで生テレビ」の「激論!公明党」に出演した創価学会・西口浩副会長は、「創価学会は王仏冥合をやめていない」と断言し、その「王仏冥合」の意味するところについて、「創価学会の信者が政界・財界・経済界・文芸・文化等の各界に人材として輩出して『日蓮仏法』と世間・政治が冥合すること」の意味であると述べている。この時の西口浩副会長の見解は、池田大作が1989年・平成元年の第14回全国青年部幹部会で紹介した、昭和23(1948)1017日の創価学会第三回本部総会における大石寺64世水谷日昇法主の「王仏冥合」説法と軌を一にしたものである。

「王仏冥合」という教義は、創価学会の目的・野望を知る上で重要な仏教用語である。昭和23(1948)1017日の大石寺64世水谷日昇法主の「王仏冥合」説法は、池田大作・創価学会の天下取り・広宣流布の原思想は、大石寺教学・大石寺法主の教示であることを明確に物語っている。池田大作の日蓮正宗・創価学会入信は1947(昭和22)824日だから、その12ヶ月後のこと。池田大作が「天下取り」を創価学会内部で公言することが確認できるのは、「同君(池田大作)は常に言う。天下を取ろうと」(1952年・昭和27310日付け聖教新聞)の発言だから、大石寺64世水谷日昇法主の「王仏冥合」説法のほうが3年半くらい前になる。

今でこそ、日蓮正宗は、池田大作・創価学会の「天下取り」「総体革命」構想を得意げに批判しているが、その「天下取り」「総体革命」構想の原思想は、大石寺教学であり大石寺法主が創価学会に教示した説法であることは認めざるを得まい。こうした創価学会の根源が日蓮正宗である真実をひたすら隠蔽し、全ての害悪の責任が創価学会にあるかの如き、全責任を創価学会に押しつけようとする日蓮正宗の態度はまさに無慙と言う以外にない。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(249)~創価学会とは伝統仏教(宗教団体)の仮面をかぶった実質的な政治団体である3

□公明党議員を創価学会丸抱え・総ぐるみで応援し当選させ政治団体化していった創価学会

 

創価学会が実質的な政治団体化した第二の要因は、二代会長・戸田城聖の時代から創価学会文化部員を政界に進出させ、三代会長・池田大作の時代になると、創価学会は公明党を結党。まさに創価学会・公明党が一体になって政治活動・選挙活動に取り組んできたこと。国政選挙、地方議会議員選挙があるたびに、公明党が、元創価学会幹部を経験した創価学会員を候補者として擁立。その候補者をまさに創価学会丸抱え、創価学会総ぐるみで支援・応援し、当選させてきた。創価学会組織と創価学会員は、公明党議員・公明党候補者が見れば、完全な集票マシーン、選挙マシーンになっていて、F取りなどの集票のみならず、選挙事務所、選挙カーの運転、手配、ウグイス嬢など、選挙の応援をする人は全て創価学会員。まさに創価学会・公明党は選挙があるたびに、一体の政治活動・選挙活動を行い、創価学会の政治団体化が進行していった。選挙のみならず、公明党議員による創価学会員へのさまざまな便宜供与も、創価学会員を根本とした「大衆福祉」も、まさに公明党なくしては語れない。公明党がなかったら、創価学会組織も、創価学会員の進学、就職、再就職、お見合い・紹介結婚も、融資も、都営・公営住宅への入居も、創価学会員の「功徳」「御利益」ある生活も実現しなかったことだろう。まさに創価学会・公明党の一体体質が生んだ創価学会の政治団体化現象である。

創価学会が政治団体化した第三の理由は、池田大作をはじめ創価学会首脳による、公明党を政治的道具にしての「天下取り」構想、総体革命構想を進めてきたことである。池田大作の天下取り発言、最高権力者発言としては、かなり数多くある。一例を挙げると

「同君(池田大作)は常に言う。天下を取ろうと」(1952年・昭和27310日付け聖教新聞)

「広宣流布の時には、参議院議員、衆議院議員もいてさ、皆な財布の中には少なくとも十万や二十万入れて、洋服も月賦じゃないの着てさ、ひとつ国会議事堂やプリンスホテルや帝国ホテルで会おうじゃないか。要所要所を全部ね、学会員で占めなかったら広宣流布できゃしませんよ」(1957年・昭和3296日付け聖教新聞)

「天下をとれることが少し私には見えて来た。天下をとらない党なら、やる必要はない。私がひかえているから心配するな」(公明党議員との記念撮影・1976年・昭和511116日)

「創価学会・公明党によってがっちり握られているのが今の日本…全て池田名誉会長に集まる時代になってきている」(1991年・平成312月度全国県長会議での秋谷栄之助会長発言)

「こう言うと、また政教一致と言われるけどね。教義を実現するためには政治の力が必要です。そういう目的で公明党をつくったのだから。それは変わらないですよ」(1994年・平成6914日・記者懇談会での池田大作発言)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(248)~創価学会とは伝統仏教(宗教団体)の仮面をかぶった実質的な政治団体である2

□公明党の大衆福祉とは創価学会員への進学、結婚、就職、再融資等の便宜供与活動のこと

 

創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員は、全員が創価学会組織の中では上級幹部である。池田大作が創価学会三代会長になってから、池田大作を頂点として、これら創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員といった、いわゆる「創価学会でメシを食う」幹部集団ができあがり、その幹部集団の下に一般の創価学会員がいるという、創価学会の権力構造ができあがった。1964(昭和39)年に、創価学会が結党した公明党は結党スローガンで「王仏冥合」「大衆福祉の公明党」「大衆の中に生きて、大衆とともに語り、大衆とともに死んでいく」などという、いかにももっともらしい宗教的スローガンや公約、綱領を掲げていた。この中でも公明党が「王仏冥合」とか「大衆福祉」を掲げていることに注目すべきである。

「大衆福祉を公明党が掲げているから、いいことではないか。政治家として問題ないじゃないか」と言う人がいるが、それは間違いである。公明党の「大衆福祉」とは、公明党が掲げるもうひとつの言葉「王仏冥合」と一体なのであり、仏教用語「王仏冥合」の語句の意味をよくよく検証しなければならない。「王仏冥合」とは、日蓮遺文(御書)・三大秘法抄の文である

「戒壇とは、王法仏法に冥じ、仏法王法に合して、王臣一同に本門の三秘密の法を持ちて、有徳王・覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪の未来に移さん時、勅宣並びに御教書を申し下して、霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立すべき者か。時を待つべきのみ。事の戒法と申すは是なり」(平成新編御書全集p1595)

--戒壇とは、王法(政治)と仏法が冥合して、天皇から万民に至るまで、本門の三大秘法の仏法を持ち、有徳王・覚徳比丘の其の乃往を今の末法の世に移したような時代が到来した時、勅宣並びに御教書を授かって、釈迦如来在世の霊山浄土に似たような最勝の地に戒壇を建立すべきである。その広宣流布の時を待つべきである。これが事の戒壇である--

を元にした仏教用語であり、創価学会をはじめとする「日蓮正宗系」団体が言う「日蓮仏法」と世間・政治が冥合すること、創価学会の信者が政界・財界・経済界・文芸・文化等の各界に人材として輩出して「日蓮仏法」と世間・政治が冥合することを指す、と言う。1964(昭和39)11月の公明党結党当時の綱領には、王仏冥合や国立戒壇などの仏教用語や宗教用語が並んでいたが、1970(昭和45)53日の創価学会第33回本部総会における池田大作会長の「政教分離宣言」ののち削除された。「王仏冥合」の文言は削除されたが、創価学会は「王仏冥合」そのものをやめて放棄したわけではない。創価学会は今も「王仏冥合」を放棄していないのである。1999(平成11)年のテレビ朝日「朝まで生テレビ」の「激論!公明党」に出演した創価学会・西口浩副会長は、「創価学会は王仏冥合をやめていない」と断言している。つまり「創価学会をはじめとする『日蓮正宗系』団体が言う『日蓮仏法』と世間・政治が冥合すること、創価学会の信者が政界・財界・経済界・文芸・文化等の各界に人材として輩出して『日蓮仏法』と世間・政治が冥合すること」の意味で、公明党が言う「大衆福祉」の語句を解釈すべきなのである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(247)~創価学会とは伝統仏教(宗教団体)の仮面をかぶった実質的な政治団体である1

□創価学会幹部・公明党議員が出す便宜供与で「功徳がある」と錯覚している創価学会員

 

創価学会員は、一見すると日々、大石寺法主が書写した曼荼羅本尊礼拝し、唱題し、大石寺門流(日蓮正宗)伝統教学(※実際はほとんどが大石寺9世日有の偽作教学)を研鑽して宗教活動に励んでいるように見える。しかし創価学会員が言う「功徳」「御利益」(ごりやく)なるものを現出しているように見せかけているのは、実質的に創価学会員の面倒を見ている池田大作を頂点とする創価学会幹部、公明党議員による、さまざまな便宜供与である。だから大石寺法主が書写した曼荼羅本尊が創価学会員に「功徳」「御利益」なるものを与えているのではなく、創価学会が、池田大作を頂点とする創価学会幹部、公明党議員が創価学会員に出す便宜供与で、創価学会員に「創価学会の信仰に功徳がある」と錯覚させているのである。だから実際は、創価学会という団体は、池田大作を頂点とする創価学会幹部、公明党議員がさまざまな便宜供与等によって面倒を見る、そして創価学会員は、池田大作の号令のもと、選挙で公明党議員を国会や地方議会に送り出すという、実質的な政治団体である。しかし創価学会は「宗教法人・創価学会」として宗教法人格を取っているが、それはまさに仮面に過ぎない。宗教法人、宗教団体としての仮面であり、それは大石寺、日蓮正宗、伝統仏教の仮面である。

創価学会については、それこそ1950年代のころから、さまざまな評論家、学者、ジャーナリスト、新聞、マスコミ等々の人たちが、創価学会について研究し発表してきているが、創価学会を「宗教団体」としてだけの側面にとらわれてしまうと、創価学会の全体・全容・全貌は解明できない。

創価学会はかつては日蓮正宗の信徒の団体であり、日蓮正宗から派生した宗教団体であり、今も大石寺法主が書写した曼荼羅本尊を礼拝し、大石寺門流(日蓮正宗)伝統教学を研鑽して宗教活動に励む。しかしその活動実態を見れば、創価学会の宗教団体としての側面、大石寺法主が書写した曼荼羅本尊を礼拝し、大石寺門流(日蓮正宗)伝統教学を研鑽する側面は、あくまで「伝統仏教の仮面」にすぎず、実際は、創価学会という団体は、実質的な政治団体であるということである。なぜそう言えるのか。事実、創価学会員は、日々、曼荼羅本尊を礼拝し、宗教活動を行っているが、実際に、創価学会員は創価学会組織の役職に就いて優遇されたり、結婚相手を紹介されたり、融資の仲介を受けたり、生活保護の世話を受けたり、都道府県営住宅の入居の斡旋を受けたり、就職・再就職の世話を受けたり、さまざまな生活上の世話を受け、面倒を見てもらっている。創価学会員の面倒を見て、世話をしているのは池田大作を頂点とする創価学会幹部・公明党議員である。そして創価学会員は、国政選挙、地方議会選挙の時は、公明党議員を全力で応援し、政界に送り出す。そして創価学会は、仏壇、ローソク、線香、樒(しきみ)に始まって、日蓮御書全集、御書講義、池田大作の著書、聖教新聞、大白蓮華、創価新報、公明新聞などから墓所、登山会に至るまで、何から何まで全て創価学会が会員の面倒を見て、創価学会の信仰活動に必要な全てのものを創価学会ないしは創価学会系列から買わせようとする。創価学会員に対して、信仰活動を理由にして、創価学会が出しているもの、創価学会系列の所が出しているもの、造っているもの、運営しているものを買わせ、利用させて経済的利益を上げようとする、創価学会員を「客」にした日蓮正宗の信仰を利用した一大商業組織であり、「伝統仏教」の仮面をかぶった一大コングロマリット(複合企業体)型の政治団体であると言える。その頂点に立っているのが池田大作であり、創価学会会長・理事長・副理事長・公明党代表・委員長をはじめとする最高幹部である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ