アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である > 「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶり続ける創価学会

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会2   創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓 ...

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会   2013年9月号「一個人」の保存版特集「日本の新宗教入門」p19に、文化庁編「平成24年版・宗教年鑑」および各教団の公称人数を元にした「全宗教法人信者数ランキング」が載って ...

□牧口常三郎の時代においてすでに日蓮正宗内の最大の信徒団体になっていた創価学会   創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓挫し、 ...

■伝統仏教(大石寺)の仮面、一般創価学会員に言及しない創価学会批判は的を得ていない2   □日蓮正宗からの破門以降も「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶりつづける創価学会、顕正会   創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼 ...

■伝統仏教(大石寺)の仮面、一般創価学会員に言及しない創価学会批判は的を得ていない   創価学会員の真の姿を追求し解明していくことは、池田大作を頂点とした創価学会の権力構造の解明につながる。「なぜ創価学会員は池田大作の指導に洗脳され自ら池田大作に従属しよ ...

■検証220・「戒壇の大本尊」欺瞞の罪は創価学会・顕正会・正信会も同罪だ5   □日蓮正宗破門後も「戒壇の大本尊」の権威にしがみつく創価学会・顕正会・正信会   それにしても、創価学会、顕正会、正信会といった「破門団体」が、破門以降においても、どうしてここ ...

■検証214・「戒壇の大本尊」偽作・欺瞞の罪は日蓮正宗・創価学会ともに同罪である1   □日蓮正宗と二人三脚で「戒壇の大本尊」を楯に莫大な供養金を収奪してきた創価学会   創価学会は1991年11月に日蓮正宗から破門になり、池田大作も1992年6月に信徒除名になった。 ...

■検証213・創価学会は今も大石寺の「戒壇の大本尊」を否定していない7   □日蓮正宗から破門後も「戒壇の大本尊」が根本だと宣言した秋谷栄之助・創価学会会長   創価学会の秋谷栄之助会長は、日蓮正宗からの破門直後、「週刊ポスト」1992(平成4)年1月17日号のイン ...

■検証211・創価学会は今も大石寺の「戒壇の大本尊」を否定していない5   □今でも本尊・修行・教義的には日蓮正宗とほとんど同じである創価学会   □創価学会の公式HP http://www.sokanet.jp/sg/sn/index.html □創価学会公式HPの中にある「創価学会・教学研鑽室 ...

■検証210・創価学会は今も大石寺の「戒壇の大本尊」を否定していない4   □日蓮正宗との宗創和合時代の発展の歴史を消すことができない創価学会2   創価学会の機関紙・機関誌やホームページなどを見ても教義的側面を垣間見る機会は少ないが、創価学会の教義的本音は ...

■検証209・創価学会は今も大石寺の「戒壇の大本尊」を否定していない3   □日蓮正宗の本尊・教義の「宗教的権威」に頼らざるを得ない創価学会   それにしても外部からすれば、いいかげん日蓮正宗の本尊・教義を廃棄して、教祖の池田大作氏を本仏なり日蓮の再誕とい ...

■検証208・創価学会は今も大石寺の「戒壇の大本尊」を否定していない2   □世間でよく言われる創価学会の日蓮正宗からの完全独立説は必ずしも正鵠を得ていない   創価学会では、2002年に会則を変更し、「日蓮正宗の外護団体」といったような文言を削除し、牧口常三 ...

池田博正氏が、ポスト池田大作の後継者になるには、大きなネックになる要素は他にもある、という見方がある。それは、池田大作級の「権威」がないということである。 この「権威」という点では、二つの見方がある。 ひとつは、池田博正氏は、創価学会の中では、特にこれ ...

2009年初頭のころだが、創価学会の最高支配者・池田大作の長男・池田博正副理事長が極秘離婚したという情報が、ネットの世界を駆けめぐった。池田博正氏極秘離婚のウワサは、すでに2003年ころからマスコミなどで囁かれていたが、どうもこの情報が事実らしいということで、 ...

□2008年10月9日号「週刊新潮」の報道と破門者を次々と宗門復帰させている日蓮正宗史   「週刊新潮」2008年10/9号に「池田センセイの大自慢演説で聖教新聞が載せられなかった箇所」と題する池田大作・創価学会批判記事を載せている。内容は9月3日、東京・八王子市の東京 ...

□2001年8月・インターネット行政調査新聞に出た日蓮正宗・創価学会・再和解密約説   創価学会と日蓮正宗の再和解の可能性については、今まで、何度となく、マスコミなどで囁かれてきたものだ。これは今に始まったものなのではない。 日蓮正宗は、何十年もの間、布教か ...

□2008年4月の日蓮正宗大石寺68世日如法主と創価学会原田会長の会談報道について   最近、つとに創価学会の「ポスト池田大作」について推測やら観測がやたら、創価学会の内外を賑わせているようである。1928年生まれの池田大作氏は満80歳を超えており、しかも今や公式の ...

↑このページのトップヘ