アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である > 吉野智応(日神・拳骨和尚)の謬見・妄説を斬る

■論破12・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く12   □松本修明氏不在の姫路仏眼寺で松本修明氏に罵詈雑言を浴びせていた吉野日神(智応)   吉野日神(智応)が罵詈雑言、誹謗中傷を浴びせる第一の人物は、大津蓮華寺住職・松本 ...

■論破11・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く11   □「日蓮曼荼羅は書の芸術」を自分の曼荼羅への褒め言葉と勘違いしていた吉野日神(智応)   しかし吉野日神(智応)は、浄土真宗木辺派の寺院・仏眼寺の阿弥陀如来像に肩を並 ...

■論破10・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く10   □仏眼寺本堂に阿弥陀如来像と吉野日神(智応)の曼荼羅を並んで祀っていた吉野日神(智応)   「アンチ日蓮正宗」管理人に、仏眼寺墓地購入要求を全面拒否された吉野日神(智応 ...

■論破9・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く9   □仏眼寺住職ではない吉野日神(智応)がなぜ仏眼寺住職の権限外で墓苑造成ができたのか   吉野日神(智応)は、『桜千歳』『松』といった吉野日神(智応)自身の盟友の罵詈雑言を ...

■論破8・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く8   □仏眼寺「住職」ではないはずなのに仏眼寺の住職室を完全に占拠していた吉野日神(智応)   仏眼寺本堂入り口に「真宗木辺派 仏眼寺」の看板があるのを見て、はじめて仏眼寺 ...

■論破7・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く7   □二度の遁走は無理だと諦め「アンチ日蓮正宗」管理人の訪問を承諾した吉野日神(智応)   インターネット上で見るだけでは、吉野日神(智応)は、日蓮正宗批判・創価学会批判の ...

■論破6・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く6   □大津蓮華寺を「離山」後「辻説法」転じて「坊主のネコ説法」をはじめた吉野日神(智応)   2010年8月、吉野日神(智応)は今までの前言を翻して、あれほどうれしそうに(?)「副 ...

■論破5・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く5   □こんな不審極まりない人物をインターネット上の所行だけで評価を下すことは不可能である   ここまで自称・大津蓮華寺「副住職」吉野日神(智応)の不審言動をまとめてみたい ...

■論破4・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く4   □蓮華寺「副住職」(?)なのに西山本門寺に一度も行っていないことがバレた吉野日神(智応)   通常であれば、西山本門寺一門(法華宗興門流)の寺院の住職なり副住職は、西山本門 ...

■論破3・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く3   □寺院訪問・寺跡調査の意味を完全に勘違いしていた前代未聞の勘違い男・吉野日神(智応)   私は2005年に「mixi」でアカウントを取得し、正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価 ...

■論破2・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く2   □「最低5年様子見ルール」で2007年から2012年までは『様子見期間』だった吉野日神(智応)   吉野日神(智応)なる人物が書いた日蓮正宗批判、創価学会批判なるものは、池田大作 ...

□今初めて明らかになる富士門流執着軍団・吉野日神(智応・自称・拳骨和尚)の正体・素顔   さてこの項目は、当初は「仏教宗学研究会のブログ」で「姫路・仏眼寺訪問記」としてアップする予定であった。ところが「姫路・仏眼寺」とは言っても、これは浄土真宗十派のひと ...

↑このページのトップヘ