アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会の布教・運動スタイルは立正佼成会のパクリだ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(189)~創価学会の布教・教団・運動スタイルは立正佼成会のパクリである3

□新宗教団体の急激な教線拡大・信者拡大により国会でも審議されていた「新興宗教脅威論」

 

昭和初期から第二次世界大戦後の高度経済成長時代に、信者数を膨張させた宗教団体は、何も創価学会だけではない。立正佼成会、霊友会、仏所護念会、生長の家等の新宗教もまた同じである。第二次世界大戦後の布教順序だけを見ても、創価学会の「折伏大進撃」よりも、立正佼成会の教線拡大のほうが先であり、宗教法人設立、青年部結成は創価学会よりも立正佼成会のほうが先である。そして急激な信者数拡大によって、「新興宗教脅威説」が世間で喧伝され、世間・マスコミから批判の嵐に晒されたのも、創価学会よりも立正佼成会のほうが先なのである。

立正佼成会は、創価学会の「折伏大進撃」がはじまる以前、第二次世界大戦終戦直後の1940年代後半のころから教線拡大をはじめ、信者数を激増させていた。

その立正佼成会が、19516月、母子の無理心中があたかも布教活動の行き過ぎのように報道され、日弁連人権擁護委員会や衆議院法務委員会が取り上げる事態になる。

19561月、読売新聞が立正佼成会本部用地取得における疑惑を報道。庭野日敬開祖会長が国会に参考人召致される。さらに430日 衆院法務委員会に庭野日敬開祖会長と長沼広志佼成学園理事が参考人召致される。195663日の衆議院法務委員会では、創価学会、立正佼成会の急激な布教による問題が取り上げられ、審議されている。その一部を抜粋すると…

○猪俣委員 近来新興宗教なるものが非常に発展をいたしまして、相当人権蹂躙的な事実、その他治安上放任できないような状態が多々起っておると思うのであります。すでに新聞紙上をにぎわしておりまする創価学会及び当委員会で調査をいたしました立正交成会等の問題が起ってきております。そこで、当委員会は、宗教法人法についてこれを改正すべき点があるのじゃなかろうかということを鋭意調査をしたのであります。……

○猪俣委員 そこで、今日のように新興宗教が非常に発展している。統計によりますと、日本の総人口よりも各種の新興宗教の信者の数が多い。そうすると、一人でいろいろの宗教に入っておる者もあると思われる。あるいはこれは、各宗教法人が、自分の実勢力を誇示するため、さような実在せざる人数を届けてあるのかもしれません。とにかく、さような状態でありまして、そこにいろいろの弊害ができていることは、これは毎日の新聞紙上にも散見せられるところであります。しかも、一たん宗教法人として成立いたしますと、税法上の非常な特典が生ずる。…宗教の自由ということは憲法の保障するところであります。しかしながら、公共の福祉という点から相当の制限をせられることは、これまた当然のことである。その意味におきまして、宗教法人として認証するというような場合におきましては、相当の調査権を当局が持って、その拒否につきましての行政上の裁量権が監督官庁に多少なければ、取締りがなかなか困難なのではなかろうか。現状は、御指摘のように、宗教法人法によれば、そういう裁量権が行政官庁に与えられておらぬのであります。…

(第24国会 衆議院法務委員会 昭和三十一年六月三日(日曜日)議事録より)

質問に立った猪俣浩三氏とは、日本社会党の衆議院議員である。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(188)~創価学会の布教・教団・運動スタイルは立正佼成会のパクリである2

□池田大作による「平和行動」「著名人対話」「名誉称号受賞」は立正佼成会のパクリである

 

さて創価学会よる立正佼成会のパクリは他にもある。それが創価学会・池田大作による「平和行動」「著名人との対話」「名誉称号の受賞」等々で、これらの「平和行動」(本当の意味で平和行動と言えるかどうかの問題は、また別の話だが…)は、創価学会よりもはるか先に立正佼成会・庭野日敬開祖会長が行っていたものである。これは立正佼成会・庭野日敬開祖会長と創価学会・池田大作の両者の歴史を比較すれば、一目瞭然である。まずは立正佼成会のほうから。

1959921日 宗教団体として初めての「第1回戦没者慰霊祭(後の千鳥ヶ淵戦争犠牲者慰霊法要並びに平和祈願式典)」を東京・千代田区に国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑で開催。

1963914日 庭野開祖会長が「核兵器禁止宗教者平和使節団」副団長として欧米諸国を訪問。ローマ教皇パウロ6世と会見し平和提唱文を手渡す

1965914日 庭野開祖会長がイタリアのローマで開かれた第2バチカン公会議の開会式に出席。ローマ教皇パウロ6世と会見

1969427日 高松市で第1回「明るい社会づくり運動推進大会」を開催

    718日 庭野開祖会長が第20IARF(国際自由宗教連盟)世界大会に出席

19701016日 第1WCRP(世界宗教者平和会議)が京都で開催され、この会の提唱者でもある庭野開祖会長が共同議長を務める

    1218日 ベトナム戦争激化の折、庭野開祖会長が「日本宗教連盟ベトナム視察団」団長として出発

1973718日 第1回「立正佼成会青年の船」がフィリピンなどに就航

197535日 庭野開祖会長がミードビル・ロンバード神学大学院から名誉法学博士号を受ける

    48日 フィリピン・バターンにフレンドシップ・タワーを建立

1976528日 庭野開祖会長が第1回「ユニクェスト・シュバイツァー賞」を受賞

    1125日 第1ACRP(アジア宗教者平和会議)がシンガポールで開催され、立正佼成会が参加

197747日 小湊、若狭の両教会でベトナム難民を受け入れ

1978612日 庭野開祖会長がWCRPの名誉議長として第1回国連軍縮特別総会で演説

197949日 庭野開祖会長が「テンプルトン賞」を受賞(テンプルトン賞はいわゆる、宗教界のノーベル賞と言われている)

    102日 庭野開祖会長が「一食を捧げる運動」の国民運動化を訴える

198062日 庭野開祖会長がイランを訪問し、実効指導者である宗教者ホメイニ師にアメリカ大使館員らの人質解放を要請

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(187)~創価学会の布教・教団・運動スタイルは立正佼成会のパクリである

□創価学会・戸田城聖による青年部結成、宗教法人設立は立正佼成会のパクリである

 

創価学会二代会長・戸田城聖は、たしかに日蓮正宗寺院から距離を置いた信徒団体を造りあげ、強力な組織力で信徒の折伏を指揮したことが、創価学会の「折伏大進撃」による信徒数の急激な拡大をもたらした一因であることは事実であろうが、これが戸田城聖の卓越した独創によるものとする説は、全く誤った見解である。戸田城聖は、なぜこんな布教スタイルをとったのか。

戸田城聖は、創価学会よりも一足先に布教活動を展開して信徒数を急激に伸ばしていた新興宗教・立正佼成会や霊友会などの布教スタイルのパクリなのである。なかんずく、それらの新興宗教の中でも、創価学会より一足先に布教を展開して信徒数を伸ばしていた立正佼成会のパクリなのである。これを証明するために、史実を時系列で示していきたい。

1948811日 宗教法人令により「大日本立正交成会」から宗教法人「立正交成会」となる

1949828日 立正佼成会青年部(現:青年本部)が発足

195153日 戸田城聖が創価学会二代会長に就任

1951711日 創価学会の男子青年部が結成

1951719日 創価学会の女子青年部が結成

1952827日 宗教法人「創価学会」が東京都から認証される

布教の順序から言えば創価学会よりも立正佼成会のほうが早く、創価学会よりも以前に青年部を結成し、宗教法人を設立していた。創価学会・戸田城聖の青年部結成、宗教法人設立は立正佼成会のパクリであり、部隊長分隊長隊長班長の軍隊式縦線組織は、旧日本軍の軍隊組織のパクリである。戸田城聖や池田大作の布教の指導性が創価学会の信徒数拡大のパワーのひとつであった、ということは事実であるが、それは戸田城聖や池田大作の独創によるものではない。

「なぜ創価学会だけが信徒数を膨張させて日本最大の宗教団体になったのか」ということについて、196080年代にかけて、さまざまな学者、評論家、ジャーナリストが、創価学会の歴史を分析し、解明を試みているが、私から見て、的を得た研究にはほとんどお目にかかれていない。

これはなぜなのか。それは、これら学者、評論家、ジャーナリストの研究・評論のほとんどが、牧口常三郎、戸田城聖、池田大作以来の創価学会側の歴史のみの研究に終始していること。そして創価学会が「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶりつづけていることについて、ほとんど論究していないことが挙げられる。

たとえばあるジャーナリストは、戸田城聖に妾がいたとか、酒を呑ん信徒指導をしていたとか、金融会社・大蔵商事を経営していたとか、そういった創価学会の歴史については、まことに詳しく書かれているが、これらの要因は、創価学会だけが布教に成功した要因だとは言えない。この評論を書いている当人も、戸田城聖に妾がいたとか、酒を呑ん信徒指導をしていたから、「折伏大進撃」の布教に成功したとは、まさか考えていまい。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ