アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶり続ける創価学会

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(186)~「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会2

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会2

 

創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓挫し、失敗したのか。それは、日本では長い歴史がないと宗教として世間一般に認知されないからである。だからこそ創価学会は「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶって「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」と言い、「伝統仏教(大石寺)の権威」によって「自分たちは新興宗教ではない」と、新興宗教批判をかわしたからである。

戸田城聖が創価学会二代会長に就任した1951(昭和26)年以降、「折伏大進撃」の行進がはじまり創価学会員が激増していく。195070年代の聖教新聞、大白蓮華、聖教グラフ等の創価学会の公式文献を見ると、全てが「創価学会は日蓮正宗の信徒団体」「創価学会員は日蓮正宗の信徒」と公式に位置付けているばかりではない。創価学会が宣揚・擁護するのは池田大作でも創価学会会長でもなく、「日蓮正宗」そのもの。日蓮正宗を唯一絶対に正しい宗教として宣揚する。

195070年代の創価学会の教学理論誌「大白蓮華」を見ると、日蓮正宗僧侶が執筆した教学論文がズラリと並んでいる。199012月に勃発した日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」以降、「法華講は宗門七百年来の信徒団体だ」などと大ホラを吹いて、日蓮正宗宗門僧と法華講の緊密さを強調したがるが、195070年代の聖教新聞、大白蓮華の日蓮正宗宣揚の度合いは、「宗創戦争」以降の法華講連合会機関紙「大白法」のそれを、はるかに上回っていると言っても過言ではない。

195070年代は毎年、行われていた創価学会本部総会や本部幹部会には、大石寺法主をはじめ宗務院役僧や宗門高僧が参列して特別講演を行っていた。御書全集や富士宗学要集等を編纂した大石寺59世堀日亨が在世だったころは、堀日亨も創価学会本部総会に臨席していた。

創価学会の「折伏大進撃」の勢いで創価学会員が増加するにつれて、創価学会は毎年、数十ヶ寺の日蓮正宗寺院を宗門に寄進していた。大石寺にも奉安殿、大講堂、六壺、大坊、総門、大客殿、大化城、正本堂、総坊等を寄進していた。創価学会は毎年、月例登山会で150万人以上の創価学会員を大石寺に登山させ、大客殿落慶で300万登山、正本堂落慶で1000万登山を行っている。創価学会員を大石寺に輸送する臨時団体列車が、毎日のように富士宮駅を発着していた。

195070年代の日蓮正宗と創価学会の関係は、今の日蓮正宗宗門と法華講の関係以上に緊密で、まさに「日蓮正宗=創価学会」だったと言っても過言ではないと思われる。その「日蓮正宗=創価学会」の緊密さは、立正佼成会も霊友会も仏所護念会も身延山久遠寺団体参拝や七面山団体参拝、池上本門寺御会式や大坊本行寺入山会の万灯練り供養の行列参加の比ではない。

それだけ緊密だったからこそ、創価学会は「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶって「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」と言い、「伝統仏教(大石寺)の権威」によって「自分たちは新興宗教ではない」と、新興宗教批判をかわすことができたのである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(185)~「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会

 

20139月号「一個人」の保存版特集「日本の新宗教入門」p19に、文化庁編「平成24年版・宗教年鑑」および各教団の公称人数を元にした「全宗教法人信者数ランキング」が載っている。これによれば上位20位は、以下のようになっている。

----------------------------------------------

1 神社本庁 9125万人 □2 幸福の科学 1100万人 □3 創価学会 827(世帯)

4 真宗本願寺派 694万人 □5 浄土宗 602万人 □6 日蓮宗 389万人

7 高野山真言宗 388万人 □8 真宗大谷派 327万人 □9 立正佼成会 323万人

10 曹洞宗 155万人 □11 天台宗 153万人 □12 顕正会 150万人

13 霊友会 141万人 □14 仏所護念会 127万人 □15 出雲大社教 126万人

16 真言宗豊山派 121万人 □17 天理教 120万人 □18 PL教団 95万人

19 真如苑 90万人 □20 世界救世教 83万人

(20139月号「一個人」・「全宗教法人信者数ランキング」)

--------------------------------------------------

この数字は、伝統仏教の場合は檀家・信徒数。新宗教団体の場合は、名簿に記載されている信者数ということになろうが、この中の神社本庁と幸福の科学の信者数は信用できない。幸福の科学を母体とした幸福実現党は、比例区の得票数として2009年総選挙で46万票、2010年参院選で23万票、2012年総選挙で21万票、2013年参院選では19万票で供託金没収の憂き目に遭っている。したがってこの得票数から推計すると、幸福の科学の実働信者は2030万人前後ではないかと思われる。よって神社本庁と幸福の科学は、ランキングから除外するものとする。

そうすると神社本庁と幸福の科学を除外した18宗派・教団の中で、明治以降、勃興した新宗教は

3 創価学会 827(世帯) □9 立正佼成会 323万人 □12 顕正会 150万人

13 霊友会 141万人 □14 仏所護念会 127万人 □15 出雲大社教 126万人

17 天理教 120万人 □18 PL教団 95万人 □19 真如苑 90万人 

20 世界救世教 83万人

となる。創価学会では昔から信者数を個人単位ではなく、世帯数で計算する。20139月号「一個人」・「全宗教法人信者数ランキング」は、創価学会の信者数を827万人としているが、これは827(世帯)の誤りではないかと思われる。この数字は、2003年末の創価学会の公称世帯数・827万世帯とも合致する。(島田裕巳氏の著書「創価学会」より)

島田裕巳氏は著書「創価学会」の中で、創価学会の信者総数を1748万人と推計しているが、この数字を単純に比較しても、トップの創価学会の信者数は、2位の立正佼成会の約5.4倍の数字である。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(184)~伝統仏教(大石寺)の仮面、一般創価学会員に言及しない創価学会批判は的を得ていない3

□牧口常三郎の時代においてすでに日蓮正宗内の最大の信徒団体になっていた創価学会

 

創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓挫し、失敗したのか。それは、日本では長い歴史がないと宗教として世間一般に認知されないからである。これが過去におけるさまざまな創価学会批判が、見失っている論点であり、最大のポイントである。だからこそ創価学会は「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶって「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」と言い、「伝統仏教(大石寺)の権威」によって「自分たちは新興宗教ではない」と、新興宗教批判をかわしたからである。

創価学会の布教や権力構造について、検証・分析を重ねている本としては、1980年にジャーナリスト・溝口敦氏が執筆した「池田大作 権力者の構造」が有名である。創価学会が信者数を大きく伸長させたのは、195080年代のころで、創価学会会長で言うと、まさに戸田城聖・池田大作の時代。溝口敦氏は「池田大作 権力者の構造」の中で、池田大作の権力構造を分析するに当たって、池田大作の生い立ち、池田大作の創価学会への入信と経済的困苦、創価学会運動の徒弟から大幹部へ、戸田死後の隠微な抗争、池田創価学会の急伸長について、分析と検証を重ねているが、本の題名である「池田大作 権力者の構造」とは裏腹に、どちらかというと、戸田城聖・池田大作時代の歴史の検証という印象がぬぐえない。

「創価学会だけが、なぜここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功したのか」という問いに対する答えとしては、「狂信者、戸田の指導と組織力」、そして会員を激増させた「折伏」、その会員増を支えたものとして「本尊を幸福製造機とあからさまにいうことに象徴される現世利益の讃美、奨励」(「池田大作 権力者の構造」p183)を挙げている。注目される大石寺との関係については、溝口敦氏は「池田は(昭和)37年に法華講大講頭、(昭和)394月に、戸田でさえ死後に贈られた法華講総講頭について、本仏・日蓮の宗教的権威を、日蓮正宗の法主を通じて一身に具現したが、この有徳王のはめこみによって、法主よりも上位者、創価学会・日蓮正宗内での最高権力者になった」(「池田大作 権力者の構造」p186)と分析している。

創価学会の会員激増をさせたのは、折伏だとか、あるいは現世利益論だとかという指摘は、昔から為されてきたものである。創価学会が勢力を大きく伸長させた195080年代は、日本の高度経済成長の時代と重なり、現世利益論は一般大衆にある程度はウケがあった「教義」だったと言うことができよう。しかし何度も言うようだが、これは「創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓挫し、失敗したのか」という問いに対する答えには、なっていない。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(183)~伝統仏教(大石寺)の仮面、一般創価学会員に言及しない創価学会批判は的を得ていない2

■伝統仏教(大石寺)の仮面、一般創価学会員に言及しない創価学会批判は的を得ていない2

 

□日蓮正宗からの破門以降も「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶりつづける創価学会、顕正会

 

創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓挫し、失敗したのか。それは、日本では長い歴史がないと宗教として世間一般に認知されないからである。歴史が浅い新興宗教では、世間一般には認知されない。立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、「いかがわしい新興宗教だ」という批判に抗することが出来なかった。しかし創価学会は、「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」と言って新興宗教批判をかわし、「折伏大進撃」を進めて創価学会員を激増させていた。この点を見逃すべきではない。もっと言うと、1970年代から1990年代にかけて、創価学会は「日蓮正宗の伝統教義に反している」と、日蓮正宗の反創価学会運動である「正信覚醒運動」(のちの正信会)からさんざんに批判され、たくさんの会員が創価学会から去っていった。同じように1991年以降の宗創戦争によって、創価学会は「池田大作は大石寺法主に逆らっている」と、日蓮正宗から批判され、多くの創価学会員が法華講に移っていった。

創価学会という宗教団体は日蓮正宗(大石寺)と和合しようが離反しようが、どちらに転んでも日蓮正宗の本尊・教義・伝統という『宗教的権威』、つまり「伝統仏教(大石寺)の仮面」だけはどうしても必要としている。創価学会はこういった歴史的教訓を忘れていない。創価学会は教団の存立・布教・会員の引き締め・引き止めのために、どうしても日蓮正宗の本尊・教義・伝統を必要としているのである。創価学会にとって「伝統仏教(大石寺)の仮面」はどうしても必要なのである。

否、それどころか創価学会が掲げる「日蓮正宗の本尊・教義」は本家本元の日蓮正宗(大石寺)より以上に、「伝統教義」「日蓮直結の本尊」でなければならない。本家本元の日蓮正宗(大石寺)より以上に、正統な日蓮正宗の教義でなければならないのである。そうすることによって創価学会に「宗教的権威」がつくということである。牧口常三郎氏・戸田城聖氏・池田大作氏の「三代会長」を教祖的立場にもってきても、これに匹敵する宗教的権威を創価学会が得ることができない。

これと同じ事は、日蓮正宗から破門された顕正会や正信会を見てもわかる。どちらも日蓮正宗から破門された以降も、「日蓮正宗」を名乗り、「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶりつづけている。顕正会は、1974年の日蓮正宗からの破門以降も「日蓮正宗妙信講」を名乗り、1975年~1996年までは「日蓮正宗顕正会」を名乗っていた。1975年には顕正寺という寺院を造成し、「宗教法人顕正寺」の信徒団体だと言っていた。1996年からは宗教法人名を「顕正会」とし、「富士大石寺顕正会」を名乗る。そして顕正会は、日蓮正宗から破門以降も、「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶりつづけて強引・執拗な折伏を展開し続け、信者数百万人を公称している。実働活動信徒数はこれよりも少ないとは言われているが、ここまでして顕正会会長・浅井昭衛が「日蓮正宗」「大石寺」の看板や伝統教義・本尊にこだわる理由も、創価学会と同様で、七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗・大石寺の「宗教的権威」がほしいからに他ならない。それはどうしても顕正会の教団と信者の護持と会員増大のための「伝統仏教(大石寺)の仮面」が必要だからである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(182)~伝統仏教(大石寺)の仮面、一般創価学会員に言及しない創価学会批判は的を得ていない

■伝統仏教(大石寺)の仮面、一般創価学会員に言及しない創価学会批判は的を得ていない

 

創価学会員の真の姿を追求し解明していくことは、池田大作を頂点とした創価学会の権力構造の解明につながる。「なぜ創価学会員は池田大作の指導に洗脳され自ら池田大作に従属しようとするのか」「なぜ池田大作は一千万信徒の創価学会の頂点に君臨しているのか」「なぜ創価学会は、一千万信徒を擁する日本最大の宗教団体に膨張したのか」「なぜ池田大作は、創価学会を一千万信徒に膨張させる『折伏大進撃』の指揮を執り得たのか」

1980年代のころから、マスコミ、ジャーナリストが創価学会の池田大作を頂点とする権力構造を解明しようと、さまざまな試みが行われ、さまざまな著書や出版物が出ている。私もこれらに関する書籍、出版物をかなり読んだが、的を得たと思われる評論にお目にかかれなかった。あの当時からそうであるが、マスコミ、ジャーナリストの創価学会批判は、ほとんどがどれもこれも池田大作批判一辺倒。確かに池田大作の指導性に問題があることは事実だろうが、これだけで創価学会問題全てを割り切ろうとしても無理がある。有名な所では、1980年にジャーナリスト・溝口敦氏が執筆した「池田大作 権力者の構造」という本があり、創価学会の布教や権力構造について、検証・分析を重ねている。私はちょうど1980年代後半のころ、この本を書店で購入し、それを今も自宅の書棚に保管している。この本に代表されるように、創価学会の布教・権力構造の研究は、ほとんどが池田大作研究一辺倒。これに付随するように牧口常三郎・戸田城聖研究があるくらい。

溝口敦氏は、創価学会と日蓮正宗の関係においては、「創価学会は日蓮正宗を支配しようとした」という主旨で書いており、この論調は、1980年代の創価学会批判ジャーナリズムのみならず、今日までつづく論調のひとつである。これらの延長線上に、マスコミ、ジャーナリズムによる創価学会批判が行われてきたのだが、創価学会研究も、創価学会批判も、ほとんど池田大作批判一辺倒であった。「池田大作 権力者の構造」という本も例外ではない。

創価学会の布教構造を見てみると、創価学会という団体の頂点に立つのは、創価学会三代会長・名誉会長の池田大作だが、世間一般で強引な折伏や公明党への投票干渉を行うのは、一般の創価学会員である。池田大作が直接、折伏を行うわけではなく、池田大作は折伏を指揮し、一般の創価学会員を動かして、創価学会の勢力を拡大する。創価学会の布教・権力構造を検証・研究するには、トップの池田大作から一般の創価学会員まで、全てを検証・研究しなければ意味がない。1980年代の創価学会批判に「池田大作打倒」を標榜するものがあったが、今日までの間に池田大作が入院ないしは長期不在の期間があったが、創価学会は瓦解することなく機能していた。ということは、仮に池田大作が打倒されたとしても、創価学会の布教・権力構造は瓦解しないということだ。ということは、池田大作研究一辺倒、池田大作批判一辺倒の創価学会批判、当時のマスコミ、ジャーナリズムの創価学会批判の論調は、的を得ていないということになる。

これは、2000年以降、盛り上がっているインターネット、「mixi」「GREE」をはじめとするSNSにある単称「アンチ創価学会」の創価学会批判の論調もまた同じである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ