アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮宗・安永弁哲氏「板本尊偽作論」・木下日順氏の説を評する

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(138)~「日有癩病説」を根拠とする「戒壇の大本尊」日有偽作説は誤りである

■検証138・大石寺9世日有の莫大な経済力・財力の傍証・下部温泉の湯治5

 

仏罰論の一種である「日有癩病説」は「戒壇の大本尊」日有偽作の証拠ではない

 

古来から 大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、大石寺9世日有が偽作したのではないかとする「日有偽作説」を唱えてきた人は、何人も居る。しかし古来の「日有偽作説」はどれもこれもが皆「日有は大石寺の板本尊を偽作した。だから癩病になったのだ」という「日有癩病説」と直結しており、大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した仏罰・悪因によって癩病になったのだ、という説が当たり前のように説かれている。つまりこの「日有癩病説」は、「日有は晩年に癩病になったことは、板本尊偽作の証拠であり、板本尊偽作の仏罰だ」という説に発展している。

驚くべき事に、この「日有癩病説」は、戦国・安土桃山・江戸時代という昔だけの話しではなく、何と昭和3040年代の現代にかけても、これが論じられてきているのである。昭和20年代後半~40年代といえば、創価学会の折伏大進撃の時代であり、創価学会の強引・執拗な折伏によって多くの人が既成仏教界を離れて日蓮正宗に入信し、日蓮正宗の信者が大幅に増加した時代であった。創価学会は、現世利益論・功徳論・罰論を前面に押し出して強引な折伏を進めていたため、これに対抗するほうも、仏罰論で対抗していったのではないか。1956(昭和31)年に出版された「板本尊偽作論」の著者・安永弁哲氏も「日有癩病説」と直結した「日有偽作説」を唱えている。

しかし「日有は大石寺の板本尊を偽作した。だから癩病になったのだ」という「日有癩病説」は、日蓮正宗VS日蓮宗とかの宗派論争でやる分にはお互いに好都合なのかもしれないが、世間一般に対しては、全く説得力が欠ける。というか、それ以前の問題として、日有偽作説を立証せんがために、日有癩病説や仏罰論などを言うべきではないのである。「アンチ日蓮正宗」は仏罰論そのものが、倫理性を欠いた非常識極まりない仏教教義であるので、仏罰論そのものに反対である。

それでは大石寺9世日有が癩病(らい病・ハンセン病)であったとする「日有癩病説」というものが、一体いつから、どこから出てきたものなのであろうか。一番古い者ものは、1493(明応2)年に北山本門寺六代貫首・日浄(?1493)が書いた「富士山本門寺文書集日浄記」の文であろう。この日浄の「日有癩病説」をそのまま受け継いでか、北山本門寺の末寺・東光寺の僧が、京都・要法寺貫首・日辰が北山本門寺に来寺した時に、「日有癩病説」を語ったとされる。これらのことを総合的に勘案すると、大石寺9世日有が癩病(らい病・ハンセン病)であったとする「日有癩病説」の最も古い出所は、1493(明応2)年に北山本門寺六代貫首・日浄(?1493)が書いた「富士山本門寺文書集日浄記」の文ではないかと考えられるのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(137)~「板本尊偽作論」の「日有癩病説」は医学的根拠がない風聞を元にした感情的な暴論である

■検証137・大石寺9世日有の莫大な経済力・財力の傍証・下部温泉の湯治4

 

□北山本門寺・日浄記は「戒壇大本尊」日有偽作の証拠だが「日有癩病説」は誤りである

 

「日有、開山の本懐に背き、未聞未見の板本尊を彫刻し、猶己義荘厳の偽書を造る。併て邪智謗法の現罰を蒙り已に癩病(らい病)人と成て甲斐国杉山に隠れ入りて死し畢ぬ。もし、日有の誑惑世間に流布せば、興門の道俗共に無間に堕ち、将来悲しむべし云々」

(「大石寺誑惑顕本書」p6p7

-----大石寺法主の日有は、御開山・日興上人の御本懐に背いて、今まで見たことも聞いたことも全くない板本尊(『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊のこと)を彫刻・偽造した上に、なおかつ大石寺の教義を荘厳するための偽書を造った。こういった、とんでもない邪智謗法を行った報いによって日有は現罰を蒙って、癩病に成りはて、法主を隠退せざるを得なくなり、甲斐国の杉山の寺院に隠居して、そこで死んでしまった。もし日有の板本尊偽造・偽書偽造の誑惑があたかも本当のことであるかのように世間に流布してしまったら、日興門流の僧俗は、日有と与同罪で無間地獄に堕ちてしまうことになり、これは将来、まことに悲しむべき事になるであろう。------

これは、1493(明応2)年に北山本門寺六代貫首・日浄(?1493)が書いた有名な日浄の「日有の『戒壇の大本尊』偽造の告発」である。北山本門寺6代貫首・日浄とは、1450(報徳2)年に5代貫首・日昌の死後、貫首になった人物で、1493(明応2)年に死去するまで約43年間、北山本門寺6代貫首の当職にあった。片や、大石寺9世日有は1419(応永26)年から1482(文明14)年までの約63年間、大石寺法主として最高指導者の地位にあった。したがって、北山本門寺6代貫首・日浄という人物は、大石寺9世日有とほぼ同じ時代を生き、同じ時代に日有と対峙していた人物だったと言うことができる。その北山本門寺6代貫首・日浄の告発の中に、「日有癩病説」が織り交ぜられて、書いてあるというわけである。この日浄の「日有癩病説」をそのまま受け継いでか、北山本門寺の末寺・東光寺の僧が、京都・要法寺貫首・日辰が北山本門寺に来寺した時に、「日有癩病説」を語ったとされる。

日浄の告発が、「戒壇の大本尊」なる板本尊の日有偽作の証拠の一つとして数えられるのは、大石寺9世日有とほぼ同じ時代を生き、同じ時代に日有と対峙していた人物が日有の「板本尊偽造」「偽書偽造」を告発したことなのであり、「日有癩病説」を唱えたからではない。したがって、北山本門寺6代貫首(住職)・日浄の「戒壇の大本尊」日有偽作の告発そのものは「戒壇の大本尊」日有偽作の証拠だが、その中にある「日有癩病説」は何の根拠もないもので、これは誤りなのである。

 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(57)~「日興跡条条事」偽作者を特定せず、検証不充分な安永弁哲氏の偽作説

■検証57・「日興跡条条事」偽作者を特定せず、検証不充分な安永弁哲氏の偽作説

 

次に、過去に「日興跡条条事」を後世の偽作と断じた人たちの説を検証していきたい。

有名なのは、1956(昭和31)610日に刊行された「板本尊偽作論」の著者・安永弁哲氏である。安永弁哲氏は、「板本尊偽作論」の「七 日興身にあて給わる本尊は一幅もない」の中で、次のように言っている。

「『日興跡条条事』の『日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を授与する』という点である。ところがこの身にあて給わったという弘安二年の大本尊は、一体全体何処にあるのか。日興宛の曼荼羅は現存する百余幅のうちに一幅もないのである。これは全くの皮肉というより外に言葉がない。一幅ぐらいは有りそうに思えるが本当に日興宛の曼荼羅は一幅もないのであるから、『条条事』の記述は全くの嘘事である」

「こう言えば、正宗や学会の者たちは、“板本尊がある”と言うだろうが、どっこいそうは問屋はおろさぬのである。…日興に与えたとは何処にも書いてないのである」

「この『日興跡条条事』はその正本が大石寺にあるというが、これは後世の偽作であることは、「志霑問答」で玉野日志が駁論しているとおりである。このように『聖人御難事』の御書は無茶苦茶な我田引水のこじつけだし、『条条事』は偽作であるばかりでなく、日興にあてて授与された曼荼羅さえも一幅もないのである」(安永弁哲氏の著書『板本尊偽作論』p130131)

 

安永弁哲氏の論の主題は、大石寺の「戒壇の大本尊」(安永弁哲氏は板本尊と言っている)が偽作である、ということを論証しようというもので、その一環の中に、「日興身にあて給わる本尊は一幅もない」ということがあり、ここから「日興跡条条事」が偽作であると言うこと。

もうひとつが、1878(明治11)年から1879(明治12)年にかけて、北山本門寺34代貫首・玉野日志氏と日蓮正宗大石寺52世法主・鈴木日霑との間で行われた「霑志問答」(安永弁哲氏は志霑問答と言っている)における玉野日志氏の問難。

このふたつを根拠にして、「日興跡条条事」が偽作であるという結論を導き出している。ただし「霑志問答」の玉野日志の「日興跡条条事」の具体的な問難の内容については、安永弁哲氏は一言も触れていない。これだけで、「日興跡条条事」偽作説が成り立たないこともないでしょうが、やはり検証不足という印象が否めない。「欠損箇所」「園城寺申状と下文」「管領」「墓所」「御堂」といった語句の問題、日付・年号の問題、「弘安八年」「五十年の間」等々という「日興跡条条事」の記述内容の矛盾の問題についても、安永弁哲氏は何も言っていない。

 日興跡条条事2

(昭和5549日付け聖教新聞に掲載されている『日興跡条条事』)

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(194)~安永弁哲氏の弥四郎国重・妙海寺本尊裏書模倣説は誤りである

■検証194・安永弁哲氏の弥四郎国重・妙海寺本尊裏書模倣説は誤りである

 

□弥三郎・弥四郎とは中世・鎌倉時代から室町時代・近世の日本で広く用いられた名前である

 

安永弁哲氏は著書「板本尊偽作論」の中で、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の授与書の「本門戒壇之願主 弥四郎国重 法華講衆等敬白」の文について、静岡県沼津市の日蓮宗寺院・妙海寺に格蔵されている日蓮真筆本尊の裏書きに

「山本弥三郎法号日安授与大漫荼羅」「山本弥三郎内法号日専御授与漫荼羅」

とあり、妙海寺の過去帳に山本弥三郎という人物が「弥三郎国安」と載っていること、そして妙海寺には開山以来、八日堂法華講という講中があることから、

「板本尊は日有が妙海寺の『天下泰平国家長久八日堂御祈祷之大漫荼羅』と『弥三郎国安』授与の漫荼羅にヒントを得て、板本尊を模作偽造したものを、岡宮・光長寺開山日法と結びつけて、日法彫刻の板本尊という筋書きをつくったものであろう」(『板本尊偽作論』p161)

という説を唱えている。

しかし、この安永弁哲氏が唱える、弥四郎国重・妙海寺本尊裏書模倣説は誤りである。

 

まず「弥四郎」とか「弥三郎」とかいう名前は、誰か特定の個人を指す名前ではなく、一家の第三子、第四子、三男、四男であることを現す語として、中世・鎌倉時代から室町時代・近世の日本で広く用いられた名前である。例を挙げると

北条小四郎義時→小四郎 北条時政の第四子 三浦兵六義村→兵六 三浦義澄の第六子

北条太郎泰時→太郎 北条義時の第一子  北条五郎時房→五郎 北条時政の第五子

三浦兵九郎胤義→兵九郎 三浦義澄の第九子 源九郎義経→源義朝の九男

「○○郎△□」という名前自体、武家、農民をはじめ、広い階層において、日本国内で広く使われた名前であり、どこにでもあった名前である。

妙海寺の弥三郎国安が、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の授与書にある「弥四郎国重」と名前が似ているのはちがいないが、しかしながらこれと同様の名前が、この時代に世間にあふれていたということになると、必ずしも妙海寺の弥三郎国安をまねたとは言えず、このように結論を下すことは拙速であろう。

 

「法華講」という名前も同様であり、日蓮正宗大石寺9世法主日有以前においては妙海寺の八日堂法華講以外に、大漫荼羅授与書や古文書に、佐渡国法華講衆、奥州柳目一迫法華講衆、奥州柳目法華講衆という名前が出てきている。しかも佐渡国法華講衆には日興が授与した遺文に出てくる名前であり、奥州柳目一迫法華講衆は大石寺5世日行が授与した本尊の授与書に、奥州柳目法華講衆とは大石寺6世日時が授与した本尊の授与書に出てくる名前なのであり、大石寺法主と直接関係があったと考えられる。

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(103)~安永弁哲氏の「聖人御難事」解釈は「戒壇の大本尊」偽作の証拠ではない

■検証103・「戒壇の大本尊」日蓮造立を証明する文証はない10(聖人御難事3)

 

□安永弁哲氏の「聖人御難事」解釈は「戒壇の大本尊」偽作の証拠ではない

 

1956(昭和31)年に出版された「板本尊偽作論」の著者・安永弁哲氏が、「六 『聖人御難事』は板本尊とは無関係也」と題して見解を表明している。安永弁哲氏の見解は以下の通りである。

「彼ら(日蓮正宗・創価学会)は、『聖人御難事』を必ず引用するが、この御遺文の中の『余は二十七年也』の御文を以て、板本尊と結びつけようとするが、その辻褄のあわぬことは多くの人が既に言い尽くしていることであるから、ここには言う必要もなかろう。てんで問題外のことを無理矢理にこじつけねはば、板本尊が成立しないことは、まことにお気の毒にたえない。ただ一つ申し添えておきたいことは、この『聖人御難事』は鎌倉在住の『人々御中』宛のもので、

『さぶろうざえもん殿のもとにとめらるべし』とあって、四条金吾が保管せよと申されている。他人宛の御書である上に、この御書は板本尊の書かれたという『弘安二年十月十二日』より十一日前の『十月一日』の書状である。その上御書の内容も、日付も、名宛も皆違う『聖人御難事』を無理矢理引っ張ってきて然も無茶苦茶の我田引水の解釈をしなければ、板本尊の成立もこじつけられないのである。板本尊が書かれた日に板本尊のことを日興宛に書き送られたというのならば、道理も立つが、内容は二十七年の今日まで、まだ本懐が達せられないが、将来必ず本懐が達せられるであろうという事が書かれたものを四条金吾等に宛てて送られたもので、而も十一日も前の御書が何で板本尊に関係があると言えようか。余りにも非常識な解釈というよりは、余りにも突拍子な凶人的解釈には、驚き呆れるより外はないのである」(『板本尊偽作論』p147148)

聖人御難事出世本懐批判1


聖人御難事出世本懐批判2
 

「聖人御難事」の「余は二十七年也」の文法解釈については、日蓮正宗や創価学会の読み方は誤りであり、安永弁哲氏やその他の宗派が言う解釈が「正」だと私も考える。しかし徒に文法解釈論争に嵌り込んでも、お互いの解釈の水掛け論で終わってしまい、議論そのものが前に進まない。そこでその他のさまざまな偽作の証拠と照らし合わせて、日蓮正宗や創価学会の「余は二十七年也」の文法解釈が誤りであることを立証しようという安永弁哲氏の試みは、間違ってはいないと考える。そこで安永弁哲氏が挙げたのは、

□「聖人御難事」の日付が十月一日で、弘安二年十月十二日より十一日前の遺文である

□宛名が日興ではなく、『人々御中』宛で、四条金吾が保管せよと言っていること

この二つであるが、あまり説得力がない。文法解釈の水掛け論とそんなに変わらない気がする。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ