アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺9世日有の代に初出する「唯授一人の血脈相承」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

百六箇抄は9世日有の偽作だ(85)~大石寺法主の血脈相承による戒壇大本尊伝承をはじめて鼓吹した左京阿闍梨日教

■検証85・百六箇抄が大石寺9世日有の偽作である証拠・大石寺独自の「血脈相承」義6

 

大石寺法主の血脈相承による戒壇大本尊伝承をはじめて鼓吹した左京阿闍梨日教

 

大石寺九世日有が、日蓮正宗大石寺門流で、最初に大石寺法主の血脈なるもの「唯授一人の血脈相承」を唱えたのであるが、この誰がはじめて大石寺法主の血脈なるもの「唯授一人の血脈相承」を唱えたのかについて検証して行く上で、重要なキーパーソンがいる。それが左京阿闍梨日教(本是院日叶)という人物である。

京都の日尊門流から大石寺9世日有の門に帰伏した僧侶・左京阿闍梨日教は、大石寺9世日有の偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊を中心とする、大石寺門流独特の「三大秘法」の教義の重要性を、盛んに鼓吹・宣揚した。 左京阿闍梨日教は、大石寺に格蔵している「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した大石寺9世日有の『太鼓持ち』を自ら積極的に演じ、大石寺門流の信仰の肝心は、日蓮、日興、日目から歴代法主に伝わる「血脈相承」であり、その「血脈相承」「金口相承」「金師相承」によって「三大秘法」が大石寺に伝承されてきたと、大石寺門流の中で説いた。

大石寺門流における「三大秘法」とは、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊のことであり、左京阿闍梨日教が説いている「三大秘法」の言葉も、やはり「戒壇の大本尊」なる板本尊を中心に据えた「三大秘法」を意味していることは言うまでもない。

左京阿闍梨日教は自らの著書「穆作抄」「類聚翰集私」では

「三箇秘法とは日蓮日目と御相承し・日興聖人は唯授一人の相承たる間、我が臨終の時・耳にさゝやげと仰せられけるほどに・其の剋に御耳にこそ唱へて聞せ奉り御座す事なり、大聖より御聴聞有る故にこそは日朗の「卿公は御法門聴聞」とて強くも目の耳を引きたまふ日朗の耳引法門とは今の三箇のいはれなり、此の時は日蓮・日目・日興と次第し、御付法は日蓮・日興・日目と次第するなり、此の三箇の秘法は当宗の独歩なり」

「当家の宗旨とは血脈相承肝心なり」「此の門家には日蓮聖人より以来の附法血脈一宗の法頭疑ひなきなり、信の宗旨とは是れが肝要なり」(いずれも『富士宗学要集』2巻「穆作抄」より)

「此の三箇の秘法余流に存知無きも道理なり。池上に於て奥州新田卿公日目に余人を去て唯授一人の御相承、金師・金口の相承是れなり」(『富士宗学要集』2p313「類聚翰集私」より)

詳しい現代語訳は省略するが、左京阿闍梨日教は、三大秘法を「当宗の独歩」――日蓮正宗大石寺独自の秘法と説くために、「耳引法門」と呼ばれるものまで持ち出している。

「耳引法門」とは ―――日蓮は池上邸での入滅に際して、弟子の日目を秘かに呼んで三大秘法を唯授一人相承した。それを聞いて羨んだ日朗は、日目の耳を強く引っ張った―――これが左京阿闍梨日教が説く「耳引法門」の大筋だが、これを左京阿闍梨日教は「穆作抄」「類聚翰集私」といった著書の中で説いている。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(84)~「大石寺法主の血脈相承」「唯授一人の血脈相承」を歴史上はじめて唱えた大石寺9世日有2

■検証84・百六箇抄が大石寺9世日有の偽作である証拠・大石寺独自の「血脈相承」義5

 

□大石寺法主である日有を信じて信仰に励めと弟子にストレートに命じている大石寺9世日有2

 

大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊は、当然のことながら大石寺9世日有より以前の時代においては存在しておらず、影も形もないものであり、誰もその存在を知らなかった。そんな誰も知らなかった「板本尊」が、どうして大石寺9世日有の代になって、突然、大石寺の僧侶・檀家・信徒の前に出現したのか。だから大石寺9世日有は、日蓮の時代から大石寺9世日有在世の時代まで、歴史上、全く存在しなかった「戒壇の大本尊」の時間的空白を埋める必要があった。いくらなんでも、今まで全く「未聞未見」の「戒壇の大本尊」なる板本尊を見せられ、前代未聞の「日蓮が本仏だ」という教義を突然、時の法主から聞かされても、大石寺門流の僧侶や信者は「ハイ、そうですか」とは、納得しない。そこで大石寺九世日有が、日蓮正宗大石寺門流で、最初に大石寺法主の血脈なるもの「唯授一人の血脈相承」を唱えたのである。

「日蓮大聖人・日興上人から相承を受けていた法主だけが知っていた」「『本門戒壇の大御本尊』は唯授一人の血脈を相承してきた大石寺の御法主上人だけが、内密に相伝してきた御本尊です」 「広宣流布の暁までは、蔵の中におしまいして、決して公開されぬ御本尊なのです」

「その法主の言っていることを信じろ」などという、人々を欺瞞する、とんでもない詐欺的な教義なのである。 大石寺9世日有が唱えた「大石寺法主の血脈」「唯授一人の血脈相承」の例証として、次のようなものがある。

「手続(てつぎ)の師匠の所は三世の諸仏、高祖以来、代々上人のもぬけられたる故に、師匠の所を能く能く取り定めて信を取るべし。又、我が弟子も此の如く我に信を取るべし。此の時は、何れも妙法蓮華経の色心にして全く一仏なり、是れを即身成仏と云うなり」(日蓮正宗59世法主・堀日亨が編纂した『富士宗学要集』161ページ収録の「化儀抄」より)

--------「手続(いつぎ)の師匠」とは、自ら弟子をもって薫育している師匠のことで、大石寺法主や末寺の住職のこと。その「手続の師匠」の所には過去・現在・未来の三世の総ての仏や高祖日蓮以来、歴代の大石寺の法主の心がぬけられて師匠の所に来ているのだから、その師匠をよくよく信じて信仰に励むべきである。私(日有)の弟子たちも、このように私(日有)を信じて信仰に励むべきである。-------

日蓮正宗大石寺の法主は、過去・現在・未来の三世の総ての仏や高祖日蓮以来、歴代の大石寺の法主の心がぬけられているのだから、大石寺法主である日有を信じて信仰に励めと大石寺9世日有が弟子たちにストレートに命じている。今の「法主の血脈」「唯授一人の血脈相承」の原型のような大石寺9世日有の指南である。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(83)~「大石寺法主の血脈相承」「唯授一人の血脈相承」を歴史上はじめて唱えた大石寺9世日有

■検証83・百六箇抄が大石寺9世日有の偽作である証拠・大石寺独自の「血脈相承」義4

 

□「大石寺法主の血脈相承」「唯授一人の血脈相承」を歴史上はじめて唱えた大石寺9世日有

 

日蓮正宗大石寺門流で、最初に大石寺「法主の血脈」「唯授一人血脈相承」なるものを唱えたのは、大石寺9世日有である。「日蓮正宗大石寺門流で最初に」と書いたが、実質的に「富士門流で最初」であり、「日蓮門下で最初」であるということに他ならない。

しかしながら、「唯授一人の血脈相承」なるものも、日蓮が説いたものでもなく、日興が説いたものでもなく、日蓮や日興とは全く無関係のもの。大石寺9世日有が偽作した偽作教義である。

「唯授一人の血脈相承」「法主の血脈」なるものは、日蓮正宗大石寺を、日蓮の正墓がある身延山久遠寺や日興の正墓がある北山本門寺を凌いで日蓮門流・富士門流の総本山にするために大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊を正統化するという目的で、日蓮正宗大石寺9世法主日有が偽作したものである。つまり大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊、「日蓮本仏義」なる教義、「唯授一人の血脈相承」なる教義を偽作した張本人であり、まさに日蓮正宗の信仰活動の根幹を成しているこの三つの教義は、同一人の法主によって偽作されたものである。この同一人による「戒壇の大本尊」「日蓮本仏義」「唯授一人の血脈相承」の偽作というのは、日蓮正宗の欺瞞を暴いていく上で、大きなポイントになる。

それにしても、なぜ大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊のみならず、「大石寺法主の血脈相承」「唯授一人の血脈相承」といった教義までも、偽作しなければならなかったのか。何のために、どういう動機で、大石寺9世日有は、「大石寺法主の血脈相承」「唯授一人の血脈相承」を偽作したのか。大石寺9世日有は、自らが偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊を以て、日蓮正宗大石寺独自の下種仏法の立場を確立しようとした。と同時に、「戒壇の大本尊」なる板本尊や日蓮正宗総本山大石寺を正統化し、粉飾・荘厳するため、日蓮、日興から大石寺の歴代法主に相承されてきたとする「法主の血脈」なるものを唱えだしたのである。

大石寺九世日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊を室町時代中期に偽作したことによって、日蓮の時代から大石寺9世日有在世の時代まで、歴史上、全く存在しなかった「戒壇の大本尊」の時間的空白を埋める必要があった。 いくらなんでも、今まで全く「未聞未見」の「戒壇の大本尊」なる板本尊を見せられ、前代未聞の「日蓮が本仏だ」という教義を突然、時の法主から聞かされても、大石寺門流の僧侶や信者は「ハイ、そうですか」とは、ならない。宗祖・日蓮が造立した板本尊や、釈迦牟尼ではなく日蓮を本仏とする教義など、大石寺門流の僧侶や信者にとっても、まさに前代未聞のものだ。「そんな板本尊も教義も今までになかったものだ」ということになり、下手をすれば、身延離山、日仙・日代問答に匹敵するような内紛が起こり、大石寺門流そのものが分裂しかねない危機に陥ってしまう。そこで大石寺九世日有が、日蓮正宗大石寺門流で、最初に大石寺法主の血脈なるもの「唯授一人の血脈相承」を唱えたのである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ