アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺が破門した顕正会、正信会の教学・布教をパクる日蓮正宗

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

冨士大石寺顕正会「国立戒壇」建立論の元祖・本家本元は日蓮正宗大石寺である2

しかしこれだけ熱く広宣流布や国立戒壇を語っていた日蓮正宗が、昭和40年代の中頃、いよいよ正本堂落慶をむ迎えんかというときに、急旋回をした。

1960年代、創価学会の折伏大進撃(強引な折伏・勧誘)によって日蓮正宗の信者が激増していくにつれて、日蓮正宗の「国立戒壇」建立論が、マスコミや世間の評論家から批判の集中砲火を浴びた。それが創価学会の言論出版妨害事件をきっかけに激化し、「日蓮正宗の国立戒壇建立論は憲法違反なのではないか」ということが、国会でも取り上げられる事態となった。

こうして創価学会が、国立戒壇」建立論を否定して、当時、大石寺に建設中だった正本堂が本門事戒壇だとスタンスを変更。これに日蓮正宗が同調していった。

1970(昭和45)53日、創価学会第33回本部総会で講演した日蓮正宗大石寺66世細井日達法主は、詰めかけたマスコミ・報道陣の前で次のように発言した。

 

「わが日蓮正宗においては、広宣流布の暁に完成する戒壇に対して、かつて『国立戒壇』という名称を使っていたこともありました。しかし日蓮大聖人は・・・・決して大聖人の仏法を日本の国教にするなどとは仰せられてはおりません。日本の国教でない仏法に『国立戒壇』などということはあり得ないし、そういう名称は不適当であったのであります。・・・・・・今日では、『国立戒壇』という名称は世間の誤解を招くし、かえって布教の邪魔にもなるため、今後、本宗ではそういう名称を使用しないことにいたします」・・・・・・・

 

この時、細井日達法主は、日蓮正宗の国教化を否定し、「国立戒壇」という名称を不使用にする、という宣言をした。しかしこれは、名称は今後は使わないだけで、言葉の意味や義理(日本国民全員を日蓮正宗の信者にした暁に、戒壇を建立するなど)は、今日でも日蓮正宗では生きているものと考えられる。

又、妙信講(顕正会)は、この細井日達法主の宣言に反発して、日蓮正宗大石寺との対立を深めていった。現顕正会・浅井昭衛氏らは国教化も国立戒壇も棄てておらず、現在においても、行事や出版物、機関紙などで強硬に主張している。

 

あまり知られていないことだが、1970(昭和45)53日以前は、創価学会も公式に「国立戒壇」建立論を唱えていたのである。学会員でも、こういうことは知らない人のほうが多いという。

「国立戒壇」建立論を唱えていた戸田城聖会長・池田大作会長の語のいくつかをひろってみたい。

戸田城聖2 

続きを読む

宗創戦争を有利に進めるため顕正会や正信会の教学までもパクった阿部日顕

1991年、宗創戦争開戦と同時に、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は創価学会との戦いを有利に進めるため、1972年当時にわき起こっていた「正本堂の意義付け問題」を持ち出して、19724月に先代の大石寺66世細井日達法主が出した訓諭の中の文

「正本堂は広宣流布の暁は本門寺の戒壇たるべき大殿堂なり」の文にある、「たるべき」の語句の意味を持ち出して、強引に正本堂の意義を改訂してしまった。

67世日顕7


そして1998年、阿部日顕は正本堂から「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を奉安殿に遷座して、正本堂の撤去工事に取りかかり、正本堂を取り壊して、その跡地に新たに奉安堂を落成させた。

実は、これには興味深いカラクリがある。

 

1991(平成3)の「正本堂の意義論争」のとき、199139日付けで阿部日顕が創価学会に送附した文書に、

「昭和四十七年の四月、既に日達上人の訓諭による正本堂の定義が決定したあとの、同年十月の落慶法要の時、池田氏は法要が終わって下山する信徒に、幹部を通じて、七百年前の大聖人の御遺命が、ここに達成された旨の言葉を伝えさせたのです」

と書いて創価学会を非難しているのだが、197210月の正本堂落慶法要の時、池田大作が

「本日、七百年前の大聖人の御遺命が達成されました。ありがとう」

という伝言を参詣信者に伝えたという一件は、1980(昭和55)年、池田大作に造反した原島嵩元教学部長が書いた著書「池田大作先生への手紙」で告発されたことである。

原島嵩1

 

その原島嵩氏は平成11年(1999)5月25日、大石寺大奥対面所で阿部日顕法主に目通りしているのだが、そのとき、原島嵩氏は平成11年(1999)7月1日号「大白法」で、阿部日顕は次のように語ったことを独白している。

 

「私のかつて出版した一書『池田先生への手紙』を、(阿部日顕法主は)平成4・5年の頃、読んでいてくださり、『あの本をもっと前に読んでおれば、私の池田大作に対する対応も異なっていました』と仰せられました」(日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」平成11年(1999)7月1日号より)

 

『池田先生への手紙』という本は、1991年の宗創戦争が開戦した当時、原島嵩氏が出版してから十年以上経っていたが、この原島嵩証言によると、阿部日顕が『池田先生への手紙』を読んだのは、平成4・5年ころであり、198210月の「正本堂建立十周年記念」の行事で池田大作に「賞与本尊」を授与したときや、創価学会に文書を送附した平成3(1991)39日の段階では、まだ読んでいなかったことになる。では阿部日顕は何を見て書いたのか。

 

実は、この池田大作の伝言事件を取り上げた人物がもう一人いる。それは富士大石寺顕正会会長・浅井昭衛である。浅井昭衛は、1990(平成2)427日、「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」と題する書を法主・阿部日顕以下、日蓮正宗の末寺住職に送附しているのだが、その中で浅井昭衛は、原島嵩氏の著書『池田先生への手紙』に書いてある伝言事件を引いて、問題にしているのである。

顕正会・浅井昭衛1

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ