アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺9世日有偽作の鍵・他宗派教義・化儀・伽藍のパクリ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺正本堂の緞帳(どんちょう)は長野・善光寺本堂内々陣須弥壇の緞帳のパクリか

□実によく似ている善光寺本堂の瑠璃壇(須弥壇)の緞帳(どんちょう)と大石寺正本堂の緞帳

 

長野善光寺本堂内々陣の朝事や修正会等の法要とき、内々陣の須弥壇の金襴の緞帳(どんちょう)が上がる。普段は、内々陣の緞帳は降りていて、朝時や法要が行われる時のみに、緞帳が上げられる。しかしながら緞帳が上がっても、拝観できるのは善光寺如来が蔵されているとされる宮殿(くでん)だけ。善光寺如来は、絶対秘仏であるため、拝することはできない。

ところで善光寺本堂の瑠璃壇(須弥壇)の緞帳(どんちょう)は、かつて1972年~1998年に大石寺に存在した正本堂の緞帳に実によく似ていると思う。どちらがまねたのかと言えば、それは当然、昭和40年代に建立された正本堂のほうであろう。よって正本堂の緞帳は、長野善光寺本堂の緞帳のパクリではないかと思うが、どうだろうか。そこでここに両者の写真を掲載するので、比較して見てください。善光寺本堂は写真撮影が一切禁止されている。ここに載せた善光寺本堂の内々陣・瑠璃壇(須弥壇)の緞帳の写真は、善光寺内陣参拝券を買うと、もらえる「善光寺ご参拝のしおり」に載っているものである。



善光寺本堂内々陣2緞帳
 

(善光寺内陣参拝券を買うと、もらえる「善光寺ご参拝のしおり」に載っている善光寺本堂の内々陣・瑠璃壇(須弥壇)の緞帳の写真)


正本堂須弥壇3
 

(正本堂写真集に載っている正本堂須弥壇の緞帳)

 

 

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(289)~保田妙本寺、中山法華経寺門流には大石寺9世日有以前から板本尊が5体も存在している

■検証289大石寺板本尊は保田妙本寺・中山法華経寺の板本尊のパクリか2

 

14世紀造立の保田・中山法華経寺の漆・金箔加工板本尊は土肥金山の金により造立された2

 

----------------------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言メール)

尚、弘安当時に於ける製材技術は、凡(およ)そ、丸太から板を作り出す場合、縦引きの鋸(のこぎり)は使用されず、全て丸太に楔(くさび)を打ち込み、其れを木槌で叩いて縦割りにし、其れを手斧(ちょうな)や槍鉋(やりかんな)で削平しているのである。爾して畏れ多い事であるが、戒壇の大御本尊の御背中は、削平されていない半丸太の儘で在らせられる。仍って、戒壇の大御本尊は、鎌倉期に於いて御造立されたという事が、此に於いて立証されるのである。因みに、日有上人の時代には、大工職も組織的となり、其れは各寺院に於いても形成されたのである。しかも、二人挽きの『大鋸(のこぎり)』が後年に於いて普及されはじめ、事実、日有上人が御健在であった永享8年、其の大鋸で製材された額板が、近江白山神社に掲げられているのである。仍って、戒壇の大御本尊が日有上人によって造立された、というならば、其の御板の制作は、当然、其れ以前に京に上られていた日有上人からして、大鋸による両引きの製材でなければならないと云えよう。

(2016513日に「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュ管理人・岩崎麗氏に送りつけて来た妄説メール)

---------------------------------------------------------------------

室町時代に、大陸や朝鮮半島から二人挽きの大型縦挽き鋸「大鋸」(おが)が伝来したことは歴史的事実である。「フリー百科事典・Wikipedia『鋸』」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%B8

龍神ひろしの丸写し文、無断コピー文は、「室町時代に大鋸が伝来したのだから、室町時代の製材は全て大鋸で製材された額板だ。戒壇の大本尊の背中は半丸太。鎌倉時代の造立だ」などと、超強引な結論づけを謀っているが、板等々の木材製品は、まさに様々なものがあり、大鋸を使ったものもあれば、使わないものもある。そんなことは明らかなことだ。また「フリー百科事典・Wikipedia『鋸』」の文をく読むと、つづけてこう書いてある。

「一方、鋸が普及した後でも、樵は斧のみで大木を伐採していた。鋸での伐採作業は木が倒れる際に裂けることがあり、事故や木材の価値低下につながりかねない。また、大きな音が響く斧での伐採作業と異なり、鋸での伐採作業では音がしないため、盗伐を容易にしてしまう。為政者は山林管理の目的で、斧の使用を奨励していたのである。」

「フリー百科事典・Wikipedia『鋸』」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%B8

ここに「鋸が普及した後でも、樵は斧のみで大木を伐採していた」とむ書いてあるではないか。したがって大石寺9世日有による「戒壇の大本尊」偽作と室町時代に、大陸や朝鮮半島から二人挽きの大型縦挽き鋸「大鋸」(おが)が伝来したことは、ぜんぜん関係がないこと。だから龍神ひろしの丸写し文、無断コピー文の論は、関係ないことをさも関係があるかのように見せかけようとする、ただの「こじつけ」に過ぎない。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(288)~大石寺の板本尊は14世紀造立の保田妙本寺・中山法華経寺の板本尊のパクリか

■検証288大石寺板本尊は保田妙本寺・中山法華経寺の板本尊のパクリか1

 

大石寺の板本尊は14世紀造立の保田妙本寺・中山法華経寺の板本尊のパクリか

 

漆加工・金箔加工の板本尊とは、いつごろから日蓮宗、法華宗、冨士門流の寺院に存在するのか、ということになるが、これは少なくとも1300(14世紀)以降のことで、1300年代(14世紀)後半のころから、漆・金箔加工された「板本尊」が、関東・甲信越地方の日蓮宗、法華宗、冨士門流の寺院に登場する。保田妙本寺をはじめ日蓮宗・冨士門流の古文書、本尊等を研究している千葉大学大学院人文社会科学研究科教授・文学博士の佐藤博信氏の研究によれば、14世紀以降、保田妙本寺をはじめ日蓮宗・冨士門流寺院に登場する漆・金箔加工の板本尊は、以下の通りである。

1 1354(文和3)118日 龍王丸宛ての日郷曼荼羅本尊(1344年・康永381日付け)を板に模刻した曼荼羅本尊(保田妙本寺所蔵)

2 1419(応永26)88日 日蓮曼荼羅本尊(1280年・弘安34月日付け)を板に模刻した曼荼羅本尊(保田妙本寺所蔵)

3 1370(応安3)2月日付け中山法華経寺3世日祐造立の板本尊(横浜市金沢区六浦・上行寺所蔵)

4 1402(応永9)828日付け成田市小菅・妙福寺所蔵板本尊

5 1419(応永26)2月日付け八日市場市安久山円静寺所蔵板本尊

佐藤博信氏は、著書「中世東国日蓮宗寺院の研究」の中で、保田妙本寺が格蔵する1354(文和3)118日付け板本尊と1419(応永26)88日付け板本尊の写真を公開している。この写真を見る限り、二体とも黒漆・金箔加工の板本尊である。佐藤博信氏は、現存する板本尊の中では、保田妙本寺に格蔵する1354(文和3)118日付け板本尊が最も古い部類に入る板本尊であると思われるという見解を述べている。(佐藤博信氏の著書「中世東国日蓮宗寺院の研究」p446より)

妙本寺板本尊2
 

さらに中山法華経寺の古文書の中に、1344(康永3)28日付け中山法華経寺3世日祐「本尊聖教録」には、「本妙寺」分の中に「板本尊 一体」と「形木本尊 二舗 三枚」が記載されている。こういったことから中山法華経寺の門流(日常門流)では、14世紀中頃には「形木本尊」と「板本尊」が伝来されていたと結論している。鎌倉時代の日本で金(きん)を入手できたのは、ほんのごく一部の権力者。莫大な経済力を持つ大寺院。あとは莫大な財力を持った商人だけだったのに、ではどうして保田妙本寺や中山法華経寺は、金を入手できたのか。どこから金を入手したのか、ということになる。ここから先は「アンチ日蓮正宗」の研究になるが、保田妙本寺や中山法華経寺は、なぜ金を入手できたのか。どこから金を入手したのか、であるが、それは14世紀ころから採掘がはじまった静岡県伊豆にある土肥金山(といきんざん)で産出した金である。

 

続きを読む

1972-1998に大石寺に存在した正本堂のデザインは代々木競技場第一体育館のパクリか

■検証96-2大石寺が代々木競技場第一体育館をパクった堂宇・正本堂

 

□正本堂の設計図完成以前にすでに落成していた代々木競技場第一体育館

 

東京都渋谷区代々木公園の中にあり、1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開催に備えて建設され、同大会のサブ会場として使用された代々木競技場第一体育館は、かつて1972年から1998年の26年間、日蓮正宗大石寺に存在していた正本堂と外観がそっくりなのである。どちらが先にできたのかというと、代々木競技場第一体育館のほうが先だから、正本堂のほうが代々木競技場第一体育館を模して建立された堂宇、つまり正本堂のデザインは代々木競技場第一体育館のパクリである可能性が非常に高い。

代々木7


代々木1


代々木5
 

(代々木競技場第一体育館)

正本堂2(連合会写真集)


池田大作入口2


正本堂6
 

(かつて1972年から1998年の26年間、日蓮正宗大石寺に存在していた正本堂)

そこで両者の歴史を比較してみたい。

<代々木競技場第一体育館>

1963(昭和38)2月  着工

1964(昭和39)9月  竣工

1964(昭和39)10月  東京オリンピック

<正本堂>

1964(昭和39)53日 創価学会第27回本部総会で池田大作が正本堂建立を発願

03正本堂建立発願
 

1965(昭和40)216日 大石寺で大石寺66世細井日達法主、法華講総講頭・創価学会会長・池田大作らが出席して第1回正本堂建設委員会

16第1回正本堂建設委員会
 

1965(昭和40)1012日 全国の創価学会員、法華講員から正本堂供養金を募金

12正本堂供養金募金
 

1965(昭和40)1017日 創価学会第6610月度本部幹部会の席上で、正本堂建立発願主・法華講総講頭・創価学会会長・池田大作が大石寺66世細井日達法主に355億円の供養金「目録」を奉呈する

17正本堂供養目録奉呈
 

1967(昭和42)年1012日 大石寺の正本堂建設予定地で正本堂建立発願式

12正本堂建立発願式1


12正本堂建立発願式2
 

1968(昭和43)年1012日 大石寺の正本堂建設予定地で正本堂起工・着工大法要

12正本堂着工大法要
 

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(32)~日蓮正宗大石寺法要の献膳は高野山奥の院の弘法大事御廟に献ずる食膳・生身供のパクリだ

■検証32・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない32

 

□日蓮正宗大石寺法要の献膳は高野山奥の院の弘法大事御廟に献ずる食膳・生身供のパクリだ

 

日蓮正宗大石寺をはじめ末寺の御会式、寺院行事で行われる儀式「献膳」(けんぜん)は、大石寺の独創ではなく、真言宗総本山・高野山金剛峯寺奥の院の生身供のパクリである。仏教宗派の宗祖・開祖や高僧の命日・忌日に、画像・彫刻像(御影)を掲げて供養する法会のことを御影供(みえいく、みえく)と称する。特に真言宗において日本真言宗の祖である弘法大師空海の命日である21日に行われる行事を御影供、月命日の321日に行われる御影供は正御影供という。

真言宗高野山奥の院エリアの三つめの橋である御廟橋から先が、弘法大師空海御廟の霊域になる。御廟橋を渡ると、堂内いっぱいに灯籠が奉納された灯籠堂がある。その灯籠堂の奥が弘法大師空海御廟がある。灯籠堂の中は広く、お賽銭箱も三つ置かれている。

弘法大師御廟・灯籠堂は、まさに弘法大師空海がおわします霊域で、835年に入定した弘法大師空海が今もここに生きておわしますと考えられている。そして毎日、朝630分と1030分の二回、生きた人が食べる食膳である生身供がここに運ばれる。なぜ今も生きた人が食べる食膳が運ばれるのかといえば、それは今も弘法大師空海がここ弘法大師御廟・灯籠堂に生きていると考えられているからである。弘法大師空海に献膳する生身供は、奥之院エリアの御供所で調理され、御供所から僧侶が御廟まで運ぶ。これは奥の院の有名な伝統的化儀である。

ところで寺院の須弥壇中央の本尊、御影に生きた人が食べる食膳・生身の御膳を供養する化儀は、真言宗総本山・高野山奥の院以外でも見かける化儀である。あの日蓮正宗・大石寺でも須弥壇中央の大曼荼羅板本尊、日蓮御影像、日興御影像の前に、生きた人が食べる食膳・生身の御膳を並べて、法主が恭しく「献膳」の儀を執り行う。これは、高野山奥の院の弘法大師空海御廟に献膳する生身供そっくりの化儀で、まさしく生身供のパクリである。高野山の寺伝によれば、高野山奥の院の生身供は、弘法大師空海入定直後から今日まで絶え間なくつづいているという。すくなくとも、大石寺開創以前から高野山奥の院の生身供があったことは間違いないことなので、大石寺門流のほうが高野山奥の院の化儀をパクったことは、明らかであろう。

奥の院・生身供1
 

(高野山・奥の院の「生身供」を運ぶ高野山僧侶・ユーチューブの映像より)

日顕・献膳2


日顕・献膳1
 

(大石寺客殿の法要で「献膳」をする大石寺67世阿部日顕・TBSテレビの映像より)

奥の院14
 

(高野山・奥の院・御廟橋から灯籠堂)

三師塔2
 

(大石寺の自称「日蓮廟墓」)

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ