アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

吉野智応(日神・拳骨和尚)の謬見・妄説を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日神を斬る(12)~「大津蓮華寺副住職任命」も「大津蓮華寺住職・後継者指名」も全面的に否定した松本修明氏

■論破12・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く12

 

□松本修明氏不在の姫路仏眼寺で松本修明氏に罵詈雑言を浴びせていた吉野日神(智応)

 

吉野日神(智応)が罵詈雑言、誹謗中傷を浴びせる第一の人物は、大津蓮華寺住職・松本修明氏。かつて吉野日神(智応)は、松本修明氏のことを「松本上人」と呼んでいたが、それが一転して「松本」と呼び捨てにし、あたかも東大寺南大門の金剛力士像のような形相で、松本修明氏にありったけの罵詈雑言を浴びせる吉野日神(智応)。とは言っても、姫路仏眼寺で、松本修明氏にありったけの罵詈雑言を浴びせても、そこは松本修明氏不在の仏眼寺である。なぜ松本修明氏不在の場で、いくら松本修明氏を非難中傷したところで、これが何の意味があるというのか。これがまず吉野日神(智応)の不審言動の第一。「松本修明氏本人に直接言えばいいではないか」と言いたかったが、私の話など一切聞かず、一方的に松本修明氏への罵詈雑言、誹謗中傷を浴びせる吉野日神(智応)。ではどんな内容の松本修明氏への罵詈雑言、誹謗中傷を浴びせたのか。

(1) 「松本は大阪府吹田市の吉野宅(草庵?)を訪ねて「後継者になってくれ」と言って頭を下げて、蓮華寺「副住職」に任命したのに、トラブルが起こると、「大津蓮華寺住職に無断で副住職を名乗った」と咎めて、内容証明を送ってきた。」と憤慨する吉野日神(智応)

(2) 「松本は吉野日神(智応)が大津蓮華寺に入寺するにあたって給料を支払う約束をしたが、松本は全く給与を支払わなかった。詐欺師だ。」と憤慨する吉野日神(智応)

(3) 「松本は経歴詐称だ。民音職員時代に正本堂供養金返還訴訟で解雇されたと言っているが、ウソだ。横領で解雇されたのだ」と言う吉野日神(智応)

(4) 「松本は二度離婚している。女性関係がだらしない。東京・南烏山の蓮華寺別院の女性と二人で、大津蓮華寺に来て二人で本堂に宿泊し、朝9時まで寝ていた。民音時代にもふしだらな女性関係で離婚した。民音って、芸能界と関係がある所でしょう。芸能界の男女関係がいかに乱れた所であるかは、hideさんもよくご存知のはず」などと知ったかふりをする吉野日神(智応)

最初に吉野日神(智応)がぶち上げた松本修明氏に対する罵詈雑言、誹謗中傷はこの四つである。まず(1)について。すでに述べていることだが、潰れる寸前宗派「大日蓮宗」僧侶・高山智正氏のもとで出家得度し、「大日蓮宗」僧侶を自称し、「草庵」を自称する「大日蓮宗・吹田教会所」主宰を名乗っていた吉野日神(智応)が、どうして西山本門寺の「末寺」(?)富士山蓮華寺の「副住職」に就任するのか。これは誰が見ても、おかしな話しである。大日蓮宗の僧侶が大日蓮宗寺院の副住職になったというのならわかる。しかし、それまで「大日蓮宗」僧侶を自称していた吉野日神(智応)が、全く別宗派である富士山蓮華寺の「副住職」になるというのは、どう考えても不可解であり不審である。しかも吉野日神(智応)は、西山本門寺には一度も行ったことがないことも認めている。西山本門寺に一度も行った事がない「大日蓮宗」僧侶が、西山本門寺の「末寺」(?)富士山蓮華寺の「副住職」に任命されるなど、どこをどう考えても不審な話しであり、常識で考えれば、そんなことはあり得ない話しであることは、誰が聞いてもわかるはずだ。

 

続きを読む

日神を斬る(11)~松本修明氏不在の姫路仏眼寺で松本修明氏に罵詈雑言を浴びせていた吉野日神(智応)

■論破11・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く11

 

□「日蓮曼荼羅は書の芸術」を自分の曼荼羅への褒め言葉と勘違いしていた吉野日神(智応)

 

しかし吉野日神(智応)は、浄土真宗木辺派の寺院・仏眼寺の阿弥陀如来像に肩を並べて、自分が書写した曼荼羅を祀り、仏眼寺本堂の畳の上に、吉野日神(智応)自身が「書写」した曼荼羅数十体を所狭しと並べ、さも自慢げに「それ見てくれ」と言わんばかりの吉野日神(智応)。つまりこれは、どこからどう見ても、誰がどう見ても、吉野日神(智応)は私に、自分の書写した曼荼羅を絶賛するコメントを要求しているとしか思えない。「アンチ日蓮正宗」管理人は、無宗派、無宗教であるので、十界曼荼羅を本尊とは考えていないし、曼荼羅書写する人物が偉いとも思っていない。だから私としては、眼前に何十体、何百体の曼荼羅を並べられても、ただ「…」だけ。それでなくても、吉野日神(智応)の常軌を逸した曼荼羅マニアぶりには、ため息が出るだけ。いつまでたっても「…」な感じで、自分の意に介した褒め言葉を言わない私に業を煮やしたのか、次から次へと、庫裡の奥から、自分が書写した曼荼羅を本堂に持ってきて広げる吉野日神(智応)。私が褒め言葉を言うまで、「これでもか。これでもか」とばかりに、本堂に自分が書写した曼荼羅を持ってくる吉野日神(智応)。私としては、まさに口あんぐりで、ただただ「…」と、ため息が出るだけ。吉野日神(智応)のほうは、よほど業を煮やしたのか、今度は日蓮直筆曼荼羅のレプリカの掛け軸を持ってきた。

そこで私は一言。「これは書の芸術ですね」。これは、日蓮直筆の曼荼羅が書の芸術だという意味で、吉野日神(智応)が「書写」した曼荼羅が書の芸術だという意味ではない。これは、かつて私が「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」に書いたことだが、「立正安国会」発行の「日蓮御本尊集」等に収録されている日蓮真筆本尊に見られる「書の芸術性」が、「戒壇の大本尊」には見えない。「立正安国会」発行の「日蓮御本尊集」等に収録されている日蓮真筆本尊には、見事なくらいの「書の芸術性」が見てとれる。大石寺の「戒壇の大本尊」は、「書の芸術性」どころではない。板本尊の相が実に歪に見える。というか歪んだ相に見える。だから普通の人がこの「戒壇の大本尊」を直接見れば、「こんな本尊が日蓮真筆のはずがない」と思うはずだ、という主旨である。

□「戒壇大本尊は後世の偽作だ(226)~曼荼羅の相が歪み日蓮真筆本尊の「書の芸術性」が全くない大石寺の「戒壇の大本尊」」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/20030158.html

日蓮直筆の曼荼羅が「書の芸術」だという意味は、日蓮以外の人物が書写した曼荼羅には、「書の芸術性」はないという意味である。もちろん、吉野日神(智応)が「書写」した曼荼羅に「書の芸術性」はない。又、日蓮直筆の曼荼羅が「書の芸術」だという意味には、日蓮という人物が純粋であったと推測されるが故に、カルト的な信仰に走ったのではないかという意味も含まれる。ところが吉野日神(智応)は、自分が書写した曼荼羅が「書の芸術」だと褒められたと、またまた勘違いを起こし、「無宗教の人は、曼荼羅を芸術作品と見るんですよね」などとノー天気なことを言う吉野日神(智応)。私が資料としてこれらの曼荼羅を写真撮影したところ、吉野日神(智応)は「曼荼羅本尊を触ったり、写真撮影できるくらいにならないと、ダメですわなー」などと、はしゃぐ吉野日神(智応)。次から次へと勘違いを起こす吉野日神(智応)の勘違い男ぶりには、私としては、全く呆れ果てて、言葉も出なかった。

本尊105-3
 

(吉野日神(智応)が仏眼寺本堂で見せびらかした日蓮直筆曼荼羅のレプリカ)

吉野曼荼羅1
 

(吉野日神(智応)が仏眼寺本堂で見せびらかした吉野日神(智応)自身が「書写」した曼荼羅)

 

続きを読む

日神を斬る(10)~仏眼寺本堂に阿弥陀如来像と吉野日神(智応)の曼荼羅を並んで祀っていた吉野日神(智応)

■論破10・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く10

 

□仏眼寺本堂に阿弥陀如来像と吉野日神(智応)の曼荼羅を並んで祀っていた吉野日神(智応)

 

「アンチ日蓮正宗」管理人に、仏眼寺墓地購入要求を全面拒否された吉野日神(智応)は、顔を真っ赤にして、それはあたかも赤鬼の形相。見た感じとしては、秋田県の赤鬼の面「なまはげ」に、そっくりであった。完全に「なまはげ」と化した吉野日神(智応)は、「それなら、本堂の中に入れよ。本堂の中で、オレといっしょに題目を唱えて見せろよ。『桜千歳』が、題目をあげたら、全然、声変わりしていない、子どもの声だった。本堂でいっしょに題目を唱えて、声を聞いてみるぞ」…。

「アンチ日蓮正宗」管理人に、仏眼寺墓地購入要求を全面拒否されたことが、よほど面白くなかったのか、吉野日神(智応)は完全に感情むき出しになって、私を無理やりにでも仏眼寺本堂の中に招き入れようとした。「浄土真宗木辺派の寺院で題目(?)」…。またまた吉野日神(智応)の言動に不審点を感じ取ったが、姫路に来る事前に「吉野日神(智応)は突然、感情的になる時がある」との情報が入ってきていたので、「ははーん、やっぱりそうか」という感じ。吉野日神(智応)から「桜千歳」といっしょにされてしまったのは、私としてはかなり、しゃくにさわったが、せっかく5万円の旅費・宿泊費をかけて姫路まで来たわけだから、仏眼寺の本堂の中ぐらいは見てから帰ったほうがいいかな(?)。というわけで、消極的ながら本堂の中へ。ところが本堂の中に入ってビックリ。

本堂の須弥壇を見ると、阿弥陀如来像と吉野日神(智応)自身が「書写」した曼荼羅が並んで祀られていた。浄土真宗木辺派の本尊は、阿弥陀如来像だが、その阿弥陀如来像と肩を並べる形で、自分が書写した曼荼羅を祀っていた吉野日神(智応)。さらに本堂の畳の上には、吉野日神(智応)自身が「書写」した曼荼羅数十体が所狭しと並べられていた。それにしても阿弥陀如来像と吉野日神(智応)自身が「書写」した曼荼羅が並んで祀っていたのは、どういうことだこれは(?)。浄土真宗木辺派はいつから、吉野日神(智応)自身が「書写」した曼荼羅を本尊にしたのか。そんなバカなことをするはずがない。浄土真宗木辺派本山の錦織寺では、昔も今も吉野日神(智応)自身が「書写」した曼荼羅を本尊にした事実はない。錦織寺の堂宇には、吉野日神(智応)自身が「書写」した曼荼羅は祀られていない。

□浄土真宗木辺派()錦織寺

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/cat_1188482.html

ということは、吉野日神(智応)が自分の判断で、自分が書写した曼荼羅を、阿弥陀如来像を肩を並べる本尊として拝ませようとしていたということに他ならない。

なまはげ1
 

(感情むき出しになって顔を真っ赤にした吉野日神(智応)のそっくりさん・秋田県の赤鬼の面「なまはげ」・ユーチューブの映像より)

 

続きを読む

日神を斬る(9)~吉野日神(智応)の不審言動で造成した墓地購入要求を拒否した「アンチ日蓮正宗」管理人

■論破9・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く9

 

□仏眼寺住職ではない吉野日神(智応)がなぜ仏眼寺住職の権限外で墓苑造成ができたのか

 

吉野日神(智応)は、『桜千歳』『松』といった吉野日神(智応)自身の盟友の罵詈雑言をまくし立てた後、「仏眼寺裏手に墓地を造成した」と言って、私を仏眼寺裏手の墓地予定地に案内した。見ると、墓地の正面一番奥に阿弥陀如来か(?)仏像が建ち、整地はなされているが、墓石はただの一基も建てられていない。吉野日神(智応)は、「オレがここの墓苑を造成した」とて、墓苑の完成(?)を自慢する。墓石が一基も建てられていないのに完成(?)もへったくれもないと思うのだが、吉野日神(智応)は、「墓地が完成した」と言って、おおはしゃぎ。そして「この墓苑はオレが造成したのだ」と言って、私の前で胸を張る。そして「hideさんはお墓はどこにあるのですか」と聞く。「先祖代々から伝承している墓地は北陸にありますけども」…。すると吉野日神(智応)は「新しく墓地は買わないのですか」と聞いてくる。201112月当時といえば、私の母親の三回忌の直前のころ。私の母親は200912月に他界。私と私の父親は、先祖代々の墓地とは別に母親の墓地を別途造成するかどうか検討している所だった。だから私は「新しい墓地を買うかどうか、検討している所です」と答えた。「新しい墓地を買うかどうか、検討している」という意味は、吉野日神(智応)が造成した墓地を買うかどうか検討しているという意味ではない。先祖代々の墓地とは別に母親の墓地を別途造成するかどうか検討しているという意味は、特にどこか特定の墓地を決めていたわけではない。ましてや吉野日神(智応)が造成した墓地を買うなどとは一言も言っていない。ところが吉野日神(智応)は、またまた「勘違い男」ぶりを発揮して、私が吉野日神(智応)が造成した墓地を買うかどうか検討しているという意味に、勝手に解釈したようで、「それなら是非、ウチの墓地を買ってください」などと、ノー天気なことを平気で言う吉野日神(智応)。またもや、私は呆れ果ててしまった。そもそも吉野日神(智応)は、仏眼寺の住職ではないのに、どうして仏眼寺の墓地を造成できたのか。仏教界の「常識」で言えば、寺院の墓苑を建設・造営できるのは、寺院の住職であるはずだ。仏眼寺「住職」の指揮・監督のもとで墓地を造成したのか。しかし吉野日神(智応)は、私には、仏眼寺「住職」の指揮・監督のもとで墓地を造成したとは言っていない。「僧侶として生きていくには『経済力』が必要だから、墓苑経営をやっていく」などという吉野日神(智応)。かつて吉野日神(智応)は、大津蓮華寺「副住職」を自称していたころ、大津蓮華寺の倉庫を自ら解体工事をしたなどということを「辻説法」で書いている。

□辻説法 1088 【 解体しました 】 

http://genkotuoshou.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/%E8%BE%BB%E8%AA%AC%E6%B3%95%E3%80%80%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%98%EF%BC%98%E3%80%80%E3%80%90%E3%80%80%E8%A7%A3%E4%BD%93%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%80%E3%80%91%E3%80%80

解体1
 

(吉野日神(智応)の辻説法 1088 【 解体しました 】 )

 

続きを読む

日神を斬る(8)~『桜千歳』『松』『不動心』『マイタレイヤ』の盟友をボロクソにこき下ろしていた吉野日神(智応)

■論破8・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く8

 

□仏眼寺「住職」ではないはずなのに仏眼寺の住職室を完全に占拠していた吉野日神(智応)

 

仏眼寺本堂入り口に「真宗木辺派 仏眼寺」の看板があるのを見て、はじめて仏眼寺なる寺院が浄土真宗木辺派の寺院だとわかり、吉野日神(智応)が創価学会→法華講(?)→大日蓮宗・吹田教会所主宰→西山本門寺系・大津蓮華寺自称「副住職」→浄土真宗木辺派・仏眼寺との経歴であることが確認されたとき、私はかなり衝撃を受けた。「何なんだ、この人は(?)」という感じで、完全に呆れ果ててしまった。この「真宗木辺派 仏眼寺」の看板発見だけで、仏眼寺訪問の目的はほぼ達成されたわけで、この時点でさっさと帰って次の訪問地に行きたかったというのが、私の本音。

しかし、すぐに帰るわけにはいかなかった。なぜなら、この時、私は東京駅で「東京みあげ」の菓子箱を持っていた。これは、「他人の家に訪問するときは、菓子箱は持って行く」という世間の通例、一般世間の慣習に則ってのことだったのだが、とにかく吉野日神(智応)の「仏眼寺」に、菓子箱は置いて帰らなくてはならない。すると住職室の入り口で手招きする吉野日神(智応)。どうも「仏眼寺」の中に入るのは気が進まなかったのだが、ここはとりあえず、入るしかない。「住職室」に入って吉野日神(智応)に「東京みあげ」を手渡す。「東京みあげ」を手にした吉野日神(智応)は、うれしそうに「御本尊様にお供えします」と言って本堂へ。「御本尊様(?)」…。日蓮正宗や創価学会では「御本尊様」と言うが、浄土真宗では大谷派でも本願寺派でもそうだが「御本尊様」とは言わない。「阿弥陀さん」「阿弥陀様」とか「仏さん」「仏様」と言う。「浄土真宗の看板を出している寺院なのに、なぜ『御本尊様』と言うのか」…。またしても、吉野日神(智応)の不審言動だ。

ところで「真宗木辺派 仏眼寺」の住職がいるはずなのに、住職の姿がどこにも見えない。それどころか、住職ではないはずの吉野日神(智応)が、仏眼寺の住職室を完全に占拠してしまっている。「吉野日神(智応)は、浄土真宗木辺派の僧籍を取ったばかりで住職ではないはずなのに、どうして住職室にいるのか」「仏眼寺の住職は、どこにいるのか(?)」…。住職室のデスクの上に、自称「拳骨和尚の辻説法」を書いていると思われるディスクトップ型のパソコンが置いてある。「この吉野日神(智応)は、仏眼寺の一体何なのか(?)。どういう立場の男なのか(?)」…。何が何だか、さっぱりわからない、意味不明の男としか言いようがない。インターネット上の言動だけでも不審言動ばかりなのに、実際に会っても不審言動を連発させる吉野日神(智応)。「東京みあげ」を手にして気をよくしたのか、吉野日神(智応)は快調に喋りまくる。

「ここには、『桜千歳』や『松』『不動心』『大野上人』も来ました。『不動心』は何でもオレの言うことを聞く。オレの子分だ。『不動心』は気が弱い、気が小さい男だ。『松』は元気はいいが、うつ病と精神病で頭がおかしくなっている。わけのわからんことを言うので、怒鳴りつけてやったことがある。『桜千歳』は、これは完全にきびしい。まだ声変わりをしておらず、完全に子どもの声だ。いっしょに風呂に入ったが、あそこも子どもだった。『マイタレイヤ』は『拳骨和尚の所に来る、来る』と言って、いつまでたっても来ない。『来る来る詐欺』の『来る来るパー』だ」…。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ