アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:大石寺9世日有・戒壇大本尊・日蓮本仏義・血脈偽作の動機・野望 > 浄土真宗・法華宗・日蓮宗に対抗して大石寺門流の布教拡大のため

■検証284・大石寺9世日有「戒壇大本尊」偽作の動機5・大石寺の布教拡大の為4   □大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」が教義・金集めの根本になっている日蓮正宗   歴史上はじめて大石寺に根本本尊を祀ったのは大石寺9世日有。その大石寺9世日有が祀った本尊と ...

■検証283・大石寺9世日有「戒壇大本尊」偽作の動機5・大石寺の布教拡大の為3   □大石寺9世日有が京都天奏で目の当たりにした浄土真宗仏光寺派・専修寺派繁栄の衝撃2   ひきつづき、浄土真宗の歴史の概略、真宗専修寺派の「唯授一人口決」、真宗仏光寺派の「法脈」 ...

■検証282・大石寺9世日有「戒壇大本尊」偽作の動機5・大石寺の布教拡大の為2   □大石寺9世日有が京都天奏の旅で目の当たりにした浄土真宗仏光寺派・専修寺派繁栄の衝撃   大石寺9世日有は、1432(永享4)年3月に京都天奏の旅で、はじめて京都に上京。ここで他宗派、 ...

■検証281・大石寺9世日有「戒壇大本尊」偽作の動機5・大石寺の布教拡大の為1   □大石寺に根本本尊が存在していなかったが故に信者も参詣者もなく経済的に疲弊していった   日蓮正宗大石寺9世法主日有(1402~1482・法主在職1419~1467・1472~1482)が「戒壇の大本尊 ...

↑このページのトップヘ