アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗vs創価学会・『欺瞞の宗創戦争』批判

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

1991年の創価班退去後、一時、ゴーストタウン化していた大石寺・法華講事務所

□「登山センター」の六文字のゴロ合わせで決まった「法華講事務所」の名前

 

大石寺の総二坊の並びに「法華講事務所」という名前の、何やら軍艦か、軍事基地を連想させるような建物がある。ここは、1972(昭和47)年の正本堂建立落慶にあわせての大石寺整備計画により建立された。つまり1965(昭和40)10月に、創価学会が中心になって僧侶・寺族・信者から募金した360億円から建立された堂宇である。

この登山センターの完成によって、それまで雪山坊で起居していた創価班が、登山センターに引っ越してきたとのことである。建立当初は「輸送センター」という名前であったが、まだ宗創和合時代だった1980年代に「登山センター」と改称した。

登山センターとは、宗創和合時代に創価学会の団体登山が行われていたころ、「本山担当」「輸送担当」の創価班が起居していた所。常に365日、ここには「本山担当」の創価班が常駐していた。

19916月末の創価学会団体登山会廃止によって、ここから創価班は退去。しばらく、無人のゴーストタウンと化していた。

1991年秋ころから右翼団体の街宣車が大石寺周辺に押しかけてきていたのだが、このころ、この無人のゴーストタウンだった登山センターは、大石寺自警団に応援に来ていた寺族や信者に休息所?として、開放されていた。といっても、静岡県外の遠隔地から大石寺警備の応援に来ていた信者が宿泊するために解放されていただけのこと。この当時の登山センターの中は、完全無人の灯も薄暗く、各部屋の中は清掃もされていない幽霊屋敷状態。

こんな薄気味悪い所で、日蓮正宗の信者がよく宿泊していたものだと思う。

登山センターの正面玄関から入って右手には「本堂?」らしき広間があって、中央須弥壇には、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主が書写した板本尊が祀られていた。ただ祀られてはいたが、登山センターには誰もいなかったせいか、板本尊の前には水を入れる金椀も供物も何もなく、ガラーンとしていた。私も、いろいろ大石寺の堂宇や末寺の板本尊などを見てきたが、板本尊の前に水を入れる金椀も供物もないという光景ははじめて見た。登山センターの「本堂?」も、灯が消されていたため、薄暗くなっており、外から見ていると、実に気味悪く見えた。

 

これが創価学会が破門になった後、1992年の春ぐらいから、登山センターは「法華講事務所」と名前が改称され、ここで法華講連合会役員と輸送班・整理班・救護班が起居するようになった。

なぜここが「法華講事務所」との名前になったのか。日蓮正宗の僧侶の話によれば、この旧登山センターの正面玄関の上に「登」「山」「セ」「ン」「タ」「ー」という、一文字ずつの掲示があった。

創価学会破門によってこの掲示は撤去。さて新しい名前は、「登山センター」の一文字ずつの掲示を埋め合わせるべく、六文字がふさわしいということで、日蓮正宗が六文字の名前をいろいろ考えたあげく、六文字の「法華講事務所」に決まったという。

大石寺登山センター(法華講事務所)1 

続きを読む

富士美術館閉館・大石寺宝物殿開館で判明した日蓮正宗・創価学会話し合いの場

日蓮正宗大石寺の経蔵、納骨堂の北側、正本堂・奉安殿の東隣りに「富士美術館」があった。

ここは創価学会の外郭団体である財団法人富士美術館が管理・運営し、1991(平成3)年の創価学会破門以降も、大石寺境内地内における創価学会最後の砦として、ずーっと残っていた。

ここは、正本堂落慶以後の1973年(昭和48年)53日に開館。当時の創価学会会長・池田大作によって創立されたもの。

 

その富士美術館が、2008年(平成20年)511日、企画展「富士と桜」の展示を終了し閉館となった。閉館の諸作業を進める中で、財団法人富士美術館の解散の手続きが完了するのを待って、閉館を発表したという。

1973(昭和48)年の開館以来、入館者は約600万人を数えたという。とはいっても、これの大半が、宗創和合時代の創価学会団体登山参拝者だったと思うのだが。

江戸時代から近現代までの日本画を中心とする約1500点の幅広い東洋の美術品を所蔵していたが、これらの所蔵品は、東京・八王子の東京富士美術館に移された。

 

そしてその後、富士美術館の建物は、日蓮正宗大石寺に返還されて大石寺の所有となり、2009年初頭から大石寺宝物殿として転用されることになった。2009年から、日蓮正宗大石寺では、「立正安国論七百五十年記念」登山がはじまっていて、大石寺宝物殿としての運用がはじまっている。

立正安国論正義顕彰750年西日本大会2

 

こういう一連の流れを見てみると、日蓮正宗と創価学会の間は「絶縁」しているのではなく、何らかの「話し合いの場」「協議の場」が持たれていることがわかる。

そういう中で、富士美術館閉館・大石寺への返還・大石寺宝物殿として開館が行われたと見るのが妥当なのではないか。

もし本当に日蓮正宗と創価学会の間が「絶縁」していたら、こういうことは起こり得ないだろう。

 

注目すべき点は、この日蓮正宗・創価学会の話し合いが、今後、どのようになっていくかということである。今のような状態がつづくのか。それとも両者は「再和解」することになるのか。

この成り行きは、日蓮正宗の信者にとっても、創価学会の信者にとっても、まことに大きな影響を及ぼすものになるだろう。

 

 

 

 

日蓮正宗が産み出す不幸の根源・大石寺の『権威』と創価学会の『権力』

日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は、法主に登座した当初は、創価学会員を積極的に脱会させて日蓮正宗寺院の信者にするという正信覚醒運動(正信会)の路線を、固く禁止していた。

ところが、1991年の宗創戦争の開戦によって、今度は阿部日顕は、逆に創価学会員を積極的に脱会させて日蓮正宗寺院の信者にせよなどと号令している。

67世日顕7


又、阿部日顕は、「正本堂の意義の改訂」「国主立戒壇」と、これまた日蓮正宗大石寺がかつて破門にした顕正会(妙信講)と、ほぼ同じことを言い出し、しかも顕正会が強力に要求していた「正本堂の取り壊し」「『戒壇の大本尊』なる板本尊の正本堂から奉安殿への遷座」を本当に実現させてしまった。

もっと言うと、阿部日顕が1992年に行った「池田大作の宗門追放」は、かつて正信会も顕正会が、阿部日顕に要求していたことだった。

 

さらに阿部日顕は、創価学会・池田大作を破門にしておきながら、その一方で池田大作・創価学会が長年行ってきた強引・執拗な折伏活動・罰論・堕地獄論・組織信仰活動・団体宗教活動・指導性といったものを、そっくりそのまま模倣して、「法華講」にやらせている。

池田大作が描いてきた「信心の功徳」「誹謗の罰」「信心の組織」なる絵空事・虚構を、池田大作と敵対する阿部日顕・日蓮正宗がそっくりそのまま模倣しつづけているという異常な光景。

しかもこれだけ、かつて自らが破門にした団体のやり方をそっくり模倣し、そっくり同じことを言い、そっくり同じことをしておきながら、破門にした理由や意義がほとんど失われているにもかかわらず、『破門』そのものは今でも有効だと言い続けている日蓮正宗。

こういうふうに、とことんまで突き詰めていくと、日蓮正宗が言うところの『破門』とか『擯斥』とか『除名』なるものは、一体、何なのかということになる。

 

さらにオマケがついていて、日蓮正宗が破門にした顕正会、正信会、創価学会が強力に要求していた「阿部日顕の法主退座」だけは、阿部日顕はことごとく拒否して27年もの間、法主の座に居すわりつづけた。

2004年になって日蓮正宗宗規に「法主は遷化(死去)又は自らの意思による以外はその地位を退くことはない」との一文を入れさせ、2005年になってようやく大石寺法主を退職した。

あたかも「私は法主を退職するが、辞めろと言われたから辞めるのではない。自分の意思で辞めるのだ」と言わんばかりである。2006年の法主退職時に、阿部日顕は84才になっていた。満80才を超えて現職法主にあったのは、大石寺の開祖・日興、「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した日有、阿部日顕の三人だけである。

 

続きを読む

宗創戦争を有利に進めるため顕正会や正信会の教学までもパクった阿部日顕

1991年、宗創戦争開戦と同時に、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は創価学会との戦いを有利に進めるため、1972年当時にわき起こっていた「正本堂の意義付け問題」を持ち出して、19724月に先代の大石寺66世細井日達法主が出した訓諭の中の文

「正本堂は広宣流布の暁は本門寺の戒壇たるべき大殿堂なり」の文にある、「たるべき」の語句の意味を持ち出して、強引に正本堂の意義を改訂してしまった。

67世日顕7


そして1998年、阿部日顕は正本堂から「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を奉安殿に遷座して、正本堂の撤去工事に取りかかり、正本堂を取り壊して、その跡地に新たに奉安堂を落成させた。

実は、これには興味深いカラクリがある。

 

1991(平成3)の「正本堂の意義論争」のとき、199139日付けで阿部日顕が創価学会に送附した文書に、

「昭和四十七年の四月、既に日達上人の訓諭による正本堂の定義が決定したあとの、同年十月の落慶法要の時、池田氏は法要が終わって下山する信徒に、幹部を通じて、七百年前の大聖人の御遺命が、ここに達成された旨の言葉を伝えさせたのです」

と書いて創価学会を非難しているのだが、197210月の正本堂落慶法要の時、池田大作が

「本日、七百年前の大聖人の御遺命が達成されました。ありがとう」

という伝言を参詣信者に伝えたという一件は、1980(昭和55)年、池田大作に造反した原島嵩元教学部長が書いた著書「池田大作先生への手紙」で告発されたことである。

原島嵩1

 

その原島嵩氏は平成11年(1999)5月25日、大石寺大奥対面所で阿部日顕法主に目通りしているのだが、そのとき、原島嵩氏は平成11年(1999)7月1日号「大白法」で、阿部日顕は次のように語ったことを独白している。

 

「私のかつて出版した一書『池田先生への手紙』を、(阿部日顕法主は)平成4・5年の頃、読んでいてくださり、『あの本をもっと前に読んでおれば、私の池田大作に対する対応も異なっていました』と仰せられました」(日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」平成11年(1999)7月1日号より)

 

『池田先生への手紙』という本は、1991年の宗創戦争が開戦した当時、原島嵩氏が出版してから十年以上経っていたが、この原島嵩証言によると、阿部日顕が『池田先生への手紙』を読んだのは、平成4・5年ころであり、198210月の「正本堂建立十周年記念」の行事で池田大作に「賞与本尊」を授与したときや、創価学会に文書を送附した平成3(1991)39日の段階では、まだ読んでいなかったことになる。では阿部日顕は何を見て書いたのか。

 

実は、この池田大作の伝言事件を取り上げた人物がもう一人いる。それは富士大石寺顕正会会長・浅井昭衛である。浅井昭衛は、1990(平成2)427日、「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」と題する書を法主・阿部日顕以下、日蓮正宗の末寺住職に送附しているのだが、その中で浅井昭衛は、原島嵩氏の著書『池田先生への手紙』に書いてある伝言事件を引いて、問題にしているのである。

顕正会・浅井昭衛1

 

続きを読む

自らの保身と暖衣飽食のために大ウソを並べてた大石寺67世阿部日顕

1991日蓮正宗と創価学会の宗創戦争がはじまってから、日蓮正宗大石寺67阿部日顕法主は、諸悪の根源・悪行の責任の全てを池田大作一人に押しつけて、自分は涼しい顔で「無罪放免」であるかのように振る舞い出した。しかも法主の自分だけが暖衣飽食をして、創価学会の離反による経済的困窮のツケを全て末寺住職に押しつけ、創価学会員脱会の実際の働きかけを全て信者に押しつけるという、非常識極まりない作戦に出た。

67世日顕8


さらに驚くべきことに、阿部日顕は創価学会を破門にしたのちの19923月、法華講連合会壮年部大会の公式の席でこんなことまで言ったのである。

 

「戸田会長のころの創価学会の在り方は、その根本精神において、あくまで総本山が根本であり、そのための創価学会であるという気持ちの上から、あの大折伏が遂行されたということが、はっきりと言えるのであります。 ですから、三代の池田会長は、戸田氏が命懸けで作られた組織と、その流れの上に乗ったに過ぎないのであります。戸田氏は、本当に命懸けで、指揮をとりましたが、広布七十五万世帯の時点でお亡くなりになりましたので、そのあとを受けた後、たしかに数としては増えているようでありますが、すでにその時には、そののち発展する内容は戸田氏によってできあがっていたと、私ははっきり見抜いておるものであります。

したがって、八百万世帯にいたる大折伏は、戸田氏の清浄な、正法を護る気持ちの中から行なわれたところであり、その中から皆様方が現われてきたのであるということをはっきりと見定めるところに、創価学会に縁のある方々が、創価学会の存在理由とその経過、すなわち正しい仏法の流れを正しく知る所以(ゆえん)があると思うのであります。 しかして、池田大作なる者が会長になってから、次第に創価学会がいろいろな角度で、誤りを犯すようになったのであります。」

(平成4329日・法華講連合会壮年部大会の指南『大日蓮』平成35月号)

 

まさに責任のスリカエと自己保身のための大ウソの説法である。

昔から阿部日顕の言動を知っている内外の人たちは、これを聞いて呆れ返ったのではないか。

それは何を隠そう、1960年代、70年代、80年代の宗創和合路線時代において、阿部日顕は事あるごとに池田大作や創価学会を絶賛し、褒めちぎっていた僧侶の代表格であり、創価学会べったり、親池田大作の僧侶として、あまりにも有名な人物であった。

それは法主に登座してからも同じで、198210月には、大石寺で「正本堂建立十周年記念」の行事を主催して、池田大作に「賞大法護持広布並びに世界平和貢献之功」と書いた「賞与本尊」を授与し、19841月には、池田大作を法華講総講頭に任命している。

 

「三代の池田会長は、戸田氏が命懸けで作られた組織と、その流れの上に乗ったに過ぎない」

「池田大作なる者が会長になってから、次第に創価学会がいろいろな角度で、誤りを犯すようになった」「当時から池田大作がインチキだと見抜いていた」ならば、どうしてそんな人物に「賞与本尊」を授与し、法華講総講頭に再任したのか。明らかな阿部日顕のウソである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ