アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

鎌倉時代の東アジア・日本・身延山は小氷期だった

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(269)~五尺の雪・1メートル50センチの積雪がある現代の豪雪地帯に自生の楠木は存在しない2

■検証269・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった19

 

□五尺の雪・1メートル50センチの積雪がある現代の豪雪地帯に自生の楠木は存在しない2

 

東京の最低気温が1度とか0度の時でも、真冬の長野の最低気温はマイナス5度とかマイナス6度くらいになる。夕方ころに長野駅前に降り立っても、気温はマイナス2度くらいにはなっている。長野市内の人の話では、冬の長野で氷点下5度とか6度の気温は当たり前だという。

長野から先のJR信越線は各駅停車がメインで、快速列車も一日数本しか走っていない。しかし長野新幹線が開業する以前は、信越線には上野~長野を特急あさま号が119往復、そのうち上野~直江津を14往復、走っていたし、上野~金沢を特急白山号が13往復走っていた。私も若い頃は、北陸の実家に帰るときは、上野駅から特急白山号を何度も利用していたが、あの当時、上野~金沢が約7時間くらいかかっていた。

信越線は横川~軽井沢の急勾配区間があり、横川駅と軽井沢駅でEF63電機機関車重連の連結・切り離し作業があったし、急勾配区間はかなりスローペースの走行だった。加えて信越線では、二本木駅と直江津駅でスイッチバックがあった。だから余計に所用時間がかかった。横川駅と軽井沢駅でのEF63電機機関車重連の連結・切り離し作業中に、特急白山号の乗客がホームに降りてきて、名物弁当『峠の釜飯』を買っていたのは、あの当時のころのことの話し。1985(昭和60)年ころまで、特急白山号には食堂車が連結されていた。しかしいくらなんでも昼間特急で東京~金沢が7時間もかかってしまうというのは、時間かかりすぎである。というわけで航空便が発達するにつれて、特急白山号は次第に廃れていき、3往復が2往復に。2往復が1往復に減便。そして199710月の長野新幹線開業によって廃止されてしまった。これも時の流れである。

このJR信越線・黒姫駅から先、新井駅までは信越線でも特に積雪の多い区間である。大雪になると列車の運行ができなくなる場合があるくらいである。黒姫駅の次の駅である妙高高原駅は、豪雪を生かして冬季はスキーやスノーボード等のウインターレジャーで賑わう。この信越線の黒姫駅から新井駅まで区間は、日本有数の豪雪地帯。冬になれば、1メートル級から2メートル級の積雪など当たり前。信越線列車の車窓からは、外に積もっている1メートル、2メートル級の豪雪が見える。もちろん、この区間に在来線特急あさま号、白山号が走っていたころも、冬場には1メートル級から2メートル級の積雪はあったし、私が特急白山号に乗って東京と北陸を往来していたころも、特急白山号の車窓から信越線沿線の豪雪を見てきた。今はこの区間は各駅停車しか運行されていないが、各駅停車の列車の車窓から、1メートル、2メートル級の豪雪が見える。

このあたりは、日蓮が遺文の中で

「・・・五尺の雪ふりて本よりも通わぬ山道ふさがり、訪いくる人もなし。衣も薄くて寒ふせぎがたし。食たへて命すでに終はりなんとす・・・」(御書全集p1437)

と書いた「五尺の雪」つまり1メートル50センチの雪が降り積もる地域である。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(268)~五尺の雪・1メートル50センチの積雪がある現代の豪雪地帯に自生の楠木は存在しない

■検証268・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった18

 

□五尺の雪・1メートル50センチの積雪がある現代の豪雪地帯に自生の楠木は存在しない

 

私の実家は北陸地方にあるので、東京から実家に行くときは、上越新幹線と特急はくたか号のルートをよく使う。私が子どもの頃は、それこそ毎年のように冬になると私の実家近辺でも、1メートルを超える積雪があった。冬になれば1メートルを超える積雪があるのは、当たり前の地域で育った。空がどんよりと曇り、何日もこんこんと雪が降る。冬になれば、北陸本線、七尾線、氷見線、城端線にラッセル機関車が走り、線路に積もる雪を除雪する。国道にもラッセル車が出て、除雪する。そうしないと、車が走れないのである。金沢市内や幹線道路にあるスプリンクラー式の融雪装置は、私の子どもの頃から、ありましたね。それから家の屋根の上にドッカリと雪が積もっていて、私の祖父や父親が、屋根の雪下ろしを行っていた。ところが1971(昭和46)年に家を新築して、屋根の斜面が急になり、屋根の雪下ろしをしなくてもすむようになった。

私が子どものころに、北陸地方で、昭和381月豪雪(三八豪雪)、四八豪雪(昭和48年豪雪)、

五二豪雪(昭和52年豪雪)とよばれる豪雪があり、私が東京に移り住んだ後にも、五六豪雪(昭和56年豪雪)、五九豪雪(昭和59年豪雪)、六一豪雪(昭和61年豪雪)、平成18年豪雪(〇六豪雪、一八豪雪)、平成23年豪雪(北陸豪雪)、平成25年豪雪があった。平成25年豪雪では、金沢発大阪行きの特急サンダーバード号が、豪雪で北陸トンネルから出られなくなり、トンネルの中で立ち往生する事件があった。ところが雪が嫌いで東京に住む私も、冬の季節に実家に帰るときには、雪が見てみたくなるもの。東京から上越新幹線に乗り、大清水トンネルを走り抜けて越後湯沢駅に到着すると、あたりは一面、雪の銀世界。というよりドッカリと大雪が積もっている。越後湯沢駅に降り立つと、ひんやりする。関東地方と比べると3度前後、気温が低いのである。

この越後湯沢駅で新幹線を下車。新幹線ホームから在来線ホームに降りて、1番線に停車している越後湯沢始発・金沢行きの特急はくたか号に乗り換える。はくたか号は、越後湯沢を発車すると、JR上越線から六日町で第三セクター・ほくほく線へ。そして犀潟駅からJR信越線に入り、直江津駅でJR北陸線に入り、ここでJR東日本の乗務員からJR西日本の乗務員に交代する。

この上越線からほくほく線を走る区間が、新潟県の山間部で、日本有数の豪雪地帯。冬になれば、1メートル級の積雪など当たり前。豪雪の年には2メートル、3メートル級の雪が積もる。

特急はくたか号の車窓からは、外に積もっている1メートル、2メートル級の豪雪が見える。新潟県の平野部には積雪が無くても、越後湯沢、六日町、十日町の山間部には、ものすごい積雪になっていることがよく見られる。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(267)~今の身延山久遠寺の楠木は日蓮在世当時から生き残る楠木ではない

■検証267・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった17

 

今の身延山久遠寺の楠木は日蓮在世当時から生き残る楠木ではない

-----------------------------------------------------------------------

(法華講員・太田魁の妄説)

しかし、今も昔も身延には楠があります。

楠生育の適地は暖温帯湿潤気候の標高500メートル以下の場所ですが、甲府から身延を通り駿河湾に流れる富士川沿線はこの気候帯に属します。

因みに日蓮大聖人の草庵があった場所は標高300数十メートルの地です。

(『アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗』掲示板75・太田魁の妄説)

----------------------------------------------------------------------

この法華講員の妄説は、日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」平成17516日号に載っている妄説の、完全丸写し。太田魁は、何だか調査しているようなことを言っているが、所詮、龍神ひろしと同じ、「慧妙」を丸写ししているだけということ。

「アンチ日蓮正宗」では、すでに述べていますが、身延山久遠寺まで、楠木の実地調査に行って確認してきています。それで現地で確認したところ、現在の身延山久遠寺にある楠木は、祖師堂前(というか広場をはさんで向かい側の)にある楠木一本だけ。

もし身延山が本当に「暖温帯湿潤気候の標高500メートル以下」で「楠生育の適地」であるならば、身延山久遠寺に楠木が一本しかないわけがない。それこそ、身延山久遠寺周辺に楠木が何本、何十本と群生していても、おかしくないではないか。 しかしそのような事実は全くない。

それから日蓮正宗の言い方では、今の身延山久遠寺・祖師堂前にある一本の楠木が、あたかも日蓮在世の時代から生き残っているかのような言い方だが、これは誤りである。

まず今の身延山久遠寺の本堂・祖師堂・報恩閣・仏殿・客殿・御真骨堂拝殿・開基堂がある所は、日蓮在世の時代からあったのではなく、1474(文明6)年、身延山久遠寺11世法主・行学院日朝の代に、身延山西谷にあった久遠寺の伽藍・諸堂を現在の地に移転したものであること。

さらに身延山久遠寺は、1875(明治8)110日の大火災で、本堂・祖師堂をはじめとする諸堂・聖筆をはじめとする重宝類から身延山の森林等々を悉く焼失していること。

つまり今の身延山久遠寺・祖師堂前にある一本の楠木は、1875(明治8)110日の大火災以降に植林された楠であることが明らかなのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(266)~小氷期不確定説の物理学者が日蓮遺文を知っていれば「鎌倉時代・小氷期説」を支持していた

■検証266・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった16

 

□鎌倉時代が「小氷期」だったことを裏付ける日蓮遺文について反論不能の洗脳法華講員

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

鎌倉時代は、小氷河期だから身延には、楠木は絶対存在しないと豪語してるのがいる。gooの質問で同じようなものがありました!下のURLは気候についてくわしくあります。鎌倉時代(1192-)は、古気候学の分野では中世温暖期というやや暖かい時代に属します。江戸時代は小氷期。

世界的に見て、中世温暖期の最盛期は810世紀ぐらい。小氷期が15世紀ころからとされています。アジア地域では、これらが、いつごろから始まったか、今と比べてどの程度暖かかったか、あるいは寒かったかということについては、細かいことはわかっていません。特に中世温暖期は、世界的に十分わかったとはいえません。ですから、ご質問に即して、例えば米の作柄指数が鎌倉時代や江戸時代がいくつぐらいだったかを推定することは現在のところ無理です。ただし、歴史的な事実や科学的な分析から知られている過去の気候変動に関することがらはいくつもあります。わかりやすいところでは、ヨーロッパではブドウの収穫日、日本では観桜記録や諏訪湖の結氷記録でしょうかね。気候変動の原因についてはよくわかっていませんが、小氷期は、マウンダー極小期と呼ばれる、太陽の活動レベルが低い時期にあたっています。こうした地球外の要因とあわせて、海洋や大気、氷河、植生など地球自体にも気候を変動させる要因は沢山あります。なにか原因を決め付けてあるような記述があればそれは、眉唾ですよ。…ネット検索したら、こういう質問があった。つまり、鎌倉時代は、小氷河期でなかったのである。現代のように観測データが存在していないので、難しい話しになる。だが、江戸時代の記録には、夏に江戸に雪が降った記録があるようだ。江戸時代は、今よりも寒かったようだ。今、身延にある天然記念物の楠木は、hide曰く、江戸時代である。小氷河期真っ只中に植えられた楠木が植えられたのであるから、鎌倉時代に無いと言えないのである。 (20130219日の龍神ひろし・楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

日蓮の遺文(御書)の文

「雪かたくなる事金剛のごとし。今に消ゆる事なし。昼も夜も寒く冷たく候事、法にすぎて候。酒は凍りて石のごとし。」・・・・(御書全集p1294)

「其の身の色、紅蓮・大紅蓮のごとし。声は波々大波々地獄にことならず。手足寒じて切れさけ人死ぬことかぎりなし」 (御書全集p1295)

「・・・五尺の雪ふりて本よりも通わぬ山道ふさがり、訪いくる人もなし。・・・」(御書全集p1437)

これらは、日蓮在世の時代の身延山の冬は、現代よりも、はるかに気温が低かったことを物語っている。最も寒い冬の12月の平均気温が3.5℃の現代の身延山では、「五尺の雪」つまり1メートル50センチになんなんとする積雪はないし、「手足寒じて切れさけ人死ぬ」つまり凍傷で人が死傷するなどということも、あり得ない。又、寒気と低温で酒が凍るということも、あり得ない。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(265)~物理学の世界的な権威のある学者の「鎌倉期小氷期説」を日蓮遺文が裏付けている

■検証265・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった15

 

物理学の世界的な権威のある学者の「鎌倉期小氷期説」を日蓮遺文が裏付けている

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

鎌倉時代は、小氷河期だから身延には、楠木は絶対存在しないと豪語してるのがいる。

gooの質問で同じようなものがありました!下のURLは気候についてくわしくあります。

鎌倉時代(1192-)は、古気候学の分野では中世温暖期というやや暖かい時代に属します。江戸時代は小氷期。世界的に見て、中世温暖期の最盛期は810世紀ぐらい。小氷期が15世紀ころからとされています。アジア地域では、これらが、いつごろから始まったか、今と比べてどの程度暖かかったか、あるいは寒かったかということについては、細かいことはわかっていません。特に中世温暖期は、世界的に十分わかったとはいえません。ですから、ご質問に即して、例えば米の作柄指数が鎌倉時代や江戸時代がいくつぐらいだったかを推定することは現在のところ無理です。

ただし、歴史的な事実や科学的な分析から知られている過去の気候変動に関することがらはいくつもあります。わかりやすいところでは、ヨーロッパではブドウの収穫日、日本では観桜記録や諏訪湖の結氷記録でしょうかね。気候変動の原因についてはよくわかっていませんが、小氷期は、マウンダー極小期と呼ばれる、太陽の活動レベルが低い時期にあたっています。こうした地球外の要因とあわせて、海洋や大気、氷河、植生など地球自体にも気候を変動させる要因は沢山あります。なにか原因を決め付けてあるような記述があればそれは、眉唾ですよ。

歴史と気候のはなしには興味深いエピソードがたくさんあります。参考文献のご一読をお勧めします。安田喜憲、吉野正敏()、講座「文明と環境」第6巻、歴史と気候、朝倉書店(ISBN 4-254-10556-8)エマニュエル・ル=ロワ=ラデュリ、気候の歴史、藤原書店(ISBN 4-89434-181-6) <<高いブライアン フェイガン、歴史を変えた気候大変動、河出書房新社(ISBN: 4309251544)などなど。参考URLhttp://home.hiroshima-u.ac.jp/er/ES_KH.html

投稿日時 - 2004-11-21 14:31:06

ネット検索したら、こういう質問があった。つまり、鎌倉時代は、小氷河期でなかったのである。

現代のように観測データが存在していないので、難しい話しになる。だが、江戸時代の記録には、夏に江戸に雪が降った記録があるようだ。江戸時代は、今よりも寒かったようだ。今、身延にある天然記念物の楠木は、hide曰く、江戸時代である。小氷河期真っ只中に植えられた楠木が植えられたのであるから、鎌倉時代に無いと言えないのである。まあ、徳川家光公が日光東照宮に祀られているという間違った認識の人物が、言うインチキのデタラメな内容であると言える。こういう人を信用出来ないものである。 (20130219日の龍神ひろし・楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ