□ボディーガード?を引き連れて大石寺境内を偉そうに歩いていた大草一男氏

 

私も、1986年から1995年ころ、大石寺や大石寺周辺に寺跡調査のために、何度も行っている。

大石寺も今はだいぶ桜の木も減ってしまったようだが、大石寺境内や大石寺周辺には桜の木が植林されていて、桜の花が咲く頃は、一般の花見見物客が多数、大石寺を訪れる。

たしか1992(平成4)年、大石寺周辺が右翼団体の街宣活動で喧騒としていたころだったと記憶しているが、私の寺跡調査が、桜見物のシーズンと日蓮正宗法華講連合会の春季総登山会に偶然重なったことがあった。ちょうどこの時期は、大石寺境内には法華講員の登山信者のほかに、一般の桜見物客も多数来ていて大石寺境内はたくさんの人でごったがえしていた。

私が大石寺境内を歩いていて、ちょうど大講堂前を通りかかると、大講堂前に多くの人だかりがいるのを見つけた。「何事だろうか?」と思って見に行ったところ、法華講連合会輸送班をはじめとする法華講の信者と、創価学会の信者が何事か揉めている様子であった。

見てみると創価学会側は、大石寺に勤務している創価学会員の従業員たちで、なんでも日蓮正宗の僧侶や信者から、創価学会脱会を働きかけられて反発し、労働組合を結成。それで労働組合の旗を掲げて大石寺内事部へ集団で団体交渉だか抗議だかで押しかけようとしたところ、法華講の信者に阻止されたということらしかった。

 

まあ見ていると、両者はなんだかんだと言い争ったり、揉めたりしているように見えたが、しかし、よーく見ていると、なんとなく猿芝居っぽく見えて、私としては白けてしまった。

第一、創価学会側が本気で大石寺内事部と団体交渉しようとしていたなら、なんでまた法華講員が大勢登山してくる法華講連合会春季総登山会の日に行ったのか?ぜんぜんちがう日にやればいいではないか。何か傍から見ていると、日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」というのは、何を見ても、どこかおかしな戦争に見えた。

 

そのわけのわからない揉み合いがつづいている最中、遠方から一人の中年男が、数人の若い男たちに囲まれながら、ノッシノッシと歩いてきたのが見えた。その中年男は何を言うわけでもなく、無言のまま。その揉み合いの様子をじっと見ていたあと、ほどなくして立ち去って行った。

「何だあのオッサンは。ずいぷ゛ん偉そうなオッサンだな」と思って見ていたら、大石寺の事情に詳しい人がこっそり教えてくれた。その偉そうなオッサンは、あの日蓮正宗法華講理境坊妙観講支部(理境坊妙観講)の講頭・大草一男氏であった。

ということは、周りにいたのは妙観講の側近幹部か?それともボディーガードか?という感じ。

まあ私が見た感じとしては、テレビや週刊誌報道で見かける、大勢の側近幹部を引き連れて歩いている池田大作の姿と実によく似ていた。歩き方といい、偉そうな態度といい、本当に「法華講の池田大作」という感じ。何とも見苦しい光景に見えました。

大講堂2


続きを読む