アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史28・大石寺67世日顕・池田大作蜜月と宗創vs正信会戦争

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

宗創「同じ穴の狢」の真実(24)~東京戸田記念講堂の北条浩・四代会長通夜の大導師を勤めた大石寺67世日顕法主

□北条浩・四代会長に「宣正院浩徳日基大居士」の戒名を下賜した大石寺67世阿部日顕法主

 

1981(昭和56)723日、創価学会本部が主宰する創価学会四代会長・北条浩の通夜の儀が、東京・巣鴨の東京戸田記念講堂で営まれているが、この北条浩・通夜の儀の大導師を勤めたのは、大石寺67世阿部日顕法主。大石寺から創価学会・東京戸田記念講堂へ下向したのであるがろ、この大石寺67世阿部日顕に随行して創価学会四代会長・北条浩の通夜の儀に参列した日蓮正宗僧侶は、藤本日潤総監、椎名日澄重役、太田慈晁宗会議長、早瀬日慈能化、野村日修能化、吉田日勇能化、早瀬義孔庶務部長、前川慈筆(日秀)海外部長、大村寿顕(日統)教学部長、長倉教明(日延)財務部長、秋元広学(日高)渉外部長、光久諦顕(日康)大石寺主任理事らそうそうたる顔ぶれである。さらに北条浩の通夜の儀を報じる1981(昭和56)724日付け聖教新聞によれば、法華講の代表が参列したとある。

そして創価学会本部主宰の創価学会四代会長・北条浩の通夜の儀に先立ち、大石寺67世阿部日顕が北条浩・四代会長に「宣正院浩徳日基大居士」の戒名を下賜している。日号・大居士号の戒名は、日蓮正宗の信徒の戒名としては、最高位のものであり、牧口常三郎の戒名・「冷然院感得日常大居士」、戸田城聖の戒名・「大宣院法護日城大居士」と同格。これら日号・大居士号の戒名は、いずれも大石寺法主が下賜したものである。

北条浩・本通夜
 

(創価学会本部主宰・北条浩の通夜の儀を報じる1981(昭和56)724日付け聖教新聞)

戸田講堂1
 

(東京・巣鴨の東京戸田記念講堂)

 

 

 

宗創「同じ穴の狢」の真実(23)~創価学会四代会長・北条浩の通夜・告別式の導師を執行した日蓮正宗・藤本日潤総監・宗務院首脳

□藤本日潤総監・宗門首脳のみならず日顕法主夫人・藤本日潤夫人も列席した北条浩告別式

 

1981(昭和56)718日、創価学会四代会長・北条浩が死去。18日夜に北条浩自宅にて通夜、翌19日に同じく北条浩自宅にて告別式が行われた。この通夜も告別式も、喪主は北条浩夫人の北条弘子創価学会全国総合婦人部長だが、通夜・告別式そのものは、大石寺から日蓮正宗・藤本日潤総監をはじめ日蓮正宗宗務院首脳・重役・能化をはじめ、おびただしい数の日蓮正宗僧侶が列席して執行された。1981(昭和56)720日付け聖教新聞の報道によれば、北条浩自宅の通夜・告別式の導師を勤めたのは日蓮正宗・藤本日潤総監。列席した日蓮正宗僧侶は、早瀬日慈重役、野村日修能化、早瀬義孔庶務部長、前川慈筆(日秀)海外部長、大村寿顕(日統)教学部長、光久諦顕(日康)大石寺主任理事ら。さらに寺族からは大石寺67世阿部日顕夫人の阿部政子氏、藤本日潤総監夫人までもが参列している。

創価学会幹部の出席は、喪主の北条浩夫人・北条弘子創価学会全国総合婦人部長。そして創価学会名誉会長・池田大作、創価学会五代会長・秋谷栄之助、創価学会理事長・森田一哉、さらに和泉覚、辻武寿、山崎尚美、青木亨をはじめとする創価学会副会長、小泉隆・創価学会参事会議長をはじめとする総務、参事らの古参幹部、八矢弓子・創価学会全国婦人部長、野崎勲・総合青年部長ら婦人部、青年部幹部。牧口家、戸田家の遺族、さらに公明党から竹入義勝委員長、 矢野絢也書記長をはじめとする公明党衆議院・参議院議員、東京都議会議員らが参列したと報じている。北条浩自宅とは、どれだけの広さなのか。こんなに大勢の人たちが参列したら、さぞやギューギュー詰めになると思うのだが…。1981(昭和56)720日付け聖教新聞の写真を見てみると、藤本日潤総監、早瀬日慈重役ら日蓮正宗首脳をはじめ多くの僧侶の姿から創価学会名誉会長・池田大作、創価学会五代会長・秋谷栄之助らが写っている。

北条浩とは、1974(昭和49)年の「北条報告書」で有名な人物だが、その人物の自宅の通夜、告別式に、藤本日潤総監、早瀬日慈重役、野村日修能化、早瀬義孔庶務部長、前川慈筆(日秀)海外部長、大村寿顕(日統)教学部長、光久諦顕(日康)大石寺主任理事ら日蓮正宗首脳が駆けつけてくるのだから、日蓮正宗と創価学会は、まさに「目くそ鼻くそ」「同じ穴の狢」だったと言えよう。

北条浩・通夜1
 

(北条浩自宅にての通夜、告別式を報じる1981(昭和56)720日付け聖教新聞)

 

 

 

宗創「同じ穴の狢」の真実(18)~大石寺67世日顕授与の賞与本尊を大喜びで全国会館“たらい回し”にしていた池田大作

□この日顕賞与本尊は池田大作総講頭罷免以来の「宗創戦争」でどうなったのだろうか(?)()

 

1982(昭和57)1012日、大石寺での「正本堂建立十周年総登山会」で、大石寺67世阿部日顕から「賞大法護持広布並世界平和貢献之功」との脇書が入った賞与本尊を授与された池田大作は、よほどうれしかったのか、賞与本尊を全国各地にたらい回しにしていた。

賞与本尊授与から約2ヶ月後の124日、池田大作はその賞与本尊を創価学会本部(創価文化会館)の中の「恩師記念室」と称する部屋の仏壇に祀り、創価学会本部に藤本栄道(日潤)総監を迎え入れ、創価学会最高幹部たちを集め、藤本栄道(日潤)総監を導師に入仏式を行っている。

日顕・賞与本尊4
 

(創価学会本部(創価文化会館)「恩師記念室」の賞与本尊入仏式を報ずる1982(昭和57)125日付け聖教新聞)

さらにその4ヶ月後の1983(昭和58)417日、創価学会山形県第1回総会に臨席するため山形県入りした池田大作は、創価学会本部(創価文化会館)恩師記念室に入仏したはずの賞与本尊を創価学会山形文化会館に持ってきて、山形文化会館で賞与本尊を特別に「奉掲」した。

さらにつづいて創価学会山形池田講堂でも賞与本尊を特別に「奉掲」した。

日顕・賞与本尊5
 

(創価学会山形文化会館での賞与本尊特別「奉掲」を報ずる1983(昭和58)418日付け聖教新聞)

なぜ賞与本尊が山形文化会館や山形池田講堂で特別に「奉掲」されることになったのか。1983(昭和58)418日付け聖教新聞の記事によれば

「褒賞の御本尊の地方会館での奉掲は、“日本の辺地や恵まれない地域で広布に尽力している方々が、ぜひ拝せるように”と、御法主日顕上人猊下に名誉会長がお願いし、御法主上人の御慈悲でお許しを賜ったもので、今回の山形での奉掲が初めてとなる」

(1983(昭和58)418日付け聖教新聞)

とある。つまり山形を皮切りに、賞与本尊が全国各地の創価学会会館に次々と特別「奉掲」されることになったというわけ。平たく言えば、賞与本尊が全国各地の創価学会会館を転々と“たらい回し”されたということである。これは江戸時代によく行われていた善光寺如来や成田山不動明王の“出開帳”の猿まねか(?)。そして最終的に賞与本尊は再び創価学会本部に帰ってきた。「帰ってきたウルトラマン」ならぬ創価学会本部に帰ってきた賞与本尊は、1988(昭和63)102日、創価学会本部(創価文化会館)7階の「平和会館」と命名された部屋に祀られた。

日顕・賞与本尊6
 

(1988(昭和63)103日付け聖教新聞より)

曼荼羅本尊の全国“たらい回し”の是非は別として、池田大作は賞与本尊を大石寺67世日顕から授与されたことを大喜びで、全国“たらい回し”にしたわけだから、これも日蓮正宗・創価学会が「同じ穴の狢」である明確な証拠と言えよう。

それにしても1990(平成2)12月の池田大作総講頭罷免以来の「宗創戦争」で、この「賞大法護持広布並世界平和貢献之功」との脇書が入った賞与本尊は、どうなったのだろうか(?)()

池田大作総講頭再任新年祝賀宴


日蓮七百遠忌・日顕・池田大作1
 

(大石寺67世阿部日顕と池田大作)

 

 

宗創「同じ穴の狢」の真実(17)~正本堂建立十周年記念祝賀会で池田大作に賞与本尊を授与した大石寺67世阿部日顕

□なぜ日顕は池田大作に「大法護持広布並世界平和貢献之功」賞賛の賞与本尊を授与したのか

 

日蓮正宗内部の反創価学会運動である正信覚醒運動が「正信会」と衣替えし、正信会が大石寺66世細井日達から大石寺67世阿部日顕への血脈相承を否定。正信会僧侶のほとんどが擯斥(破門)されて宗外に追放という決着を見たのが1982(昭和57)年。この年の3月には大石寺で日興六百五十遠忌大法会が、12月には日目六百五十遠忌大法会が営まれ、池田大作を筆頭に創価学会首脳が大石寺に登山参詣している。世間では1970(昭和45)年の創価学会・言論問題以来、創価学会批判の火の手が上がっていて、まだ収まる気配を見せていなかった。そんなころ、驚くべき事件が起こった。

1982(昭和57)1012日、大石寺に「正本堂建立十周年総登山会」の名目で、池田大作を筆頭に創価学会幹部、法華講幹部ら1万人が大石寺に登山・参詣。正本堂に祀られていた「戒壇の大本尊」の「御開扉」の前に行われた、大石寺大坊対面所での池田大作ら創価学会首脳と大石寺67世阿部日顕の対面の席上、何と大石寺67世阿部日顕が池田大作に賞与本尊を授与したのである。賞与本尊とは、日蓮正宗宗規で

「第二百二十六条 檀信徒に対する褒賞は、次の四種と定める。

 一 大漫茶羅授与  二 日号授与  三 物品授与  四 褒詞

第二百二十七条 僧侶にして次に掲げる各号の一に該当する者には、褒賞を行なう。

 一 国家又は社会人類に対して、福祉増進の功顕著な者

 二 公共又は宗門の事業に裨益(ひえき)した者

 三 宗義を宣揚すべき一大著述をした者

 四 学術又は徳行が世の模範となる者

 五 堂宇又は会堂を新築し、その他寺院又は教会の永続維持の方法を確立した者」

と定められているように、法主が褒賞として授与する曼荼羅本尊のこと。池田大作は1974(昭和49)1月に、大石寺66世細井日達法主から「賞本門事戒壇正本堂建立」の脇書が入った、いわゆる「正本堂建立記念本尊」と呼ばれる賞与本尊を授与それていて、今度が二度目になる。

それで1982(昭和57)1012日に大石寺67世阿部日顕が池田大作に授与した賞与本尊には、何と「賞大法護持広布並世界平和貢献之功」との脇書が入った賞与本尊と発表されている。

どうして池田大作が「大法護持広布」「世界平和貢献之功」の功績があるというのか。部外者から見ても、全く摩訶不思議な話しである。1974(昭和49)1月以降、まさに日蓮正宗と創価学会の間に創価学会の教義逸脱問題「昭和五十二年路線」をはじめとする「第1次宗創紛争」が勃発。日蓮正宗や創価学会を離檀・脱会した人が続出して、日蓮正宗から見れば「広布」が後退したはずなのに、「賞大法護持広布」とは、全く摩訶不思議と言う以外にない。

日顕・賞与本尊1
 

(「正本堂建立十周年総登山会」の大石寺67世阿部日顕から池田大作への賞与本尊授与を報道する1982(昭和57)1013日付け聖教新聞)

 

続きを読む

宗創「同じ穴の狢」の真実(16)~総講頭を引責辞職した池田大作を再び法華講総講頭に任命した大石寺67世阿部日顕法主

□総講頭辞任の5年後に大石寺66世細井日達法主から再び総講頭に任命された池田大作

 

大石寺法主が日蓮正宗全信徒のトップの職である日蓮正宗法華講総講頭に池田大作を任命した、二度目とは、1984(昭和59)12日、池田大作ら創価学会首脳が大石寺大坊対面所で大石寺67世阿部日顕法主に面会したときのこと。この席で、池田大作は再び、日蓮正宗法華講総講頭に任命された。下記の写真は、池田大作が大石寺67世阿部日顕法主から日蓮正宗法華講総講頭に任命されたことを報道する聖教新聞である。池田大作は1964(昭和39)41日、大石寺大客殿落慶慶讃法要の時、大石寺66世細井日達法主から日蓮正宗法華講総講頭に任命されたが、いわゆる「昭和五十二年路線」の宗創第1次紛争の責任を取り、1979(昭和54)4月に総講頭を辞職し、名誉総講頭の称号を贈られていた。それから5年後の1984(昭和59)12日、大石寺67世阿部日顕法主が再び、池田大作を日蓮正宗法華講総講頭に任命したのである。

日顕・総講頭3

日顕・総講頭2
 

日顕・総講頭4

(池田大作が大石寺67世阿部日顕法主から日蓮正宗法華講総講頭に任命されたことを報道する聖教新聞)

近年、この史実を隠蔽しようとして、カルト法華講員の中に、「池田大作が法華講総講頭だったのは、ほんの数年だけだ」という詭弁を弄する者がいる。が、これは全くのウソ。

池田大作が大客殿落慶慶讃法要の時、大石寺66世細井日達法主から日蓮正宗法華講総講頭に任命されたのが1964(昭和39)41日。宗創第1次紛争の責任を取り、1979(昭和54)4月に総講頭を辞職したのが1979(昭和54)428日。この間約15年。

大石寺67世阿部日顕法主が再び、池田大作を日蓮正宗法華講総講頭に任命したのが1984(昭和59)12日。宗創第2次紛争で、池田大作が法華講総講頭を罷免されたのが1990(平成2)1227日。この間約7年。通算して何と22年もの間、池田大作は日蓮正宗全信徒のトップの職である日蓮正宗法華講総講頭に君臨していたのである。

67世日顕22
 

(池田大作を法華講総講頭に任命した大石寺67世阿部日顕)

池田大作3
 

(池田大作)

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ