アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗が目指す広宣流布・王仏冥合は危険思想である

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(255)~総信徒数が日本の総人口と等しくなる状態を想定している危険な日蓮正宗の「広宣流布」思想

□日蓮正宗・創価学会の究極の目的である広宣流布・王仏冥合の真の意味とは一体何か5

 

さて池田大作の「舎衛の三億」構想を実質的に追認した大石寺66世細井日達法主は、「広宣流布」の具体像について、次のように言及している。

「今、深くこれを思うに、日本国全人口の3分の1以上の人が本門事の戒壇の御本尊に純真な、しかも確実な信心をもって本門の題目、南無妙法蓮華経を異口同音に唱えたてまつることができたとき、そのときこそ日本国一国は広宣流布したと申し上げるべきことであると、思うのであります。その時には我が大石寺は、僧侶の指導者たち、信徒の指導者たち、相寄り相談の上、(日蓮)大聖人ご遺命の富士山本門寺と改称することもありうると信ずるのであります」(昭和49(1974)1118日付け聖教新聞・創価学会第37回本部総会の大石寺66世細井日達法主の特別講演)

(大石寺26)日寛上人は此の文を取られて三重秘伝抄に『今、仏世尊の如きも四十余年秘して説かず、豈容易く之れを聞くことを得んや、縦え在世に生まると雖も舎衛の三億の如きは尚お見ず聞かざるなり、況んや像末辺土をや』と述べられている。しかし此の舎衛三億の言葉は、今日の我が国内に当てはめて、日蓮大聖人の仏法の流布を鑑みる時は、大いに意義の深いことを我々が等しく思う所である。大智度論巻第九に『九十一劫の三劫に仏有り、余の劫は皆空にして、仏無し甚だ憐愍す可し、仏此の重罪にして見仏の善根を種えざる人の為めに説いて言く、仏世に値い難し、優曇波羅樹華の時時に一たび有るが如し。是の如き罪人三悪道に輪転す、或は人天中仏出世の時に在りても其の人は見ずと説くが如し、舎衛城中九億の家あり、三億の家は眼に仏を見る。三億の家は耳に仏有ると聞くも眼に見ず、三億の家は聞かず、見ず。仏舎衛国に在ること二十五年而も此の衆生は聞かず見ず、何に況んや遠き者をや』の文から、日寛上人は舎衛三億の意をお採りになったのである。……ここに現今の我が国の妙法流布の情況を見るに、学会の人びと或いは法華講の人びとの布教によって、全国民が大聖人の南無妙法蓮華経を聞いて居ると思う。若し日本国に於いて、人口の三分の一以上の人が清浄な、しかも純信な大聖人の信徒となれば、日本国中は大聖人の仏法が広宣流布したといえる。なんとなれば、日蓮大聖人の仏法は下種の仏法なるが故に、順逆共に成仏するのである。よって、耳聞得道とこう大聖人は仰せられているのである」

(昭和50(1975)1月号『大白蓮華』大石寺66世細井日達法主の新年あいさつ『舎衛三億』)

池田大作は、「学会員が日本の総人口の3分の1となり、さらに、信仰はしないが、公明党の支持である人たちが、つぎの3分の1(昭和40(1965)716日付け聖教新聞・『青年部最高幹部会』での池田大作会長の話し)になることが広宣流布だと言っているのに対して、大石寺66世細井日達法主は「日本国全人口の3分の1以上の人が本門事の戒壇の御本尊に純真な、しかも確実な信心をもって本門の題目、南無妙法蓮華経を異口同音に唱えたてまつる」「日本国に於いて、人口の三分の一以上の人が清浄な、しかも純信な大聖人の信徒」になれば、広宣流布だという。

両者の言及、意味、内容には微妙な違いが見て取れる。

 

続きを読む

日蓮正宗とは現代社会の『民主主義』を否定している宗教である

午前7時から御影堂で御講が行われるということなので、車の中でしばらく仮眠していた私は、午前630分ごろ、三門から表塔中を歩いて御影堂に行った。御影堂の前では、すでに信者が待ち構えており、「総本山大石寺」と書かれたハッピを着た数人の初老の男性が、竹ホウキで、掃除をしていた。なぜ掃除をしているのか聞いてみると、御影堂の御講には「御前様(ごぜんさま)がいらっしゃるから」ということであった。御前様とは、法主のことである。

御影堂1

 

御影堂前の参道の両サイドに、信者が整列して法主の出仕を待つ中、どこからか出仕鐘やら出仕太鼓やらが、聞こえてきた。すると、表塔中の参道のほうから、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主が、所化小僧、塔中坊の住職たちを従えて、静々と御影堂に向かって歩いてきた。信者は全員が頭を下げて合掌。無言の法主の行列が、全員、表玄関口から御影堂の中へ入って行った。私も中へ入ってみようかな、とも思ったが、外で様子を見てみることにした。

大石寺の御講は、末寺で行われている御講とは、ずいぶん違うところがある。

大石寺御影堂での御講は、阿部日顕法主が、須弥壇の前に並べられた膳のご飯や料理に箸を立てたり横にしたりする「献膳」を行うが、御影堂の中で座っていた信者は、唱題せず、黙って頭を垂れて、合掌。末寺の御講では、信者の唱題の声が和す中で、住職が献膳をする。

献膳のあと、阿部日顕法主の大導師で読経がはじまったが、読経も末寺の御講とは違いがある。末寺では、「方便品」「寿量品」の読経を行って、唱題に入るのだが、御影堂の御講は、「方便品」「寿量品」の読経のあと、「寿量品」の「自我偈」の読経を二回か三回、繰り返して読む。

読経のあと、御影堂のほうは、唱題はせずに、ゆっくり「南無妙法蓮華経」を唱える「引き題目」を五回ぐらい唱えて終了。これも末寺の御講では、太鼓の音とともに唱題するのとは違っている。

さらに、読経・唱題のあと、末寺の御講では、住職の説法が行われるが、御影堂の御講のほうは、読経・引き題目のあとは、法要は終了になってしまって、法主の説法などは一切なし。

御講が終了したら、阿部日顕法主を先頭に、所化小僧、塔中坊の住職たちの行列が、御影堂から表塔中の参道を下って行った。

阿部日顕法主が御影堂の正面玄関口から出ようとするとき、一人の所化小僧が、懐から草履を出して、御影堂の玄関口に置いたのを私は見た。すると、御影堂から出てきた阿部日顕法主が、その草履をはいて、行った。

んー、これは、まだ織田信長に仕えていたころの、木下藤吉郎(豊臣秀吉)の草履とりの逸話そのものである。

法主と所化小僧の関係は、織田信長と木下藤吉郎の関係のようなものなのか??法主と所化小僧の関係、法主と信者の関係が、あたかも封建専制君主と下人の関係によく似ていると思っていた私から見て、これはあまりいい光景には見えなかった。

御影堂4 

続きを読む

創価学会破門後も創価学会的全体主義を理想としている日蓮正宗

日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主が、総本山大石寺の会合・講習会などの席で、何度も創価学会的な全体主義の理想像を説いている。

例えば、こんなことを言っている。

 

「狂ってはおるけれども、創価学会のような組織ぐるみの日蓮正宗に対する誹謗は、かなりまとまったものがあるといえます。それに対して、せっかくの尊い法華講において方向性が一定しないような形があるならば、将来の正法広布、破邪顕正のための不十分な姿がいつまで経っても払拭できないようなことになると思う・・・」

(平成65月 総本山大石寺大客殿で行われた全国教師寺族指導会での阿部日顕法主の発言・『大日蓮』平成66月号)

67世日顕7

 

これは日蓮正宗と創価学会が紛争を起こす前の宗創蜜月時代のものではない。阿部日顕法主が創価学会を破門にしてから2年半後くらいの発言である。

つまり阿部日顕法主は、創価学会のような組織ぐるみで軍隊的な統制のとれた組織行動を日蓮正宗の信者の団体である法華講に望んでいる、ということである。

日蓮正宗の信者が軍隊の兵士のように、上官のいいつけや命令を忠実に守り、反抗も批判もせず、一糸乱れず創価学会を破折するという理想像。

法華講・日蓮正宗の信者たちは、そういうふうに、法主の傀儡になれ、つべこべ文句を言わずに、法主の指南どおりにやっていればいいのだ、というわけである。

そうして日蓮正宗は、末寺は、信者を増やしていけ・・・という。

それができなければ「将来の正法広布」は心もとないなどと言っているのである。阿部日顕法主が何を指向しているのかが、端的に現れているといえるのではないだろうか。

 

ここには個人の権利とか自由な思考や民主的な発想など、わずかも感じられない。そんなことは全く念頭にないようである。

創価学会を破門にした後においても、創価学会のような全体主義的体質を理想像においている。これではナチドイツ、ソ連、中国、北朝鮮の独裁者の発想と全く同じである。

 

戸田城聖会長の折伏大進撃(強引な折伏・勧誘)開始以来、会長の軍隊式の絶対的統制のもと、ただひたすら多人数の信者獲得に固執し、正本堂や会館などの堂舎の華麗さを追求してきた創価学会のあり方は、「民衆仏法」の看板とは裏腹に、多くの民の犠牲の上に池田大作氏が君臨するという権力主義的な構図そのものであった。

そして会員一人一人は置き去りにされて、あくまでも創価学会という組織が最優先される。まさしく全体主義的構図そのものである。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ