アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ: 「日蓮正宗系」の功徳・御利益・仏罰・堕地獄は全くの虚構だ

□池田大作スピーチ・聖教新聞に載っている創価学会員の交通事故死や40代・50代での死去   祖母の母親である曾祖母・松本いの(仮名)は、明治12年(1879)年生まれで、昭和44年(1969)90才で死去。松本いの(仮名)は、実の娘である私の祖母が住む、私の実家にしょっちゅう来 ...

□「死ぬ時は真っ黒の相で死ぬ」世界とは現実世界とは全く無関係の別世界の話しである   「狂気の福寿荘(仮名)」「溝口個人会館(仮名)・溝口工務店(仮名)」「喫茶店・コンパウンド(仮名)」から「ポンタツ(仮名)」、小矢木隆(仮名)の「劇団N」の鍋宴会等で創価学会員たち ...

□池田大作スピーチ・聖教新聞に載っている創価学会員の交通事故死や40代・50代での死去   創価学会の折伏の謳い文句の最大のキーワードは「功徳」「御利益」(ごりやく)「仏罰」「堕地獄」(だじごく)である。創価学会に入って信仰活動をすれば「功徳」「御利益」(ごりや ...

□大石寺9世日有の偽作本尊・偽作教義の宗派に帰依・供養しても善行にはならず功徳はない   「アンチ日蓮正宗」管理人は、直通電話や「mixi」、メールやメッセ等でこんな質問を受けます。 ------------------------------------------------------ 日蓮正宗や創価学会 ...

□社会人になって職を転々とする創価学会員の転職を「功徳だ」と言っていた創価学会員   小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」には、とっかえひっかえ、いろいろな創価学会員が来ていた。「鍋宴会」そのものは、元々、小矢木隆(仮名)の酒好き、鍋好きからはじまったものなのだ ...

■創価学会幹部・公明党議員の仲介による就職を「功徳の体験談」と言っていた創価学会員   劇団Nのオーナー兼プロデューサーの小矢木隆(仮名)は、創価学会では地区幹事。劇団Nの稽古がある日は必ず、稽古に来ていた役者を呼んで鍋宴会。地区協議会、支部協議会、地区座 ...

■自分の妻の親族の代払いによる莫大な借金返済を功徳と体験発表していた創価学会員   新たに同じ東京N区に大邸宅と稽古場を新築した小矢木隆(仮名)は、それまで自分が住んでいた旧宅は、家賃を取って他人に貸す借家にしてしまった。小矢木隆(仮名)は、この一軒家の他に ...

■地獄に堕ちることなく順調に事業を発展させて後進に道を譲った創価学会未入信の社長   あの当時は、好景気の波に乗ってポンタツ(仮名)は、東京本社からK県Y営業所、G県K営業所、S県I営業所、T県K営業所など、ぞくぞくと業務拡張。腕利きの営業マンを他社から派手に引 ...

■日蓮正宗や創価学会批判をしても不幸にならず地獄にも堕ちていない営業課長や営業マン   富岡敏夫(仮名)は株式会社ポンタツ(仮名)Y営業所で、15人前後の営業マンを統括する営業部長。Y営業所所長の田所常務(仮名)が創価学会員。配下の大橋義男(仮名)営業課長や新規顧 ...

■日蓮正宗・創価学会が説く死生観・人生観を完全否定していた「アンチ創価学会」の営業部長   熱心な創価学会員だった富岡敏夫(仮名)は、愛知指導に来ていた創価学会最高幹部・柏原ヤスと意見衝突。その場で創価学会退会宣言し曼荼羅本尊を投げ捨てて東京へ上京。西洋 ...

■東京に一軒家を建て家族を養い買春ツアーに行く高収入だった「アンチ創価学会」の営業部長   若かりし頃、創価学会最高幹部・柏原ヤスと意見衝突してその場で創価学会を退会宣言。曼荼羅本尊を投げ捨てて東京に上京した富岡敏夫(仮名)は、西洋商事(仮名)に辣腕営業マ ...

■創価学会を退会して本尊を投げ捨てても不幸になっていないと胸を張った営業部長   富岡敏夫(仮名)は株式会社ポンタツ(仮名)Y営業所で、15人前後の営業マンを統括する営業部長。Y営業所所長の田所常務(仮名)が創価学会員。配下の大橋義男(仮名)営業課長や新規顧客開拓 ...

■私の勤務先に居た創価学会員の常務取締役と「アンチ創価学会」の営業部長   私はポンタツ(仮名)に入って数年後、K県にあるY営業所に転勤になり、自宅も転居した。新しい自宅は、金子滋子(仮名)が経営する料理屋「畑」(仮名)の二階。料理屋「畑」(仮名)はポンタツ(仮名 ...

■創価学会の体験発表に「捏造」があることを認めた創価学会男子部本部長   溝口工務店(仮名)でバイトをしていた1983(昭和58)年ころ、創価学会員たちの強引・執拗な勧誘、だまし討ち的折伏、福寿荘(仮名)の非常識な創価学会男子学生部、創価学会が「裏選対」として工務 ...

■大石寺法主の曼荼羅本尊を焼き捨てても一家が幸せに暮らしていた元創価学会員   学生時代に創価学会を退会したという人に、何人も巡り会ったのだが、印象の薄い人は忘れてしまったが、この斉田明夫(仮名)の家族のことはよく覚えている。私も学生時代に、あっちこっち ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

1990年の雲仙普賢岳噴火、1995年の阪神大震災、2011年の東日本大震災と巨大な自然災害が起きると、必ずといっていいほど、日蓮正宗、創価学会、富士大石寺顕正会という所に「天罰・仏罰で大地震が起きた」「法華経を信仰しないから日本一国総罰になった」などというバカ者 ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

--------------------------------------------------------------- (アンチ日蓮正宗からの回答メール・前回からのつづき)  寛容や慈悲や愛情というものがなくなって、ただのエゴイズムの思想に凝り固まってしまったら、行き着く先は犯罪である。過去数十年の長きにわ ...

今から3年以上も前のことになりますが、とある法華講員から「仏罰」に関して、下記の相談メールをいただいたことがありました。 ---------------------------------------------------- (某法華講員からの相談メール) 突然のメッセージで失礼します。 ずばりお尋ねしま ...

だいたい、自分や自分の説いた法がちょっと否定されたからといって、やれ仏罰だの地獄に堕ちるだのという論理は、普通の常識ある人間の言うことではない。寛容とか慈悲とか愛情とか、まったく感じられない、ただのエゴイズムである。   批判者や反対者を次々と強制収容 ...

日蓮正宗の信者、創価学会の信者、顕正会の信者たちが、日蓮正宗から離檀した人たち、創価学会を脱会した人たち、顕正会を脱会した人たちや、日蓮正宗を批判、創価学会を批判、顕正会を批判する反対者や批判者に対しては「地獄へ落ちる」だの「頭破七分だ」などとよく口に ...

↑このページのトップヘ