アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

本当は日々の勤行をサボりまくっている創価学会員・法華講員

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(121)~週五日のバイトをしていた間、全く勤行をしていなかった某大学の創価学会学内委員長

■週五日のバイトをしていた間、全く勤行をしていなかった某大学の創価学会学内委員長

 

私がバイトをしていた同期電設(仮名)に、同じくバイトに来ていた池本淳(仮名)は、某大学の創価学会学内組織委員長を務めるほどの創価学会学生部幹部。しかし幹部とはいっても、この男も、日々の勤行からして、実にチャランポラン。私はかつて福寿荘(仮名)で、夕陽ブロイラー(仮名)のバイトをしていたとき、創価学会男子学生部員たちが、幹部から一般会員まで、勤行が総崩れになったのを、まざまざと見てきた。勤行総崩れは、この池本淳(仮名)も同じ。

同期電設(仮名)の経営陣である出刃亀四兄弟(仮名)の富男社長から、四男・時男副社長、五男・克男専務、六男・哲男常務は、全員が酒好き。東京都内や埼玉県などの関東近県で仕事をした後、毎日のように東京都内にある事務所か、埼玉県N市にある富男社長宅で、経営陣から社員、アルバイトを集めて酒宴を行っていた。

酒好きの富男社長は、学生のバイトたちにも、「おーい。今日はみんなで一杯やるから、呑んで行けよ」と言う。社長をはじめ経営陣の出刃亀四兄弟(仮名)から「呑んで行けよ」と言われれば、呑まざるを得ない。しかも「宴会が遅くなっても、ウチで泊まっていけばいいから」と言う。

富男社長宅に隣接して寮があり、寮に寝泊まりしている社員・バイトもいたが、他に、ここに数人がごろ寝できるスペースがあった。だから、夜遅くまで富男社長宅で宴会をして、帰宅できなくなった日は、全員が寮で寝泊まりしていた。そうなると、創価学会員のバイトは、当然、勤行ができなくなる。つまり勤行崩壊というわけである。

あの当時、私も池本淳(仮名)も大学四年生の同じ歳。大学一年生の時から、順調に単位を履修・取得していって、大学四年生のときの履修科目は、週一回のゼミと卒業論文のみ。卒業論文は、卒業の数ヶ月前に集中して書き上げてゼミの教授に提出すればいいものだから、普段の履修科目は週一回のゼミのみ。だから週一回しか大学に行かなくてもよかった。

それなので、同期電設(仮名)のバイトは、定休日の日曜日とゼミに行く日以外の週五日できた。あの当時はまだ、週休二日制が一般に定着しておらず、週六日勤務が当たり前の時代。大企業では週休二日制の会社もあったが、中小企業ではまだまだ少なかった。「そんな週休二日制にしちゃったら、平日に仕事が溜まっちゃって、どうしようもないよ」というのが大きな理由で、同期電設(仮名)の富男社長もそんなことを言っていた。

あの当時の同期電設(仮名)の学生バイトの日給は1万円から12000円。20日働いたら20万円くらいの収入になる。当時の学生バイトのギャラの相場としては、高いほうである。

しかも仕事から帰ってきたら、寮に風呂があって風呂には入れるし、夕食付きの酒付きとなったら、こんないいバイトはないという話になる。私も池本淳(仮名)も、週五日ペースで同期電設(仮名)でバイトをしていた。

私は、家賃が月1万円の福寿荘(仮名)を退出した後、東京・練馬で家賃が月38000円のアパートを借りて暮らしていたが、高額な収入があったので、ずいぶん楽な生活をしていた。

池本淳(仮名)は、親元の実家で生活していたため、家賃を支払わなくても済むため、もっと生活は楽だったはずだ。

学会本部別館3 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(67)~会合の席で自ら勤行を全くやっていないことを暴露した創価学会女子部員

■会合の席で自ら勤行を全くやっていないことを暴露した創価学会女子部員

 

溝口工務店(仮名)に隣接する溝口個人会館(仮名)では、連日連夜、大勢の創価学会員が詰めかけて、何らかの会合が行われていた。この個人会館の仏間はひときわ広く、満員になると、おそらく100人以上は入ったのではないかと思われる。

1983(昭和58)2月ころから、統一地方選挙の選挙戦がヒートアップしてくると、大広間では、個人会館にも入りきれないほどの大勢の創価学会員がすし詰め状態になっていた。なので、個人会館の玄関はとても広く、くつ箱(ゲタ箱)がそれこそ数段・数列にも造られていた。

私は溝口工務店(仮名)の仕事の帰り、ホコリまみれになって現場から帰り、工務店・社長宅の風呂に入る。風呂上がりの頃、ぞくぞくと個人会館に創価学会員がやってくる。会合は夜830分ころに終わって、一般の創価学会員は帰宅するが、幹部が個人会館に居残って、何事か話しをしている。個人会館には、大広間以外にも、いく部屋も別室があり、その別室の中で、何やら相談をしていた。

さらに準備がいいことに、個人会館の大広間には、会合用の演壇、マイク、スピーカーまでセットされていたので、まさに本格的。選挙の投票日が近づいてくるにつれ、個人会館での創価学会会合にも、公明党議員、公明党候補者が顔を出す。私は、創価学会の会合に、公明党議員・候補者が出てきて、頭を下げている光景を何度も目撃している。

創価学会の会合の名目は「○○本部総決起大会」とか「○○ゾーン()総決起大会」とか、そういう名目だったと思う。会合の名目や式次第等にも、公明党議員が出席するとは一切書いていないし、公明党の文字もどこにもない。会合が盛り上がってきたころに、途中から飛び入りで参加するように、公明党議員が会合に入ってきて、創価学会員の前であいさつをする。

総決起大会というのは、はっきり言って、公明党議員支援大会のようなものである。

 

総決起大会のボルテージを上げるためなのか、演壇には壮年部、婦人部、男子部、女子部、学生部、未来部など、いろんな部の代表者が出てきて、いろいろ喋っていた。私は、溝口工務店(仮名)の空き部屋からこの様子を見ていたが、私が印象に残ったのは、次から次へと登壇者が出てきて喋る中、女子部の登壇者が出た時。

こういう大きな会合で、登壇して喋るのは、一般会員ではなく、幹部だと聞いていたので、この女子部登壇者も、創価学会幹部の一人だと思われる。

たしか、この時のテーマは「日々、自分を盛り上げていくためには、どうしているのか」ということを壇上で喋る、というような内容だったと記憶している。

この時は、次から次へと登壇して、いろんなことを喋り、総決起大会の場がかなり盛り上がった勢いもあったと思うが、登壇した女子部がこんなことを言ったのである。

「私は、日々自分を盛り上げていくためには、朝ぎりぎりまで寝ていて、5分でお化粧して、5分で着替えて、会社に出勤して行っています」

創価学会本部1

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(38)~早朝出勤のアルバイトで朝の勤行が完全崩壊した創価学会員

■早朝出勤のアルバイトで朝の勤行が完全崩壊した創価学会員

 

私も、夕陽ブロイラー(仮名)のバイトが約3ヶ月ぐらいつづいたと思う。こういう生活をしているうちに、ちょっと面白いことが起こった。

創価学会員が行っていた夕陽ブロイラー(仮名)A部門は、7時開始なので、遅くとも610分くらいまで福寿荘を出発しないと間に合わない。彼らは創価学会員なので、出勤前に五座の勤行をしなくてはならない。そうすると朝の52030分くらいから、勤行をはじめなくてはならない。

私が行っていたB部門は、約30分はじまりが早く、630分にはじまるため、540分ころ、福寿荘の近所で笠間氏(仮名)と待ち合わせて、笠間氏(仮名)の車で出勤。

つまり私が出勤する時は、福寿荘1Fで勤行が行われている真っ最中である。

しかし、見ていたら、創価学会員たちが真面目に朝の勤行をしていたのは、最初の1週間くらいの間だけ。次第に創価学会員たちは、早朝出勤について行けなくなり、徐々に勤行が崩れ始めていった。最初は、福寿荘1F56人が集まって勤行していたのに、次第に人数が少なくなり、1ヶ月もしないうちに、出勤前の五座の勤行が総崩れになったのである。

 

「なーんだ。私の前で、さんざん偉そうなことばっかり言っていて、やっぱりこれかよ」

という感じである。

朝の勤行が総崩れになったことが私にバレたことが、よほどバツが悪かったのか、福寿荘の創価学会員たちは、いろいろと言い訳をしたり、いろいろと理由を付けたりして、夕陽ブロイラー(仮名)のバイトをやめて、他の創価学会員を紹介したり。バイトを辞めたことで、なんとかして朝の勤行していないことを正統化しようという魂胆がミエミエ。

福寿荘に住んでいない、ある創価学会員は、「福寿荘に来る前に、自宅で勤行をしてきている」と言っていた者がいたが、その男は、福寿荘に来たときは、明らかに、起きてからまもなく、という感じ。とても朝の勤行をしてから、福寿荘に来ているようには見えない。

 

福寿荘1Fに住んでいた下山伸三(仮名)も、最初の頃は夕陽ブロイラー(仮名)のバイトに行っていて、下山伸三(仮名)宅に創価学会員が集まって勤行をしていたが、下山自身が勤行が崩壊してしまい、創価学会員たちは、となりの岩本年光(仮名)宅に集まって勤行。

そのうちに下山伸三(仮名)は、なんだかんだ理由を付けて夕陽ブロイラー(仮名)のバイトを辞めてしまい、他のバイトに移ってしまった。

そのうちに、岩本年光(仮名)宅で行われていた勤行に来る参加者が徐々に減っていき、そのうちに岩本年光(仮名)も勤行が完全に崩壊。気がついたら、福寿荘の創価学会員たちは、全員、夕陽ブロイラー(仮名)のバイトをやめてしまっていた。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ