アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ: 日蓮正宗・創価学会は2002年1月31日に「和解」している

■日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に和解した一方でなぜ教義論争を続行しているのか4   □2002年の和解以降、機関紙誌上では日蓮正宗、創価学会はお互いに非難罵倒を控えている   今の日蓮正宗の機関誌「大日蓮」には創価学会批判は1990年代とは比べて大きくトーン ...

■日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に和解した一方でなぜ教義論争を続行しているのか3   □日蓮正宗寺院住職の信徒直接支配欲を刺激した日蓮正宗・創価学会の第1次・第2次紛争   創価学会「昭和五十二年路線」の教義問題は、1979年5月3日に和解となり、これに不満を ...

□宗創和合時代は日蓮正宗信徒・創価学会員を間接支配しかできなかった日蓮正宗寺院住職   日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に「和解」しておきながら、その一方で、表向きは「教義論争」---実態は本尊セールス、大石寺登山会セールス、葬儀セールス、塔婆セールス、聖 ...

□伝統的に外部に主敵を造って内部組織統制を固めてきた日蓮正宗、創価学会のファッショ体質   では日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に「和解」しておきながら、その一方で、表向きは「教義論争」---実態は本尊セールス、大石寺登山会セールス、葬儀セールス、塔婆セー ...

□創価学会総本部板本尊も東京牧口記念館本尊も日寛新本尊も「戒壇の大本尊」の分身散体   こう言うと日蓮正宗や法華講員たちは、「2014年11月の会則変更で創価学会は『戒壇の大本尊』を否定しているではないか」などと言うのだが、これは本尊セールス、大石寺登山会セー ...

□創価学会は大石寺67世日顕を血脈断絶とするが唯授一人血脈相承自体を否定していない   それでは逆に創価学会による「日蓮正宗批判」はどうなのか。これも、内容はとても「日蓮正宗批判」と呼べるような内容のものではなく、創価学会を破門にした大石寺67世日顕批判をメ ...

□日蓮正宗・創価学会の本尊セールス・登山会セールス論争は教義論争の範疇には入らない   「日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日、本尊・教義以外の問題は「和解」している」「日蓮正宗・創価学会の和解の中に本尊・教義問題は含まれていない」などというと、いかにも聞こ ...

□「慧妙」は日蓮正宗の機関紙ではなく、「創価新報」は創価学会の機関紙ではない   「日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日、本尊・教義以外の問題は和解している」---かく言うと、法華講員や創価学会員あたりからこんな反論が飛んでくる。 「日蓮正宗謀略活動新聞『慧妙 ...

□2002年1月31日の和解は日蓮正宗・創価学会の「宗創戦争」を実質終結させる和解である2   シアトル事件の係属そのものが、 「本件訴訟の係属そのものが、控訴人(日蓮正宗、大石寺)ら及び被控訴人(池田大作、創価学会)らにおいて、それぞれの教義をひろめ、儀式行事を行 ...

□2002年1月31日の和解は日蓮正宗・創価学会の「宗創戦争」を実質終結させる和解である   「アンチ日蓮正宗」には、「現在の日蓮正宗と創価学会の関係はどうなっているのか」「日蓮正宗と創価学会の『ケンカ』はつづいているのか」「日蓮正宗と創価学会の関係はなれ合いの ...

□教義論争・問答・布教活動において決せられる教義解釈の問題については裁判所は介入しない   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の関係がどうなっているのかを検証する上で、1977(昭和52)年4月20日の日蓮正宗と妙信講(現・顕正会)の「和解」はまことに重要である。 ...

□1974年の妙信講解散処分から3年後に和解した日蓮正宗と妙信講・浅井甚兵衛・昭衛父子   現在、日蓮正宗と日蓮正宗から派生した創価学会、顕正会、正信会が、さも泥仕合的な抗争をしていると思っている人たちが多いようだが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の関係 ...

池田博正氏が、ポスト池田大作の後継者になるには、大きなネックになる要素は他にもある、という見方がある。それは、池田大作級の「権威」がないということである。 この「権威」という点では、二つの見方がある。 ひとつは、池田博正氏は、創価学会の中では、特にこれ ...

2009年初頭のころだが、創価学会の最高支配者・池田大作の長男・池田博正副理事長が極秘離婚したという情報が、ネットの世界を駆けめぐった。池田博正氏極秘離婚のウワサは、すでに2003年ころからマスコミなどで囁かれていたが、どうもこの情報が事実らしいということで、 ...

日蓮正宗大石寺の経蔵、納骨堂の北側、正本堂・奉安殿の東隣りに「富士美術館」があった。 ここは創価学会の外郭団体である財団法人富士美術館が管理・運営し、1991(平成3)年の創価学会破門以降も、大石寺境内地内における創価学会最後の砦として、ずーっと残っていた。 ...

□2008年10月9日号「週刊新潮」の報道と破門者を次々と宗門復帰させている日蓮正宗史   「週刊新潮」2008年10/9号に「池田センセイの大自慢演説で聖教新聞が載せられなかった箇所」と題する池田大作・創価学会批判記事を載せている。内容は9月3日、東京・八王子市の東京 ...

□2001年8月・インターネット行政調査新聞に出た日蓮正宗・創価学会・再和解密約説   創価学会と日蓮正宗の再和解の可能性については、今まで、何度となく、マスコミなどで囁かれてきたものだ。これは今に始まったものなのではない。 日蓮正宗は、何十年もの間、布教か ...

□2008年4月の日蓮正宗大石寺68世日如法主と創価学会原田会長の会談報道について   最近、つとに創価学会の「ポスト池田大作」について推測やら観測がやたら、創価学会の内外を賑わせているようである。1928年生まれの池田大作氏は満80歳を超えており、しかも今や公式の ...

↑このページのトップヘ