アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

信仰の灯が実質的に消えてしまっている創価学会員・法華講員

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(49)~女子学生ナンパに大活躍していた三代目・名前だけの創価学会員

■女子学生ナンパに大活躍していた三代目・名前だけの創価学会員

 

私が福寿荘(仮名)に住んでいたことで、現役のカルト創価学会員に巡り会ったが、同時に創価学会を退会した人、名前だけの創価学会員にも、けっこう巡り会った。

これはどういうことかというと、大学生同士で親密になれば、お互いの自宅によく遊びに行ったりする。私の自宅は福寿荘(仮名)2Fにあったため、いきなり1Fで創価学会男子学生部の会合がはじまり、大声で「南無妙法蓮華経」とはじまれば、「これは一体、何事だ」ということになる。

それで私が、実はこれこれこういうわけで創価学会員たちが、福寿荘(仮名)を占拠してしまった、と説明すると、「そうか、創価学会というところは…」となり、「実は…」ということになる。

 

東京・板橋に一人でアパートを借りていた大城和政(仮名)は、私とはゼミがいっしょ。この大城和政(仮名)という男も、なかなかの男前で、ルックスは、あの当時のアイドル歌手・野口五郎と城みちるを足して二で割ったような感じ。そしてその男前のルックスを生かして、なかなかの「女好き」。

一人暮らしのアパートに、しょっちゅう「彼女」を連れ込んで泊まらせていた。

「彼女」のゲット法は、街中やキャンパスでのナンパ。さらに新宿や六本木の繁華街のディスコでのナンパ。とにかくナンパで同年代の女子大生やらOLをゲットしてアパートへ連れ込むという大活躍ぶりであった。

 

大城和政(仮名)は、東京生まれの東京育ちの江戸っ子。親元の実家も東京都内にあり、実家から大学に通おうと思えば通える。ところが「夢は一人暮らしだった」ということで、アパートを借りて、かたっぱしから「彼女」を、とっかえひきかえ、アパートの自室に連れ込んでいた。

大城和政(仮名)の女好きもハンパじゃなく、「彼女」の他に、高校時代の同級生だという「女ともだち」も、わんさか押しかけてきていて、男友だちと「女友だち」56人でアパートで酒を呑み、そのまんま朝まで集団ざこ寝なんて平気。まさに一人暮らしのアパートで、やりたい放題であった。

まさにやっていることは、辻岡義克(仮名)とよく似ているが、辻岡義克(仮名)は巨乳好きだったのに対し、大城和政(仮名)の好みは、スポーツレディタイプ。アパートに連れ込んでいた女子学生も、そんなタイプが多かったように思う。

 

ところがこの男、一人暮らしのアパートの近くに親元の実家があるというのだが、この実家は、どんなに親しい友だちや彼女でも入れさせない。私には実家の場所すら教えないのである。

「なんでこんなことをするのかな」と不思議に思っていたが、大城和政(仮名)が祖母の代からの創価学会員であることをカミングアウトしたのは、だいぶ後になってから。

大城和政(仮名)云く「おばあちゃんが、熱心な創価学会員だったのだ」とのこと。

大城和政(仮名)の祖母の代というと、明治末期か大正初期生まれの人だと思われる。そうすると戸田城聖時代からの創価学会員なのではないかと思われる。



続きを読む

隣の学会員・法華講員(37)~先祖代々・墓檀家の法華講員だったアルバイト先の直属上司

■先祖代々・墓檀家の法華講員だったアルバイト先の直属上司

 

私が夕陽ブロイラー(仮名)のアルバイトに行き始めて何日目だったかに笠間氏(仮名)

「実はオレ、法華講なんだよ」

と、カミングアウト。所属の寺院は、東京・池袋の常在寺だったか、法道院だったか、向島・常泉寺だったか、忘れてしまったが、とくかく東京都心にある日蓮正宗の古刹寺院だった。

この人は、元創価学会とか、そういう人ではなく、先祖代々からの法華講で、そうとう古くからの檀家だった様子で、自宅の仏壇には大きな曼荼羅本尊が祀ってあるとのこと。

しかし信仰生活のほうは、勤行もなにもしておらず、お盆とお彼岸のときぐらいに、寺院に行って墓参りをしているとのこと。大石寺登山や御会式に行っているかどうかまでは、話したかどうか記憶がない。

つまり、創価学会が「墓檀家」とか「旧信徒」と呼んでいる人ということである。私が先祖代々の法華講の「墓檀家」に出会ったのは、夕陽ブロイラー(仮名)の上司・笠間氏(仮名)が最初。

創価学会は、先祖代々の法華講で、お盆とお彼岸の墓参りぐらいしかしない人を「墓檀家」と呼んで下していたが、私は、お盆とお彼岸の墓参りぐらいしかしない活動形態が、特に悪いとは思わない。先祖代々からそういう形で定着してきているわけだから、それはそれでいいと思っている。

他宗派の先祖代々の檀家の人を見ると「墓檀家」がかなり高い割合を占めている。

 

ところで「墓檀家」の笠間氏(仮名)は、自分では「墓檀家」と卑下している感じだったが、しかし喋り始めると、法華講のことはもちろんのこと、創価学会の内情等に実にくわしい。私にも、いろいろな解説をしてくれた。さしずめ「創価学会評論家」「法華講評論家」のよう。

笠間氏(仮名)は、こういう創価学会や法華講の話題が大好きなようで、車の中の話題はこればっかり。

「オレは先祖代々からの法華講。だから創価学会のこととかに詳しいんだよ」

と、こんな言い方をしていた笠間氏(仮名)

私は、一番最初に出会った法華講員が、「先祖代々の法華講」だったので、それから約十年弱ぐらいの間、法華講とは先祖代々の檀家で、昭和の時代になって、信者数を急成長させたほうが創価学会だとばっかり思っていた。

法華講の実態が、「元創価学会員」が大半である、ということがわかったのは、これからだいぶ後になってからのことである。

 

夕陽ブロイラー(仮名)B部門の直属上司が、先祖代々の法華講だったわけだが、なぜその人が、福寿荘から集団でバイトに来ているグループの中から、私だけを引き抜いたのか。これはいまだに「謎」である。

笠間氏(仮名)は、このグループの中で、私だけが創価学会員ではないことは知っていたし、ひょっとしたら創価学会を嫌っていたのかもしれない。

法華講連合会結成許可書
 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ