アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「アンチ日蓮正宗」へのご意見・ご要望・ご叱声

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「となりの創価学会員・法華講員」は「アンチ日蓮正宗」管理人の自叙伝である2

■「アンチ日蓮正宗」へのご意見・ご要望・ご叱声等にお答えします4

 

□私小説の定義は「作者自身を主人公とし自分の生活や経験を虚構を排して描」く小説

 

--------------------------------------------------------

アンチ日蓮正宗のhideがかいている隣の創価学会員・法華講員も妄想だらけ

のウソハッタリデタラメインチキ空想小説になってきたな

これだけウソばかりかけるなら胡散臭いエロ小説家にでもなったらどうか

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:zCqDDGjQ 2013/11/30 17:19

-------------------------------------------------------------

上記の「名無しさん@お腹いっぱい」なる者は、「小説」=「空想」だと決めつけているようであるが、「小説」という単語を国語辞典で調べてみると

「1 《坪内逍遥がnovelに当てた訳語》文学の一形式。特に近代文学の一ジャンルで、詩や戯曲に対していう。作者の構想のもとに、作中の人物・事件などを通して、現代の、または理想の人間や社会の姿などを、興味ある虚構の物語として散文体で表現した作品。2 《「漢書」芸文志から》市中で口頭によって語られた話を記述した文章。稗史(はいし)。」(デジタル大辞泉)

「①文学の一形式。散文体の文学で,一八世紀以後,近代市民社会の生活・道徳・思想を背景に完成した。作者が自由な方法とスタイルで,不特定多数の読者を対象に人間や社会を描く様式。

②もと中国で,日常の出来事に関する意見・主張。また,それを書いた文。 〔本来漢籍では「取るに足りない論議」の意で「荘子」などにある語。現在の意では,モリソンの「英華字典」(1822年)に novel の見出しで 「A small tale 小説書」と載る。坪内逍遥が西洋の文学形態の変遷を踏まえ,「小説神髄」で novel の訳語として用いた〕」(大辞林 第三版)

このように辞書を調べても、小説の定義はまちまちであり「虚構の物語」としているものもあれば、そうでないものもある。共通する定義は、詩や戯曲に対していう散文体の文学であるということ。「虚構の物語」は共通の定義になっていない。小説の中には「私小説」というものもあり、これは

「1 作者自身を主人公として、自己の生活体験とその間の心境や感慨を吐露していく小説。日本独特の小説の一形態で、大正期から昭和初期にかけて文壇の主流をなした。わたくし小説。 2 イッヒロマンの訳語」(デジタル大辞泉)

「①作者自身を主人公とし,自分の生活や経験を虚構を排して描き,自分の心境の披瀝を重視する日本近代文学に特有の小説の一形態。わたくし小説。

②イッヒ-ロマンの訳語。」(大辞林 第三版)

ここには「虚構を排して描き」という定義が登場する。そこで誤解をなくすために、「となりの創価学会員・法華講員」のカテゴリー名を「実録・となりの創価学会員・法華講員」と改訂しました。

 

続きを読む

「となりの創価学会員・法華講員」は「アンチ日蓮正宗」管理人の自叙伝である

■「アンチ日蓮正宗」へのご意見・ご要望・ご叱声等にお答えします3

 

□「となりの創価学会員・法華講員」は元々「mixi日記」で書いていたものを加筆・訂正したもの

 

--------------------------------------------------------

アンチ日蓮正宗のhideがかいている隣の創価学会員・法華講員も妄想だらけ

のウソハッタリデタラメインチキ空想小説になってきたな

これだけウソばかりかけるなら胡散臭いエロ小説家にでもなったらどうか

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:zCqDDGjQ 2013/11/30 17:19

-------------------------------------------------------------

最近、「2ちゃんねる」あたりに「『となりの創価学会員・法華講員』は妄想小説ではないか」との批判が沸き上がっているようだが、全くとんでもない話し。「となりの創価学会員・法華講員」は「アンチ日蓮正宗」管理人の自叙伝である。「アンチ日蓮正宗」の「mixi」時代を知っている方や古くから「アンチ日蓮正宗」管理人のマイミクさんだった方は、すでにご存知のことと思いますが、この「となりの創価学会員・法華講員」の連載は、そもそも「アンチ日蓮正宗」のメンバーの一人から「なぜhideさんはアンチ日蓮正宗になったのですか」との質問にお答えする形で、私が若い頃から書いていた日記やさまざまな資料を基に、「mixi日記」にて、「となりの創価学会員・法華講員」の連載をはじめたのが最初である。ところが私は、もともと文章を書くのが得意なほうではなかったし、文章を書くのも下手なほう。小学校、中学校、高校でも国語の成績は、あまりいいほうではなかった。10代のころは、国語の成績を上げようとして、小説を読んだり、日記を書いたりしていた。日記といっても、今のブログのような長文ではなく、今振り返ると、恥ずかしくなるような文である。そんな中で、女子生徒と交換日記をしたり、小説を映画化したものを、映画館に観に行ったりしていた。

ところが、肝心の文章力というものが、なかなか上達しなかった。仕事でも、会社のワープロやパソコンを使って書類を作ったり、かつて自分のワープロを使って創価学会批判・日蓮正宗批判のピ゛ラやチラシを造ったりもしたが、どうにも文章力が全然上達しないし、うまくならない。

私が本格的に長文の日記や書き込みを書くようになったのは2005年に「mixi」や「GREE」をはじめてからである。200511月に「アンチ日蓮正宗」コミュを創設し、20063月ころから、本格的に書き込みを開始。20074月ころから「mixi」日記を書き始めた。それらの長文日記の中のひとつに「となりの創価学会員・法華講員」があったわけですが、ここでもまだ、うまく文章がまとまらず、連載も100回に到達できずに終わってしまった。

その後、20122月に「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」をはじめ、ブログがある程度、軌道に乗った段階で、「アンチ日蓮正宗」コミュや「mixi」日記で書いていたものを、全て加筆・訂正した上でブログに移設。「mixi」と「GREE」の「アンチ日蓮正宗」コミュは非公開コミュに変更し、「mixi」日記も閉鎖とさせていただきました。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」へのご意見・ご要望・ご叱声等にお答えしますPART2

201312月から20142月に何度か10日前後ほど休止したのは地方出張に出た為です

 

---------------------------------------------------

最近休みとブレイクタイムが多いぞアンチ日蓮正宗。ネタ切れかwww

日蓮本仏論の批判でもやればいいのに絶対にやらないな。教学力が全くないからやりたくても出来ない無能hidewwwww名無しさん@お腹いっぱい。 ID:BvaoQsoU 2014/02/17 20:44

アンチ日蓮正宗まだ更新無し。罰が当たって死んだんじゃないの?

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:YTegduqO 2014/02/21 05:10

アンチ日蓮正宗更新無し。敗走したかwwwww

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:xDfJ6Y+O 2014/02/20 13:15

アンチ日蓮正宗が休止。アンチ日蓮正宗のhideとうとう敗走したかwwwww

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:P8nmX8Ag 2014/02/13 15:42

アンチ日蓮正宗27日になっても更新がない。敗走したか。アンチ日蓮正宗のhideは「逃亡者」

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:uIAgicm4 2014/01/27 14:20

アンチ日蓮正宗休止。とうとう敗走したかwwwww

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:+sv3VdDS 2014/01/19 18:36

-----------------------------------------------------

201312月から20142月にかけて、何度か10日前後ほど地方出張に出かけたため、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の更新を休止したことがあったのですが、更新を休止している間、上記のようなご意見がわき上がりました。常日頃から、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」を読んで頂いているのですねえ。ありがとうございます。

いずれの更新休止の時も、更新休止の前に事前告知しているのですが、これは地方出張があったため、いつも東京で行っているブログの更新ができずに更新休止になったものであり、これはネタ切れではありません。ましてや敗走でも逃亡でもなく、罰が当たって死んだわけでもありません。ちゃんと生きております()。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は、私が生きている限りつづいていきますので、これからもお読み頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

それから「日蓮本仏義偽作説を早くやれ」というご要望のようですが、「mixi」の「アンチ日蓮正宗」コミュでは、とっくの昔に、日蓮正宗系の「日蓮本仏義」は大石寺9世日有の偽作である、との見解を検証50にわたって載せております。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」ではなぜ載せていないのか、ということですが、これは偽作説を載せる順番が単に後になっただけのことです。

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」に偽作説を載せた順番は、「戒壇の大本尊は日蓮の造立ではない」「戒壇の大本尊は大石寺9世日有の偽作」「二箇相承は大石寺9世日有の偽作」「日興跡条条事は大石寺9世日有の偽作」「百六箇抄は大石寺9世日有の偽作」が先になり、「日蓮本仏義は大石寺9世日有の偽作」はこのあとになっているだけのことです。したがって「百六箇抄は大石寺9世日有の偽作だ」が終われば、「日蓮本仏義は大石寺9世日有の偽作だ」がスタートします。また「百六箇抄は大石寺9世日有の偽作」の中でも、これの関連で日蓮本仏義偽作説が登場します。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」へのご意見・ご要望・ご叱声等にお答えします1

□「アンチ日蓮正宗」の記事は「日蓮正宗系」団体批判と無関係の記事はひとつもありません

 

---------------------------------------------------

アンチ日蓮正宗、列車の話になった

ついにネタ切れかw

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:pU7E7laH 2014/03/01 17:32

-----------------------------------------------------

これは、下記の記事を指しているのでしょうかねえ。

□ふと思ったこと(4)~時代の変遷、寝台特急「あけぼの」廃止に思う

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/36599625.html

この記事を載せたのは、別にネタ切れだからではありません。

まず言っておかねばならないことは、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の記事は、日蓮正宗批判ないしは「日蓮正宗系」団体批判と無関係の記事はひとつもありません。今後も日蓮正宗批判ないしは「日蓮正宗系」団体批判と無関係の記事を載せる予定は全くありません。

上記の「ふと思ったこと(4)~時代の変遷、寝台特急「あけぼの」廃止に思う」の記事は、よくお読みいただければ、おわかりいただけるかと思うのですが、何も列車のことだけを書いたのではありません。寝台特急「あけぼの」廃止という事例を通じて、時代の変遷について述べ、これは宗教についても言えることだ、という主旨で書いているものです。「アンチ日蓮正宗」の主旨と無関係の記事ではありません。

もうひとつ、言わねばならないことは、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」をお読み頂いている方々は、何も日蓮正宗の僧侶・信徒、「日蓮正宗系」団体の信徒や関係者だけではありません。伝統仏教の方、新宗教の方、無宗教の方、マスコミ・ジャーナリストの方から世間一般の方々まで、実に幅広い方々にお読み頂いております。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は、閲覧制限を全くかけておらず、パソコン、スマホ、携帯電話等の端末機器さえ持っていれば、誰でも、好きな時刻に閲覧できるわけですから、当然であります。

「アンチ日蓮正宗」のメインテーマのひとつに「広く一般世間・世論に訴える」ということがあります。世間一般の方々には、仏教やカルト宗教問題に詳しい方もいらっしゃいますが、そうでない方も多々おられます。あるいは、仏教やカルト宗教問題について、間違った情報や間違った認識を持っておられる方もいらっしゃいます。そういう幅広い方々に読んでいただくブログですから、コテコテの仏教用語や日蓮正宗系の関係者しかわからないような話題だけ載せていたのでは、「広く一般世間・世論に訴える」ということができません。このことは、かつて「mixi」の「アンチ日蓮正宗」で話題になったことがあり、「アンチ日蓮正宗」では、コテコテの仏教用語や日蓮正宗系の関係者しかわからないような話題だけではなく、世間一般の人が読んでもわかる内容にすることを、モットーとしている次第であります。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ