アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

法華講連合会は創価学会の布教・指導性完全猿まね教団である

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

池田大作から直伝されていた「信者の操縦法」を得意げに語っていた法華講支部講頭

□池田大作の信者操縦法と全く同じ信者操縦法を語っていた法華講大修寺支部の講頭

 

私も、けっこうあっちこっちの日蓮正宗寺院の寺跡調査に歩いたのだったが、そういう中でいろいろな場面に遭遇した。

1991年の日蓮正宗と創価学会の宗創戦争がはじまって間もない頃だったと思ったが、とある日蓮正宗寺院に行ったときのこと。寺院本堂には、大勢の法華講信者が集まって、何かしらの行事が行われていた様子。本堂入り口の外側には喫煙所が用意されていて、タバコを吸いながら輪を作って何事か喋っていた。

何気なく信者同士の会話に耳を傾けていたら、その中の一人の中年男性が、一生懸命に、「信者の操縦法」について熱く語っているのが聞こえてきた。よくよくその男性の顔を見てみると、いつぞや日蓮正宗の何かの資料で見た顔であり、その「法華講大修寺支部」の講頭・K氏であった。

そのK氏の話しを聞いて、私の耳に強く残ったのが

「信者に何か考えるゆとりを与えるな」

「常に組織として何か会合を行って、信者を動かせ」

「信者を組織活動で忙殺させよ」

「信者にあれこれ考えさせるヒマとゆとりを与えるな」

といったものであった。

こういう話を聞いていて、私はアレ?と思った。それは、この話しの内容は、ずいぶん前に創価学会の幹部筋から、池田大作が創価学会幹部に熱く語っていたという 「信者の操縦法」と、ほぼ同じ内容だからである。

 

大修寺という日蓮正宗寺院は東京・府中市にあり、創価学会の200ケ寺建立寄進によって建立された寺院。寺号の「大修寺」の「大」文字は、建立発願主である池田大作の「大」をとって付けられたものである。初代住職は、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主の長男である阿部信彰氏。

この人は阿部日顕法主の代に早瀬義寛(日如)庶務部長(後の大石寺68世法主)の下で庶務部副部長に就任。大石寺68世早瀬日如法主が登座すると日蓮正宗宗務院庶務部長に就任。

ところが2008(平成20)年暮れに、北海道網走市の得成寺住職・里内信徳氏が信徒からの苦情で大石寺に召喚され、阿部信彰庶務部長らから暴行される事件が発生。

日蓮正宗宗務院の指導に随わない里内信徳氏は住職罷免・擯斥処分になる。

不祥事を起こした阿部信彰庶務部長は、数日の職務停止処分だけで、あとは何のお咎めもなし。

その後、東京・池袋の常在寺住職・細井珪道氏死去の後釜として常在寺住職に転任。宗務院に新しく布教部が設置されたことで、布教部長に転任している。

阿部信彰1 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(224)~創価学会の団体登山会も法華講連合会の団体登山会もほとんど内容は同じ

■検証224・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか4

 

□創価学会の団体登山会も法華講連合会の団体登山会もほとんど内容は同じ

 

添書登山の場合は、大石寺登山を希望する日蓮正宗の信者が、所属寺院の受付窓口にて、添書登山の申し込みを行う。これで住職名の添書を発行してもらう。添書には、登山日、日帰りなのか、一泊なのか、利用交通機関、登山信者の住所・氏名が記されており、

「総本山大石寺登山事務所御中 添書(登山参詣御開扉願)

と書かれ、寺院名・住職名と住職印が押されている。

添書1


大石寺登山当日は、登山信者が各自、列車やバス等の交通機関を使って大石寺に登山。着山後、総一坊にある登山事務所受付にて、末寺の受付で発行してもらった添書を、御開扉供養金2000円といっしょに沿えて提出。

受付にいる僧侶から、ワッペンと内拝券を発行してもらう。

添書登山でも、大石寺境内では、ワッペンと内拝券はまことに重要なものであるのは、法華講の団体登山、支部登山、法要登山と同じ。これがないと、日蓮正宗の信者であっても、「戒壇の大本尊」が祀られている奉安堂(正本堂・奉安殿)の中には入れず、したがって御開扉も受けることが、できない。

 

ところで、総一坊登山事務所で、受付をするとき、登山信者は、御開扉供養金の2000円の他に、別口の供養金を封筒に包んで提出する。包む金額は、信者によってまちまちだが、だいたい50001万円と言われている。1人平均5000円としても、添書登山だけで5億円。この登山事務所は、団体登山、添書登山が行われている日は常に開いているので、熱心な信者は、団体登山でもここを訪れて、供養金を袋に入れて差し出している。

さらに登山事務所だけではなく、大石寺大坊にある内事部では、大石寺に参拝した信者から塔婆を立てることを受け付けており、ここでも登山事務所とは別途に、供養金集めをしている。

こうしてみると、大石寺の登山事務所と内事部だけで、御開扉供養金とは別途に、少なく見積もっても10億円の金集めをしているものと推計される。

こうしてみると、「戒壇の大本尊」の御開扉供養金のみならず、日蓮正宗の信者の大石寺登山参詣が、日蓮正宗にとって、重要な収入源になっているのが、わかろうというものである。

大石寺総一坊2

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(221)~団体登山、添書登山、法要登山、慶讃登山で必ず行われる「戒壇の大本尊」御開扉

■検証221・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか1

 

□団体登山、添書登山、法要登山、慶讃登山で必ず行われる「戒壇の大本尊」御開扉

 

それでは、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」御開扉とは、どのような儀式なのか。日蓮正宗の信者の大石寺登山とは、いかなる行事なのか。これは、日蓮正宗の僧侶・信者、元僧侶、元信者のみならず、他宗派の僧侶・信者の方々から無宗教の方、反宗教の方まで、さまざまな方が読んでおられるので、この点について、論究しておきたい。

 

日蓮正宗の信者の大石寺登山には、団体登山と個人登山の二種類がある。

団体登山には三通りがあり、ひとつは、信者団体である日蓮正宗法華講連合会が主催する団体登山。これには、1月の初登山会、3月の春季総登山会、7月の夏季総登山会。そして総登山会、代表登山会のない月に行われている月例登山会がある。

かつては、春季総登山会に壮年部、婦人部、青年部大会が大石寺大講堂で行われ、夏季総登山会に法華講連合会総会が大石寺大講堂で行われていた。

が、平成7(1995)より、夏季総登山会が6月~7月の夏季講習会登山というふうに様変わりしたため、法華講連合会総会は春季総登山会に、壮年部、婦人部、青年部大会は初登山会に行われるようになったが、近年は、初登山会には「折伏請願決起大会」なるものが開催されている。

 

もうひとつの団体登山とは、日蓮正宗末寺寺院に所属する法華講支部が主催する団体登山で、これは通称、支部総登山会とよばれていて、各法華講支部が最低でも毎年1回以上、行っている。

 

さて団体登山のもうひとつのパターンは、特別登山会(法要登山・慶讃登山)である。通常は、毎年4月の霊宝虫払い大法会、9月の寛師会(日寛法要)11月の御大会の三回。

この他に50年に1度行われる日蓮、日興、日目の遠忌法要、日蓮の生誕、立宗、立正安国論上奏、龍口法難、熱原法難、日興の大石寺開創の慶讃法要。大石寺法主の代替に行われる代替慶讃法要。さらに客殿、奉安堂といった大石寺堂宇の落慶法要の慶讃登山がある。

これらの法要は、日蓮正宗宗門・大石寺が行うものであるが、信者の登山会は法華講連合会の団体登山として行われる。

毎年の霊宝虫払い大法会、寛師会、御大会は、日蓮正宗の信者全員が参加できるものではなく、各法華講支部で選抜された信者のみが参加できるので、「代表登山」とよばれている。

大石寺・正本堂御開扉2 

続きを読む

創価学会会館そっくりの総坊で行われている創価学会そっくりの法華講指導会・座談会

□広間・部屋の造りが創価学会の会館の広間とそっくりになっている総一坊・総二坊の広間

 

日蓮正宗大石寺の広大な境内の、黒門から入った先には、総一坊、総二坊という二つの総坊が建っている。大石寺黒門から清貫洞・三門までの間の境内は「広布の広場」と呼ばれていて、総一坊、総二坊、法華講事務所(旧登山センター)、常来坊、常灯坊といった堂宇が立ち並んでいる。

こりあたりは、1950年代以降の創価学会折伏大進撃による日蓮正宗信徒激増期に整備された所で、もともとは正本堂建立慶祝六百万総登山会の準備態勢として、1966(昭和41)7月に一之坊、三之坊が完成。1967(昭和42)10月に二之坊、四之坊が完成。1971(昭和46)12月に五之坊が完成。かつてはここに一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊という五つの鉄筋コンクリート造りの坊が建っていた。

これが日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主の代になってから、1990(平成2)年の「大石寺開創七百年」記念事業として一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊は全て取り壊され、総一坊、総二坊が建てられた。あの当時は宗創戦争前の日蓮正宗・創価学会の宗創和合時代のことで、総一坊、総二坊も創価学会の寄進によって建てられた総坊である。

日蓮正宗では、大石寺67世阿部日顕法主の代になってから、創価学会の寄進・供養によって建てられた堂宇である大客殿、正本堂、総門、常来坊、常灯坊、常来坊等を取り壊し、新しい堂宇に建て替えているが、総一坊、総二坊は、今でも創価学会が寄進・供養した堂宇のままである。

 

総一坊も総二坊も、一階、二階にいくつもの部屋や広間、大広間があり、それそれの広間、部屋に板曼荼羅本尊が祀られている。当初、これらの板曼荼羅本尊の脇書には、「願主 法華講総講頭 池田大作」の文字が入っていた。

その総一坊、総二坊の広間・部屋の造りだが、これが創価学会の会館の広間の造りにそっくり。全く瓜二つなのである。

総一坊、総二坊の外観は、そんなにそっくりでもないが、総一坊、総二坊の中に入り、仏間の仕切り、襖の戸、室内の造りは、全く創価学会の会館そのものといった感じ。というか、創価学会の会館をそっくりそのまま大石寺に移築したのではないかとすら思えたくらいである。

もっとも、総一坊、総二坊も創価学会の寄進・供養で建てられたのだから、創価学会の会館そっくりの造りになっていて当たり前と言えば、当たり前なのかもしれないが。

 

法華講連合会の月例登山会があった時、総一坊、総二坊の大広間で指導会、座談会が行われていた。総登山会や夏季講習会登山では、登山信者が休息する休息坊。ないしは宿坊になることもある。

大石寺総一坊2 

続きを読む

大石寺「立正安国論750年」記念事業に見る日蓮正宗・創価学会の目くそ鼻くそぶり

2008年、ネットでいろいろなウェブサイトを見ていたら、こんな表題が飛び込んできた。

 

「九州決起大会に1万1038名結集で完全勝利」

「九州大会の場合、参加したすべての布教区が結集目標を上回り、100%以上の結集結果を出したことは、まさしく完全勝利と言ってもよいと思います」

 

また聖教新聞の表題と創価学会幹部の発言文かな??と思って、詳しく見てみたら、なんと上の「九州決起大会に1万1038名結集で完全勝利」というのは、聖教新聞の表題ではなく、「地涌倍増大結集推進九州決起大会」なる集会を伝える日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」2008316日号の表題。

下の「九州大会の場合、……まさしく完全勝利と言ってもよいと思います」というのは、創価学会幹部の発言ではなく、大石寺での日蓮正宗法主・早瀬日如の発言文であった。

何か驚いたというより、呆れてしまった。

立正安国論正義顕彰750年西日本大会2

 

日蓮正宗は現在、創価学会や顕正会などと離別し、上辺だけは、まったく別の道を歩んでいるかのように装っているが、根は同じだ。

否、根本の本尊も、教義も、使っている日蓮の遺文(御書)も、解釈も、勤行も、唱題も、信仰活動・宗教活動の内容も、独善的・排他的な思想・体質も…全く同じだ。違いなど、どこにもない。

日蓮正宗は、過去に創価学会や妙信講(顕正会の前身)を媒体として、巨億の冨を築き上げ、大石寺の境内地内に、東洋一の寺院建築と言われた正本堂を建立した。

妙信講もあれだけ正本堂の意義について日蓮正宗や創価学会と対立したが、1965(昭和40)年の正本堂建立供養に賛成し、日蓮正宗・創価学会と仲良く、その供養に参加しているのである。

日蓮正宗は今になって、「自分たちだけが唯一正しい。創価学会も顕正会もまちがっている」などと言うが、愚かしいかな、日蓮正宗は、信徒団体の法華講の組織の内容も、形態も、活動そのものすらも、創価学会や顕正会の組織、形態、活動内容を、そっくりそのまま、まねているではないか。全国各地で繰り広げられている法華講の大会にしても、はじまりから終わりまで、創価学会の大会、顕正会の大会そのものである。

今、日蓮正宗が行っている「地涌倍増大結集推進決起大会」なる集会とて、創価学会や顕正会の集会そっくりである。

日蓮正宗は、創価学会や顕正会と同じことをすれば、同じように信者が集まるとでも思っているのだろうか。

 

それだけではない。彼らの活動ぶりを伝える機関紙の報道や大会や集会での法主や幹部の発言にいたるまで、ほとんど創価学会や顕正会の猿まねをしているのだ。

ここまで日蓮正宗・創価学会・顕正会は「目くそ鼻くそ」「同じ穴の狢」なわけである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ