アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

自由恋愛で一般世間の人と結婚する創価学会員

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(176)~自由恋愛で創価学会未入信の男性と結婚して創価学会の信仰を捨てる創価学会女子部信徒

■自由恋愛で創価学会未入信の男性と結婚して創価学会の信仰を捨てる創価学会女子部信徒

 

東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の長谷山陽一(仮名)の義妹の女子部地区リーダー・星野知子(仮名)、田元支部(仮名)女子部部長の田室美智子(仮名)、さらに溝口個人会館(仮名)で公明党支援活動を行っていた女子部信徒など、確かに創価学会には、独身女子の信徒がおり、女子部の組織があって、女子部本部長、部長、地区リーダーという役職者もいることはいる。しかし信仰が定着して根ざしているかどうかとなると、全く話しは別である。

創価学会では女子部→結婚→婦人部が定番のコースだと言うが、創価学会の主戦力と言われる婦人部には、女子部出身者が大勢いて不思議はないはず。しかし婦人部の一般信徒は、そうなっていない。例えば座談会に来ている婦人部信徒の半分以上は、結婚した後に婦人部信徒の折伏で創価学会に入信した人たち。こう言うと「婦人部幹部は女子部出身者が多い」と創価学会員は反論してくるが、しかし末端の婦人部信徒はそうではない。女子部出身者の婦人部幹部の家庭は、夫も子どもも創価学会員だが、結婚した後に婦人部信徒の折伏で創価学会に入信した婦人部信徒の家庭は、創価学会に入っているのは、婦人部信徒だけというケースが大半。子どもは創価学会に入っていても、夫は創価学会未入信。中には、夫が創価学会活動に猛反対して、深刻な家庭分裂状態になっている家庭がゴロゴロたくさんある。一家の主婦の創価学会入信が、家庭分裂の大きな原因になっている。

こういったケースについて、創価学会は日蓮の檀那であった池上兄弟の父親が日蓮に反対していたが、後に入信したケースを例に挙げて「ずーっと折伏していれば、一家全員が入信する」「家族が反対していても創価学会活動をつづけることが幸せ」と説いている。しかし夫が創価学会活動に反対している婦人部信徒の表情を見ていても、とても幸せそうには見えない。どちらかというと、永年の家庭分裂に疲れ果てているように見える。しかもこれらの婦人部信徒の中には、夫が創価学会活動に反対であるため、夫にウソをついて大石寺の登山会に参加している人、夫にウソをついて創価学会の活動に参加している人がたくさんいると聞いた。ここまでやらなくてはならないものなのか。もちろんこういう婦人部信徒にも、子どもさんがいるわけだが、まだあの当時、若かった私ですら「こんなことをして、子どもの教育に悪影響が出ないのだろうか」と疑問に思ったものだった。

さて一方の女子部のほうであるが、溝口個人会館(仮名)に来て公明党支援活動をしていた女子部信徒、座談会に来ていた女子部信徒、長谷山陽一(仮名)の義妹の女子部地区リーダー・星野知子(仮名)、田元支部(仮名)女子部部長の田室美智子(仮名)等々、これらの人たちの口から、どうして創価学会活動を行っているのかということについて、自ら積極的に活動している具体的な理由、動機について、一度も耳にしたことがない。溝口個人会館(仮名)での公明党支援活動の会合で、女子部本部長や部長が、女子部大B長を前にして、ギャンギャン金切り声を上げながら絶叫して喋っていたが、その内容はまことに説得力のないものであった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(65)~創価学会男子部ではなく一般男性と結婚するケースが多い創価学会女子部・独身女子

■創価学会男子部ではなく一般男性と結婚するケースが多い創価学会女子部・独身女子

 

創価学会は、男子部幹部、女子部幹部に「お見合い結婚」の世話をしているが、全ての創価学会独身信者に、普遍的に「お見合い結婚」の面倒を見ているのではない。あくまでも幹部だけ。

特に創価学会男子部の独身信者の場合は、「お見合い結婚」の面倒を見てもらえるのは、完全に幹部の特権と化している。

なぜ幹部の特権と化しているのか、というと、独身男子信者と独身女子信者の比率が21で、圧倒的に独身男子信者の数が多いから。全ての創価学会独身信者に、普遍的に「お見合い結婚」の面倒を見れるわけがない。そんなことをしたら、独身男子信者の半分以上が「お見合い」から「あぶれ」てしまう。

では女子部の場合はどうなのか、というと、こちらも実質的に「お見合い結婚」の世話をしてもらえるのは、幹部の特権となっている。信者数からいうと、独身女子信者数は独身男子信者数の約半分くらいなのにである。

なぜ、こうなっているのか。

まず第一に、創価学会女子部信者の中に、創価学会男子部ではなく、創価学会とは何の関係もない一般男性と結婚する信者が、案外と多い。これはもちろん恋愛結婚のケース。中には、お見合い結婚で、創価学会女子部信者が一般男性と結婚するケースもある。

一般的に考えると、女子部信者は、自分の結婚相手に、創価学会の男子部信者を選びそうに思えるのだが、実際はそうなっていないケースが実に多いところが面白い。

創価学会女子部信者と一般男性が結婚した場合、創価学会の信仰をどうするのか、という問題が発生する。もちろん創価学会女子部信者の両親は、創価学会員であるケースがほとんどなので、両親は女子部信者に、相手の男性を折伏して創価学会に入信させようとする。

ところが、一般男性と結婚すると同時に、創価学会女子部信者のほうが、創価学会の信仰をやめてしまうケースがけっこうあるのである。

創価学会壮年部・婦人部の幹部は、こういうケースを実に怖れている。溝口達夫(仮名)本部長夫婦も、こういうケースに実に神経をとがらせていた。こういうケースは創価学会女子部信者と一般男性の自由恋愛から発展するケースが多いという。しかし創価学会は、男子部、女子部の独身信者に対して、実質的に自由恋愛を禁じている。

しかし自由恋愛を禁じている、とは言っても、禁じられると、ますますやりたくなるのが人情ではないだろうか。創価学会員の両親に内緒で一般男性と自由恋愛関係になり、両親や周囲の幹部が知ったときは、時既に遅し。二人は抜き差しならぬ関係になっていて、そのまま結婚にゴールインし、創価学会女子部信者のほうが、創価学会の信仰をやめてしまうケースに至るのだという。

創価学会本部1


続きを読む

隣の学会員・法華講員(31)~ファッションモデル級の一般人美女をゲットして信仰を捨てた創価学会学生部員2

■ファッションモデル級の一般人美女をゲットして信仰を捨てた創価学会学生部員2

 

日高良夫(仮名)の両親は、モーレツなガチ創価学会員で、地元創価学会組織の本部幹部だか支部幹部をやっているという。その両親の影響で、日高良夫は、小学生、中学生、高校生と創価学会の庭で育った。しかも北海道・札幌市の実家は、個人会館になっていて、連日、会合が行われて、創価学会員が来ていたという。

そして日高良夫が言うには、「創価学会員だから幸せな結婚をするとは限らないし、創価学会幹部でも40才近くになって独身がたくさんいる」という。

「へえー、そんなもんなのかね」と答える私。そういえば、福寿荘の近くに38才の独身サラリーマンの男子部副部長が住んでいるのを思い出した。

さらに日高良夫が言うには、「たしかに男子部、女子部には、創価学会幹部の紹介でお見合い結婚する人もいるが、全てうまくいっているわけでもない。しかも幹部の中には、嫌いな幹部やウマの合わない幹部もたくさんいる」という。

こんな感じで創価学会に背を向けている日高良夫。そして日高良夫は

「だから、(創価学会の)信心はしているが、それは結婚まで。今の彼女と結婚したら、(創価学会の)信心はやめる」と言っている。

私が聞いた感じでは、小学校、中学校、高校と12年間、創価学会の庭の中に居て、その中でいろいろなこと、いやなことがあったりして、背を向けるようになったと思えた。


しかし、日高良夫の両親は創価学会幹部である。

「一般の女性と結婚して、あんたが(創価学会の)信心をやめると言ったら、両親が許さないのでは」と、私が言うと、日高良夫は「親がどんなに反対しても、今の彼女と結婚したい」という。

あたかも、駆け落ちしてでも結婚したいというから、私もビックリ。

少なくとも、創価学会員・日高良夫にとっては、もはや創価学会の信心よりも、ファッションモデル級の絶世の美女である彼女のほうが大事になった、ということである。

その後、大学を卒業して日高良夫は、結婚したと聞いた。

日高良夫は、私よりも年齢が1つか2つ上の人で、しかもガチ創価学会員のように留年せず、ストレートに進級・卒業していったので、私が大学在学中に卒業していった。

しかも、日高良夫が創価学会員でも何でもない一般人の彼女と交際していたことは、福寿荘の創価学会員たちも全員知っていて、ずいぶん後になって、福寿荘の創価学会員に

「そういえば、あの人はどうなったの」

と聞くと、「結婚したんじゃないの」という創価学会員たち。

そして「結婚しても(創価学会の)信心をつづけているの」と彼らに聞くと

「それはわからない」と、答えを濁す創価学会員たち。

「結婚したら信心をやめる」と宣言していた日高良夫が、結婚した後も信心を続けている、とはとても言えなかったのだろう。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(30)~ファッションモデル級の一般人美女をゲットして信仰を捨てた創価学会学生部員

■ファッションモデル級の一般人美女をゲットして信仰を捨てた創価学会学生部員

 

福寿荘(仮名)では、私以外の部屋を全て創価学会員たちが占拠し、連日連夜、創価学会の会合が行われていたので、当初、この福寿荘に来ている創価学会員は、全てガチ信者・カルト信者ばっかりだと思っていた。

しかししばらく経ってみると、次第にそうではないことに私も気づき始めた。ここには、ガチ信者が多数来ていたが、そうではない信者も来ていたのである。

そのうちの一人が、日高良夫(仮名)であった。

日高は、北海道・札幌市出身の創価学会員で、親元を離れてT大学の近所にアパートを借りて住んでおり、親の斡旋で日蓮正宗法主の曼荼羅本尊を厨子に入れて祀っていた男。一見して、カマキリとクマンバチを足して二で割ったような顔をしていた。

カマキリ1


当初、私はこの男も下山、李、岩本、飯島らと同じガチ信者だとばっかり思っていたのだが、よく話を聞いてみると、どうも様子が違っていた。

まず日高良夫は、創価学会員であったが、勤行もろくにやらず、教学にも全く関心はなし。

創価学会幹部に誘われて福寿荘の創価学会の会合には来ていたようだが、自分から積極的に創価学会の行事に参加する気は全くなし。

ところが、この日高良夫の両親は、北海道・札幌市の熱心な創価学会員ということで、本部幹部だか支部幹部だかということ。日高良夫も、中学生、高校生のころは、両親の手引きで、創価学会活動に参加していたという。

そういう日高良夫がどうして、大学に入ってから、後ろ向きになったのか。

 

それは、日高良夫に、創価学会員でも何でもない、一般人の女性の「彼女」ができたからである。

しかもその彼女は、関東の金持ち・資産家の娘で、しかもファッションモデル級の絶世の美女。日高良夫は、こんな美女と相思相愛の関係になり、将来は結婚するという。

日高良夫は、創価学会幹部の前では、両親が創価学会幹部である関係上、「将来は彼女を折伏します」と言って話を合わせていたようなのだが、創価学会とは全く関係ない私の前では、何の遠慮もいらないと思ったのか、まさに本音むき出し。

日高良夫は、ファッションモデル級の絶世の美女である彼女を折伏して、創価学会に入会させる気など全くなし。しかもアパートを借りた当初は、曼荼羅本尊を祀っていたが、その後、掛け軸式の曼荼羅本尊を巻いてしまって、引き出しの中に入れてしまったという。

本人は、本音のところでは、完全に創価学会には背を向けているのである。

私からすれば「へーえ、そうなんだ」となる。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ