アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ: 日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教ペテン集団である

■検証21・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない21   □日蓮火葬のときに天目が手を突っ込んで持ってきた灰骨を格蔵すると伝承する佐野妙顕寺   日蓮の「遺骨」「正墓」「御廟」の第六に挙げなくてはならないのは、日蓮宗本山・佐野妙顕寺である。 ...

■検証20・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない20   □日蓮宗が発行している正式文献で公式に認めている本覚寺への日蓮真骨の分骨の史実   日蓮の「遺骨」「正墓」「御廟」の第五に挙げなくてはならないのは、日蓮宗本山・鎌倉本覚寺である。京都 ...

■検証19・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない19   □日蓮宗が発行している正式文献で公式に認めている妙伝寺への日蓮真骨の分骨の史実   日蓮の「遺骨」「正墓」「御廟」の第四に挙げなくてはならないのは、日蓮宗本山・京都妙伝寺である。日蓮 ...

■検証18・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない18   □池上本門寺からの分骨か(?)日蓮宗・鎌倉妙本寺に格蔵される日蓮の真骨(頂骨5片)   日蓮の「遺骨」「正墓」「御廟」の第三に挙げなくてはならないのは、日蓮宗本山・鎌倉妙本寺である。鎌倉 ...

■検証17・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない17   □室町時代の応仁元年(1467)頃に造立された池上本門寺日蓮廟所の石塔   日蓮の「遺骨」「正墓」「御廟」の第二に挙げなくてはならないのは、日蓮宗大本山・池上本門寺である。池上本門寺本殿の ...

■検証16・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない16   □身延山西谷の日蓮草庵跡に隣接している身延山久遠寺・日蓮祖廟   それでは日蓮の「遺骨」「正墓」「御廟」は一体どこにあるのか。まず第一に挙げなくてはならないのは、日蓮宗総本山(祖山)・ ...

■検証15・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない15   □1981年10月の日蓮七百遠忌大法要で日蓮「墓参」をしたと宣伝する大石寺の欺瞞を斬る   日蓮正宗大石寺には、日蓮の遺骨はなく、現在も「日蓮の墓」「日蓮の正墓」は存在していない。日蓮正宗 ...

■検証14・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない14   □「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」に関する日蓮正宗の悪辣なカラクリを斬る   日蓮正宗総本山大石寺の大石寺墓苑にあるという「日蓮の墓」について、今日の日蓮正宗の正式見解は、実に微妙な言い方 ...

■検証13・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない13   □日蓮は「地頭の不法ならん時は我も住むまじ」と遺言していない2   中納言阿闍梨日賢というのは、日郷一門の貫首・日伝の改名前の名前。この文書の中で、上野郷の地頭・興津法西が日伝を「大石 ...

■検証11・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない11   □「日興は身延離山で身延山久遠寺から何も持ち出していない」と断言している堀日亨   -------------------------------------------------- (日蓮正宗法華講員・やよいの妄説) 日興は「波木 ...

■検証10・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない10   □日尊実録は身延離山以降も日蓮の遺骨が身延山久遠寺にある明確な証拠   -------------------------------------------------- (日蓮正宗法華講員・やよいの妄説) hideさまの「日興は、身延 ...

■検証8・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない8   □日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない1   「日興跡条条事」第三条の文「一、大石の寺は御堂と云ひ、墓所と云ひ、日目之を管領し修理を加え、勤行を致し広宣流布を待つ ...

■検証7・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない7   □「波木井書」は日蓮正宗大石寺に日蓮の遺骨がない証拠   いろいろ証拠史料・正史料を以て、日蓮正宗大石寺にあるとされる「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」なるものが、真っ赤なニセものであることを ...

■検証6・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない6   □「富士一跡門徒存知の事」は日蓮正宗大石寺に日蓮の遺骨がない証拠である   日蓮正宗大石寺には日蓮の遺骨は存在していない証拠文書はさらにある。日蓮正宗が真書として御書全集の中に載せてい ...

■検証5・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない5   □日蓮は「墓を身延山にたてよ」と弟子たちに遺言している   日蓮が弟子たちに、身延山に墓をたてよと遺言した手紙が残っている。これも日蓮正宗法主が編纂し、日蓮正宗大石寺が発行している御書 ...

■検証4・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない4   □「五人所破抄」は日蓮正宗大石寺に日蓮の遺骨がない証拠である   日蓮正宗の信者の中には、「日尊実録」に書いてある内容は信用できないなどと言う人々もいるであろう。ならば、日蓮正宗法主が ...

■検証3・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない3   □「日尊実録」は日蓮正宗大石寺に日蓮の遺骨がない証拠である   日蓮正宗大石寺の三祖日目の弟子で、富士門流八本山のひとつである京都要法寺の開祖である日尊の口述を、日尊の弟子の日大が筆記 ...

■検証2・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない2   □日興在世当時の大石寺に「戒壇大本尊」を祀る「御堂」も自称日蓮「墓所」もなかった   大石寺が「日蓮大聖人のお墓」などと自称している、自称「日蓮墓」の謎を解明する上で重要な文献がある。 ...

■検証1・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない1   □日蓮正宗大石寺に日蓮・日興・日目・神四郎・天英院・天璋院篤姫の遺骨・墓はない   日蓮正宗総本山大石寺にある「戒壇の大本尊」「最初仏」「御肉付きの歯」(御肉牙)「日蓮の遺骨」と言われ ...

□相手の人権・権利を蹂躙して顧みない謀略体質は戸田城聖と樋田昌志はそっくりかも(爆)   それにしても、これは笑えますね。なんと、日蓮正宗の洗脳法華講員の一人「リーガルマインド」なる者が、インターネットのトヨダテレビやユーチューブで、説教動画を流している ...

□こんな「ウソっぱちの法華講員50%増」をやってどこが公益法人の目的に適うのか   日蓮正宗では、すでに2015年3月に大石寺で行う「日興生誕770年記念法要」ならびに「法華講員50%増『偽りの達成宣言』大会」の計画を発表。2014年6月10日に日蓮正宗宗務院が全国住職・ ...

□いまだ大石寺の残る創価学会寄進の堂宇・大坊・内事部・総一坊・総二坊・大講堂・奉安殿   先頃の日蓮正宗・臨時宗会で、日蓮生誕八百年慶祝局が正式に発足した。これは過去における日蓮七百遠忌の遠忌局等々と同じもので、今後はこの慶祝局を軸に、供養金集めや堂宇 ...

□法華講員50%増が達成していなくても『偽りの達成宣言』を強行する?日蓮正宗   「アンチ日蓮正宗」では、すでに2014年4月の段階で全国586支部のうちで法華講員50%増を達成しているのは国内61支部と海外17支部・地域だけで、国内だけ見てもたった10%。法華講員50%増 ...

■静岡・富士宮市本山下条妙蓮寺45代住職・吉田日勇(義誠)氏の真実3   □創価学会が公式に認めている池田大作による病身の吉田義誠(日勇)氏・数珠さすりの“祈祷”   吉田日勇氏の「隠された履歴」の第二は、池田大作数珠さすりの“祈祷”“まじない”である。これは ...

■静岡・富士宮市本山下条妙蓮寺45代住職・吉田日勇(義誠)氏の真実2   □西山本門寺50代貫首になったが裁判敗訴で西山本門寺退去・除歴された吉田義誠(日勇)氏   日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」に発表された吉田日勇氏の住職歴を見ると 「昭和30年7月23日 百貫坊 ...

■静岡・富士宮市本山下条妙蓮寺45代住職・吉田日勇(義誠)氏の真実1   □吉田日勇氏の不都合な部分をことごとくカットし歴史の真実を歪曲して報道している日蓮正宗   2014年6月16日午前10時2分、静岡県富士宮市下条の日蓮正宗本山・富士山妙蓮寺第45代貫首(住職)・吉 ...

□目標達成が見えないのに法華講員50%増達成記念大会の開催をぶち上げた八木日照総監   2014年4月1日付けで日蓮正宗の全国8つの大布教区の正副宗務大支院長と特別布教区以外の全国47布教区の正副宗務支院長が新たに任命になった。大布教区の正副宗務大支院長は大布教区 ...

□2002年と2009年に「偽りの勝利宣言」「偽りの達成宣言」で信徒を欺瞞した日蓮正宗   日蓮正宗大石寺68世早瀬日如法主は、2009年の7万5000人総会の席上、2015年までの法華講員50%増加、2021年の日蓮生誕八百年までに80万法華講員達成との目標をぶち上げた。 早瀬日如 ...

□昭和初期に一時“年功序列化”した後、再び布教実績重視に戻った大石寺法主人事   大石寺次期法主になる最大の決め手は布教実績である、と言うと、「そんなものは、第二次大戦後の話しだ」と言うであろう。これも以外に思うかも知れないが、実は江戸時代以前から大石 ...

□次期法主候補の要件は布教実績、年齢、健康、年功序列(僧階)、門閥(正系・傍系も含む)   2014年4月5日に「どーなる、注目を浴びる創価学会次期会長、日蓮正宗大石寺次期法主の人事の行方」を当ブログに書いたところ、この記事の月間アクセス数が450pvを超える等の大き ...

□日蓮正宗も現役カルト信者も離檀脱会信者も染まっているガセネタ・ウソネタ体質第4弾   日蓮正宗、日蓮正宗信徒・法華講員、正信会や元信者等が垂れ流すガセネタ・ウソネタには、大石寺の「戒壇の大本尊」や「血脈相承」に関するものが多く見られるのだが、こんなガセ ...

□暴露された自由闊達な議論ができずに仲間割れに発展する法華講の全体主義的体質   表向きは「一枚岩」を装っている日蓮正宗・法華講だが、その内実は信者同士の内紛・ケンカ・仲間割れが続発している。今回も何と「mixi」の「日蓮正宗法華講コミュ」内で、法華講員同 ...

□創価学会次期会長有力候補として囁かれている正木正明理事長と谷川佳樹副会長   「日蓮正宗系」カルト団体の指導者である大石寺68世早瀬日如法主が79才、創価学会では絶対的指導者・池田大作氏が86才、六代会長・原田稔氏が73才。顕正会会長の浅井昭衛氏も83才。いず ...

■論破1・大石寺御影堂は日興の創建ではなく12世日鎮の創建・17世日精の再興である1          □早瀬日如法主が言い出した「大石寺御影堂・日興創建説」は全くの大虚妄である   日蓮正宗大石寺は2013年12月に、日蓮立正安国論七百五十年記念事業のひとつである ...

□「被害者」の仮面を被ろうとする創価学会時代に強引な折伏活動で実績を積んだ加害者たち   日蓮正宗、法華講、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体を離檀・脱会して、他の「日蓮正宗系」団体に移った人、「日蓮正宗系」団体を次々と、転々と「カルトサー ...

■検証6・百六箇抄が日蓮真筆・日興真蹟ではない無関係の偽書である証拠3   □日興の「白蓮阿闍梨」号に関する日蓮正宗僧侶・山口範道氏の詭弁を斬る   日蓮正宗僧侶・大石寺富士学林図書館長山口範道氏が著書『日蓮正宗史の基礎的研究』の中で、日興がいつ日蓮から ...

□日蓮正宗も現役カルト信者も離檀脱会信者も染まっているガセネタ・ウソネタ体質第3弾   日蓮正宗、日蓮正宗信徒・法華講員、正信会等が垂れ流すガセネタ・ウソネタには、大石寺の「戒壇の大本尊」や「血脈相承」に関するものが多く見られる。   (7)「正信会は大石 ...

□日蓮正宗も現役カルト信者も離檀脱会信者も染まっているガセネタ・ウソネタ体質第2弾   前回、日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害として、「手当たり次第にガセネタ・ウソネタでも何でも垂れ流す」悪弊・弊害を取りあげ、日蓮正宗・創価学会・顕正会・正 ...

□親元の日蓮正宗も現役のカルト信者も離檀脱会信者も染まっているガセネタ・ウソネタ体質   この悪弊には、大きく分けて三通りがある。まず第一は、アンチ日蓮正宗との議論に敗北して反論不能になると、手当たり次第にガセネタ・ウソネタでも何でも引っ張り出してきて ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO18   「日蓮宗のある僧侶の方が本の中で日蓮正宗の信徒の特徴として、こんな事を書いています。 1.何ら相互関係のない日蓮の遺文を、さもありそうに関係づけ、こじつけること。 2 ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO17   「日蓮正宗に関するトラブルは妙観講絡みが多いのでは。創価学会や顕正会を先だって攻撃してるし、一般人への過激な折伏(顕正会なみ)なのも法華講本体じゃなく妙観講に多い ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO16   「池田教団の会員や、宗門の信徒が使うことばに『仏法は勝負だ』というのがあります。でも、仏法と勝負とはどうも結び付きません。こんなことを言うのは日蓮正宗くらいでしょ ...

■論破28・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である18   □身延町文化財指定の本遠寺大楠木は日蓮在世の時代から自生している証明ではない   山梨県身延町の日蓮宗寺院・大野山本遠寺の楠木に関しては、大野山本遠寺そのものが、徳川家康 ...

■論破27・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である17   □今の身延山にある楠木が七百年前の身延山の楠木自生の証明だと強弁する「慧妙」   身延山周辺には、身延周辺だけではなく、富士地方も含めて、自生の楠木は昔も今も存在していな ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO15   「喧嘩好きの日蓮正宗信徒には困ったもんです。去年の9月なんか、暴走しまくりの日蓮正宗信徒が居て、携帯電話のピコピコで、やれ法論だ、やれ帰依だと、さんざんやりたい放題 ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO14   「『仏法は体のごとし、世間は影のごとし、体曲がれば影ななめなり。』(大石寺版平成新編御書p1469)で、偽本尊を勝手に造乱し、日本中に大聖人の伝統の正義をねじ曲げた邪法 ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO13   「一番嫌いなのは、家庭をないがしろにして宗教活動にのめり込む信者なんです。子供をほったらかしにしている信者に対して、つい見かねて忠告した事があるんですが、『ご本尊 ...

↑このページのトップヘ