アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

政治・社会・歴史・美術・芸術に学ぶ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

ピカソが1968年に発表した絵画「首飾りをした裸婦」によく似ている正本堂大前机の全裸彫刻

□東洋仏教文化の例外的に存在した全裸彫刻・かつて大石寺にあった正本堂大前机の全裸彫刻

 

さて、2018128日、東京・上野・国立西洋美術館に行って、もうひとつ気がついたことがある。それは全裸像のことである。ミケランジェロの全裸男性彫刻像の他、「弓を引くヘラクレス」「説教するヨハネ」など、マッチョ男の全裸彫刻が常設展示されているのだが、全回、東洋美術と西洋美術を比較して、「全裸美術、全裸彫刻は、日本の仏教文化には皆無である。」と書いた。

「ふと思ったこと(6)~国立西洋美術館の展示を鑑賞して思った東洋仏教美術と西洋キリスト教美術の相違」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/37624111.html

しかしながら、よくよく考えてみると、極めて「例外的な」存在であるが、東洋文化にも、全裸彫刻ではないか、と思われるものがあったのである。それは、1972年~1998年に大石寺に存在した正本堂の大前机にあった「全裸彫刻」である。

 

2


23
 

(1972-1998に大石寺に存在した正本堂)

 

23大前机


24大前机
 

 

(正本堂の大前机・写真集「正本堂」より)

大前机と言っても、聞き慣れない方がいると思うので、少し解説しておきたい。

「前机」(まえづくえ)とは、読書や物書きなどに使う文机(ふづくえ),仏前に置き香炉など載せる前机,経を読むときに使う経机,飲食物を載せて食事するのに使う食卓など。ここで言う前机とは、香炉を載せて仏前に置く前机で、正本堂の大前机とは、ちょうど正本堂の大導師席(法主が着座する席)の前にあり、「戒壇の大本尊」に供える香炉が置いてあった巨大な前机のことである。

この大前机に、「衆生所遊楽」と題する彫刻が彫ってあるのだが、ここに全裸像と思われる彫刻があった。実は、この彫刻、1970年代から1990年代のころ、マスコミによく取り上げられ、「正本堂の大前机の全裸像の顔が、池田大作によく似ている」「あれは、池田大作の全裸像なのではないか」「正本堂の建立発願主は池田大作だから、池田大作は自分の全裸像を大導師席の前に備えつけて、大石寺の法主に、自分の全裸像を拝ませようとしていたのではないか」等々…と、マスコミが集中砲火的批判を浴びせていた。

池田大作が、はたして自分の全裸像を、大石寺の法主をはじめ、大石寺僧侶、参詣信徒に拝ませようとしていたのかどうかは、これだけでは断定することはできない。しかしながら、大前机の全裸彫刻の顔が、どこをどう見ても池田大作に似ているというのは、異論があるまい。

 

正本堂大前机1


正本堂大前机2
 

(正本堂の大前机・全裸彫刻)

 

池田大作17
 

(池田大作の写真・インターネットのサイトより)

 

 

続きを読む

「大石寺のジャポニズム」だとは笑って済まされない大石寺の他宗派・他門流のパクリ・模倣

□西洋大物画家の日本画模倣の絵画がズラリと並んだ国立西洋美術館「北斎とジャポニズム」展

 

2018128日、東京・上野・国立西洋美術館の企画展「北斎とジャポニズム」の鑑賞に行ってきた。この日は企画展の最終日ということもあり、チケット売り場は長蛇の行列。行列に並んでからチケットを買うまで約40分。さらに入場ゲートに並んでから入場するまで約30分。入場するだけで1時間以上かかった。私としても、これは予想外の長蛇の行列であった。

ジャポニズムとは、19世紀のイギリス、フランスなどのヨーロッパ諸国に見られた日本趣味のことで、19世紀中頃の万国博覧会(国際博覧会)へ出品などをきっかけに、浮世絵、琳派、工芸品などの日本美術がヨーロッパで注目され、西洋の画家、彫刻家などの作家たちに大きな影響を与えたこと。ゴッホやモネといった西洋画家たちが、日本の浮世絵を模写・模倣した西洋画、つまりパクリの絵画、彫刻等が、いわゆるジャポニズムの代表的なものとされている。

20148月、東京・砧公園の世田谷美術館でもジャポニズムの企画展「華麗なるジャポニズム展」があり、この時も鑑賞に行っているが、この時は、西洋画家のパクリ絵画の出展はわずかにとどまり、私としては少々拍子抜けしてしまった。

「「アンチ日蓮正宗」の記事・写真を無断複写・無断コピー・無断使用する者へ警告を発する」

□現代は著作権法がありパクリ・盗作は「ジャポニズムだ」と笑って済まされる時代ではない

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/40157764.html

ところが、今回の国立西洋美術館の企画展「北斎とジャポニズム」はまさに期待以上のものがあった。今回の企画展は、葛飾北斎の漫画、浮世絵等を模倣したヨーロッパの画家の絵画、彫刻等々がズラリと並ぶ。モネ、ゴッホ、ドガ、カサット、クローデル、セザンヌといった大物画家でいるのを見るのは、まさに圧巻である。これらの一部を企画展「北斎とジャポニズム」公式図録等から、ここでご紹介したい。

北斎とジャポニズム8


北斎とジャポニズム6
 

 

(東京・上野・国立西洋美術館の企画展「北斎とジャポニズム」)


北斎とジャポニズム10


北斎とジャポニズム3


北斎とジャポニズム4
 

 

(国立西洋美術館の企画展「北斎とジャポニズム」の様子)


北斎・カサット1


北斎・クローデル1


北斎・ゴッホ1


北斎・ドガ1
 

 

(葛飾北斎画と西洋画家)


96-97


 102-103


84-85


228-229


262-263

 

(「北斎とジャポニズム」公式図録より)


北斎とジャポニズム13


北斎とジャポニズム11
 

 

(「北斎とジャポニズム」チラシ・チケット)

 

 

続きを読む

女性登用内閣の登場と封建的男尊女卑体質が抜けない日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会

□婦人部が主戦力でありながら「婦人部」「女性部」に押し込めようとする「日蓮正宗系」団体

 

20149月、第二次安倍改造内閣が発足し、この内閣で史上最多タイの5人の女性閣僚が登用されたことが話題になっている。これが世間一般に好感されたのか、内閣改造以前は50%そこそこだった安倍内閣支持率が、内閣改造直後に60%を突破するという情勢になった。安倍内閣は女性が社会的重要な地位を占める割合を30%にすることを目標にしているらしいが、私がかつて仕事をしていた会社、仕事をもらっていた会社等々で、女性が社長の会社、女性がナンバー2の重要な地位にいる会社、女性が専務、常務、あるいは女性管理職がたくさんいた会社は、けっこうたくさんあった。日本ではまだ女性総理大臣は出ていないが、外国ではすでに1960年代から、女性の行政府の首長が多数出ている。有名なところでは、イギリス・サッチャー首相、ドイツ・メルケル首相、イスラエル・ゴルダ・メイア首相、アルゼンチン・イサベル・ペロン大統領、カナダ・キャンベル首相、オーストラリア・ギラード首相、ニュージーランド・ジップリー首相、クラーク首相、ノルウェー・ブルントラント首相、ポルトガル・ピンタシルゴ首相、リトアニア・ブルンスキエネ首相、セイロン・パンダラナイケ首相、インド・インディラ・ガンジー首相、パキスタン・ブット首相、バングラデシュ・ジア首相、ハシナ首相、タイ・インラック首相、フィリピン・コラソン・アキノ大統領、アロヨ大統領、ブラジル・ルセフ大統領、インドネシア・メガワティ大統領、韓国・パク・クネ大統領…とつづく。ニュージーランド、バングラデシュ、フィリピンでは二人の女性の行政府の長が出ているが、ただしインド・ガンジー首相、パキスタン・ブット首相は父親が首相、セイロン・パンダラナイケ首相は夫が首相、フィリピン・アロヨ大統領、インドネシア・メガワティ大統領、韓国・パク・クネ大統領は父親が大統領、アルゼンチン・イサベル・ペロン大統領は夫が大統領だった。バングラデシュ・ジア首相は国父・ラフマン大統領夫人、ハシナ首相はラフマン大統領の娘である。日本は、女性の行政府の長(首相)はゼロであるわけだから、世界の趨勢からすれば、遅れているほうと思われる。その女性指導者の輩出が世界的に見て遅れているほうの日本で、さらに女性が封建的男尊女卑社会の中で冷遇されているのが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の「日蓮正宗系」団体である。

創価学会は信者に対して、「男は外で仕事。女は家庭に入る」という、極めて古くさい封建的な生き方を押しつけていること。独身信者に対して、創価学会員同士の自由恋愛を認めていないこと。

さらに会長、理事長、副理事長、副会長といった最高幹部は全員が男性。組織単位に見ても、男性総県長と総県婦人部長、男性県長と県婦人部長、男性総区長と総区婦人部長、男性区長と区婦人部長という組み合わせになっている。女性総県長と総県壮年部長、女性総区長と総区壮年部長といった組み合わせは皆無である。創価学会における女性の最高役職は全国総合婦人部長である。創価学会の主戦力は、婦人部である現実からして、女性理事長、女性副理事長、女性副会長、女性総県長、女性総区長がいても、おかしくないと思われるが、現に存在しないのは、創価学会が、封建的男尊女卑、男性優位の団体だからではないか。主戦力の女性を「婦人部」「女性部」に押し込めてしまおうとする体質は日蓮正宗も創価学会も顕正会も正信会も同じである。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」の記事・写真を無断複写・無断コピー・無断使用する者へ警告を発する

□現代は著作権法がありパクリ・盗作は「ジャポニズムだ」と笑って済まされる時代ではない

 

先日、東京・砧公園の世田谷美術館の企画展「華麗なるジャポニズム展」の見学・鑑賞に行ってきた。ジャポニズムとは、19世紀後半の西洋画への日本画の影響ないしは西洋画家による日本画のパクリを総称した語句である。ジャポニズムと聞いてもピンと来ない人もいると思われるので、2001年版「新しい歴史教科書」に載っているジャポニズムの絵画を写真でここに紹介してみたい。日本の浮世絵が明治維新以降、西洋の万国博覧会などに出展され、西洋画家や芸術家たちに大きな影響を与えた。写真の絵画でもわかるが、ゴッホが安藤広重の浮世絵をそっくりそのまま模写しているのがわかる。この他にも西洋画家たちは、自分の作品の中に浮世絵を描きこんだり、着物姿のモデルを描いたりして、日本の浮世絵が西洋画家たちに大きく影響している。このような日本の芸術が西洋に与えた影響をフランスでは「ジャポニズム」とよんでいる。

私はゴッホやモネなどが描いた日本画のパクリ画がたくさん見学できるのではないかと期待して行ったのだったが、残念ながらパクリ画の出展はわずかにとどまり、多くの絵画は日本画の影響を受けているという点での展示だったので、私としては少々、期待はずれに終わり、残念であった。ゴッホはさかんに日本の浮世絵を模写していたということだが、当時は著作権法もなければ、模倣品・海賊版拡散防止条約もなかった時代のこと。西洋画家が日本画をパクった絵画を発表しても、「それはジャポニズムだ」で済まされた時代だった。芸術の世界も、絵画、彫刻、小説、映画、ドラマ、音楽等々、パクリ、模倣の巣窟とさえ言われている。近年、よく話題に上り、問題化しているのは楽曲の模倣、パクリである。1998(平成10)年、歌曲『どこまでも行こう』の作曲者・小林亜星氏が、楽曲『記念樹』の作曲者・服部克久氏に対して、『記念樹』が『どこまでも行こう』を無断で編曲したものであることを理由とした著作者人格権侵害・編曲権侵害に基づく損害賠償を求めて1提訴した事件が起こった。この裁判は最高裁まで争われ、最終的に両曲の顕著な類似性は、服部克久氏が『どこまでも行こう』に依拠して『記念樹』を作曲したものであると認定。『記念樹』の作曲が著作権法違反にあたるものであるとされた。約3000万円を超える損害賠償を命じた。

歌曲「聖母たちのララバイ」は当初、作曲が木森敏之とされたが、その後、曲前半のメロディーが映画『ファイナル・カウントダウン』の劇中BGMの「ローレル&オウエンス」「ミスター&ミセスタイドマン 」のメロディーと酷似していると、抗議のため来日した同曲作曲者が指摘。木森敏之がこの類似点を盗作と認めたため、木森敏之と、盗作された楽曲の作曲者であるジョン・スコットとの共作クレジットに修正された。歌曲「パープルタウン」は当初、作曲・八神純子とされたが、その後、レイ・ケネディの『You Oughta Know By Now』とメロディーの一部及びアレンジが酷似していることから盗作疑惑で訴訟沙汰になり、八神純子側が、原曲タイトルとレイ・ケネディ側のクレジットを入れる共作クレジットに修正した。この他にも楽曲、歌曲の模倣、パクリ疑惑は山のようにある。なぜ無断模倣、パクリが問題化するのかといえば、それは現代は著作権法という法律があるからであり、パクリ・盗作は著作権法違反になるからだ。今は「ジャポニズムだ」と笑って済まされる時代ではないのである。

 

続きを読む

ブレイクタイム(11)~久しぶりに箱根湯本温泉の温泉湯に浸かって休養しウナギ料理を食べる

□日蓮正宗系・富士門流執着軍団に温泉で休養しウナギを食べてリフレッシュすることを勧告する

 

先日、久しぶりに休養をとり、小田急ロマンスカーに乗って箱根湯元温泉へ。十数年前から行っている箱根湯本温泉でもかなり有名で、私の“お気に入り”の温泉湯に浸かってゆっくり休養。ゆっくり汗を流した後、土用の丑ということで、ウナギ料理を食べた。最近は、関東でも猛暑日がつづき、自宅で風呂に入って汗を流しても流しても、後から汗が出てくる。そこで気分転換も兼ねて、箱根湯元温泉へと直行。ゆっくり休養するには、温泉湯に浸かるのが一番である。

ウナギといえば、国際自然保護連合(IUCN)が、日本人の食文化に定着しているニホンウナギを、712日に発表した「レッドリスト」の最新版で、絶滅危惧種として掲載したというニュースが飛び込んで来ている。ウナギは養殖したものを食べているものだとばかり思っていて、このニュースに「えっ」と驚いたのは、私一人ではないのではなかろうか。ウナギに限らず、魚の養殖をしている所は、あっちこっちに見かける。例えば、福井県勝山市のイワナ料理店「いわなや」さんは、店の敷地内で、川魚のイワナを養殖し、その養殖したイワナをイワナ料理として出している。ウナギも養殖するなどして、後々、ウナギを食することができなくなってしまう日が来るのは、是非とも避けてもらいたいものである。

ところで、この日、食べたウナギ料理はまさに絶品のおいしさ。値段は高いが、味はまさに格別。ウナギの香ばしい味が実に私の舌になじむ。ゆっくり温泉湯に浸かった後に、ウナギ料理を食べれば、普段の疲れも瞬く間に吹っ飛んでしまうというものだ。

普段からインターネットにへばりついて、インチキ情報やデタラメ情報ばかりを垂れ流している、元「日蓮正宗系」団体の信者で未だに「日蓮正宗系」の悪弊・弊害が抜けきらない「富士門流執着軍団」の面々や2ちゃんねらーの面々、おっと忘れていました創価学会、日蓮正宗、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者の面々たちは、たまには温泉湯に浸かって休養し、絶品のウナギ料理を食べて、頭の中をリフレッシュしたらどうなのだろうか。そうすればその極端に閉ざされた閉鎖的な視野も、少しは開かれるだろう。

ところで前回、彼らにたまには名古屋駅の「きしめん」の店に入って、名古屋コーチン入りのきしめんを食べて、頭の中をリフレッシュしてみては、どうだろうかと勧告しているのだが、彼らは名古屋の「きしめん」を食べたのだろうか。

土用2


きしめん店1


きしめん店2
 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ